開幕前の重傷でロシアW杯落選…チェンバレン、当時を振り返る2018.09.09 09:10 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールに所属するイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンが、自身が重傷により出場することができなかったロシア・ワールドカップ(W杯)について語った。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。▽ロシアW杯欧州予選でも代表メンバーに招集され、本大会への出場も有力視されていたチェンバレン。しかし、今年4月に右ヒザのじん帯を損傷したことでロシアW杯への出場が叶わなかった。今シーズン中での復帰も危ぶまれている。

▽チェンバレン不在で本大会を迎えたイングランド代表は、開幕前の下馬評を覆す躍進を披露。準々決勝ではスウェーデン代表を2-0で下し、1990年以来となるベスト4入りを果たした。

▽ロシアのピッチに立つことができなかったチェンバレンは、現状について語り、ロシアW杯当時の心境を明かした。

「とても重いケガだったよ。ただ、それはいつでも誰にでも起こりえることなんだ。決して簡単に乗り越えられるものではないことだよ」

「ただ、僕は前進している。ポジティブなままでいるようにも務めているんだ。僕はそういう性格でもあるし、それが最も良い方法だと思うんだ。良いスピリットで確実に前進しているよ」

「(ロシア・ワールドカップについて)その場にいることができなかったことが、たやすいものだったと言えば嘘になる。僕には実際プレーするチャンスがあった訳だからね。ただ、それと同時にイングランドファンになっていたよ」

「代表選手たちが躍動するところを見て驚いていたよ。家でとても興奮したんだ。W杯は難しいものだからね。皆が戦っている姿を見てとても嬉しくなったよ」
コメント
関連ニュース
thumb

リバプールのCL優勝の立役者オリジ、ベティス移籍か

リバプールのベルギー代表FWディヴォク・オリジ(24)のベティス移籍が近いようだ。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 リバプールのチャンピオンズリーグ(CL)優勝に一役買ったオリジ。2014年の加入から2度のレンタル移籍でクラブから放出されるなど、ここまで目立った成績を残せなかったが、これまで同様控えとして戦った今シーズン、オリジはCL準決勝のバルセロナ戦と決勝のトッテナム戦でゴールを決めて、クラブの優勝の立役者となった。 この活躍からリバプールが契約延長を打診しているとの噂もあったが、今回の報道によるとベティス移籍が近いという。同クラブはオリジ獲得に1100万ユーロ(約13億4200万円)の移籍金を用意していると見られ、リバプールがリールから獲得した際の1200万ユーロに匹敵する。 なお、両クラブはベティスのU-21スペイン代表DFジュニオール・フィルポに関しても名前が挙がっており、リバプールがフィルポ獲得にオリジを提供してもおかしくはない。 2019.06.26 15:33 Wed
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、リバプール退団のモレーノ獲得濃厚に

ビジャレアルが、リバプールを退団したスペイン代表DFアルベルト・モレーノ(26)の獲得に迫っているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 2014年に1800万ユーロ(現在のレートで約21億9000万円)セビージャからリバプールに加入したモレーノ。2シーズンは主力の左サイドバックとしてプレーしたが、ユルゲン・クロップ監督の就任と、2017年のスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンの加入に伴い、大幅に出場機会を失った。今シーズンは5試合の出場に留まっており、今月4日に今シーズン限りでのリバプール退団が発表された。 そのモレーノに関してセビージャやアーセナル行きも噂されていたが、数週間に渡り交渉を行ったビジャレアルが獲得に漕ぎ着けた模様。リバプールとの契約が切れる7月1日に公式発表があるとのことだ。 なお、先月末にハビエル・カジェハ監督と2021年6月まで契約を更新したビジャレアルは守備の強化にあたっているようで、モレーノのほかナポリの元スペイン代表DFラウール・アルビオルの獲得も近いと言われている。 2019.06.26 15:19 Wed
twitterfacebook
thumb

中山雄太同僚の逸材DFにリバプールが熱視線 加入なら来季からトップ帯同の可能性

リバプールが、日本代表MF中山雄太が所属するズウォレのU-19オランダ代表DFゼップ・ファン・デン・ベルグ(17)に熱視線を送っている。イギリス『BBC』が伝えた。 昨シーズンにズウォレでトップチームデビューを飾ったS・ファン・デン・ベルグは、身長189㎝の右サイドバックもこなす大型センターバック。今シーズンはエールディビジに15試合出場し、17歳ながらU-19オランダ代表にも選出されている。 そんなオランダの俊英にはアヤックス、PSVといった国内強豪クラブに加え、バイエルン、サンプドリアも注目しているが、リバプールにとって今夏最初の契約選手になる可能性があるという。 リバプールはS・ファン・デン・ベルグを将来的な戦力として計算しているものの、加入直後からトップチームで過ごす可能性があると見ている。ただし、まずは同選手の成長と適応に焦点をおいて見ていくようだ。 2019.06.26 11:30 Wed
twitterfacebook
thumb

複数ビッグクラブ関心のジュニオール・フィルポにユナイテッド&リバプールも注目?

マンチェスター・ユナイテッドとリバプールが、ベティスに所属するU-21スペイン代表DFジュニオール・フィルポ(22)に注目しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ベティス下部組織出身のフィルポは2017年にトップチーム昇格。卓越した身体能力やスピードで高い評価を受けている攻撃的左サイドバックは、今シーズンの公式戦で29試合3ゴール5アシストを記録している。 現在、バルセロナやレアル・マドリー、マンチェスター・シティらが獲得に興味を示している中、ユナイテッドとリバプールもフィルポの動向を注視。リバプールはスコットランド代表DFアンディ・ロバートソンの競争相手、ユナイテッドもディフェンス陣の強化として同選手を見ているようだ。 同メディアによれば、フィルポの契約解除金は5000万ユーロ(約61億円)の模様。この新進気鋭の左サイドバックを獲得するのはどのクラブになるのだろうか。 2019.06.24 10:40 Mon
twitterfacebook
thumb

エトーが勧告「サラーはマドリーよりもバルセロナ」

カタールSCに所属する元カメルーン代表FWサミュエル・エトーが、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(27)にバルセロナ移籍を促している。イギリス『BBC』が伝えた。 2017年の夏にリバプールに加入して以降、ここまで公式戦104試合で71ゴールを記録しているサラー。2018-19シーズンには、クラブをチャンピオンズリーグ(CL)優勝に導き、14年ぶりとなるビッグイヤーをもたらした。 そのサラーには今夏、レアル・マドリーが獲得に興味を示している模様。しかし、かつてマドリーとバルセロナでプレーした経験を持つエトーは、同選手がバルセロナに行くことを勧めている。 「彼にとってバルセロナはより快適だと思う」 「レアル・マドリーは私にアフリカから旅立つ機会を与えてくれたけど、バルセロナのスタイルも知っている。彼にとってはバルセロナのほうが良いと思うよ」 「スペインという世界最高のリーグでプレーするチャンスがあるのならば、彼はバルセロナに行くべきだ」 「モー(モハメド・サラー)は、世界最高の選手の一人になるために必要なものを全て兼ね備えている」 2019.06.24 08:40 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース