チェコ代表ヤロリム監督が解任、親善試合でロシアに5失点大敗

2018.09.12 01:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェコサッカー協会(MFS)は11日、カレル・ヤロリム監督(62)を解任したことを発表した。後任は未定とのことだ。

▽スラビア・プラハなどで指揮を執った経歴を持つヤロリム監督は、2016年7月からチェコ代表を指揮。しかし、守護神のGKペトル・チェフが代表引退するなど過渡期にあるチェコを、2018年ロシア・ワールドカップ出場に導けなかった。

▽そして、6日に行われたUEFAネイションズリーグ・リーグB・グループ1のウクライナ代表戦を1-2と敗戦したチェコは、10日に行われたロシア代表との国際親善試合では1-5と大敗。5失点は同国史上最多失点でMFSのマルティン・マリク会長は「現状の代表チームは持続不可能だった。我々はすぐに動く必要があった」と監督解任の理由を語った。
コメント
関連ニュース
thumb

間違いから学べ! イングランド代表監督、素行問題のマディソンに自覚求む

イングランドを率いるガレス・サウスゲイト監督がレスター・シティの同代表MFジェームズ・マディソンに自覚を求めている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ユーロ2020予選第7節のチェコ代表戦と第8節のブルガリア代表戦に向けたメンバーとしてイングランド代表に招集されたマディソン。10日に帯同中の病気が理由で代表離脱が決まったが、チームが敵地でチェコと対戦(1-2でイングランドが敗戦)している夜、レスターにあるカジノに出入りしていたことが報じられている。 サウスゲイト監督は、14日にアウェイで行われるブルガリア戦に先立った会見で、マディソンの一件について言及。注意喚起した。 「選手がひとたびチームを離れれば、個々の時間をどのように過ごすかは彼ら次第だ」 「ジェームズ(・マディソン)は学んだと思う。イングランド代表に関わるということは、同時に自身にスポットライトが集まり、私生活への関心も高まるということをね」 「それはクラブに帰っても当てはまる。それほど注目度の高い場所だということさ」 2019.10.14 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

「43」試合でストップ…イングランド代表の予選無敗記録が途絶える《ユーロ2020予選》

イングランド代表の無敗記録がストップした。 11日、ユーロ2020予選でチェコ代表と対戦したイングランド代表。開始5分でハリー・ケインがPKを記録し先制するものの、9分にブラベツ、85分にオンドラセクにゴールを許し、2-1で敗戦となった。 この敗戦は、イングランド代表にとって、ユーロ予選、ワールドカップ予選における10年ぶりの敗戦となった。 イングランド代表が予選で最後に敗れたのは、2009年10月10日に行われたウクライナ代表戦。ファビオ・カペッロ監督に率いられたチームは、アウェイで1-0と敗戦した。 その後、イングランド代表が積み重ねた無敗試合は43試合。34勝9分けの成績だった。 なお、この敗戦でイングランドとチェコが勝ち点で並んだものの、イングランドは首位をキープしている。 2019.10.12 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

オンドラセクの代表デビュー弾でチェコがイングランドとの上位対決を制す!《ユーロ2020予選》

ユーロ2020予選グループA第7節のチェコ代表vsイングランド代表が11日に行われ、2-1でチェコが勝利した。 4連勝でグループ首位に立つイングランド(勝ち点12)が、2位チェコ(勝ち点9)のホームに乗り込んだ一戦。ホームのチェコはシックやダリダ、ヤンクト、GKヴァツリークら主力を先発で起用。 対するイングランドは、1トップにケインを起用した[4-2-3-1]の布陣を採用。2列目は右からサンチョ、マウント、スターリングを据え、ボランチにはライスとヘンダーソンを起用。4バックに右からとリッピア、M・キーン、マグワイア、ローズと並べた。 試合は開始早々にイングランドが先制する。4分、ボックス左から仕掛けたスターリングが切り返した際にマソプストに倒されPKを獲得。このPKをケインがゴール中央に決めた。 先制を許したチェコだったが、すぐに反撃。9分、ヤンクトの左CKをボックス中央のチェルスカが左足に当てると、ゴール前のブラベツが押し込み、チェコが試合を振り出しに戻した。 同点後は一進一退の攻防が続く中、互いに隙を見せなかったことで決定的なシュートには持ち込めず、1-1のまま前半を終えた。 後半に入っても膠着状態が続く中、チェコは60分に右サイドでボールを受けたマソプストがボックス右手前まで切り込みミドルシュート。しかし、これはGKピックフォードの好セーブに阻まれた。 対するイングランドは64分、左サイドのスターリングがゴールに向かうクロスを供給すると、これに反応したケインが右足アウトサイドで合わせようとしたが、わずかに届かず。ボールはGKがキャッチした。 追加点を狙うチェコは、65分にシックを下げてフル代表デビューとなるオンドラセクを投入。一方のイングランドは、72分にマウントとサンチョを下げてバークリーとラッシュフォードをピッチに送り出した。 この交代で功を奏したのはチェコ。85分、中盤で競り勝ったスーチェクがヘディングで右サイドにボールを落とすと、これを拾ったマソプストがボックス右深くから侵入。相手DFを引きつけマイナスの折り返しを供給すると、ボックス中央のオンドラセクがゴール右隅にシュートを流し込んだ。 勝ち越しを許したイングランドは、88分にライスを下げてエイブラハムを投入したが、反撃は実らず。試合はそのまま2-1で終了。オンドラセクの代表デビュー弾で上位対決を制したチェコが、勝ち点で首位イングランドに並んでいる。 ■グループA順位表■ [勝点/試合数/得失差] 1.イングランド[12/5/14] 2.チェコ[12/6/2] 3.コソボ[8/5/0] 4.モンテネグロ[3/6/-10] 5.ブルガリア[3/6/-6] 2019.10.12 06:05 Sat
twitterfacebook
thumb

モンテネグロ、コソボ戦をボイコットしたトゥンバコビッチ監督の解任を発表

モンテネグロサッカー協会(FSCG)は8日、同代表を率いるリュビシャ・トゥンバコビッチ監督(66)を解任したことを発表した。 FSCGによれば、トゥンバコビッチ監督は7日に行われたユーロ2020予選グループA第3節のコソボ代表戦でボイコットを敢行。試合は、1-1の引き分けに終わっていた。 この事態を重く受け止めたFSCGは、試合後に理事会が緊急会議を実施。契約違反を犯したドゥンバコビッチ監督の解任が満場一致で決まったという。 FSCGは、公式サイトで以下のような声明を発表している。 「トゥンバコビッチ監督はコソボ戦においてチーム指揮することを拒否した。これは職務上の契約違反に当たり、理事会では同監督の解任が満場一致で可決された」 なおFSCGは、10日に行われるユーロ2020予選グループA第4節のチェコ代表戦は、アシスタントコーチを務めるアレクサンダー・ヤンコビッチ氏とGKコーチを務めるドラゴイェ・レコビッチ氏の二頭体制で試合を行うと併せて発表している。 2019.06.09 01:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ゲブレ・セラシェが代表引退…チェコ史上初の黒人選手

ブレーメンに所属するDFセオドル・ゲブレ・セラシェ(32)が21日、自身の公式『インスタグラム』でチェコ代表からの引退を発表した。 なお、ゲブレ・セラシェは代表引退に関して自身のコンディションと家族が理由だと説明している。 エチオピア人の父親とチェコ人の母親の下、チェコのトシェビーチで生まれ育ったゲブレ・セラシェは、スラヴィア・プラハ、スロヴァン・リベレツと国内の強豪でのプレーをキッカケに2011年6月に日本で行われたキリンカップのペルー代表戦でフル代表デビュー。なお、同選手はチェコ代表史上初の人選手だった。 その後は豊富な運動量とスピード、攻撃性能を武器にチェコの不動の右サイドバックとして活躍。2012大会、2016大会と2度のユーロ本大会に出場するなど、代表通算54試合に出場し4ゴールを記録した。 2019.05.22 13:45 Wed
twitterfacebook