キャリック、アーセナル移籍をセスクに阻まれていたことを告白2018.10.11 16:20 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元イングランド代表MFマイケル・キャリック氏が、2004年にアーセナル移籍に迫っていたことを告白した。イギリス『メトロ』が伝えている。▽遡ること2004年、当時ウェストハムに所属していたキャリック氏は、ある日突然アーセナルからの電話が鳴り、アーセン・ヴェンゲル監督の家に招待されたという。その時のことをこう振り返っている。

「私はアーセン・ヴェンゲルの家で座っていた。身がはち切れそうだったよ。『何が起こってるんだ?! 相手はアーセナルだぞ!』ってね」

▽2004年のアーセナルと言えば、ティエリ・アンリやデニス・ベルカンプ、パトリック・ヴィエラ、ロベール・ピレスを擁し、2003-04シーズンにはプレミアリーグ無敗優勝を成し遂げた、通称“インビンシブルズ”として讃えられた最強のチームだった。その指揮官であるヴェンゲルと直々に話をするなど、緊張しない方が無理というもの。

「我々は1時間ほどフットボールの話をしたんだ。ヴェンゲルは週末にマンチェスター・ユナイテッドとのコミュニティ・シールドを控えていた。それなのに私に1時間も費やしてくれたんだ。彼は自分に興味があるのか? 『また会おう』ヴェンゲルはそう言って別れたんだ」

「試合の日、私は自宅でアーセナルの試合を見ていた。自分のチームになる試合をね。そこでセスク・ファブレガスというまだ17歳だった少年を見たんだ」

「ファブレガスは素晴らしい活躍を見せたけど、そこまで重要な選手になるとは思っていなかった。試合の日の夜、私は連絡を待った。待ち切れなかった」

「だが、待てど暮らせど電話は一向に来なかった。次の日、私はウェストハムの練習に行かなければならなかったから、代わりにデイビッド(代理人)が電話をしたんだ。そしたらデイビッド・デイン(当時のアーセナル副会長)からこう言われた。『すまない、監督がマイケルは必要ないと言っている。ファブレガスがいるから。本当にすまない』とね。ファブレガスはヴェンゲルの気持ちを変えてしまったんだ」

「本当に落ち込んだよ。心はすでにアーセナルにあったからね。私は気持ちの整理がつかなくなった。どうしたらいいかわからなくなっていたんだ」

▽アーセナル移籍があと一歩のところで実現しなかったキャリックはその年にアーセナルの最大のライバルであるトッテナムに加入。その2年後、マンチェスター・ユナイテッドへ移籍を果たしたキャリックの活躍は言うまでもない。
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッドが興味のディオプ、ウェストハム残留か

ウェストハム・ユナイテッドのフランス人DFイッサ・ディオプ(22)に関してマンチェスター・ユナイテッドが接触している事が報じられているが、ここにきて残留の可能性も出てきた事をイギリス『スカイスポーツ』が伝えている。 ディオプはトゥールーズの下部組織出身で2015-16シーズンのニース戦でプロデビュー。今シーズンはレギュラーとしてリーグ戦33各試合に出場。年代別フランス代表にも選出されておりフル代表デビューも期待される若手センターバックだ。 ディオプは昨夏に2200万ポンド(約30億円)の移籍金でウェストハムに5年契約で加入しているが、今週になりマンチェスター・ユナイテッドからの接触が報じられていた。 ディオプは来週ウェストハムと交渉予定だが、現状クラブに愛着があり、またクラブにも同選手の売却意思はなく、マンチェスター・ユナイテッドから見返りとして提示されている選手にも興味が無いという。 一方で、ウェストハム側はユナイテッドにMFスコット・マクトミネイに譲渡の意思があるか尋ねたとも伝えられている。 2019.06.20 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル行き噂のルカク、豪ツアー前の決着希望か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(26)が7月前の去就決着を希望しているという。イギリス地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。 オーレ・グンナー・スールシャール体制下で序列が低下しているルカク。今夏のインテル入りを切望しているといわれており、来シーズンから指揮を執るアントニオ・コンテ氏もチェルシー時代に続いて同選手の獲得を熱望しているとみられ、今後の動向に注目が集まっている。 ユナイテッドは移籍金7500万ポンド(約102億3000万円)で獲得したルカクの売却準備をしているが、現時点でインテルからの入札はなし。ただ、ルカクはユナイテッドが7月初旬に出発するオーストラリアツアー前の去就決着を望んでいる模様だ。 なお、イギリス『サン』が19日付で報じたところによれば、ルカクとインテルは週給18万ポンド(約2400万円)の個人条件で合意。移籍金として見込まれる7500万ポンドは、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(26)の売却で調達する方向だという。 2019.06.20 14:25 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ワン=ビサカ獲得か SB史上最高額で合意

マンチェスター・ユナイテッドがクリスタル・パレスに所属するU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)の移籍交渉をまとめたようだ。イギリス『レコード』が報じている。 今夏、右サイドバックを補強ポイントの1つに掲げるユナイテッド。その筆頭に挙がっているのが、今シーズンのクリスタル・パレスで年間最優秀選手に輝くなど、プレミアリーグ屈指の右サイドバックとして株を上げたワン=ビサカだ。 移籍金4000万ポンド(約54億5000万円)の1stオファーでクリスタル・パレスを納得させられなかったユナイテッドだが、最終的に5500万ポンド(約75億円)でクラブ間合意に達したという。 これが事実であれば、同額はマンチェスター・シティに所属するフランス代表DFバンジャマン・メンディが2017年夏にモナコから加入時に記録した5750万ユーロ(現レートで約69億7000万円)を上回るサイドバック史上最高額となる。 なお、ユナイテッドは今夏、スウォンジーからウェールズ代表MFダニエル・ジェームズ(21)を獲得。この報道どおり、ワン=ビサカは2人目の新戦力として赤い悪魔入りとなるのだろうか。 2019.06.20 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ポグバの希望はレアル移籍よりユーベ復帰

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)がユベントス復帰を希望しているという。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 今夏、レアル・マドリーや、ユベントスの関心報道が取り巻くポグバ。16日の来日時に出席したイベント先で「タイミング的に新たなところで新たなチャレンジすべき」との意向を明かしたことで、より退団の憶測が熱を帯びている。 そのポグバの望みは、以前から取り沙汰されてきたレアル・マドリー行きでなく、ユベントスへの帰還。ポグバの連れ戻しに熱心なユベントスはユナイテッドに接触する前に、選手の賃金要求をクリアする解決策を探っている状況だという。 ユナイテッドはポグバを手放すとなれば、移籍金として1億5000万ポンド(約204億7000万円)を要求する姿勢だが、現時点で放出の意思なし。ただ、ポグバに契約延長に応じる可能性は低く、放出に動くプランもある模様だ。 なお、ポグバの残る現行契約は、2年+1年の延長オプション。去就はいかに…。 2019.06.20 12:35 Thu
twitterfacebook
thumb

マタがユナイテッドとの2年契約にサイン! 「OTを自分の家だと呼べることが誇り」

マンチェスター・ユナイテッドは19日、元スペイン代表MFフアン・マタ(31)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。今回の契約には更なる契約延長オプションが付随している。 今月末にユナイテッドとの契約が満了するマタに関しては、これまでアーセナルやバレンシア、バルセロナなど国内外のクラブへの移籍の可能性が取り沙汰されていた。しかし、先日ユナイテッドが契約延長オファーを打診していることを公表し、新契約締結の可能性が高まっていた。 今回、ユナイテッドとの2年契約にサインしたマタは、愛するクラブに残留できることを素直に喜んでいる。 「この素晴らしいクラブでキャリアを続けられることを心から誇りに思うよ。同時に偉大なファンたちを代表してプレーできることもね」 「マンチェスター・ユナイテッドに加入してから5年が経ち、オールド・トラフォードを自分の家だと呼べることを誇りに思っているんだ」 「オーレ(・グンナー・スールシャール)や彼のファンタスティックなコーチ陣とこれからも共にやっていけることにワクワクしている。彼らのこのクラブの将来に対するビジョンはとてもエキサイティングなものだよ。そこに自分も関わっていけることを幸せに感じているよ」 一方、オーレ・グンナー・スールシャール監督は、頼れるベテランMFの慰留成功に満足感を示している。 「フアンは私がこれまで共にやってきた中でも究極にプロ意識が高く、抜群に知的なプレーヤーの一人だ。彼の存在は、若手プレーヤーたちにとって格好の手本となる。彼はマンチェスター・ユナイテッドのプレーヤーであるということが何を意味しているかを理解し、このクラブとあらゆる苦楽を共にすることができる」 「ピッチ上での活躍はもちろんのこと、我々が抱えている将来性豊かなプレーヤーたちにとっては、フアンが彼の豊富な経験値を提供してくれることで、ポテンシャルを飛躍的に伸ばしてやることができる。彼が契約延長に合意してくれたことを非常に嬉しく思う。彼の才能とメンタリティは、このクラブにとってかけがえのないものだ」 2014年1月にチェルシーから加入したマタは、ここまで公式戦218試合45ゴール37アシストという数字を残し、今シーズンも公式戦32試合6ゴール4アシストを記録。これまでFAカップやヨーロッパリーグ(EL)制覇に貢献してきた。 2019.06.20 01:29 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース