フィーゴがCR7退場判定に喝 「レッドカードは大げさ」2018.09.21 12:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元ポルトガル代表MFのルイス・フィーゴ氏が同胞のユベントスに所属するFWクリスティアーノ・ロナウドを襲ったレッドカード判定を不服とした。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。▽C・ロナウドは19日、敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ開幕節のバレンシア戦に先発。だが、29分にバレンシアのコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョと小競り合いとなり、ドイツ人主審のフェリクス・ブリッヒ氏から一発退場を命じられた。

▽この一件について問われたフィーゴ氏は、次のように言及。C・ロナウド擁護派の立場を取り、判定に苦言を呈した。

「レッドカードは大げさだ。彼が退場を命じられるほど何か悪いことをしたとは思えないからね」

「主審や追加副審が見たものが、テレビを通して見た私たちと何か違ったのかはわからない。ただ、理解し難いことだ」
コメント
関連ニュース
thumb

ユベントスがポグバ獲得に仰天プラン?

今夏の移籍が取り沙汰されているマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(26)。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』は、ユベントスが仰天プランを考えていることを報じた。 先日、初来日を果たしたポグバは、自身の去就について問われると「新たなチャレンジをする良い時期だ」とコメント。噂されている移籍について、否定しなかった発言が世間を賑わせた。 そんなポグバの移籍先候補には、レアル・マドリーや古巣のユベントスが上がっているが、『コリエレ・デッロ・スポルト』はユベントスがアディダスに手助けを求めていると主張している。 ポグバは2021年までユナイテッドと契約を結んでおり、年俸は1500万ユーロ(約18億3000万円)とも言われている。しかし、チーム内での立場の変化など、様々な面を考慮して退団を希望している。 移籍先候補として挙がっているユベントスだが、今夏はアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)の獲得にも動いており、資金面で苦しい状況に陥る。 7000万ユーロ(約85億4500万円)の移籍金と年俸1200万ユーロ(約1億4600万円)に加え、デ・リフトの移籍金を計上すると非常に大きな金額となり、支払いは困難になると見られている。 そこでユベントスが考えたのが、スポンサーであるアディダスのサポートだ。ユベントスとアディダスは2027年6月までスポンサー契約を結んでおり、総額4億800万ユーロ(約498億円)にものぼるとのこと。ユベントスのみならず、ポグバもアディダス契約選手のため、ユベントスが移籍の手助けを求めているようだ。 なお、ユナイテッドはポグバの移籍金として1億5000万ユーロ(約183億円)を要求するとのこと。これは、レアル・マドリーにも同じ金額を求めている。 ユナイテッド、マドリー、ユベントスといずれもアディダスがスポンサーとなっているが、ポグバの行き先は果たして…? 2019.06.26 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ブッフォン、ユベントス帰還へ

今シーズン限りでパリ・サンジェルマン(PSG)を退団する元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(41)のユベントス復帰が近づいているようだ。イタリア『スカイ』が報じた。 今シーズン、17年間過ごしたユベントスに別れを告げ、PSGに加入したブッフォン。同シーズンは公式戦25試合に出場し、健在ぶりを示したが、PSGとの契約延長を拒否し退団している。 そのブッフォンはバルセロナ、ブレシア、ポルト、リーズ、パルマなど複数クラブが獲得に興味を示すなど、引く手あまたの状態。そんな中、ユベントスへの復帰の可能性が出てきた。 同メディアによれば、ブッフォンはすでにイタリア王者への復帰に合意。現在、同クラブで正GKを務めるポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーのバックアップとして加入することとなり、退団が噂される第2GKのイタリア代表GKマッティア・ペリン(26)の去就が決定後、交渉を済ませる見込みのようだ。 また、ブッフォンとの契約は1年になる模様。引退後は同クラブにスタッフ入りすることになるだろうとも伝えられている。 2019.06.26 09:25 Wed
twitterfacebook
thumb

アランが言及…加入噂のハメスは“歓迎”、恩師サッリのユーベ就任は“何も思わない”

ブラジル代表MFアランが、ナポリへの加入が噂されているレアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)と先日ユベントスの新指揮官に就任したかつての恩師マウリツィオ・サッリについて言及した。イタリア『Tuttomercatoweb』が伝えている。 バイエルンの買取オプションの不行使が決定し、レアル・マドリー復帰が既定路線となっているハメス・ロドリゲス。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外となっていることから今夏のさらなる移籍が有力視されており、その筆頭にはマドリーやバイエルンで師弟関係にあったカルロ・アンチェロッティ監督率いるナポリが挙がっている。 この噂について問われたアランは、コロンビア代表MFを称賛すると共に、ナポリ加入を歓迎した。 「ハメスはワールドクラスのフットボーラーだ。彼が加入すれば、僕ら全員がナポリで幸せになるだろうね」 また、セリエAでは今シーズン、2015-16シーズンから2017-18シーズンまでナポリを指揮していたサッリ監督がユベントスに就任。かつての恩師がライバルクラブの監督に就いたことに関して、アランは以下のようにコメントしている。 「特に何も思わないよ。彼の決断だ。僕らはそれを尊重しなければならない。僕らはナポリであり、今や彼は敵だ。僕らは彼を倒そうとするだけだよ」 2019.06.24 16:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュがケディラを狙う ユーベも放出容認か

ベシクタシュがユベントスのドイツ代表MFサミ・ケディラ(32)の獲得を狙っているとトルコ『HABERLER』が伝えている。 2015年夏にレアル・マドリーから移籍したケディラだが、今季は度重なるケガに見舞われ、4月にはヒザの手術を行い現在もリハビリに励んでいる状態だ。 イタリア『Corriere di Torino』の情報では、ユベントスはケガの状況や32歳という年齢からケディラの放出を考慮しているという。また、チームにはミラレム・ピャニッチやブレーズ・マテュイディ、先日契約延長が発表された有望株ロドリゴ・ベンタンクールらが在籍していることに加え、新シーズンからはアーロン・ラムジーが加入するため中盤の選手には困っていない。 ケディラ獲得を狙うベシクタシュはすでに同選手の兄・デニーと接触しており、サミについて状況を確認したとのこと。だが、ケディラがユベントスで600万ユーロ(約7億3000万円)の高額な年俸を受け取っていること、契約が2年残っていることが移籍の隔たりになるのではないかと推測されている。 2019.06.23 14:40 Sun
twitterfacebook
thumb

U-21イタリア代表に激震… ミーティング遅刻のケアンとザニオーロが運命のベルギー戦欠場へ《U-21欧州選手権》

U-21イタリア代表に激震が走った。22日に行われるU-21欧州選手権2019グループA最終節のU-21ベルギー代表戦にFWモイゼ・ケアン(ユベントス)とMFニコロ・ザニオーロ(ローマ)の両主軸が欠場することになったようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 ホテルで同部屋のケアンとザニオーロは今大会中、度々インスタグラムに歌や踊っている姿を投稿。そしてベルギー戦に向けたミーティングに遅刻していた。これがルイジ・ディ・ビアージョ監督の逆鱗に触れ、ベルギー戦で起用しないことを決めたようだ。 仮にイタリアがベスト4進出を果たせば、両選手が復帰する可能性があるようだが、グループステージ最終節を前に2連勝のU-21ポーランド代表を追うイタリアは、1勝1敗でU-21スペイン代表に並んでいる中、両主軸を欠いてベルギーに勝利し、東京五輪出場権の得られるベスト4進出を果たせるか。 2019.06.23 01:16 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース