日本は14番目! FIFAがロシアW杯の分配金を公表… Jトップは浦和レッズ

2018.12.06 10:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FIFA(国際サッカー連盟)は4日、ロシア・ワールドカップ(W杯)における全世界416クラブへの分配金を発表した。▽今回のW杯には、63カ国、416クラブから選手が参加。合計で2億900万ドル(約236億1030万円)が支払われることとなった。


▽最も多く分配金を受け取ったのは、マンチェスター・シティ。支給額は500万3440ドル(約5億6500万円)となっている。また、416クラブの内訳は、UEFA(欧州サッカー連盟)に加盟しているクラブが最多で254となっているが、2番目はAFC(アジアサッカー連盟)の63、CONMEBOL(南米サッカー連盟)の43、CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)の39、CAF(アフリカサッカー連盟)の17と続いている。

▽アジアでは、アル・ヒラル(サウジアラビア)が最も多く、202万4865ドル(約2億2840万円)、続いて、アル・アハリ(サウジアラビア)、エステグラル(イラン)と続いている。Jリーグでは、浦和レッズが最多で67万6370ドル(約7631万円)、鹿島アントラーズの62万5430ドル(約7056万円)、セレッソ大阪の53万4870ドル(約6035万円)と続いており、国別ではアジアでサウジアラビアに続き2番手の363万9380ドル(約4億1060万円)。国として世界で14番目の分配金をもらっていることとなっている。

◆分配額トップ10
マンチェスター・シティ
(500万3440ドル/約5億6500万円)
レアル・マドリー
(481万3830ドル/約5億4300万円)
トッテナム
(438万5792ドル/約4億9500万円)
バルセロナ
(414万5950ドル/約4億6800万円)
パリ・サンジェルマン
(389万4080ドル/約4億3900万円)
チェルシー
(383万5357ドル/約4億3300万円)
マンチェスター・ユナイテッド
(365万6360ドル/約4億1300万円)
アトレティコ・マドリー
(309万3190ドル/約3億4900万円)
ユベントス
(301万9610ドル/約3億4100万円)
モナコ
(293万4710ドル/約3億3100万円)

◆Jリーグ
浦和レッズ
(67万6370ドル/約7631万円)
鹿島アントラーズ
(62万5430ドル/約7056万円)
セレッソ大阪
(53万4870ドル/約6035万円)
ヴィッセル神戸
(36万9315ドル/約4167万円)
ガンバ大阪
(28万8660ドル/約3260万円)
柏レイソル
(28万8660ドル/約3260万円)
川崎フロンターレ
(28万8660ドル/約3260万円)
サガン鳥栖
(20万5175ドル/約2315万円)
横浜F・マリノス
(19万8100ドル/約2235万円)
FC東京
(16万4140ドル/約1852万円)
関連ニュース
thumb

G大阪での新型コロナ感染者発生で名古屋vsG大阪が中止

Jリーグは3日、明治安田生命J1リーグ第11節の名古屋グランパスvsガンバ大阪の一戦を中止とすることを発表した。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場する影響で前倒しで行われる予定だったこのカード。しかし、3日に新型コロナウイルス感染症の検査で、ガンバ大阪の選手4名・スタッフ1名に対する陽性判定、および選手1名・スタッフ1名のJリーグの基準による濃厚接触疑い者が発生していた。 Jリーグは試合開催に関して協議を進めた結果、同一クラブにおいて複数名の陽性者および濃厚接触疑い者が発生したことから、昨今の社会情勢に鑑み、感染拡大防止の観点から、試合開催を中止することを決定した。 なお、代替日については決定次第発表される。 2021.03.03 17:28 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪、選手とスタッフの計5名が新型コロナ陽性判定…名古屋戦開催可否を協議中

ガンバ大阪は3日、トップチーム選手4人とスタッフ1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたと公表した。 これを受けて、同日に敵地で予定している明治安田生命J1リーグ第11節の名古屋グランパス戦開催可否を協議中だという。 陽性判定を受けた5人のうち、選手1名は2日朝から発熱を伴う症状があり、同日にPCR検査を実施したところ、同夕方に陽性判定。現在は自宅で静養して体調回復に努めているようだ。 選手1名の陽性判定を受けて、遠征中の選手とチームスタッフは即日にPCR検査を受け、3日未明に選手2名、スタッフ1名に陽性判定が下った。 また、遠征に帯同していない選手、チームスタッフも本日にPCR検査を受け、選手1名が陽性判定。4名に関しては現在、発熱や体調不良などの症状こそないが、隔離、療養している。 濃厚接触者に関しては保健所の指導に沿って対応中。クラブで管理する行動履歴により、Jリーグ独自基準で選手1人、スタッフ1人が濃厚接触者の疑いで隔離措置に努めているという。 2021.03.03 16:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ジーコ氏や中田浩二氏ら鹿島アントラーズのレジェンド5名が聖火ランナーに

鹿島アントラーズは、クラブのレジェンドが東京2020オリンピック聖火ランナーを務めることを発表した。 2日、東京2020組織委員会が茨城県実行委員選出の東京2020オリンピック聖火ランナーを正式決定。茨城県内を走行するランナーを発表した。 鹿島からは、テクニカル・ディレクターを務めるジーコ氏のほか、クラブ・リレーションズ・オフィサーでもある元日本代表DF中田浩二氏、さらに同じ元日本代表の本田泰人氏、名良橋晃氏、鈴木隆行氏の5名が「ジーコ&レジェンズ」として、7月4日(日)に鹿嶋市内をグループ走行する予定とのことだ。 聖火リレーのランナーは、大会が1年延期されたこともありタレントや著名人で辞退者が続出していた。 2021.03.03 07:21 Wed
twitterfacebook
thumb

これが育成ヴェルディの成果。15歳MFがJ2リーグ最年少デビューを飾る/六川亨の日本サッカーの歩み

コロナ禍での開幕となる2021年シーズンのJリーグが2月26日にスタートした。観客は5000人以下で、ビジターの観戦は自粛という条件つきではあるが、まずは無事にJ1とJ2リーグの全21試合を開催できた。 王者の川崎Fは盤石の戦いで横浜FMを2-0と一蹴。というよりもケガ人が多く、システムを3-4-3に変更した横浜FMは自滅に近かった。 意外だったのは浦和の完成度の高さである。リカルド・ロドリゲス氏は監督に就任して2ヶ月だというのに、攻守に意思の疎通が図られ、FC東京に一度もファストブレイクを許さなかった。専門誌の順位予想でも総合で8位というランクだが、開幕戦で鹿島をアウェーながら3-1と下した清水と同様、ダークホースになる可能性を感じさせた。 もっともFC東京は昨年11月末のACL上海申花戦で、悪質なタックルから負傷したディエゴ・オリベイラは本調子からほど遠く、レアンドロとアダイウトンのブラジル勢も合流が遅れたためコンディションが上がっていないようだ。 そして28日の日曜は東京V対愛媛戦を取材した。昨シーズン活躍したボランチの藤田譲瑠チマは徳島へ、サイドMF井上潮音は神戸へ移籍したため東京Vも多少は苦戦するかと予想した。すると予想通り、DFラインからパスをつないでビルドアップを試みるが、愛媛の前からのプレスにミドルサードでボールを失うことが多かった。 藤田のようにプレスを受けてもそれをかわし、タメを作れる選手がいない。それでもベテランの小池純輝が個人技で2点を奪って勝利を決定づけた(トータル3-0)が、それ以上に驚いたのはこの試合でJ2出場が3試合目となる17歳のサイドアタッカー阿野真拓のスピーディーなドリブル突破だ。 身長は158センチしかないが、それを豊富な運動量でカバーし、90分間フル出場でチームの勝利に貢献した。憧れの選手はメッシで、藤吉コーチからは名前の真拓(まひろ)をもじって「マッシ」と命名されたそうだ。メッシのようにゴールを量産できるドリブラーになれるかどうか、今後の成長が楽しみである。 そしてサプライズはさらに続いた。3-0とリードを広げると、永井秀樹監督は15歳の橋本陸斗をピッチに送り込んだ。2種登録されたのが2日前の26日ということだから、選手名鑑に載っていないのは当然のこと。 15歳10ヶ月26日でのJ2デビューは史上最年少だ。J1からJ3の最年少デビューでも15歳5ヶ月1日の久保建英(FC東京U-23でJ3リーグ)、15歳10ヶ月6日の森本貴幸(東京VでJ1リーグ)に次ぐ3番目の若さである。 永井監督は「期待通りというか、楽しみながらいいプレーを見せてくれた」と11分の出場に合格点を与えた。当の橋本は「感動しました」と素直に喜びを語りながらも、「自分は交代で入ったのでスプリントしようと思っていました」と自分の役割をしっかりと認識。 交代出場した2分後には右サイドを突破した小池から絶好のクロスが来たものの、「足を伸ばしたけど届きませんでした」と初ゴールを逃してしまった。 久保もそうだったが、橋本もこれからが成長期。現在の身長は168センチだが、父親はバングラデシュ人、母親は日本人で「身体能力とかスピードとかは自分が練習してやったことではなくハーフが関係していると思います」というように、潜在能力の高さもある。 それでも「プロの世界はトラップがズレたら飛ばされる。世界では15歳で、トップトップでやっている選手がいるので、自分も結果を残していかないといけないと思います」と自身のやるべきことを自覚している。 当然、次はJ初ゴールを期待されるだろう。楽しみな逸材がまた1人増えた今シーズンのJリーグである。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.03.02 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪の新FWレアンドロ・ペレイラ、日本での長期滞在を望む「34歳になるまで」

今シーズンからガンバ大阪でプレーするFWレアンドロ・ペレイラ(29)が、日本でのプレーについて語った。ブラジル『UOL』が伝えた。 レアンドロ・ペレイラは、シャペコエンセやパウメイラス、クラブ・ブルージュなどでプレー。2019年1月に松本山雅FCへと完全移籍で加入すると、2019年8月にはサンフレッチェ広島へとレンタル移籍。2021年1月にG大阪へと完全移籍していた。 松本では明治安田J1で12試合に出場し2ゴールに終わると、広島では9試合で4ゴール。2020シーズンは明治安田J1で26試合に出場しリーグ3位となる15ゴールを決めていた。 1位は柏レイソルのオルンガ、2位は鹿島アントラーズのエヴェラウドとなり、上位3人が外国人ストライカーとなっていたが、レアンドロ・ペレイラはJリーグでのプレーについて日本人の高さについて言及。190cmの長身を生かしたプレーを行なったとし、Jリーグに外国人FWが多い理由を語った。 「ここではサイズが大きく違う。日本のDFは175cmから180cmぐらい。それを超える人はほとんどいない。そこで僕は空中戦を利用したんだ」 「だからこそ、他の国から9番の選手(センターフォワード)をたくさん雇っているんだと思う。アジア人の平均的な生物学的な特徴はそれほど背が高くなく、強くないので、他の国からこういった特徴を持つ人を探している。彼らが数年前から始めたことで、大いに正しいと思う」 今シーズンで来日3シーズン目となるレアンドロ・ペレイラ。これまでブラジル以外にもベルギーでプレー経験があるが、日本での適応は簡単ではなかったという。 「適用は少し難しかった。ここでの試合は、特に僕のポジションの選手にとってはとてもダイナミックだ。彼らはブラジルのチームよりもはるかに多くの運動量とFWの助けを必要としている」 求められるものが多い日本のサッカー。しかし、日本という国へは適応し、長期的にJリーグでプレーしたいと考えているようだ。 「日本は住むのにもプレーするにもとても良い国だ。僕の計画では、34歳になるまで滞在すること。それからはブラジルに戻りたいと思う」 レアンドロ・ペレイラは、2月27日に行われた明治安田生命J1リーグ開幕戦のヴィッセル神戸戦に途中出場を果たし、G大阪でのJリーグデビューを果たしていた。 2021.03.02 12:43 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly