代表デビュー飾った冨安健洋「不安しかなかった。自分でもよくできたなと」《キリンチャレンジカップ2018》

2018.10.13 14:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽日本代表は13日、16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向け、トレーニングを再開した。

▽12日に行われたパナマ代表戦で、日本代表デビューを果たしたDF冨安健洋は試合を振り返りキックオフの笛が鳴るまで不安だったことを明かしている。

◆DF冨安健洋(シント=トロイデン)

──デビュー戦を振り返ってみて

「結果として無失点に抑えることができて良かったかなと思います。ゴールキックのところで誰が競りに行くのかはっきりしていない場面は僕が行くべきだと思いましたし、そこのコミュニケーションは深めていかなければならない部分かなと」

──周りは年上の選手ばかりの中でどのようなコミュニケーションを?

「常にディフェンスラインでは槇野(智章)さんとも『自分がカバーする』というふうにコミュニケーションを取っていました。そこはもっともっと深めていかなければならないですけど継続してやっていきたいなと思っています」

──前日にあまり調子が良くないとおっしゃってましたが?

「ホイッスルが鳴るまで不安な気持ちしかなかったです。正直、(よくできたなと)自分でも驚いているぐらいです」

──A代表のユニフォームを着て特別な感覚はありましたか

「あまり実感がなかったですね。試合に入るまでの段階でいつも通りの自分でいられなかった、集中しきれていなかったところもあったので、自分でもびっくりしていました」
コメント