ボルト、マリナーズとプロ契約の夢潰える…

2018.11.02 17:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元陸上選手のウサイン・ボルト(32)の、Aリーグのセントラルコースト・マリナーズとの契約締結は叶わなかったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。▽2017年に陸上競技短距離選手を引退した後、プロフットボーラーへの転身を図っているボルト。セントラルコースト・マリナーズのトライアルを受けており、10月12日に行われたサウスウエスト・ユナイテッドとのフレンドリーマッチで2ゴールを決めたことが話題となった。

▽セントラルコースト・マリナーズは、11月2日にボルトのトライアルが終了したことを発表。代理人を務めるリッキー・シムズ氏は最後までサインを目指していたが、商業的に適切な取引をまとめることはできなかったようだ。

▽セントラルコースト・マリナーズのマイク・チャールズワース会長は、以下のようにボルトの今後の活躍を祈るメッセージを送っている。

「ウサインが今後クラブの一員にならないことは理解しているが、セントラルコースト・マリナーズは彼の将来への努力が最高のものであること、そして今後ほかの分野で協力する機会が生まれることを願っている」

▽以前、ボルトのプレーに対しては、Aリーグのパース・グローリーでプレーする元アイルランド代表FWアンディ・キーオが「トランポリンみたいなボールタッチ」と批判。人類最高のスプリント能力を以てしても、30歳過ぎからのプロサッカー選手転向は困難を極めているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

2023年女子W杯はオーストラリアとニュージーランドの共同開催に決定!

国際サッカー連盟(FIFA)は25日、2023年に開催されるFIFA女子ワールドカップの開催国がオーストラリアとニュージーランドの共同開催になることを発表した。 2023年大会の開催国を巡っては、共同開催を狙うオーストラリアとニュージーランド、コロンビア、ブラジル、そして日本が立候補。しかし、6月に入り新型コロナウイルスの影響を考慮した日本とブラジルは招致国としての立候補取り下げを表明していた。 そして、FIFAは25日にオンラインによる理事会で招致国の投票を実施。その結果、オーストラリア&ニュージーランドが35票中22票を獲得し、コロンビアの一騎打ちを制した。なお、南半球での女子W杯の開催は初となる。 また、アメリカが優勝した前回大会は出場枠が24カ国だったが、2023年大会からは32カ国に拡大されることが決定している。 2020.06.26 02:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘルタの豪代表FWレッキー、「欧州クラブはアジア圏の代表遠征を嫌っている」

ヘルタ・ベルリンに所属するオーストラリア代表FWマシュー・レッキーは、ヨーロッパを主戦場とする中、代表チームとの両立の難しさを感じている。『ESPN』が伝えている。 2011年のボルシアMG移籍を機にヨーロッパでのキャリアをスタートしたレッキーは、以降FSVフランクフルト、インゴルシュタット、ヘルタといずれもドイツのクラブを渡り歩いている。 その一方、2012年にデビューを飾ったオーストラリア代表ではここまで通算63試合に出場し、2015年にはAFCアジアカップ優勝を経験している。 母国ではサッカルーズの中心選手の位置づけも、ヘルタでは控えのポジションに甘んじているレッキーは、ヨーロッパを主戦場とするアジア圏のプレーヤーにとって地理的な問題が代表チームとの両立を困難にさせていると主張。 さらに、ヨーロッパにおいてはアジアカップなどの代表チームの活動が軽視されていると感じているようだ。29歳のアタッカーが『Fox Football podcast』で語っている。 「多くのクラブは僕たち(オーストラリア代表選手)が予選や親善試合のために遠征するのを嫌がっているよ。他のプレーヤーに比べて距離が遠いし、クラブに戻ってくるのが一番最後になるからね」 「クラブで定期的に良いプレーを続けているとしよう。そこから代表に行って戻ってきたときには、『君は疲れているようだ』って言葉でメンバーを外されてしまう。彼らはそういった言葉を言い訳のように使うんだ」 「ヘルタではバイエルンとの今季開幕戦で引き分け(2-2)となった試合でプレーしたんだ。その後、代表のキャンプがあり、戻ったときにはベンチにも入れなかった。そのとき、僕が戻ってきたのは木曜日だったのにね」 最後に、レッキーは今後の去就に関して「間違いなく。夏には動くことになる。自分にとって何が最善かを見いだすつもりだ」と、今季限りでのヘルタ退団を明言している。 レッキー自身が突出したプレーを見せていれば、代表活動のマイナス面を差し引いても主力として扱われる可能性は高い。 ただ、日本人選手も含めヨーロッパから最も離れたアジアの代表チームでプレーすることは、クラブ内でポジションを確保できていない立場の選手にとって小さくないディスアドバンテージのようだ。 2020.05.20 17:44 Wed
twitterfacebook
thumb

"日本キラー"FWケイヒルのキャリアのハイライトは日本代表戦「オーストラリア代表のW杯初ゴール」

オーストラリア代表のエースとして長らく活躍したティム・ケイヒル氏が、自身のキャリアを振り返った。 ケイヒル氏は、オーストラリアのシドニー・ユナイテッドでキャリアをスタート。1997年7月にイングランドへ渡り、ミルウォール、エバートンでプレー。その後、MLS(メジャーリーグ・サッカー)のニューヨーク・レッドブルズや中国スーパーリーグの上海申花、杭州緑城でプレー。その後、オーストラリアに戻りメルボルン・シティでプレーすると、古巣ミルウォールを挟み、最後はインドのジャムシェードプルFCでプレーして2019年4月に現役を引退していた。 ケイヒル氏は、イギリス『スカイ・スポーツ』の番組『Soccer AM』が企画したインスタライブで様々な質問に答える中、「キャリアのハイライト」について答えた。 「ミルウォールの話だと、当時2部から昇格した。エバートンでは、初めてのシーズンでプレミアリーグ4位になったね」 また、オーストラリア代表のキャリアでは、2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)での出来事を回想。“日本キラー”としてその名を知らしめるキッカケとなった日本代表戦でのゴールを挙げた。 「オーストラリア代表でのキャリアを見れば、ワールドカップでオーストラリア代表の初ゴールを決めたことかな」 「オーストラリア人として4度のワールドカップで5つのゴールを決めた。子供たちが夢を追うことを助けることは、僕にとって大きな意味がある」 「僕はプロサッカー選手になることは決してないと言われて育ってきた子供だった。だから、これを見ているみんな、夢を追い続けよう」 ケイヒル氏は、オーストラリア代表としても108試合に出場し50ゴールを記録。ドイツW杯の初戦の日本戦では、53分にマルク・ブレシアーノに代わって投入されると、1-0のビハインドで迎えた84分、89分と立て続けにゴール。アディショナルタイムにはダメ押しの3点目をアシストしていた。 2020.04.04 14:35 Sat
twitterfacebook
thumb

“オーストラリアの英雄”ケイヒルが2022年カタールW杯のグローバル・アンバサダーに就任!

元オーストラリア代表FWティム・ケイヒルが、2022年に行われるカタール・ワールドカップのグローバル・アンバサダーに就任した。 2022年W杯を通してインフラ整備や数々のプロジェクトを進めるカタールW杯組織委員会は、ケイヒルと新たに協力関係を築くことを発表。今後ケイヒルは、既に同アンバサダーに就任している元スペイン代表MFチャビ・エルナンデス、元カメルーン代表FWサミュエル・エトー、元ブラジル代表DFカフーらと共に労働者福祉プロジェクトやレガシープログラム、世界中で行われるイベントへの出席など、様々なプロジェクトに関わることになるという。 エバートンやニューヨーク・レッドブルズなど数々のクラブでプレーしてきたケイヒルは、2004年にオーストラリア代表デビューを飾ると、108試合に出場し同国史上最多の50ゴールをマーク。“オーストラリアの英雄”として4度のワールドカップ(2006、2010、2014、2018)出場を果たした。 ケイヒルは、グローバルアンバサダーに就任に喜びのコメントを残している。 「カタールW杯組織委員会に加入することは僕にとって自然なことだと思っているよ。僕は2008年からカタールに旅行で来ているし、長年に渡って密接な関係を築いてきたんだ。だから、カタールで開催されるワールドカップに携われることは、僕にとってとても特別なことなんだ」 2020.02.12 01:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ドログバやマルキジオ参戦! 今年5月に豪森林火災の支援に向けたチャリティーマッチ開催!

オーストラリアサッカー連盟(FFA)は27日、オーストラリアで続いている大規模な森林火災の被害者を支援する目的で5月23日にチャリティーマッチを開催することを発表した。 現在、オーストラリアでは昨年9月から現在に至るまで森林火災が多発化しており、多くの死傷者や野生動物への深刻な被害が明らかになっている。 これを受けて、FFAは被災地域のサッカーファミリー、被災地域で懸命に働く消防士やボランティアを支援するため、「#FootballForFires」という理念の下で「Football For Fires Cup」を開催することを決定した。 今回のチャリティーマッチはスタジアム所有者である政府機関の協力によって、8万2500人収容のANZスタジアム(シドニー)を無料で使用。さらに、被災地域で活動するボランティアを無料招待し、ピッチレベルに設けられるサポーターエリアには消防士と州緊急サービス局(SES)のメンバーが同じく観戦に訪れるという。 さらに、4万席以上が想定される一般販売のチケットは、大人チケットが29豪ドル(約2150円)から、ファミリーチケットが59豪ドル(約4360円)からの設定となっており、当日にユニフォームサプライヤーの『KAPPA』社が提供する特別ユニフォームや関連グッズの収益と共に、被災地域のサッカークラブや協会の施設修繕費などに寄付される予定だ。 なお、現時点で「Firefightersオールスターズ」と、「SESオールスターズ」の一員として参加が決定しているのは、元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ、元韓国代表MFパク・チソン、元イタリア代表MFクラウディオ・マルキジオ、元フランス代表FWダビド・トレゼゲ、元イングランド代表FWエミール・ヘスキー、元ベトナム代表FWレ・コン・ビンなどの世界各国のレジェンド。 さらに、サッカルーズ(オーストラリア代表)で活躍したFWジョン・アロイージやMFマーク・ミリガン、DFサイモン・コロシモらが名を連ねており、今後も続々と名プレーヤーたちの参戦がアナウンスされる予定だ。 2020.01.28 16:25 Tue
twitterfacebook