ソースはイブラヒモビッチ!「マルメからオファーがあった」

2018.09.23 16:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(36)が、プロデビューを果たした母国のマルメからオファーがあったと語っている。イギリス『サン』が伝えた。▽マルメはイブラヒモビッチが1999年にプロデビューを果たしたスウェーデンのクラブ。1910年に創設され、これまでに国内リーグを23回制覇。現在は2連覇している。

▽そんなマルメにイブラヒモビッチが“逆オファー”をしているようだ。

「マルメからオファーがあった。彼らはそこで俺にキャリアを終わらせてほしいようだ。ドアは開かれている。あそこではトロフィーを獲得できてないからな」

▽こう語るように、数々のビッグクラブでプレーしてきたイブラヒモビッチはそのほとんどのクラブでリーグタイトルを獲得しているが、1999年から2001年に在籍したマルメではゼロ。サッカー人生の最後に、忘れ物を取りに戻ることを夢見ているのかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

LAギャラクシー、バロス・スケロット監督を解任…今季は西カンファレンスで最下位に低迷

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーは29日、アルゼンチン人指揮官のギジェルモ・バロス・スケロット監督(47)の解任を発表した。なお、今シーズン終了まではアシスタントコーチを務めていたドミニク・キニア氏(53)が暫定監督を務める。 現役時代、ボカ・ジュニアーズで活躍したバロス・スケロット監督は、指揮官としても古巣ボカで2016-17シーズン、2017-18シーズンの国内リーグ連覇に導く手腕を発揮していた。 そして、2019年1月にLAギャラクシーの新指揮官に就任した。就任1年目はウエストカンファレンスで6位フィニッシュとなったが、今シーズンここまでは5勝11敗3分けでウエストカンファレンスの最下位(12位)に低迷。この成績不振を受けて、29日に解任となった。 2020.10.30 13:51 Fri
twitterfacebook
thumb

バロテッリの新天地はトルコorアメリカ?

ブレシアに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(30)の新天地候補にベシクタシュと、ロサンゼルス・ギャラクシーの2クラブが浮上しているようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 昨夏、マルセイユから故郷のブレシアへと帰還したバロテッリ。2019-20シーズンはセリエAに昇格したチームの貴重な戦力として迎えられたが、リーグ戦19試合に出場し5ゴールの数字に留まっていた。 さらに、シーズン終盤にかけてはクラブとの確執により構想外に。加えて、ブレシアのセリエB降格に伴い、今夏の退団が決定的な状況だ。 そういった状況の中、『コッリエレ・デッロ・スポルト』は今月12日に30歳となった“悪童”の新天地候補として、トルコの強豪ベシクタシュと、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のLAギャラクシーの2クラブの名前を挙げている。 ベシクタシュに関しては年俸250万~300万ユーロ(約3億1000万~3億8000万円)と言える高額なサラリーを支払うことが可能なこと、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を加入の理由として挙げている。ただ、ベシクタシュは25日に行われたCL予備予選2回戦でPAOK相手に敗退している。 一方、LAギャラクシーに関しては環境面は魅力的も、サラリーキャップ制の範囲外となる特別指定選手登録3枠が、メキシコ代表FWハビエル・エルナンデス、同MFジョナタン・ドス・サントス、アルゼンチン代表FWクリスティアン・パボンで埋まっており、獲得に際しては枠を空けなければならない問題があるという。 現時点ではいずれの選択肢も難しい状況だが、今後の動向に注目したところだ。 2020.08.26 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

クリンスマンJr.が母国復帰! ザンクト・ガレンからLAギャラクシーに加入

メジャーリーグ・サッカー(MLS)に所属するロサンゼルス・ギャラクシーは20日、ザンクト・ガレンからアメリカ代表GKジョナサン・クリンスマン(23)の獲得を発表した。 現役時代にドイツ代表のエースとして活躍し、ヨーロッパのビッグクラブでも活躍したユルゲン・クリンスマン氏を父に持つジョナサンは、2017年にトライアウトで合格したヘルタ・ベルリンへ加入。だが、トップチームに定着することはできず、リザーブチームであるヘルタ・ベルリンⅡを主戦場としてきた。 そして、昨年6月にフリートランスファーで加入したスイス・スーパーリーグのザンクト・ガレンでは国内カップ戦2試合に出場したものの、今シーズンのリーグ戦出場はなかった。 クラブとの契約は2021年まで残っていたが、フリートランスファーという形で母国に復帰することになった。 2020.08.21 16:33 Fri
twitterfacebook
thumb

今日は何の日!7月21日は、“貴公子”ベッカムがLAギャラクシーデビュー!アメリカの地で新たな挑戦が始まる/2007年

世界中で休むことなく紡がれ続けてきたフットボールの歴史の中で今日何が起こったのか。本日7月21日の出来事を振り返ってみよう。 今回ピックアップするのは、2007年7月21日。元イングランド代表MFデイビッド・ベッカムがメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーでデビューを飾った日だ。 <div id="cws_ad">◆ベッカム、アメリカでの新たな挑戦<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuTEJ6ZUtjayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆世界を驚かせたアメリカ移籍 世界的ビッグクラブ、マンチェスター・ユナイテッドのユースで育ち、1992年のデビュー以来、フットボーラーとしての優れた能力と端正なルックスから、世界中でアイドル的人気を誇ったスーパースター・ベッカム。ユナイテッドで活躍した後、2003年には当時“銀河系軍団”として大型補強を繰り返していたレアル・マドリーの一員となった。 2007年マドリーを退団した際、ベッカムが次なる活躍の場として選んだのは、長く「サッカー不毛の地」と呼ばれたアメリカ、MLSだった。ベッカムのほどの選手が、当時人気、レベル共にまだまだ低かったMLSに移籍を決めたことは、サッカーファンのみならず人々を驚かせた。 ◆ヨーロッパのスーパースターたちの新たなキャリアパスの先駆者に ベッカムが移籍したことでMLSへの注目度は大きく上がることに。また国内での注目度も大きく変化し、選手、そしてリーグの親善大使であったベッカムがアメリカのサッカーにもたらした影響は計り知れないものとなった。 さらにベッカムは、ヨーロッパで活躍し、全盛期を終えたスーパースターたちが引退前の数年を過ごすリーグとしてのMLS移籍というオプションを開拓した最初の選手たちの1人となった。例を挙げれば、FWティエリ・アンリやMFフランク・ランパード、そしてMFスティーブン・ジェラードなど、多くのスーパースターたちがベッカムの後を追う形でキャリアの晩年をMLSで過ごすという選択をするきっかけにもなった 現在は今シーズンからMLSへの参入が正式に認められたインテル・マイアミのオーナーとして、また別の形でのアメリカサッカー界に貢献しているベッカム。サッカーの歴史を大きく変えた選手と言ってよいだろう。 2020.07.21 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ロサンゼルスが“ズラタンされた”日…イブラが全米を驚愕させたMLS初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『DEBUT GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがロサンゼルス・ギャラクシーで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ズラタンが飾った鮮烈MLSデビューゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ2MGU2eDBITSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 数々の欧州トップクラブで活躍したイブラヒモビッチは、2018年3月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーへ移籍。2020年1月にミランへ復帰するまでの2シーズンを過ごし、公式戦58試合53ゴールという驚異的な数字を残した。 その記念すべき1つ目のゴールになったのが、2018年3月31日のMLS第5節、ロサンゼルスFCとのLAダービーで見せたゴールだ。 LAギャラクシーはLAFCに48分までに3得点を決められ、敗戦が濃厚になっていたこの試合だったが、後半にドラマが待っていた。 それぞれ61分と73分に得点し、2-3とあと1点差に迫ったLAギャラクシー。するとここから71分に途中交代で出場していたイブラヒモビッチが魅せる。 77分、味方が前線へ送ったロングボールがイブラヒモビッチの前にこぼれてくると、高くバウンドしたボールをズラタンが豪快なボレー。鋭い弾道で放たれたボールは相手GKの頭上を越え、ゴールネットに突き刺さった。 このデビューゴールだけでも十分なイブラヒモビッチだったが、91分には再び豪快な勝ち越しゴールを決め、4-3でのダービー勝利に貢献。衝撃のデビューを飾った。 2020.07.17 20:00 Fri
twitterfacebook