パリで発生中の大規模デモを受けてパリ・サンジェルマンvsモンペリエの延期が決定2018.12.05 00:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アンを運営するリーグ・デ・フットボール・プロフェッショナル(LFP)は4日、現在パリで発生している大規模デモを受け、8日に開催予定だったリーグ・アン第17節のパリ・サンジェルマンvsモンペリエの延期を発表した。▽パリでは、11月半ばから燃料税引き上げに抗議する大規模デモが発生しており、現在もSNS上で4回目となる8日のデモ開催の呼び掛けが拡散されていた。

▽これを受け、警察当局はLFPに対してパリでの試合中止の要請。LFPも選手、サポーターの安全面を考慮しパリ・サンジェルマンvsモンペリエの延期を決めた。

▽なお、代替日程などに関しては今後の協議によって後日発表される予定だ。
コメント
関連ニュース
thumb

ユーベ、ラムジーに続きラビオもフリーで獲得へ!

ユベントスが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(24)との合意に至ったようだ。スペイン『El Chiringuito TV』の情報を引用して『フットボール・イタリア』が伝えている。 PSGとの契約延長交渉を固辞したことで今夏の移籍が決定的となっているラビオ。当初はバルセロナ行きが濃厚と思われていたが、アヤックスからオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(22)の獲得もあり消滅した。 最近の報道では、ラビオ争奪戦はマンチェスター・ユナイテッドとユベントスの一騎打ちだと見られていた。そうした中で同選手は先日に、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』で「ユベントスは誰もがプレーを望むビッグクラブだ。僕らはいくつかの協議をしている。それは事実さ」とイタリア王者との交渉を認めていた。 そして、今回伝えられるところによると、サラリー面では、年俸700万ユーロ(約8億4000万円)に1000万ユーロのサイン料(約12億1000万円)。さらに2024年までの5年契約で合意に至ったようだ。 なお、ユベントスは来シーズンに向けてアーセナルからウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(28)の獲得に成功。フリーでの補強は2人目となる。 2019.06.18 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ネイマール、金銭+選手でカンプ・ノウ帰還か

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)のバルセロナ復帰が迫っているという。ブラジル『Globoesporte』が報じた。 2017年夏に移籍史上最高額2億2200万ユーロ(現レートで約269億9000万円)の超ビッグディールでバルセロナからPSGに加入したネイマール。その新天地フランスで王様として扱われ、公式戦通算58試合51得点29アシストを誇るが、2シーズン連続の長期負傷離脱や、女性に対する性的暴行のスキャンダルなど、ピッチ内外のネガティブな話題が先行している。 そのネイマールに対して、古巣バルセロナが水面下で連れ戻しに動いている様子。PSGとの交渉は順調に進められており、バルセロナは移籍金を1億ユーロ(約121億1000万円)に抑える代わりとして、フランス代表DFサミュエル・ユムティティ(25)や、同代表FWウスマーヌ・デンベレ(22)、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(31)のいずれかを譲渡するという。 PSGの会長を務めるナセル・アル・ケライフィ氏は先日、『フランス・フットボール』で具体名こそ避けたが、「スター気取り」の選手に対して「ドアは開かれている」とコメント。この発言はネイマールに向けたものとして話題を集めており、フランス『レキップ』によると、これまで放出を否定してきたPSGは適切なオファーが届けば、交渉に応じる姿勢だとみられる。 なお、ネイマールとPSGの契約は2022年6月まで。PSG会長の発言により、一層の脚光を浴びることになったネイマールの去就は、どのような形で終着するのだろうか。 2019.06.18 18:15 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG、ドラクスラーの移籍容認か

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(25)に今夏移籍の可能性が浮上した。フランス『L'Equipe』が報じた。 PSG加入3年目の今シーズン、公式戦46試合に出場して5ゴール12アシストの成績を収めたドラクスラー。トッテナムやバイエルンの関心が取り沙汰されており、去就に注目が集まっているが、先日にドイツ『ビルト』のインタビューで今夏移籍の可能性を否定している。 だが、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)抵触を懸念して数名の売却が指摘されるPSGにとって、そのドラクスラーは不可欠な存在ではない様子。まだ納得できるオファーこそないものの、適切なものが届けば、移籍を容認する意向だという。 2019.06.18 16:20 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG、リーガ屈指のFWイェデルに関心! 代理人と接触か

パリ・サンジェルマン(PSG)が、セビージャに所属するフランス代表FWウィサム・ベン・イェデル(28)の獲得に興味を示しているようだ。フランス方面の情報を引用してスペイン『マルカ』が伝えている。 2016年にトゥールーズからセビージャに加入したイェデル。スピードに秀でた身長170cmのストライカーで、セビージャ通算138試合70ゴール22アシストを誇り、今シーズンは公式戦54試合30ゴール11アシストを記録した。 今回、伝えられたところによると、クラブ最多得点記録を保有するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(32)の退団が取り沙汰されているPSGがイェデルの代理人と接触したようだ。 また、同選手は以前に今夏のセビージャ退団を希望する主旨のコメントを残しており、契約解除金4000万ユーロ(約48億6000万円)が設定されているという。 2019.06.18 14:36 Tue
twitterfacebook
thumb

ネイマール退団も? 会長の発言に注目、チームはオファー次第で容認か

レオナルド氏がスポーツディレクター(SD)に復帰したパリ・サンジェルマン(PSG)だが、チームの改革がスタートしそうだ。その中で、ブラジル代表FWネイマール(27)も名前が挙がっているようだ。フランス『レキップ』が報じた。 ネイマールは、ここ数カ月間にわたって様々な理由で難しい時期を過ごしている。今年1月には右足の負傷が再発。4月には、クープ・ドゥ・フランス決勝で敗れた後、スタンドで観客を平手打ちしてしまった。 また、SNSでの問題発言もある中で、最近はレイプ疑惑も浮上。さらに、コパ・アメリカに臨むためにブラジル代表に合流していたが、キャプテンを剥奪。加えて、開幕前に行われたカタール代表戦との国際親善試合で負傷し、母国開催の大会欠場を余儀なくされていた。 そんな中、ナセル・アル・ケライフィ会長がチームの方向性に関して注目発言を残している。 「選手はこれまで以上に責任を負うことになるだろう。彼らはもっとやらなければならない。もっと働かなければならない」 「彼らは自身を喜ばせるためにそこにいるわけではない。彼らが同意しなければ、ドアは開いている。私はもうスターの振る舞いをしたくはない」 この発言は選手個人のことを名指ししているわけではないが、ネイマールのことであると推測されている。PSGとして進んで選手を売りに出すことはないものの、適正なオファーがあれば応じる可能性はあるとのことだ。 また、ネイマールの代理人であるピニ・ザハビ氏が水面下で動いているとのこと。バルセロナ復帰の話も浮上しているネイマールだが、スペイン行きに向けて準備を進めているとも見られている。 ネイマールが仮に退団となれば、他の選手の移籍にも影響を与えるだろう。レアル・マドリーが獲得を目指しているフランス代表FWキリアン・ムバッペもその1人。そのほかにも、ブラジル代表DFマルキーニョスやイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティらも移籍の噂が挙がっており、今夏のPSGの動きは注視する必要がありそうだ。 2019.06.17 10:55 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース