イカルディ1G1Aのインテル、好調フィオレンティーナに競り勝つ《セリエA》

2018.09.26 06:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは25日、セリエA第6節でフィオレンティーナをホームに迎え、2-1で勝利した。

▽前節ルイジ・フェラリスでのサンプドリア戦をブロゾビッチの追加タイム弾で劇的勝利を飾り、今季2勝目を挙げたインテルは、サンプドリア戦のスタメンから2選手を変更。ポリターノとミランダに代えてペリシッチとデ・フライが先発に戻った。

▽3勝1分け1敗と好スタートを切ったフィオレンティーナに対し、立ち上がりの相手の攻勢を凌いだインテルは11分にチャンス。相手のミスパスをカットした流れからボックス右のカンドレーバがボレー。しかし枠を捉えきれなかった。

▽続く15分、ロングカウンターからナインゴランのスルーパスをボックス中央に走り込んだイカルディがダイレクトでシュートに持ち込むもGKの守備範囲に飛んでしまう。さらに18分、右サイドゴールライン際からのカンドレーバのクロスをニアサイドのペリシッチがダイレクトでシュート。しかし枠の左に外れてしまった。

▽その後もインテルが攻勢に出るも、32分に大ピンチ。ショートカウンターを受けてキエーザのスルーパスを受けたシメオネにGKとの一対一の局面を作られるが、ハンダノビッチがビッグセーブで防いだ。

▽すると42分、右サイドのカンドレーバのクロスがボックス内のヴィクトル・ウーゴのハンドを誘ってVARの末にPKを獲得。これをイカルディが決めてインテルが先制した。

▽イカルディの今季初ゴールでリードして迎えた後半、インテルは53分に同点に追いつかれてしまう。カウンターに転じようとしたところでナインゴランがボールを失うと、ボックス手前右のキエーザにミドルシュートを打たれ、シュクリニアルの足に当たったボールがネットに突き刺さった。

▽ここからリズムを失ったインテルは、カンドレーバに代えてポリターノを、68分にはヴェシーノに代えてケイタを投入。流れが好転せずにいたが、78分にインテルが勝ち越しのゴールを挙げる。ダンブロージオがイカルディとのワンツーでボックス右に侵入しGKと一対一に。この決定機を確実に生かしてシュートを流し込んだ。

▽これが決勝点となってインテルが勝利。開幕以降精彩を欠いていたイカルディの1ゴール1アシストの活躍でインテルが今季3勝目を挙げている。

関連ニュース
thumb

インテルのイタリア代表MFセンシ、吉田麻也にも興味のモンツァにレンタル移籍

セリエAに昇格したモンツァは2日、インテルからイタリア代表MFステファノ・センシ(26)をレンタル移籍で獲得することを発表した。 センシは2023年6月30日までの1年間のレンタル移籍となる。 チェゼーナのアカデミーで育ったセンシは、サンマリノ、サッスオーロでプレー。2019年7月にインテルへとレンタル移籍すると2020年9月に完全移籍していた。 インテルでは公式戦52試合に出場し4ゴール4アシストを記録すると、今年1月からはサンプドリアにレンタル移籍。サンプドリアでは公式戦11試合に出場し1ゴールを記録していた。 セリエAでは111試合で9ゴール9アシストを記録しているセンシ。イタリア代表としても9試合で3ゴールを記録しており、クラブ史上初のセリエA挑戦となるモンツァにとっては貴重な戦力となる。 モンツァは元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキア、イタリア代表GKアレッシオ・クラーニョ、U-21イタリア代表DFアンドレア・カルボーニをすでに獲得しており、4人目の補強に。日本代表DF吉田麻也の獲得にも興味を示している。 2022.07.02 20:22 Sat
twitterfacebook
thumb

インテルが今夏4人目の補強!ローマ退団のMFムヒタリアンと2年契約

インテルは2日、元アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2024年夏までの2年間となる。 これまでシャフタール・ドネツクやドルトムント、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナルでプレーしたムヒタリアン。2019年9月にレンタル移籍でローマンに加入すると、2020年9月にフリーで完全移籍した。 ブンデスリーガでは90試合に出場し23ゴール36アシスト、プレミアリーグで78試合13ゴール14アシストを記録したムヒタリアンは、ローマで公式戦117試合に出場し29ゴール28アシストを記録。セリエAでも87試合で27ゴール22アシストを記録し、チームの攻撃を牽引していた。 インテルにとっては、ムヒタリアンが初のアルメニア人選手となった。 なお、ベルギー代表FWロメル・ルカク、アルバニア代表MFクリシティアン・アスラニ、カメルーン代表GKアンドレ・オナナに続いて、今夏4人目の補強となった。 <span class="paragraph-title">【写真】チャン会長とムヒタリアンが握手!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/HenrikhMkh?ref_src=twsrc%5Etfw">@HenrikhMkh</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ForzaInter?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ForzaInter</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/WelcomeMkhitaryan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WelcomeMkhitaryan</a> <a href="https://t.co/aeoKk1OOcg">pic.twitter.com/aeoKk1OOcg</a></p>&mdash; Inter (@Inter) <a href="https://twitter.com/Inter/status/1543161304675909632?ref_src=twsrc%5Etfw">July 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.02 18:50 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル、アヤックス退団のGKオナナを獲得

インテルは1日、アヤックスを退団したカメルーン代表GKアンドレ・オナナ(26)をフリーで獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月までの5年間。年俸は300万ユーロ(約4億2000万円)とのことだ。 オナナは2015年にバルセロナの下部組織からアヤックスに入団。アヤックスでは公式戦212試合に出場。2018-19シーズンはチャンピオンズリーグ4強入りに貢献していた。 しかし2021-22シーズンはドーピング違反によって公式戦9試合の出場に留まっていた。 インテルでは先日、守護神のGKサミル・ハンダノビッチ(37)が2023年まで契約延長しており、厳しい正GK争いが待ち受けることになる。 2022.07.02 01:15 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル、エンポリの逸材アスラニを買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得

インテルは6月30日、エンポリのアルバニア代表MFクリシティアン・アスラニ(20)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 アスラニはエンポリ下部組織出身のセントラルハーフで、今シーズンからファーストチームに昇格すると、序盤戦はわずかな出場時間しか与えられなかったが、第24節のボローニャ戦で初めてスタメンに名を連ねると、以降は中盤で定位置を確保。自身初となるトップリーグの舞台で23試合1得点1アシストを挙げ、チームのセリエA残留に貢献していた。 インテルは、中盤アンカーの位置で絶対的な存在であるクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチ(29)の負担軽減が喫緊の課題となっていることから、シモーネ・インザーギ監督はバックアッパーとしてアスラニを据え、将来的にはポジションを取って代わる存在となることを期待しているようだ。 2022.06.30 23:45 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル退団のウルグアイ代表MFベシーノにマルセイユが関心か?

インテルを契約満了で退団するウルグアイ代表MFマティアス・ベシーノ(30)に、マルセイユが関心を寄せているようだ。 2017年8月にフィオレンティーナからインテルの一員となったベシーノ。加入後すぐに欠かせない戦力となったが、アントニオ・コンテ監督(現トッテナム指揮官)の就任以降はプレータイムを減らし、シモーネ・インザーギ体制となった今季も序列を覆すことはできなかった。 今季で契約満了となるベシーノに対しては、エンポリ時代に師事し、飛躍のキッカケとなった恩師であるマウリツィオ・サッリ監督が率いるラツィオや、ジェンナーロ・ガットゥーゾ新監督を迎えたバレンシアなどから関心が寄せられてきた。そんな中、新たに獲得に名乗りを挙げるクラブが浮上している。 スペイン『Fichajes』が著名なジャーナリストであるジャンルカ・ディ・マルツィオ氏の情報をもとに報じたところによると、リーグ・アンのマルセイユもベシーノ獲得を模索しているクラブのひとつであるとのことだ。 ベシーノ本人もこれまで10年近くプレーしたイタリアを離れることを考慮しているとみられ、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保するマルセイユ行きは魅力的な選択肢ではないかと考えられている。 2022.06.30 21:04 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly