甲府、ホームで約2カ月ぶりの勝利!大宮は上位と勝ち点縮められず《J2》2018.09.19 21:34 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽明治安田生命J2リーグ第32節のヴァンフォーレ甲府vs大宮アルディージャが、19日に山梨中銀スタジアムで行われ、1-0でホームの甲府が勝利した。▽直近5試合で1勝2分け2敗と波に乗り切れない16位・甲府は(勝ち点39)は、土曜日の愛媛FC戦からスタメンを6人変更。ビョン・ジュンボン、山本、フェフージン、瀬戸、小塚、ジュニオール・バホスに代えて、今津、小出、小椋、佐藤、堀米、金園を起用。

▽一方、直近5試合で4勝1分とJ1自動昇格ラインを猛追する大宮(勝ち点54)は、前節のFC町田ゼルビア戦からは、茨田にかえて大山が先発に名を連ねた。

▽試合序盤は両者共に中盤でのボールの奪い合いが続く。28分、ボックス手前でフリーでボールを受けたマテウスがゴール前に走り込んだ富山にスルーパスを通す。これを富山がダイレクトでシュートを打つもGK河田の正面に。

▽なかなか決定機が作れない甲府は、35分、左サイドから小椋がボックス左に走り込んでいた堀米に浮き球でパスを送る。これを堀米がラインギリギリのところでボールに追いつきボックス中央に走り込んできた金園にクロスを供給。金園がヘディングシュートを狙うもゴール左に逸れた。

▽後半に入り、ボールを徐々に保持する時間が増えてきた甲府は69分、敵陣左サイドで佐藤が清水とのワンツーでボックス左を駆け上がりゴール前にクロスを供給。するとこのクロスが相手DFに当たり、コースが変わってゴールに吸い込まれ、ホームの甲府が先制した。

▽試合が動いて以降、両者共にチャンスらしいチャンスは作れず試合終了。甲府は7月21日の第24節ロアッソ熊本戦以来のホーム白星。一方、敗れた大宮は、JI自動昇格に向けて痛すぎる1敗となった。

コメント
関連ニュース
thumb

大宮が5連勝で2位浮上! 鹿児島は8戦ぶりのゴールで琉球との“昇格組対決”制し開幕戦以来の白星《J2》

明治安田生命J2リーグ第10節の6試合が各地で行われた。 町田市立陸上競技場で行われたFC町田ゼルビアvs大宮アルディージャは1-0で大宮が勝利した。 連勝を目指す12位・町田(勝ち点13)と、リーグ戦4連勝中の4位・大宮(勝ち点17)が対戦。 スコアレスで試合を折り返すと大宮が後半早々に先制に成功する。50分、右サイドの敵陣中央から奥井が柔らかいクロスを供給。ボックス中央のフアンマ・デルガドが頭で落とすと、茨田が右足のボレーシュート。これがゴールに突き刺さった。 追いかける展開となった町田は67分、バイタルエリア左からロメロ・フランクが強烈なシュートを放ったが、GK笠原に弾かれる。さらにこぼれ球に反応した富樫がゴール前で押し込みにかかるが、笠原に見事なワンハンドセーブではじき出された。 結局、試合はこのまま1-0で大宮が逃げ切り。勝利した大宮は、5連勝で2位に浮上。敗れた町田は3試合ぶりの黒星を喫した。 白波スタジアムで行われた鹿児島ユナイテッドFCvsFC琉球は1-0で鹿児島が勝利した。 今シーズン共にJ3から昇格してきた最下位・鹿児島(勝ち点4)が、6位・琉球(勝ち点16)をホームに迎えた一戦。試合は長らくこう着状態が続きゴールレスのまま後半アディショナルタイムに突入。 だが、開幕戦以来の勝利に向けて気持ちを見せる鹿児島は93分、薗田がバイタルエリアまでドリブルで持ち運ぶと相手DFに倒される。それでも、ルーズボールを拾った萱沼が五領に繋ぐと、ワンタッチでボックス内に侵攻した五領は飛び込んで来たDFをかわして左足で流し込み、第2節の京都戦以来となる8試合ぶりの得点で土壇場で先制に成功。そして、劇的ゴールで勝利した鹿児島は連敗を「5」でストップすると共に開幕戦以来となる9試合ぶりの勝利を手にした。一方、昇格組対決に敗れた琉球は6戦未勝利となった。 また、上位戦線では21位のFC岐阜とのアウェイゲームを前のゴールで1-0と競り勝った水戸ホーリーホックが開幕10戦無敗で首位を堅持。一方、下位に沈む19位のレノファ山口FCをホームで迎え撃った2位のモンテディオ山形は試合終盤に佐々木に決勝点を決められて開幕戦以来、9試合ぶりとなる0-1の敗戦を喫した。さらに、8位のツエーゲン金沢とのアウェイゲームに臨んだ4位の柏レイソルは、2試合連続のゴールレスドローと攻撃陣の不振が響き3試合連続ドローと足踏みが続く。 ◆明治安田生命J2リーグ第10節 ▽4/21(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">鹿児島ユナイテッドFC 1</span>-0 FC琉球 モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 レノファ山口FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">横浜FC 3</span>-1 ジェフユナイテッド千葉 ツエーゲン金沢 0-0 柏レイソル FC岐阜 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 水戸ホーリーホック</span> FC町田ゼルビア 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 大宮アルディージャ</span> ▽4/20(土) 東京ヴェルディ 1-1 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 1</span>-0 京都サンガF.C. 栃木SC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 V・ファーレン長崎</span> 愛媛FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アビスパ福岡</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 2</span>-1 徳島ヴォルティス 2019.04.21 19:03 Sun
twitterfacebook
thumb

曽根田が途中起用に応える決勝弾! 甲府が暫定首位に《J2》

明治安田生命J2リーグ第10節の5試合が各地で行われた。 山梨中銀スタジアムで行われたヴァンフォーレ甲府vs京都サンガF.C.は、1-0で甲府が勝利した。 前節に今シーズン初黒星を喫した5位・甲府(勝ち点16)が、連勝中の7位・京都(勝ち点15)をホームに迎えた一戦。試合は21分、甲府が相手のボックス内でのハンドを誘い、PKを獲得する。しかし、キッカーのドゥドゥが軸足を滑らせてしまい、先制点のチャンスをフイにしてしまう。 絶好機を逃した甲府はその後もドゥドゥを中心に攻勢を続けるが、あと一歩のところでゴールが決まらず。80分にピーター・ウタカを下げて曽根田を投入する。 すると4分後、途中出場の男が期待に応える。曽根田がバイタルエリアでボールを持つと、巧みなキープからドゥドゥに預けて前方へ走り出す。ドゥドゥ、佐藤洸一と繋いだボールが最後はボックス左に繋がり、走り込んでいた曽根田がGKとの一対一を制した。 追いつきたい京都はラストプレーの場面でボックス付近で粘り強くパスをつなぐと、一瞬の隙から小屋松がゴール前に抜け出してシュート。しかし、GK河田の体を張ったセーブに防がれて決めきれず、そのまま試合終了。 甲府が1-0で勝利し、暫定首位に立った。一方の京都は連勝が「2」でストップし、今シーズン3敗目を喫した。 ◆明治安田生命J2リーグ第9節 ▽4/20(土) 東京ヴェルディ 1-1 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 1</span>-0 京都サンガF.C. 栃木SC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 V・ファーレン長崎</span> 愛媛FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アビスパ福岡</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 2</span>-1 徳島ヴォルティス ▽4/21(日) 《13:00》 鹿児島ユナイテッドFC vs FC琉球 《14:00》 モンテディオ山形 vs レノファ山口FC 横浜FC vs ジェフユナイテッド千葉 ツエーゲン金沢 vs 柏レイソル FC岐阜 vs 水戸ホーリーホック 《15:00》 FC町田ゼルビア vs 大宮アルディージャ 2019.04.20 20:56 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FCのMF佐藤謙介に第一子となる長男が誕生「母子ともに健康でひと安心」

横浜FCは20日、MF佐藤謙介に第一子となる長男が15日に誕生したことを発表した。 佐藤は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「初めての子どもの誕生にとても嬉しく思います。母子ともに健康でひと安心しています。元気に産まれてきてくれた息子と、元気な息子を産んでくれた妻にほんとうに感謝しています。これからも家族のために、サッカーと真剣に向き合って、努力していきたいと思います」 佐藤は2011年に中央大学から横浜FCに入団。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグに8試合出場している。 2019.04.20 20:45 Sat
twitterfacebook
thumb

岡山、上田康太が全治6~8週間の離脱

ファジアーノ岡山は17日、MF上田康太の負傷離脱を発表した。 上田は14日に行われた明治安田生命J2リーグ第9節のジェフユナイテッド千葉戦で痛め、左大腿部肉離れで全治6~8週間の見込み。今シーズンはここまでJ2リーグ9試合1得点だった。 岡山は現在、3勝3分け3敗の12位。20日に行われる次節、徳島ヴォルティスとホームで対戦する。 2019.04.17 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

甲府MF佐藤和弘が左ヒザ内側側副じん帯損傷で全治約6週間

ヴァンフォーレ甲府は15日、MF佐藤和弘の負傷を発表した。 佐藤は、7日に行われた明治安田生命J2リーグ第8節のFC町田ゼルビア戦に先発出場。しかし、38分に負傷しMF新井涼平と交代していた。 クラブの発表によると、佐藤は左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断。全治は約6週間とのことだ。 今シーズンの佐藤はここまでJ2リーグで8試合に出場していた。 2019.04.15 14:45 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース