ベティス加入の乾貴士が初実践!《プレシーズンマッチ》

2018.08.04 10:25 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今夏にベティス移籍を果たした日本代表FW乾貴士が新天地デビューを飾った。

▽ベティスは3日に行われたプレシーズンマッチでボーンマスと対戦。乾はベンチスタートとなり、70分からプレー。ベティスでのキャリアが遂に始まった。

▽試合は17分、相手のミスに乗じてMFリヤド・ブデブスの得点が生まれ、ベティスが先制。そのままリードして試合を折り返す。

▽そして、1点リードで迎えた70分、乾がピッチに。MFホアキンとのコンビネーションプレーヤードリブルで追加点を目指す。

▽結局、乾にゴールこそなかったものの、後半アディショナルタイム1分にFWロレン・モロンがチーム2点目を記録。ベティスが2-0で勝利した。

ボーンマス 0-2 ベティス
【ベティス】
ブデブス(前17)
モロン(後45+1)

関連ニュース
thumb

「何が凄いって、相手イングランド代表なのよ」ピッチ真横から捉えた三笘の“キレキレドリブル”が反響「DFに悪夢を与える」

日本代表MF三笘薫がプレミアリーグで大きなインパクトを残している。 ブライトン&ホーヴ・アルビオンの三笘は13日、プレミアリーグ第2節のニューカッスル戦でベンチスタートとなったものの、0-0の75分にピッチに。プレミアデビューを果たした。 その三笘は、短い時間ながらも得意のドリブルで左サイドを抉る場面やスルーパスでチャンスを演出。85分には左サイドでボールを持つと、対峙したイングランド代表DFキーラン・トリッピアーを縦への突破で抜き去り、グラウンダーのクロス。惜しくもゴールにはならなかったものの、見せ場を作っていた。 そして、16日にブライトンの公式ツイッターが改めてこのシーンを切り取り。「ゴールまであと少し!」と紹介すると、ファンからは「彼のスピードはDFに悪夢を与える」、「素晴らしいパフォーマンスだった」、「すでに彼が好きだ」、「何が凄いって、相手イングランド代表のバックなのよ(笑)」と期待の声を寄せている。 夢であったプレミアリーグのデビュー戦で好印象を与えた三笘だが、21日に行われる次節のウェストハム戦で出番は訪れるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】別カメラから捉えた三笘のキレキレドリブル</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="M1CK9esCNzw";var video_start = 86;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.17 12:25 Wed
twitterfacebook
thumb

フリーの岡崎慎司が香川真司とチームメイトに? トレーニング参加のシント=トロイデン加入間近と報道

シント=トロイデンのトレーニングに参加しているFW岡崎慎司(36)だが、契約に近づいているようだ。ベルギー『Het Belang van Limburg』が伝えた。 昨シーズンはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のカルタヘナに所属した岡崎。リーグ戦32試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。 シーズン終了とともに契約が満了。現在はフリーの状態となっている。 その岡崎は、オフは日本やヨーロッパでプレーする日本人選手を訪問するなどしていた中、8日からシント=トロイデンのトレーニングに参加。コンディション調整とされてきた。 しかし、シント=トロイデンは攻撃に問題を抱えており、ベルント・ホラーバッハ監督は今夏の移籍市場でストライカーの獲得を希望。昨季レンタル移籍で所属した、原大智(アラベス)の獲得も噂されていた。 加えて、今シーズンすでに2ゴールを記録していたFW林大地が14日のアンデルレヒト戦で負傷。『Het Belang van Limburg』によれば、左足首のじん帯を損傷しており、松葉杖をついた状態。MRI検査にて正式な診断が下されるのを待っている状態だという。 ホラーバッハ監督は、アンデルレヒト戦後に「我々が何か攻撃的に欠けていることは誰にでもわかると思う。私にできることは、援軍がすぐに到着することを願うことだけだ」とコメント。選手の補強を求め、岡崎については「彼はトレーニングで私を驚かせた」と評価しながらも、移籍についてはクラブ幹部の問題だと自信が影響を与えられないと語っていた。 『Het Belang van Limburg』によれば、早ければ17日にも加入が発表されるとしている。日本代表で長らく共にプレーしたMF香川真司も所属するシント=トロイデンでもう一花咲かせることになるだろうか。 2022.08.17 10:50 Wed
twitterfacebook
thumb

「なんという光景だ」三笘薫のプレミアデビュー戦に勢揃いした“三笘ユニサポ”の整列写真が反響「最高すぎる」

プレミアリーグデビューを果たした日本代表MF三笘薫の活躍には熱いサポーターたちの後押しもあったようだ。 ブライトン&ホーヴ・アルビオンの三笘は13日、プレミアリーグ第2節のニューカッスル戦でベンチスタートとなったものの、0-0の75分にピッチに。プレミアデビューを果たした。 その三笘は、短い時間ながらも得意のドリブルで左サイドを抉る場面やスルーパスでチャンスを演出するなど、見せ場を作っていた。 そして試合後、ブライトンは公式ツイッターを更新。「ミトマ・マニア」と題して、三笘の「22」のユニフォームを着て並ぶ5人のサポーターが整列した写真をアップしている。 この1枚にはファンもいち早く反応し、「なんという光景だ」、「最高すぎる」、「なにこれ嬉し」、「素敵ですね!」、「三笘軍団」、「(つなげて)ミトマニアではダメかい?」といったコメントが寄せられている。 デビュー戦で早くもファンを獲得したであろう三笘。これから先より多くの「ミトマ・マニア」の姿が見られるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】「ミトマ・マニア」が一列に並んだ圧巻ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Mitoma mania. <a href="https://twitter.com/SoccerYora?ref_src=twsrc%5Etfw">@SoccerYora</a> <a href="https://t.co/LDLMDwozfq">pic.twitter.com/LDLMDwozfq</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1559125748501422081?ref_src=twsrc%5Etfw">August 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.16 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「もう5年目になるけど…」真野恵里菜さんが開幕戦をスタンド観戦し「心がジーン」、夫・柴崎岳への想い「夫やチームの応援も全力でしよう」

レガネスの日本代表MF柴崎岳の妻である女優の真野恵里菜さんがシーズン開幕を受けて心境を綴った。 真野さんは2013年にハロー!プロジェクトを卒業後、女優として活躍。2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)後に柴崎と結婚。スペインでプレーする柴崎を支えている。 インスタグラムなどを通じて柴崎が撮影した写真をアップしたり、日頃の生活を伝える真野さん。今回もインスタグラムでカフェを巡った際の写真を投稿。チャイラテとカフェラテを持つ手の写真をアップした。 「最近はインスタなどでカフェを検索して気になったところに行ってみることにハマってます!この間は「tomacafe に。ここのチャイラテ、チャイの味が濃くて美味しかった。ちなみに岳さんはいつもだいたいカフェラテ」 柴崎がカフェラテ好きという情報も入れ込む中、今年は柴崎にとって大事なW杯イヤーのシーズンに。セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)も開幕を迎えた中、妻として、家族としての想いを綴った。 「そしてスペインリーグが開幕しました。常に勝ち負けのある世界にいる夫と日々を共にするようになってもう5年目になるけど・・・嬉しかったり悔しかったり悲しかったり毎試合いろいろな感情が湧き出てくるのでそんな自分の気持ちと向き合うのが意外と大変だったりします」 「でも1人でスタジアムに行くたびにサポーターの皆さんの熱い応援を見て私もすごくワクワクするし、近くに座ってるすっかり顔馴染みのサポーターの方々と目を合わせて喜んだり悔しがったりっていう瞬間は、みんなこうして同じ気持ちで戦ってるんだ!って心がジーンとします」 「開幕戦はホームだったこともありそんな気持ちを早くもたくさん味わって、今シーズンも私なりにサポート出来ることはして、夫やチームの応援も全力でしようと強く思いました!」 「あまりこういうことは書かないできたけど、こうやって書くことでより一層心を強く持てたりもするから家族としての私の想いを書いてみました!#頑張ろう」 サッカーのことについてはほとんど触れて来なかった真野さん。ただ、この生活も5年目を迎え、夫にとっての大事なシーズンということもあったのか、自身の想いを明かした。 これにはファンも「遠いスペインで頑張ってる柴崎選手も、支えている真野さんも、尊敬ですし素敵です」、「お二人を応援しています」、「理想の夫婦像」、「めちゃくちゃ素敵な夫婦」と共感するコメントが集まった。 柴崎はプレシーズンで好調を維持し、ホームでの開幕戦もフル出場。チームは残念ながら敗れたが、今シーズンのこれからの活躍が期待される。 <span class="paragraph-title">【写真】真野さんのチャイラテと柴崎のカフェラテを持つ2つの手</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ChRuEzCj6Uy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ChRuEzCj6Uy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ChRuEzCj6Uy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">真野恵里菜 Erina Mano(@erinamano_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.16 20:10 Tue
twitterfacebook
thumb

「ちょっとした悪夢」監督も高く評価した三笘薫のプレミアデビュー、本人は「全く緊張しなかった」

プレミアリーグデビューを果たした日本代表MF三笘薫が、改めてデビューについて語った。クラブ公式サイトが伝えた。 昨夏川崎フロンターレからブライトン&ホーヴ・アルビオンへと完全移籍で加入した三笘。労働許可証が下りないこともあり、ベルギーのロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズへと1年間のレンタル移籍を果たした。 そのベルギーでは持ち前のドリブルスキルを活かし、プロ1年目同様に途中出場からチャンスをものにすると、その後はレギュラーに定着。レギュラーシーズンで首位に立つチームの原動力となっていた。 日本代表にも招集され、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でも貴重な任務を遂行した三笘。満を持してブライトンへと復帰し、今シーズンはプレミアリーグに挑戦することとなった。 開幕戦のマンチェスター・ユナイテッド戦はベンチに入るも出番は訪れず。続く13日の第2節、ニューカッスル戦もベンチスタートとなると、ゴールレスで迎えた75分にピッチに立ち、プレミアデビューを果たす。 その三笘は、左サイドを何度となく突破し、ファンの心を鷲掴みに。あわやゴールというシーンも生み出すなど、短い時間でもインパクトを残していた。 三笘はクラブを通じて改めてデビュー戦について言及。自分がどういう選手かということを見せることができたと一定の手応えを感じたようだ。 「最初の一歩を踏み出し、サポーターに自分がどんな選手かを示すことができたと思います。また、監督やコーチ陣にも自分がプレーできることを証明しました。あとは出場時間が増えた時、同じようなパフォーマンスを見せたいと思います」 「勝つことができましたし、勝つべき試合だったと思います。個人的には、チームメイトからの信頼を得るため、このようなプレーを続ける必要があると思っています」 「ピッチに入った時は、全く緊張していませんでした。自分のことに集中し、他のことはあまり考えていなかったです。ファンからの素晴らしいサポートを受け、雰囲気はとても良かったです。心地良かったですし、プレーへのモチベーションを高く持っていました」 15分強という短い時間でファンにインパクトを与えた三笘だったが、それはグレアム・ポッター監督も感じたようだ。ポッター監督は、試合後に三笘について称賛。相手は苦労すると三笘の力が通用するとの見解も示した。 「彼はサイドバックに問題を引き起こすだろう。狭いところを抜いていく力がある」 「彼はとてもユニークで、素晴らしいインパクトを与えてくれた。試合前にも話したが、11人全員が90分間プレーし続けることは難しい。サブの選手、彼らのインパクトがカギになる。彼らはよくやってくれたが、3ポイントを得ることはできなかった」 「彼は左サイドから中央へ、そして右足を使うことを織り交ぜることができる。だから、ディフェンダーからしたらちょっとした悪夢だ。彼と対戦するのは気が進まないだろう。間違いなくね」 <span class="paragraph-title">【動画】ブライトンファンの心を鷲掴みにした三笘薫のプレー!</span> <span data-other-div="movie"></span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">An exciting debut! <a href="https://t.co/CxpcZsDU4m">pic.twitter.com/CxpcZsDU4m</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1558743228001705984?ref_src=twsrc%5Etfw">August 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.16 18:53 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly