日本は14番目! FIFAがロシアW杯の分配金を公表… Jトップは浦和レッズ2018.12.06 10:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FIFA(国際サッカー連盟)は4日、ロシア・ワールドカップ(W杯)における全世界416クラブへの分配金を発表した。▽今回のW杯には、63カ国、416クラブから選手が参加。合計で2億900万ドル(約236億1030万円)が支払われることとなった。

▽最も多く分配金を受け取ったのは、マンチェスター・シティ。支給額は500万3440ドル(約5億6500万円)となっている。また、416クラブの内訳は、UEFA(欧州サッカー連盟)に加盟しているクラブが最多で254となっているが、2番目はAFC(アジアサッカー連盟)の63、CONMEBOL(南米サッカー連盟)の43、CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)の39、CAF(アフリカサッカー連盟)の17と続いている。

▽アジアでは、アル・ヒラル(サウジアラビア)が最も多く、202万4865ドル(約2億2840万円)、続いて、アル・アハリ(サウジアラビア)、エステグラル(イラン)と続いている。Jリーグでは、浦和レッズが最多で67万6370ドル(約7631万円)、鹿島アントラーズの62万5430ドル(約7056万円)、セレッソ大阪の53万4870ドル(約6035万円)と続いており、国別ではアジアでサウジアラビアに続き2番手の363万9380ドル(約4億1060万円)。国として世界で14番目の分配金をもらっていることとなっている。

◆分配額トップ10
マンチェスター・シティ
(500万3440ドル/約5億6500万円)
レアル・マドリー
(481万3830ドル/約5億4300万円)
トッテナム
(438万5792ドル/約4億9500万円)
バルセロナ
(414万5950ドル/約4億6800万円)
パリ・サンジェルマン
(389万4080ドル/約4億3900万円)
チェルシー
(383万5357ドル/約4億3300万円)
マンチェスター・ユナイテッド
(365万6360ドル/約4億1300万円)
アトレティコ・マドリー
(309万3190ドル/約3億4900万円)
ユベントス
(301万9610ドル/約3億4100万円)
モナコ
(293万4710ドル/約3億3100万円)

◆Jリーグ
浦和レッズ
(67万6370ドル/約7631万円)
鹿島アントラーズ
(62万5430ドル/約7056万円)
セレッソ大阪
(53万4870ドル/約6035万円)
ヴィッセル神戸
(36万9315ドル/約4167万円)
ガンバ大阪
(28万8660ドル/約3260万円)
柏レイソル
(28万8660ドル/約3260万円)
川崎フロンターレ
(28万8660ドル/約3260万円)
サガン鳥栖
(20万5175ドル/約2315万円)
横浜F・マリノス
(19万8100ドル/約2235万円)
FC東京
(16万4140ドル/約1852万円)
コメント
関連ニュース
thumb

「ホームグロウン制度」を守らず、松本が来季のA契約枠25名から1名削減の処分

Jリーグは25日、松本山雅FCに対し、2020シーズンのプロA契約選手枠の25名を1名減らすことを発表した。 Jリーグは2019シーズンより「ホームグロウン制度」を導入。カウント基準日である第1登録ウインドー終了の3月29日時点で、2名をトップチームに登録することを定めていた。 「ホームグロウン制度」の対象となるホームグロウン選手は、「12歳の誕生日を迎える年度から21歳の誕生日を迎える年度までの期間において、特定のJクラブの第1種、第2種、第3種又は第4種チームに登録された期間の合計日数が990日(Jリーグの3シーズンに相当する期間)以上である選手を、当該Jクラブのホームグロウン選手という」とプロサッカー選手の契約、登録および移籍に関する規則に記載されている。 言い換えれば、Jクラブの下部組織(ジュニアユース、ユース)、または高校卒業後に入団しトップチームで3年間プレーしていた選手のことを指している。 登録義務に関しては、2019シーズン、2020シーズンはJ1で2名、2021シーズンはJ1で3名、2022シーズンはJ1で4名、J2、J3で1名と決定していた。 今シーズンの第1登録ウインドー終了時では、最もホームグロウン選手の登録が多かったのは清水エスパルス、ジュビロ磐田、ガンバ大阪、セレッソ大阪、サンフレッチェ広島の13名。続いて鹿島アントラーズとFC東京の12名。以下、北海道コンサドーレ札幌、横浜F・マリノス(ともに10名)、ヴィッセル神戸(9名)、浦和レッズ(8名)、大分トリニータ(7名)、川崎フロンターレ(6名)、ベガルタ仙台、湘南ベルマーレ、名古屋グランパス(いずれも5名)、サガン鳥栖(4名)となっていた。そして、松本は前田大然の1名のみだった。 なお、“タラレバ”の話ではあるが、今シーズンからツエーゲン金沢に期限付きしているFW小松蓮(20)は松本の下部組織出身選手であり、今シーズンも松本でプレーしていれば2名の基準を満たしていたことになる。選手の出場機会や成長を考えた結果の移籍決断もあるため、「ホームグロウン制度」を優先させるかどうかの判断は難しいところだろう。 ◆各クラブ主なホームグロウン選手 北海道コンサドーレ札幌(10名) →進藤亮佑、深井一希、宮澤裕樹、荒野拓馬、菅大輝 ベガルタ仙台(5名) →常田克人、椎橋慧也、関口訓充、富田晋伍、道渕諒平 鹿島アントラーズ(12名) →曽ヶ端準、内田篤人、町田浩樹、土居聖真、遠藤康、鈴木優磨 浦和レッズ(8名) →宇賀神友弥、橋岡大樹、萩原拓也、山田直輝 FC東京(12名) →波多野豪、小川諒也、久保建英、橋本拳人 川崎フロンターレ(6名) →登里享平、大島僚太、田中碧、宮代大聖 横浜F・マリノス(10名) →飯倉大樹、栗原勇蔵、喜田拓也、天野純、遠藤渓太 湘南ベルマーレ(5名) →真田幸太、齊藤未月、古林将太、柴田壮介、鈴木国友 松本山雅FC(1名) →前田大然 清水エスパルス(13名) →立田悠悟、松原后、竹内涼、石毛秀樹、北川航也、金子翔太 ジュビロ磐田(13名) →志村滉、大井健太郎、太田吉彰、山田大記、小川航基 名古屋グランパス(5名) →菅原由勢、青木亮太、成瀬竣平、藤井陽也、杉森考起 ガンバ大阪(13名) →東口順昭、菅沼駿哉、倉田秋、市丸瑞希、高木彰人 セレッソ大阪(13名) →丸橋祐介、山下達也、秋山大地、丸岡満、柿谷曜一朗 ヴィッセル神戸(9名) →藤谷壮、三原雅俊、中坂勇哉、小川慶治朗 サンフレッチェ広島(13名) →林卓人、大迫敬介、井林章、青山敏弘、野津田岳人、川辺駿 サガン鳥栖(4名) →高橋義希、石川啓人、石井快征、樋口雄太 大分トリニータ(7名) →岩田智輝、小手川宏基、坂井大将、後藤優介 2019.04.25 21:55 Thu
twitterfacebook
thumb

8試合を終えて1得点の鳥栖が残留する条件を計算してみたよ!? の巻/倉井史也のJリーグ

先週、最下位の鳥栖でも次から3連勝すれば優勝は夢じゃないって書いたんですけど、その初戦で松本に負けちゃったもんですから、ちょっと心痛くなっちゃって。でもって、鳥栖のファンの人から「うちは8試合を終えてまだ1点しか取ってません。これってどうなんでしょう」っていうメッセージもらっちゃったから、そこについて今週は分析しちゃいましょう。 現在鳥栖の得点率は1試合平均0.125点。このままだと34試合終えて4.25点。これをどこまで上げなきゃいけないか。J1が18チームになった後、自動残留圏である15位のチームはどれくらい点数を上げてるかというと……。 2005年 15位 清水 得点40 2006年 15位 甲府 得点42 2007年 15位 大宮 得点24 2008年 15位 千葉 得点36 2009年 15位 山形 得点32 2010年 15位 神戸 得点37 2011年 15位 浦和 得点36 2012年 15位 新潟 得点29 2013年 15位 甲府 得点30 2014年 15位 清水 得点42 2015年 15位 新潟 得点41 2016年 15位 新潟 得点33 2017年 15位 広島 得点32 2018年 15位 名古屋 得点52 つまり14シーズンの15位チームは平均で36.1点。これに鳥栖が追いつくためには、残り26試合で36点。つまり1試合平均1.4点!! お、そう考えると、何かいけそうな気がしませんか!! ……え? そんなに悲観的にならず……(汗)。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2019.04.25 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

Jリーグ、後半戦の日程は8月9日に発表! J1は開催日&キックオフ時間、J2、J3はキックオフ時間を発表

Jリーグは25日、明治安田生命J1リーグ、 J2リーグ、J3リーグの後半戦の日程発表について、8月9日(金)の17時に行うことを発表した。 J1からJ3に関して、対戦カードやスタジアムは1月23日の時点で発表。J2、J3に関しては開催日も発表されていた。 今回の発表では、J1は第26節〜34節の開催日とキックオフ時間、テレビ放送が発表。J2は第32節~第42節、J3は第23節~第34節のキックオフ時間とテレビ放送が発表される。 なお、AFCチャンピオンズリーグに出場している川崎フロンターレ、浦和レッズ、サンフレッチェ広島、鹿島アントラーズの4チームに関しては、勝ち進む状況によって未定となる試合もある。 2019.04.25 18:15 Thu
twitterfacebook
thumb

川崎F、桐蔭横浜大MFイサカ・ゼインの来季加入内定を発表! 「身の引き締まる思い」

川崎フロンターレは25日、桐蔭横浜大学に所属するMFイサカ・ゼイン(21)の来シーズン加入が内定したことを発表した。 ガーナ人の父と日本人の母親の間に生まれたイサカ・ゼインは、桐光学園高校時代に2015年の全国高校サッカー選手権大会で優秀選手に選出。その後、桐蔭横浜大学に進学した。今年は全日本大学選抜にも招集されている身長174㎝、体重75㎏のミッドフィルダーだ。 すでに川崎Fへの加入が内定している筑波大学のMF三笘薫、順天堂大学のFW旗手怜央に続く内定となったイサカ・ゼインは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「初めまして。川崎フロンターレに加入することになりましたイサカ・ゼインです。小さい頃からの夢であるプロサッカー選手になることができ、大変嬉しく思っていると同時に、身の引き締まる思いです。これまで大切にしてきた謙虚さや感謝の気持ちを忘れることなく、1日1日を大切に全力で取り組み、川崎フロンターレの勝利に貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 2019.04.25 16:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ミズノがトーレス特別仕様のスパイク「MORELIA NEOⅡ F9T」を28日から限定販売!

ミズノは、サッカーシューズ「MORELIA NEO Ⅱ」のフェルナンド・トーレス着用の限定モデル「MORELIA NEOⅡ F9T(モレリアネオツーエフナインティー)」を、4月28日(日)に全国のミズノ品取扱店で発売することを発表した。 「MORELIA NEOⅡ F9T」は、トーレスの試合にかける闘志と、母国スペインのナショナルカラーをイメージしたレッドのカラーを採用。シューズのかかと部分にはイニシャルである「FT」(=Fernando Torres)と背番号「9」の数字が入っており、トーレス仕様の特別なデザインになっている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190425_20_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 「MORELIA NEOⅡ F9T」は、トーレスの背番号「9」と、プロ契約を結んだ1999年にちなんで、日本国内で999足、グローバルで1999足の数量限定で販売。また、トーレスがスペインA代表で初ゴールを決めた日にあわせて4月28日に発売される。なお、トーレスも4月28日から使用する。 トーレスはこのスパイクについて「スペインのナショナルカラーであるレッド、そして自分のイニシャルとストライカーの証である「9」番を入れてもらいました。自分のこだわりが詰まったこのシューズとともに、さらに得点を狙っていきたいと思います」とコメントしている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190425_20_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 商品名: 「MORELIA NEOⅡ F9T(モレリアネオツーエフナインティ―)」 価格: ¥23,000+税(税込価格:¥24,840) サイズ: 25.0~29.0cm カラー: ホワイト×レッド 素材: 人工皮革(マイクロファイバー)・天然皮革(スコッチガードカンガルーレザー) 質量: 約195g(27.0cm片方) 2019.04.25 16:00 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース