日本は14番目! FIFAがロシアW杯の分配金を公表… Jトップは浦和レッズ

2018.12.06 10:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FIFA(国際サッカー連盟)は4日、ロシア・ワールドカップ(W杯)における全世界416クラブへの分配金を発表した。

▽今回のW杯には、63カ国、416クラブから選手が参加。合計で2億900万ドル(約236億1030万円)が支払われることとなった。

▽最も多く分配金を受け取ったのは、マンチェスター・シティ。支給額は500万3440ドル(約5億6500万円)となっている。また、416クラブの内訳は、UEFA(欧州サッカー連盟)に加盟しているクラブが最多で254となっているが、2番目はAFC(アジアサッカー連盟)の63、CONMEBOL(南米サッカー連盟)の43、CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)の39、CAF(アフリカサッカー連盟)の17と続いている。

▽アジアでは、アル・ヒラル(サウジアラビア)が最も多く、202万4865ドル(約2億2840万円)、続いて、アル・アハリ(サウジアラビア)、エステグラル(イラン)と続いている。Jリーグでは、浦和レッズが最多で67万6370ドル(約7631万円)、鹿島アントラーズの62万5430ドル(約7056万円)、セレッソ大阪の53万4870ドル(約6035万円)と続いており、国別ではアジアでサウジアラビアに続き2番手の363万9380ドル(約4億1060万円)。国として世界で14番目の分配金をもらっていることとなっている。

◆分配額トップ10
マンチェスター・シティ
(500万3440ドル/約5億6500万円)
レアル・マドリー
(481万3830ドル/約5億4300万円)
トッテナム
(438万5792ドル/約4億9500万円)
バルセロナ
(414万5950ドル/約4億6800万円)
パリ・サンジェルマン
(389万4080ドル/約4億3900万円)
チェルシー
(383万5357ドル/約4億3300万円)
マンチェスター・ユナイテッド
(365万6360ドル/約4億1300万円)
アトレティコ・マドリー
(309万3190ドル/約3億4900万円)
ユベントス
(301万9610ドル/約3億4100万円)
モナコ
(293万4710ドル/約3億3100万円)

◆Jリーグ
浦和レッズ
(67万6370ドル/約7631万円)
鹿島アントラーズ
(62万5430ドル/約7056万円)
セレッソ大阪
(53万4870ドル/約6035万円)
ヴィッセル神戸
(36万9315ドル/約4167万円)
ガンバ大阪
(28万8660ドル/約3260万円)
柏レイソル
(28万8660ドル/約3260万円)
川崎フロンターレ
(28万8660ドル/約3260万円)
サガン鳥栖
(20万5175ドル/約2315万円)
横浜F・マリノス
(19万8100ドル/約2235万円)
FC東京
(16万4140ドル/約1852万円)
コメント
関連ニュース
thumb

【Jリーグ出場停止情報】J1で鹿島DF町田浩樹ら3選手が次節欠場

Jリーグは11日、出場停止情報を発表した。 北海道コンサドーレ札幌のDF田中駿汰は、8日に行われた明治安田生命J1リーグ第9節の清水エスパルス戦で2枚の警告を受け、退場処分に。1試合停止により、首位の川崎フロンターレをホームで迎え撃つ15日開催の第10節を欠場する。 また、鹿島アントラーズのDF町田浩樹、湘南ベルマーレのMF齊藤未月は、いずれも警告の累積により、それぞれ次節のヴィッセル神戸戦、横浜FC戦を欠場する。 なお、SC相模原の三浦文丈監督は2日にホームで行われた明治安田生命J3リーグ第8節の鹿児島ユナイテッドFC戦での退席処分により、2試合のベンチ入り停止処分中。第10節のFC岐阜戦は前節に引き続きベンチ入り禁止となる。 【明治安田生命J1リーグ】 DF田中駿汰(北海道コンサドーレ札幌) 第10節vs川崎フロンターレ(8/15) 今回の停止:1試合停止 DF町田浩樹(鹿島アントラーズ) 第10節vsヴィッセル神戸(8/16) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF齊藤未月(湘南ベルマーレ) 第10節vs横浜FC(8/16) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 三浦文丈監督(SC相模原) 第10節vsFC岐阜(8/15) 今回の停止:2試合のベンチ入り停止(2/2) 2020.08.11 19:58 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグが「超厳戒態勢」での運用を再び延期し9月6日まで適用

Jリーグは11日、「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」の有観客試合におけるガイドラインの適用時期について、8月31日(月)までとしていたものを、9月6日(日)まで延期することを発表した。 Jリーグは、当初8月1日からは規制を緩和しチケッティングやファン・サポーターに関しても「超厳戒態勢」から「厳戒態勢」に移行することを発表していたが、これを延期し一度は10日までとしていた。 しかし、その後は全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大。31日までとしていたが、その後も感染拡大が収まらず、都道府県ごとに緊急事態宣言が発令されるほどの事態となっていることを受けて再度延期することとなった。 9月6日までは「チケッティング」と「ファン・サポーター」のガイドラインを「超厳戒態勢」で運用することに決定。全会場一律で、ビジター席の設置なし・アルコール飲料の提供なしで運営することとなった。 なお、9月7日以降に関しては、決定次第発表される。 2020.08.11 19:55 Tue
twitterfacebook
thumb

仙台、18歳のGK小畑裕馬とプロA契約! 「勝利へ導くことができるゴールキーパーに」

ベガルタ仙台は11日、GK小畑裕馬(18)とのプロA契約締結を発表した。 仙台の下部組織育ちである小畑は今季からトップチームに昇格すると、GKヤクブ・スウォビィクの負傷離脱もあり、明治安田生命J2リーグ第2節の湘南ベルマーレ戦でJリーグデビュー。その試合を皮切りにJ1リーグ4試合連続でスタメン入りを果たすなど、ここまで5試合に出場しており、先のU-19日本代表候補にも選ばれた。 7月26日に行われた第7節の柏レイソル戦でプロA契約変更に必要な450分の規定出場時間をクリアした小畑はクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「A契約を締結でき、とてもうれしく思います。貢献できていない部分がまだまだたくさんあるので、チームを勝利へ導くことができるゴールキーパーになるために、日ごろから支えてくださっている方々への感謝の気持ちを忘れることなく、さらに気を引き締めて日々のトレーニングに全力で取り組みます。引き続き熱いご声援をよろしくお願いいたします」 2020.08.11 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥栖、金明輝監督にコロナ陽性反応…スタッフ3名濃厚接触者も選手に濃厚接触なし

サガン鳥栖は11日、金明輝監督に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを公表した。 クラブの発表によると、金監督は8月8日の昼頃に体調不良を訴え、翌9日には倦怠感と共に、夜には38℃の発熱が確認されていたという。そして、10日には平熱(36.4℃)に戻っていたものの、佐賀県内の病院にてPCR検査を実施、午後にPCR検査で陽性判定が出たという。 現在、金監督は11日時点で平熱(36.4℃)に戻っているものの、佐賀県内の病院に入院し体調回復に努める。 なお、現時点で陽性判定者以外にトップチームの選手、スタッフで新型コロナウイルスや風邪の症状等を訴えている人間はいない。ただ、保健所の指導のもとスタッフ3名の濃厚接触者の隔離、クラブハウスの消毒等を行っている。 選手に関しては濃厚接触者はいないが、11日にトップチームおよびクラブスタッフ、アカデミースタッフ全員を対象にしたPCR検査を実施している。 8日にアウェイで明治安田生命J1リーグ第9節の鹿島アントラーズ戦を戦っていた鳥栖は、12日にアウェイ開催のJリーグYBCルヴァンカップ、グループC第3節のサンフレッチェ広島を控えている。 ◆金明輝監督の経過、症状 ▽8/8(土) 朝の体温36.3℃、昼体調不良 ※発熱および咳、味覚・嗅覚障害等の症状はなし ▽8/9(日) 朝の体温36.4℃、倦怠感があり、夜に発熱38℃ ▽8/10(月) 朝の体温36.4℃、倦怠感があり、佐賀県内の病院にてPCR検査を実施、15:00にPCR検査の陽性判定 2020.08.11 13:29 Tue
twitterfacebook
thumb

古巣グレミオからオファーの鹿島FWエヴェラウド、代理人が移籍を否定「戻るのは難しい」

ブラジルからオファーを受けた鹿島アントラーズのブラジル人FWエヴェラウド(29)だが、本人に戻る気はないようだ。ブラジル『Gauchazh』が伝えた。 エヴェラウドは、母校のフィゲイレンセやグレミオなどでプレー。今シーズン、メキシコのケレタロから鹿島へと加入した。 当初は日本とJリーグに適応できずに結果を残せていなかったエヴェラウドだが、7月18日の横浜F・マリノス戦で初ゴール初アシストを記録。すると、直近3試合でハットトリックを含む5ゴールを記録し、本領を発揮している。 しかし、そのエヴェラウドにブラジルのグレミオがオファー。ベンフィカへの移籍が濃厚となっているブラジル代表FWエヴェルトン(24)の後釜を探している中、かつて所属していたエヴェラウドに声をかけたようだ。 エヴェラウドの代理人であるフラビオ・ヴィアナ氏は、グレミオからのオファーを認めながらも、エヴェラウド本人が日本に留まる意向であると明かした。 「グレミオから連絡があった。幸せな気持ちだったよ。グレミオはブラジルでとても大きなクラブだ」 「ただ、エヴェラウドはJリーグの得点ランキングで2位にいる。家族もよく適応しているし、今日彼はブラジルに戻ることはとても難しいと言っていた」 アントニオ・カルロス・ザーゴ監督の下で苦しいシーズンを送っている鹿島。徐々に結果を残している中で、気を吐くエヴェラウドが残留することはチームにとって大きなプラス材料だろう。 2020.08.10 17:40 Mon
twitterfacebook