ACL参戦の鹿島から離脱した三竿健斗と鈴木優磨、Jリーグアウォーズ参加

2018.12.10 18:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽Jリーグは10日、鹿島アントラーズに所属する日本代表MF三竿健斗と同代表FW鈴木優磨の「2018Jリーグアウォーズ」参加決定を発表した。

▽三竿と鈴木はUAEで行われるFIFAクラブ・ワールドカップに出場予定だったが、それぞれケガで遠征メンバーに帯同せず、「2018Jリーグアウォーズ」参加が決まった。

▽「2018Jリーグアウォーズ」は18日に横浜アリーナで開催。両選手は共に優秀選手賞を受賞しており、Jリーグ最優秀選手賞およびベストイレブンに選ばれる可能性がある。

関連ニュース
thumb

FC東京が安田虎士朗、梶浦勇輝、野澤零温の来季トップ昇格を発表

FC東京は20日、同クラブU-18に所属するMF安田虎士朗(18)、MF梶浦勇輝(17)、FW野澤零温(18)の来季加入内定を発表した。 3選手はともに今季、2種登録選手としてトップチームに登録され、それぞれJリーグYBCルヴァンカップの1試合に出場。来季からのトップチーム入りが内定し、クラブを通じて喜びの思いとともに、意気込みを語った。 ◆安田虎士朗 「子供の頃からのプロサッカー選手になるという夢を東京でスタートできる事をとても嬉しく思います。ここからが新たなスタートとなるので、何事も前向きに頑張ります。ファン・サポーターの皆さまがワクワクするようなプレーを魅せれるように努力し、勝利の喜びを届けられるように全力でプレーします。応援よろしくお願いします!」 ◆梶浦勇輝 「来シーズンからトップチームへ昇格することなりました梶浦勇輝です。プロサッカー選手のキャリアのスタートを幼い頃から憧れていたFC東京という素晴らしいクラブでスタートできることを本当に嬉しく思います」 「このスタートラインに立てたのは、ここまで成長させてくださった指導者の方々や、助けてくれたチームメイト、いつでも応援してくれたファン・サポーターの方々、そして常に支え続けてくれた家族と全ての人のおかげです」 「感謝と謙虚な気持ちを忘れずにいち早くJ1のピッチに立ってクラブに結果で貢献できるようにさらに努力をして成長していきたいと思います。東京のファン、サポーターの皆様これからもよろしくお願い致します」 ◆野澤零温 「来シーズン、トップチームへ昇格することになりました野澤零温です。プロサッカー選手になるという幼い頃からの夢を東京で実現することができ、とても嬉しく思います。また、今の自分があるのは家族をはじめとし、ファン・サポーターの皆様や今まで自分に関わってくださった指導者の方々のおかげです」 「本当に感謝しています。これからは1人のプロサッカー選手、1人の青赤戦士として、今まで以上に自覚と責任をもち感謝の気持ちを忘れず全力でプレーします。1年目から結果にこだわり必ずチームの勝利に貢献し、リーグ優勝を目指していくので応援よろしくお願いします!」 2021.09.20 13:35 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪GKダン・バン・ラムが左肩関節脱臼で全治4カ月…トレーニング中に負傷

セレッソ大阪は20日、GKダン・バン・ラムの負傷を報告した。 ダン・バン・ラムは13日に行われたトレーニング中に負傷。その後の検査で左肩関節脱臼の全治4カ月という診断結果を受けたという。 ベトナム代表選手でもあるダン・バン・ラムは今季からC大阪でプレー。天皇杯とAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2021の1試合ずつ出場していた。 2021.09.20 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

不振極めるG大阪に追い討ち…小野裕二&レアンドロ・ペレイラが負傷離脱

ガンバ大阪は19日、FW小野裕二とFWレアンドロ・ペレイラの負傷を発表した。 小野は12日にホームで行われた明治安田生命J1リーグ第28節のベガルタ仙台戦に先発したが、前半途中に負傷交代。一方、12日の仙台戦から欠場が続くレアンドロ・ペレイラは11日の練習中にしたという。 両選手はともに右ハムストリング肉離れの診断結果。全治については明らかにされていない。ここまで小野がJ1リーグ5試合1得点、レアンドロ・ペレイラが24試合5得点だった。 東京オリンピック中に未消化分をこなして、残留圏まで浮上した14位のG大阪だが、現在は今季2度目の4連敗中。まだ降格圏17位の徳島ヴォルティスとは7ポイント差だが、予断を許さない状況だ。 2021.09.19 15:40 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿島DFブエノが全治約6週間…練習中に左股関節内転筋を損傷

鹿島アントラーズは19日、DFブエノの負傷離脱を報告した。 16日の練習中に負傷したというブエノはチームドクターの検査を受け、左股関節内転筋損傷の診断結果。治療期間として約6週間を要する見込みだ。 ブエノは今年7月にレンタル先だった母国ブラジルのアトレチコ・ミネイロから復帰。ここまで明治安田生命J1リーグ1試合に出場している。 2021.09.19 14:55 Sun
twitterfacebook
thumb

台風で延期となったバトルオブ九州、鳥栖が圧倒も大分の牙城を崩し切れず【明治安田J1第29節】

明治安田生命J1リーグ第29節、サガン鳥栖vs大分トリニータが18日に駅前不動産スタジアムで行われ、ゴールレスドローに終わった。 本来17日に開催が予定されていたが、台風14号の影響により延期となっていたバトルオブ九州。J1での両チームの対戦成績は2勝3分け2敗と、全くの互角となっている。 鳥栖は2-1で勝利した前節の清水エスパルス戦からスタメンを1人変更。飯野が外れ、小泉が先発に名を連ねた。一方の大分は、7試合ぶりに白星をつかんだ前節の湘南ベルマーレ戦と同じ11人をスタメンに並べた。 立ち上がりは大分が攻勢に出たものの、鳥栖がこれをいなして主導権を握る。16分には自陣からのロングボールに反応した酒井が左サイドを抜け出し、ボックス左まで侵入して左足のフィニッシュ。低い弾道のシュートはGK高木に阻まれた。押し込む時間の続く鳥栖は21分にもボックス手前左から仙頭が左足で狙うが、枠の右へ外してしまう。 35分には高い位置で奪ってフィニッシュまでつなげる。前線からプレスを掛けて大分のビルドアップをはめ込むと、最後は距離もある中で樋口がミドル。これはGK高木の正面を突いた。 前半の終了間際には鮮やかなパスワークと個人技で中央を崩す。小屋松が右サイドから中央へグラウンダーのパスを送ると、中野嘉大は大分のDFが密集する真ん中を使う。ボールは間を縫って白崎へとわたり、GK高木と一対一に。だが、ここもGK高木に軍配が上がった。 ゴールレスで折り返した後半も、ゲームは依然として鳥栖ペースで進む。56分には右クロスのこぼれ球から小泉がボックス内からグラウンダーで狙うが、これもGK高木に阻まれた。 66分にも鳥栖に決定機が訪れる。大畑が縦にボールを入れると、酒井がボックス左で受けてフェイントを織り交ぜて折り返す。ニアで小屋松が合わせると、シュートはポストで跳ね返り、GK高木に当たってゴールに吸い込まれた。しかし、オフサイドディレイの結果、遅れてフラッグアップ。VARのチェックでも判定は変わらなかった。 その3分後には大分にもようやく大きなチャンスが。右CKを得て下田がクロスを入れると、これはクリアされたがこぼれ球を拾って自らシュート。あまり角度のない位置からの強烈なシュートは、枠を捉えていたがGK朴一圭に防がれた。 攻め込む時間が続きながらも大分の牙城を崩せない鳥栖。79分には中野嘉大が中央でボールをキープし、左を上がってきた酒井を使う。左足で折り返すと、ファーで待っていた途中出場の飯野が右足ボレーで合わせたが、クロスバーの上へ外してしまう。 さらに88分、ボックス手前で樋口が倒されてFKを獲得すると、2戦連続で決勝FKを沈めているエドゥアルドと見せかけて樋口が狙う。だが、これも壁に当ててしまった。 ひたすら耐える展開となっていた大分は後半のアディショナルタイムに増山を投入すると、その増山が縦への突破から続けざまにCKを得る。大分のセットプレーが続くなか、アディショナルタイムの5分が過ぎて下田のキックがGK朴一圭にパンチングでクリアされたところで試合終了のホイッスル。両チーム無得点で試合を終えた。 一方的に攻め込んだ鳥栖だったが最後までゴールが遠く、3連勝とはならず。対する大分は我慢の展開ながらも、残留に向けて貴重な勝ち点1を積み上げた。 サガン鳥栖 0-0 大分トリニータ 2021.09.18 21:56 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly