クロアチア代表への愛が詰まったマンジュキッチからのレター「可能なら死ぬまでプレーする」2018.08.14 23:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスに所属するFWマリオ・マンジュキッチ(32)が、クロアチア代表からの引退を発表。クロアチアサッカー協会(HNS)は、公式サイトでマンジュキッチからの手紙を公開した。▽マンジュキッチは、2018年に行われたロシア・ワールドカップでは、6試合に出場し3ゴールを記録。チームの決勝進出に貢献すると共に、過去最高となる準優勝に貢献していた。

▽HNSの公式サイトでは、マンジュキッチのクロアチア代表への愛が綴られた手紙を公開。祖国を愛する気持ちや、ワールドカップについて、そしてサポーターや関わる人々への感謝を綴り、クロアチア代表への想いが詰まったものとなっている。

「親愛なるファンへ。僕はいつも外ではなく、ピッチの上で話したかった。だから、これらの言葉は、相手にタックルすること、またはスプリントを120分間続けることよりも少し難しいものとなる」

「より難しいのは、国際試合の全ての試合、そして勝利が、僕を喜ばせるからだ」

「キックオフの前に国歌を聴くことよりも感情的なことは何もないと知っているので、より難しい」

「クロアチアのユニフォームを着て、僕の国を代表することは、どれだけの名誉なのかを分かっているので、より難しい」

「僕はこれが最終決断であり、戻ることはできないと認識しているので、より難しい」

「僕はクロアチア代表から引退する」

「ワールドカップの準優勝は、僕に新しいエネルギーを与えれくれたけど、信じられないほど難しい決断を少しだけ楽にしてくれた」

「僕たちは夢を実現し、歴史的な成功を収め、信じられないほどのファンのサポートを経験した。ザグレブ、スラボンスキ・ブロド、そしてクロアチア全土で歓迎を受けたその月の経験は、僕のキャリアにおいて最も重要な記憶として残る」

「これは最も美しい代表チームの旅であり、最も僕が好きな母国への帰還だった」

「僕は幸せで、満たされており、痛み、努力、仕事、失望、そして困難な瞬間を通して、長年にわたって作り出されたこの準優勝をとても誇りに思う」

「引退する理想的な瞬間はない。可能であれば、僕たちは誇りを感じていない時から、死ぬまでクロアチア代表でプレーするだろう。でも、僕はこの瞬間が来たと感じた。それが今だ」

「僕はクロアチアのためにベストを尽くした。僕はクロアチアのサッカーで最も大きい成功の要因となった」

「14年前、若いカテゴリーで、僕は初めてこの神聖なユニフォームを着た。その後、僕は多くの優秀な選手、監督、コーチ、そしてその他の代表チームのスタッフと出会い、プレーしていた」

「クロアチアの成功のために全てを与えるという同じ目標を持っている。僕のキャリアに関わった全ての人に感謝する。その道のりで、僕と共にいた家族と親しい友人、彼らの全てのサポートに感謝する」

「最後にファンに感謝したい」

「誰も完璧ではない。僕はチャンスを逃し、ボールを失い、パスをミスした」

「しかしながら、僕はいつも自分の心を尽くし、ベストを尽くしてきた。それらを認めてくれ、そしてクロアチア代表のそばに立っていてくれてありがとう」

「今日で、僕の居場所は君たちと一緒だ。最も忠誠を尽くす、クロアチア代表のファンだ」

▽マンジュキッチは、世代別のクロアチア代表を経験すると、2007年にA代表デビュー。ユーロは2012年、2016年の2大会、ワールドカップは2014年、2018年と2大会に出場。クロアチア代表としては通算89試合に出場し33ゴールを記録し、ダボル・シュケル氏に次いで2番目に多いゴールを記録していた。
コメント
関連ニュース
thumb

M・デンベレの決勝弾でフランスが連勝! 連敗のクロアチアは敗退《U-21欧州選手権》

U-21欧州選手権2019グループC第2節、U-21フランス代表vs U-21クロアチア代表が21日に行われ、1-0でフランスが勝利した。 初戦のU-21イングランド代表戦を数的優位を生かして2-1と逆転勝利したフランスと、U-21ルーマニア代表に1-4と完敗したクロアチアの一戦。 フランスは3日前に行われたイングランド戦のスタメンから3選手を変更。元フランス代表DFリリアン・テュラムの息子マルクスがスタメンとなった。 ハリロビッチがベンチスタートとなったクロアチアに対し、フランスが立ち上がりから押し込む展開とする。すると8分、あっさり先制する。レーヌ=アデレードの右クロスをM・デンベレが打点の高いヘッドでシュートを流し込んだ。 その後もフランスが敵陣で試合を進める展開が続いたが、34分にクロアチアに同点のチャンス。ヴラシッチのスルーパスに抜け出したヤコリシュがボックス左からシュート。だが、わずかに枠の右に外れた。ハーフタイムにかけてはこう着状態が続いた中、フランスの1点リードで前半を終えた。 後半もフランスがボールを持って試合を動かす中、クロアチアは63分にブレカロを投入。それでもフランスが試合をコントロールして時間を消化していく。 73分にはグエンドウジを投入し、逃げ切りを図ったフランスは80分にM・デンベレがGKを強襲するシュートを浴びせて牽制。89分にはグエンドウジのスルーパスを起点に、M・デンベレがダイビングヘッドでのシュートを放つも枠を捉えきれない。 それでも1-0で試合を終えたフランスが勝利。連勝で最終節ルーマニアとの頂上対決に臨むことになった。一方、敗れて連敗となったクロアチアは敗退となっている。 2019.06.22 05:53 Sat
twitterfacebook
thumb

ハジ息子活躍のルーマニアがクロアチアに4発快勝で白星発進!《U-21欧州選手権》

U-21欧州選手権2019グループC第1節、U-21ルーマニア代表vsU-21クロアチア代表が18日に行われ、4-1でルーマニアが快勝した。 U-21イングランド代表とU-21フランス代表が同居しているグループC。ルーマニアのレジェンドであるゲオゲル・ハジ氏の息子であるヤニスが先発したルーマニアと、ハリロビッチやブレカロらが先発したクロアチアの一戦となった。 オープンな展開で立ち上がった一戦は9分、ハンドによりPKを得たルーマニアがプシュカシュのゴールで先制する。さらに14分、プシュカシュのヘディングシュートのルーズボールをハジが詰めて加点した。 一気に2点を追う展開となったクロアチアはブレカロの負傷を受けて、15分にブラダリッチを投入。嫌な流れが続いたが、18分に1点を返した。ボックス手前中央からのヴラシッチのミドルシュートが決まった。 ハーフタイムにかけてはオープンな展開となったもののゴールは生まれず、ルーマニアの1点リードで終了した。 迎えた後半、54分にハジの直接FKがバーを直撃したルーマニアが攻勢に出る流れで推移する中、66分に3点目を奪った。ボックス右に侵入したバルタがDFをかわして左足でシュートを蹴り込んだ。 終盤、ハリロビッチを諦めてムリッチを投入したクロアチアだったが、追加タイムにもゴールを許して1-4で完敗。ルーマニアが快勝で初戦を勝利で飾っている。 2019.06.19 03:29 Wed
twitterfacebook
thumb

ペリシッチの2得点に絡む活躍でウェールズに競り勝ったクロアチアが2勝目を挙げる!《ユーロ2020予選》

ユーロ2020予選グループE第3節のクロアチア代表vsウェールズ代表が8日に行われ、2-1でクロアチアが勝利した。 1勝1敗スタートの4位クロアチアと、白星発進で2位に位置するウェールズの一戦。クロアチアはモドリッチやペリシッチ、コバチッチが先発出場。対するウェールズは、エースのベイルやジョー・アレンに加え、今夏にマンチェスター・ユナイテッド加入が濃厚の新星ダニエル・ジェームズが先発に名を連ねた。 立ち上がりからホームのクロアチアが攻勢に出る中、ウェールズが先にチャンスを迎える。10分、ベイルが中盤から矢のようなロングスローを供給するとボックス手前で受けたウィルソンがシュートを放ったが、これはGKリヴァコビッチの正面を突いた。 ピンチを凌いだクロアチアは16分、中盤でクラマリッチの落としを受けたモドリッチがワンタッチで左のスペースへロングパスを供給すると、これに反応したペリシッチがボックス左から侵入。相手GKとDFを引きつけたペリシッチはゴールエリア付近まで切り込み折り返しを送ると、ゴール前に戻ったジェームズ・ローレンスに当たり、そのままゴールネットを揺らした。 1点を追うウェールズは42分、ダニエル・ジェームズの左クロスをファーサイドのウィルソンがマイナスに折り返すと、走り込んだファルクスがシュート。さらに相手GKの弾いたボールをベン・デイビスが詰めたが、これも相手GKのセーブに阻まれた。 1点リードで前半を終えたクロアチアは、後半開始早々にスコアを動かす。46分、モドリッチのパスで右サイドを抜け出したブレカロがボックス右から切り込みシュート。これをGKヘネシーが弾くと、セカンドボールに反応したコバチッチがボックス手前からシュートを流し込んだ。しかし、このゴールはオフサイドを取られ、ノーゴールとなった。 追加点のチャンスを逃したクロアチアだが48分、ボックス内でパスを受けたクラマリッチはジョー・アレンのスライディングタックルで止められたが、J・ローレンスのクリアをモドリッチがブロック。これがボックス左に流れると、こぼれ球に反応したペリシッチがニアサイドにシュートを突き刺した。 追加点を許したウェールズは55分、ボックス手前で獲得したFKからベイルが相手ゴールを脅かすも、これはゴール左上に外れた。さらに59分には、味方のロングパスで抜け出したベイルに再び決定機が訪れたが、シュートは相手GKのセーブに阻まれた。 ゴールが遠いウェールズだったが、77分に反撃。ボックス右までオーバーラップしたコナー・ロバーツがマイナス折り返しを供給。これをバイタルエリア中央で受けたブルックスが切り返しで相手マークをかわすと、ボックス手前まで切り込みシュート。これがシュートブロックに入ったヴィダの頭に当たり、そのままゴール中央に突き刺さった。 終盤にかけてもウェールズがクロアチアゴールに迫ったが、91分のブルックスのシュートは相手GKに阻まれ、2-1のままタイムアップ。ペリシッチ弾で逃げ切ったクロアチアが、2勝目を挙げグループEの暫定首位に浮上した。 ◆8日開催グループEその他の試合結果 アゼルバイジャン 1-3 ハンガリー ◆グループE順位表 [勝点/試合数/得失差] 1.ハンガリー[6/3/2] 2.クロアチア[6/3/1] 3.スロバキア[3/2/1] 4.ウェールズ[3/2/0] 5.アゼルバイジャン[0/2/-3] 2019.06.09 00:10 Sun
twitterfacebook
thumb

モドリッチやラキティッチ、ペリシッチらが選出! クロアチアがユーロ予選に向けたメンバー発表!《ユーロ2020予選》

クロアチアサッカー協会(HNS)は20日、6月に行われるユーロ2020予選に向けたクロアチア代表メンバー25名+予備メンバー3名を発表した。 クロアチ代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督は、MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)、MFイバン・ラキティッチ(バルセロナ)、MFイバン・ペリシッチ(インテル)、FWアンテ・レビッチ(フランクフルト)など主力が順当に選出した。 3月に行われたユーロ2020予選を1勝1敗スタートとなったクロアチアは、6月8日にウェールズ代表とのホーム戦を行い、同11日に国際親善試合でチュニジア代表とホームで対戦する。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆クロアチア代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ロヴレ・カリニッチ</span>(アストン・ビラ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ドミニク・リヴァコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) <span style="font-weight:700;">シモン・スルガ</span>(リエカ) <span style="font-weight:700;">ヨシプ・ポサベツ</span>(ハイドゥク・スプリト)※ <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">カルロ・バルトレツ</span>(ノアシャラン/デンマーク) <span style="font-weight:700;">ダリオ・メルニャク</span>(チャイクル・リゼスポル/トルコ)</span> <span style="font-weight:700;">ドマゴイ・ヴィダ</span>(ベシクタシュ/トルコ) <span style="font-weight:700;">ドゥイエ・チャレタ=ツァル</span>(マルセイユ/フランス) <span style="font-weight:700;">フィリップ・ベンコビッチ</span>(セルティック/スコットランド) <span style="font-weight:700;">ボルナ・バリシッチ</span>(レンジャーズ/スコットランド) <span style="font-weight:700;">デヤン・ロブレン</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">ティン・イェドバイ</span>(レバークーゼン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ミレ・シュコリッチ</span>(オシエク)※ <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">フィリップ・ブラダリッチ</span>(カリアリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マリオ・パシャリッチ</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルセロ・ブロゾビッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">イバン・ペリシッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ミラン・バデリ</span>(ラツィオ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マテオ・コバチッチ</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">マルコ・ログ</span>(セビージャ/スペイン) <span style="font-weight:700;">イバン・ラキティッチ</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">ニコラ・ヴラシッチ</span>(CSKAモスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">ミヨ・ツァクタシュ</span>(ハイドゥク・スプリト)※ <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">アンドレイ・クラマリッチ</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アンテ・レビッチ</span>(フランクフルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ヨシップ・ブレカロ</span>(ヴォルフスブルク/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ブルーノ・ペトコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) ※予備メンバー 2019.05.21 03:15 Tue
twitterfacebook
thumb

主力投入も低調クロアチア、ハンガリーに逆転負けで早くも初黒星《ユーロ2020予選》

クロアチア代表は24日、ユーロ2020予選・グループE第2節でハンガリー代表とのアウェイ戦に臨み、1-2で逆転負けした。 3日前に行われた予選初戦のアゼルバイジャン代表戦を2-1と辛勝して白星スタートとしたクロアチアは、アゼルバイジャン戦のスタメンから4選手を変更。モドリッチやラキティッチ、ペリシッチらが引き続きスタメンとなり、ロブレンやレビッチ、ブロゾビッチら主力が先発となった。 初戦のスロバキア代表戦を0-2と敗れたハンガリーに対し、[4-3-3]で臨んだクロアチアは3トップに右からペリシッチ、クラマリッチ、レビッチ、中盤アンカーにブロゾビッチ、インサイドにモドリッチとラキティッチを据えた。 そのクロアチアは6分にペリシッチが右サイドからのカットインシュートでオンターゲットを記録すると、直後に決定機。左サイドからのバリシッチのアーリークロスに対してクラマリッチがボレーで合わせたシュートがわずかに枠の上に外れた。 その後、ホームチームのハンガリーの反撃を受けたクロアチアだったが、13分に先制する。モドリッチの右サイドからのクロスをクラマリッチが合わせたシュートはミートしなかったものの、ゴール前にいたレビッチが押し込んだ。 先制後は膠着状態に陥った中、28分にクロアチアにアクシデント。バリシッチがハムストリングを痛めてプレー続行不可能となり、レオバツが投入された。 すると34分、試合を振り出しに戻される。ジュジャークのスルーパスでボックス右に侵入したサライに右足でゴール左に蹴り込まれた。 ハーフタイムにかけてもチャンスを作れないクロアチアは1-1で前半を終えた。 迎えた後半も拮抗した展開が続く中、クロアチアは59分に勝ち越しのチャンス。ボックス左で仕掛けたペリシッチが左足でシュート。だが、枠を捉えきれなかった。 その後も低調なクロアチアは76分に逆転される。右CKからファーサイドのパトカイにルーズボールを右足アウトで流し込まれた。 さらに80分、ラキティッチのバックパスミスを突かれて大ピンチとなるも、ゴール前で何とか身体を張って失点を許さない。 しかし、終盤にかけてもチャンスを作れなかったクロアチアは1-2で逆転負け。グループの本命に早くも黒星が付いている。 2019.03.25 04:03 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース