G大阪、ユースから“ポスト井手口”が来季昇格!

2018.10.10 17:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽ガンバ大阪は10日、同クラブユースに所属するMF奥野耕平(18)の2019シーズン加入内定を発表した。▽兵庫県出身の奥野は、ボール奪取能力が売りのボランチで、2017年に世代別日本代表としてU-17ワールドカップでもプレー。同じくユース出身でグロイター・フュルトでプレーする日本代表MF井手口陽介の後継者として将来が期待され、今シーズンはU-23カテゴリーで明治安田生命J3リーグ2試合に出場している。

▽中学時代から過ごすG大阪で来シーズンからプロとしての一歩を踏み出す奥野は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

「この度、ガンバ大阪へ昇格出来たことを嬉しく思います。それとともにプロサッカー選手になるという自覚と責任感も感じています。中学時代から成長させていただいたこのクラブに感謝し、一日でも早くチームに貢献できるように頑張ります」
関連ニュース
thumb

柏、筑波大MF加藤匠人の来季加入内定を発表 「レイソルに帰ってくることができました」

柏レイソルは17日、筑波大学に在学するMF加藤匠人(22)の来季加入内定を発表した。 加藤は埼玉県出身で、柏の下部組織育ち。身長172cm、体重68kg、右利きのボランチで、今季の筑波大学で副主将を務める。 大学を経由しての古巣復帰となる加藤はクラブを通じて、喜びの思いとともに決意を語った。 「来季から柏レイソルに加入することになりました加藤匠人です。小学5年生から高校3年生までの8年間を過ごした愛着のあるレイソルで、幼い頃からの夢であり目標であったプロサッカー選手として、新たなスタート地点に立てたことを嬉しく思います。これまでお世話になった指導者の方々、共に闘ってきた仲間、友人、そしてどんな時も味方でいて応援し、支えてきてくれた両親、家族に本当に感謝しています」 「筑波大学を経由し、様々な経験や学び、壁を乗り越えて一人の人間として大きな成長を実感して、レイソルに帰ってくることができました。これまで培ってきたものを活かして、日立台のピッチに立ち、皆さんの期待に結果で応えられるように常に全力で取り組み、努力を続けていきます。応援よろしくお願いします」 2021.06.17 11:40 Thu
twitterfacebook
thumb

鳥栖が兒玉澪王斗も育成型レンタルへ! 相模原入りが決定

SC相模原は15日、サガン鳥栖からFW兒玉澪王斗(19)の育成型期限付き移籍加入を発表した。期間は2022年1月31日まで。背番号は「26」を背負う。 兒玉は鳥栖の下部組織育ちで、昨季に2種登録選手としてトップチーム入りすると、今季から正式昇格。その今季はJリーグYBCルヴァンカップでこそ4試合に出場したが、明治安田生命J1リーグで昨季に続いて出番がなかった。武者修行決定を受け、相模原を通じて意気込みを語っている。 「この度サガン鳥栖から移籍してきました兒玉澪王斗です。 新しい地、新しいユニホームを着てサッカーができる喜びを気持ちだけで終わるのではなくプレーで見せます。 必ずチームの力になれるよう頑張りますので応援よろしくお願いします」 一方、鳥栖を通じては「この度、SC相模原に移籍することになりました」と報告。武者修行先での活躍を誓った。 「プロキャリアをサガン鳥栖でスタートできたことを誇りに思っています。戦う舞台は違いますが、相模原に行っても自分の今できることを精一杯努力して、何段回もレベルアップしてきます。別のチームではありますが、これからも応援よろしくお願いします」 なお、鳥栖は同日にFW石井快征も愛媛FCに育成型期限付き移籍で加わると発表。トップチームで出場機会が限られる生え抜きを新天地に送り出して、成長を促す動きが活発化している。 2021.06.15 13:25 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥栖FW石井快征、愛媛に武者修行 「大きくなって帰ってきます」

愛媛FCは15日、サガン鳥栖からFW石井快征(21)の育成型期限付き移籍加入を発表した。期間は2022年1月31日まで。背番号は「40」を着用する。 鳥栖下部組織出身の石井は世代別代表歴も持つ有望株で、2018年に2種登録選手としてトップチーム入りすると、翌年に正式昇格。昨季は明治安田生命J1リーグ18試合出場で3得点を記録したが、今季はここまで5試合の出番にとどまり、無得点だった。 武者修行先でさらなる成長を目指す石井は愛媛を通じて「こんにちは。初めまして石井快征です。愛媛に関わる全ての方々に感謝をして頑張りますのでよろしくお願いします」と活躍を誓った。 一方、鳥栖を通じては「小さな頃から所属しているクラブを離れるのは寂しい気持ちもありますが、愛媛に行って大きくなって帰ってきます」とコメント。力をつけての復帰を約束した。 2021.06.15 12:10 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和入団の酒井宏樹、熱狂的な真紅のファンについて「怖かったですよもちろん(笑)」

日本代表DF酒井宏樹が、浦和レッズ加入後初のオンライン記者会見に臨んだ。 浦和レッズ加入が10日に発表となった酒井。2012年7月のハノーファー移籍以降、2016年夏にはマルセイユへステップアップ。リーグ・アンでは145試合に出場し1ゴール10アシストを記録した。 9年の海外挑戦を経て凱旋した酒井は、マルセイユを退団した理由や、浦和レッズでを選択した理由を告白。「ほとんどの人に反対された」が、日本でプレーしたいという堅い意志があったことを明らかにした。 「退団した理由は、これまで4年間、外国人枠として責任を持って、自分も活躍しているという自負も持ってプレーできていましたが、今季に関しては、右サイドバックの序列がただ一番だったという理由だけで試合に出ていたので、自分としては、今までのような絶対的な立場を確保できていませんでした。なので、そろそろ大好きなマルセイユから離れるべきなのかなと思っていました」 「元々、マルセイユにいた時にこのチームをヨーロッパ最後のチームにしたいという思いがあって、2度の契約延長を挟んで5年も長く在籍して、僕も家族も本当に大好きな場所だった中で、新しいステップは日本でと考えていました。日本でも自分に良い意味でプレッシャーや責任感、緊張感をもたらしてくれるクラブを探していました」 「その中ではマルセイユみたいな特別なサポーターが浦和レッズにはいますし、そういった意味では僕に責任感や緊張感を与えてくれる存在だと思うので、オファーをお受けさせていただきました」 また、移籍発表後に、現在召集されているU-24日本代表でGK鈴木彩艶やMF橋岡大樹(現シント=トロイデン)といった浦和に所縁のある選手と話をしたという酒井。最も早く連絡をしたDF西大伍に関しては、共にプレーすることを「本当に楽しみ」と話した。 「発表してから大樹だったり、彩艶から話を聞きました。2人ともレッズが好きですからね。好印象な話を聞けました」 「大伍さんとはタイプが違うので一緒にプレーできるのが楽しみです。大伍さんとは浦和移籍が決まってからかなり早い段階で連絡させていただいて。大伍さんからも楽しみと言ってもらえました。ライバル関係という風になるのかもしれないですけど、同時にピッチに立つ機会も増えると思います」 最後に、日本一熱狂的と言われる浦和サポーターに関しても言及。柏レイソル時代は「怖かった」としながらも、今度はその声援を背にプレーすることが待ちきれないと語った。 「怖かったですよもちろん。マルセイユの時もそうですが、相手からしたら凄く怖いと思うので、そのサポーターたちが味方になるのは凄く心強いです。埼玉スタジアムでも優勝を決めさせていただいて、良い思い出しかないので、早くプレーできることが非常に楽しみです」 2021.06.14 17:43 Mon
twitterfacebook
thumb

甲府MF長谷川元希がプロA契約に移行、松本戦ではプロ初ゴールを記録

ヴァンフォーレ甲府は11日、MF長谷川元希(22)とのプロA契約締結を発表した。 長谷川は大宮アルディージャユース、法政大学を経て、今季から甲府でプロキャリアをスタートさせた。明治安田生命J2リーグ第7節のギラヴァンツ北九州戦で先発を座を射止め、第8節の松本山雅FC戦でプロ初ゴールを含む2ゴールを記録。以降スタメンに定着し、今季はここまでリーグ戦13試合3得点の結果を残している。 先月30日に行われた第16節の京都サンガF.C.戦でプロA契約締結の条件をクリアした長谷川はクラブを通じて喜びの思いを語り、決意を新たにした。 「日頃よりたくさんのご支援、ご声援ありがとうございます。この度、プロA契約を締結させていただきました。夏場での戦いがJ1昇格に向け非常に重要になっていくので、今まで以上にチームの為に戦い貢献したいと思います。今後も応援宜しくお願い致します」 2021.06.11 18:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly