開幕前の重傷でロシアW杯落選…チェンバレン、当時を振り返る

2018.09.09 09:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールに所属するイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンが、自身が重傷により出場することができなかったロシア・ワールドカップ(W杯)について語った。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

▽ロシアW杯欧州予選でも代表メンバーに招集され、本大会への出場も有力視されていたチェンバレン。しかし、今年4月に右ヒザのじん帯を損傷したことでロシアW杯への出場が叶わなかった。今シーズン中での復帰も危ぶまれている。

▽チェンバレン不在で本大会を迎えたイングランド代表は、開幕前の下馬評を覆す躍進を披露。準々決勝ではスウェーデン代表を2-0で下し、1990年以来となるベスト4入りを果たした。

▽ロシアのピッチに立つことができなかったチェンバレンは、現状について語り、ロシアW杯当時の心境を明かした。

「とても重いケガだったよ。ただ、それはいつでも誰にでも起こりえることなんだ。決して簡単に乗り越えられるものではないことだよ」

「ただ、僕は前進している。ポジティブなままでいるようにも務めているんだ。僕はそういう性格でもあるし、それが最も良い方法だと思うんだ。良いスピリットで確実に前進しているよ」

「(ロシア・ワールドカップについて)その場にいることができなかったことが、たやすいものだったと言えば嘘になる。僕には実際プレーするチャンスがあった訳だからね。ただ、それと同時にイングランドファンになっていたよ」

「代表選手たちが躍動するところを見て驚いていたよ。家でとても興奮したんだ。W杯は難しいものだからね。皆が戦っている姿を見てとても嬉しくなったよ」
コメント
関連ニュース
thumb

プレミア年間最優秀選手候補発表 リバプールから主将ら最多3選手

プレミアリーグは7日、2019-20シーズンの年間最優秀選手候補7選手を公表した。 30年ぶりのリーグタイトルを獲得したリバプールの初制覇で幕を下ろした今季のプレミアリーグ。そのリバプールから今季13アシストで自身の持つDFのリーグ最多アシスト数を更新したDFトレント・アレクサンダー=アーノルド、イングランド・サッカー記者協会(FWA)の最優秀選手賞に輝いたMFジョーダン・ヘンダーソン、18得点7アシストをマークしたFWサディオ・マネの最多3選手が選ばれた。 また、2位マンチェスター・シティから13得点を挙げ、リーグタイ記録の20アシストを記録したMFケビン・デ・ブライネがノミネート。そのほか、23得点で得点王に輝いたレスター・シティのFWジェイミー・ヴァーディや、全体2位タイの22得点を挙げたサウサンプトンのFWダニー・イングス、15回のクリーンシートでシティのGKエデルソンとゴールデングローブ賞争いを演じたバーンリーのGKニック・ポープが候補に入った。 年間最優秀選手はプレミアリーグ20クラブのキャプテンとフットボール有識者、そしてファンの投票で決定。ファンによる投票は10日まで『EA SPORTS』のサイトから投票可能だ。 ◆プレミアリーグ年間最優秀選手候補 トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール) ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ) ジョーダン・ヘンダーソン(リバプール) ダニー・イングス(サウサンプトン) サディオ・マネ(リバプール) ニック・ポープ(バーンリー) ジェイミー・ヴァーディ(レスター・シティ) 続いて、若手最優秀選手部門は8選手が選出。アレクサンダー=アーノルドのほか、アストン・ビラのMFジャック・グリーリッシュ、マンチェスター・ユナイテッドのFWメイソン・グリーンウッドやFWマーカス・ラッシュフォード、FWアントニー・マルシャル、チェルシーのMFメイソン・マウントやMFクリスチャン・プリシッチ、シェフィールド・ユナイテッドのGKディーン・ヘンダーソンがノミネートしている。 なお、年間最優秀監督部門は4名が選ばれ、リバプールのユルゲン・クロップ監督や、チェルシーのフランク・ランパード監督、レスターのブレンダン・ロジャーズ監督、シェフィールド・ユナイテッドのクリス・ワイルダー監督が名を連ねている。 2020.08.07 21:05 Fri
twitterfacebook
thumb

左SB補強を目指すリバプール、オファー額が低過ぎてノリッジに拒否される

リバプールのオファーは受け入れてもらえなかったようだ。 リバプールはノリッジの北アイルランド代表DFジャマル・ルイス(22)に対して1000万ポンド(約13億9000万円)のオファーを出していたようだが、ノリッジ側が拒否したとイギリス『BBC』が報じた。 ルイスは、北アイルランド出身でノリッジの下部組織で育った左サイドバック。2018年1月にファーストチームに昇格すると、2018-19シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で42試合に出場し4アシスト。チームのプレミアリーグ昇格に貢献していた。 2019-20シーズンはプレミアリーグで28試合に出場し高いパフォーマンスを披露。リバプールは、勤続疲労が懸念されるスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンのバックアッパーとして、ルイスの獲得を望んでいた。 ノリッジが1年でチャンピオンシップへ降格したことで、移籍の可能性が高まったとみられたが、ノリッジ側がオファーが安すぎるとして拒否。ルイスは2023年まで契約があり、ノリッジは金額が見合っていないと考えているようだ。 ノリッジは、2018年にはMFジェームズ・マディソンをレスター・シティへ2000万ポンド(約27億7500万円)+ボーナス400万ポンド(約5億5500万円)で売却した過去があり、獲得には同等以上のオファーが必要となりそうだ。 2020.08.07 10:05 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール、英2部降格ノリッジからロバートソンのバックアッパーを狙う?

リバプールがノリッジ・シティに所属する北アイルランド代表DFジャマル・ルイス(22)の獲得を検討しているようだ。 今シーズのプレミアリーグで28試合に出場して1得点の数字を残し、頭角を現したルイス。一方で、クラブはリーグ最下位に沈み、1年での降格が決まった。 イギリス『BBC』によると、そのルイスを巡り、スコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンのバックアップを探すリバプールの関心があるようだ。 リバプールは移籍金1000万ポンド(約13億8000万円)での獲得に向けて準備を進めているという。 一方、ノリッジはリバプールU-23に所属するU-19フランス代表DFヤセル・ラローチ(19)に関心を示しており、ルイスの移籍交渉に絡んでくる可能性もある模様だ。 2020.08.05 19:20 Wed
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキ、恩師クロップを語る「一人の人間としても素晴らしい」

バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、かつての師であるユルゲン・クロップ監督について語った。『ESPN』が伝えている。 レヴァンドフスキは、ドルトムント時代の2010年から2014年までの期間にクロップ監督の指導を受けてきた。 そして、加入2年目にセンターフォワードとして完全に覚醒したポーランド代表FWはブンデスリーガ連覇に貢献すると、2012-13シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)準優勝に導いた。その後、3年連続リーグ20ゴールを達成したエースストライカーは、宿敵バイエルンへと旅立った。 一方、ドルトムント指揮官退任後、2015年途中にリバプールの指揮官に就任したクロップ監督は、就任4年目となった昨シーズンにCL制覇、就任5年目の今シーズンにプレミアリーグ制覇を成し遂げ、今では世界最高の名将の一人に数えられる。 そして、今や世界最高のストライカーの一人と評されるレヴァンドフスキは、かつて指導を受けた世界最高の名将が自身にとって一番の恩師であると明言。さらに、クロップ監督が見せる“父親”、“監督”という2つの顔が、自身を含む多くの選手を魅了しているとしている。 「個人的にユルゲン・クロップは僕にとっての一番のお気に入りだね。その次にペップ・グアルディオラだ。それは100%間違いないね」 「クロップは2つの顔を持っているんだ。父親のような存在である一方、監督やコーチとしての顔もちゃんと持っている。彼は選手たちに対して何でも話してくれるんだ。それは僕らにとって耳心地が良いことだけでなく悪いこともね」 「同様に、選手たちにとって彼は大きなモチベーションになっている。そこに関しては完璧だと言えるね。叱咤激励なんかのさじ加減が絶妙なんだ」 「監督としてのパフォーマンスは驚くべきものだけど、それだけではなく一人の人間としても素晴らしいよ」 2020.08.04 21:50 Tue
twitterfacebook
thumb

レスターコーチK・トゥーレが指南 “ベストDF”ファン・ダイクの狙いどころとは?

現役時代にアーセナルやリバプールなどプレミアリーグでも長らく活躍した元コートジボワール代表DFのコロ・トゥーレ氏がリバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクの狙いどころを指摘した。 ファン・ダイクは2018年1月に当時のDF史上最高額となる移籍金7500万ポンド(現レートで約103億9000万円)でサウサンプトンからリバプール入りすると、すぐさまDFリーダーの座を確立。昨季のチャンピオンズリーグ(CL)優勝に続いて、今季も30年ぶりのリーグタイトルとなるプレミアリーグ初制覇に大きく寄与するなかで、個人もプレミアリーグ年間最優秀選手賞をはじめ、数々の賞に輝き、名実ともに現フットボール界におけるベストDFの仲間入りを果たしている。 近年のリバプールでほぼ狂いなしのパフォーマンスを継続するファン・ダイクだが、レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ政権下でコーチを務めるK・トゥーレ氏は付け入る隙を感じているようだ。それは一対一だ。一対一の場面も脆い印象のないファン・ダイクだが、『Stats Perform』で能力に賛辞を贈りつつ、そうした局面に持ち込まれる回数が少ないが故、逆に狙い目になり得ると述べた。 「彼は信じられないプレーヤーだ。トッププレーヤーで、スピードも高さもあって、ジャンプ力も凄い。テクニックもあり、ロングパスで局面を打開できる。全てを兼備している」 「彼と一対一の場面に持ち込む選手をあまり見ない。そこが彼の突きどころだと思う。背丈のある彼にボールを持ったまま仕掛ければ、苦しめられるかもしれない」 「でも、彼は非常にクレバーな選手だ。賢い選手だけに、うまく後ろに下がって対応もできるが、一対一でアグレッシブに仕掛ければ、何かを得られると思う」 「とはいえ、ジョー・ゴメスが隣にいたりして、ヘルプしてくれる良い選手がいる。周りに良い選手がいるから、彼自身も簡単にプレーできる。でも、彼自身も多くのクオリティを持った選手だ」 2020.08.04 16:40 Tue
twitterfacebook