「親愛なるマインツファンの方々へ…」ニューカッスル移籍の武藤嘉紀、別れのメッセージ

2018.08.03 20:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニューカッスルへの完全移籍が決定した日本代表FW武藤嘉紀(26)が、自身のインスタグラム(yoshinori_muto_09)でマインツファンへメッセージを送った。

▽2015年5月にマインツ入りした武藤は、公式戦72試合23得点11アシストを記録。2017-18シーズンはブンデスリーガ挑戦後キャリアハイの8ゴールを挙げ、公式戦30試合10得点5アシストという成績を残した。

▽この活躍が認められた武藤は、7月まで行われていたロシア・ワールドカップ(W杯)にも出場。そしてその武藤は2日、ニューカッスルへの完全移籍が発表された。マインツを離れ、新天地でプレーすることとなった武藤は、自身を成長させてくれたクラブへ感謝の気持ちを伝えた。

「親愛なるマインツファンの方々へ」

「僕は新シーズン新しいクラブでプレーすることになりました。ブンデスリーガでプレーすることができず、残念なことに皆さんに別れを告げなくてはなりません」

「温かい歓迎、素晴らしいサポートをしてくれたファンの方々には感謝します。2015年の夏にマインツへ初めて来た時、ドイツのサッカー文化や言語に馴染めるかどうか少し不安でした。1人でいることも不安でした」

「しかし、マインツの皆さんがとても温かく迎えてくれて、すぐにマインツが大好きになりました。街で歩いている時も、サポーターの皆さんが声をかけてくれたりしたことで、次のゲームへのモチベーションが高まりました。それが本当に幸せでした」

「皆さんは本当に素晴らしいファンです。僕を含めて家族全員がこの街で幸せでした。どうやってこの感謝の気持ちを伝えれば良いかわかりません。ただ、言えることがあるとすれば、僕は決して皆さんを忘れません!」

「皆さんの将来と最高の成功を祈っています」
コメント
関連ニュース
thumb

大迫が今季6ゴール目もブレーメンはリーグ戦連敗で自力残留が消滅…《ブンデスリーガ》

大迫勇也の所属するブレーメン(17位/勝ち点28)は20日、ブンデスリーガ第33節でマインツ(15位/勝ち点34)とアウェイで対戦し、1-3で敗戦した。大迫はフル出場し、58分にゴールを記録した。 前節、バイエルンに惜敗したブレーメンは、その試合からスタメンを2人変更。ラシツァとフォクトに代えてサージェントとグロスをスタメンで起用した。大迫は5試合連続のスタメン出場となった。 立ち上がりから積極的な入りを見せるブレーメンは4分、大迫のポストプレーからゴール前に侵入したビッテンコートに決定機が訪れたが、シュートは相手GKの好セーブに弾かれた。 良い入りを見せたブレーメンだったが、25分にセットプレーから先制点を許す。バイタルエリア右でFKを獲得したマインツはブロシンスキがクロスを供給。これをファーサイドのバクがヘディングで折り返すと、ゴール前の混戦からクアイソンが頭で押し込んだ。 先手を許したブレーメンは30分にも、ラツァの横パスをバイタルエリア中央で受けたボエティウスがペナルティアーク内までドリブルで切り込みシュート。これがゴール右隅に突き刺さった。 立て続けに失点を喫したブレーメンは、43分に反撃。敵陣でのボール奪取からショートカウンターを仕掛けると、ボックス左まで侵入したサージェントのクロスをゴール前の大迫がヘディングシュート。しかし、これは相手GKの正面に飛んでしまう。 迎えた後半、ブレーメンはビッテンコートとグロスを下げてフュルクルクとバルテルスを投入する2枚替えを敢行。すると58分、ボックス左深くまで仕掛けたフュルクルクが倒されながらもライン際でボールを残すと、これを拾ったクラーセンのラストパスを最後は大迫がダイレクトシュートでゴールに流し込んだ。 その後、マインツに反撃を許したブレーメンだったが、守護神パブレンカが好セーブを連発。しかし85分、バクのスルーパスでボックス右に侵入したE・フェルナンデスのシュートがゴール右隅に吸い込まれ、マインツに試合を決定づける3点目を奪われた。 結局、ブレーメンはそのまま1-3で敗戦。この結果、勝利したマインツのブンデスリーガ残留が決定。一方のブレーメンは、自力残留が消滅。しかし、16位のデュッセルドルフが同日に行われたアウグスブルク戦を引き分けで終えたため、プレーオフ進出の可能性はわずかに残している。 2020.06.21 00:57 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、格下相手の完敗を猛省 「誰も全力を出し切っていなかった」

ドルトムントは完敗となったマインツ戦を猛省している。クラブ公式サイトが試合後コメントを伝えている。 ドルトムントは17日、ブンデスリーガ第32節でマインツとホームで対戦し、0-2で敗戦した。 直近3連勝と好調を維持するドルトムントだが、前日にバイエルンの優勝が決まり、すでにチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得していることもあり、難しい精神状態で今回の試合に臨んだ。 すると、自力での残留を目指す15位のマインツに立ち上がりから押し込まれる状況が続き、前半半ばに先制点を奪われる。さらに、後半立ち上がりにはPKから追加点を献上。その後、反撃に打って出たものの、なかなかチャンスを作れないばかりか、相手に幾度も3点目に迫られる体たらくで、屈辱の完敗となった。 同試合後、ルシアン・ファブレ監督は「相手を少し甘く見ていた部分があった」と、モチベーションの低下と指摘されても言い訳ができないチームパフォーマンスに苦言を呈した。 「気を抜ける余裕などないはずだが、相手を少し甘く見ていた部分があった。今シーズンは常に全力でプレーすることにトライし続けてきたし、難しい試合ばかりが続いている。今日は連動した守備やプレッシングが鳴りを潜めた」 「今日は全体的に良くなかった。運動量でも相手を下回った」 また、フル出場したMFユリアン・ブラントは、残留に向けて必死に戦っていたマインツに対して、すべての部分で十分ではなかったと猛省している。 「チーム全体で多くのミスを犯した。誰も全力を出し切っていなかった。残留を争っているチームと戦うときには、全力でプレーしない限り勝利を収めることができない。ブンデスリーガはその点でも競争力が高いリーグだし、とにかく今日は不十分だった」 「総走行距離で9kmの大差がついたことも、マインツの強い気持ちの現れだと思う。自分たちの不甲斐なさもある程度は関係していることだけど、今日はボールを持ってからのプレーにより大きな問題があった。とにかくミスが多すぎて、降格の危機に瀕している相手を助けてしまった」 さらに、MFトルガン・アザールは、「今シーズン最悪のホームゲーム」だったと、自身を含む不甲斐ない戦いぶりを悔やんでいる。 「良い試合だったとは思えない。全員が物足りない出来だった。プレッシングだけでなく、チャンスをつくる部分についてもね。マインツのほうが戦っていたと思う。今日は今シーズン最悪のホームゲームだったかもしれない。いい解決策が見つからなかったけど、土曜日にはもう一度チーム一丸となって戦い、より良い答えを見出さなければならないね」 なお、今回の敗戦で3位のRBライプツィヒとの勝ち点差が「3」に縮まったドルトムントは、2位死守に向けて次節はそのライプツィヒとの直接対決に臨む。 2020.06.18 15:55 Thu
twitterfacebook
thumb

脳震盪で病院へ搬送されたタイウォ、無事を報告

ウグスブルク戦で脳震盪を起こし病院へ搬送されていたマインツのU-23ナイジェリア代表FWタイウォ・アウォニイが無事を報告した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 14日に行われたブンデスリーガ第31節のアウグスブルク戦で先発出場したタイウォは、前半に相手DFフェリックス・ウドゥオカイとの競り合いで頭を強打。脳震盪を起こし、長い応急措置の末に病院へ運ばれていた。 試合後のマインツの声明によると命に別状はないとのことだが、15日にタイウォ本人から無事であるとのコメントが寄せられたようだ。 「あのシーンで覚えていることは、僕がどうやってヘディングシュートをしたか。それ以降のことは気絶してしまって何も覚えてない」 「ピッチに倒れていた時は意識を取り戻すことが困難だった。全部思い出すのにも時間がかかったよ。でも今はだいぶ元気になったよ」 今シーズン、リバプールからレンタルでマインツに加入しているタイウォは、なかなか出番を貰えなかったものの、5月の再開後は6試合で連続出場していた。 2020.06.15 21:46 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールのローン選手タイウォが脳震盪で病院へ

今シーズン、リバプールからマインツにレンタルしているU-23ナイジェリア代表FWタイウォ・アウォニイが試合中に脳震盪を起こし、病院へ運ばれたようだ。イギリス『BBC』が報じている。 2015年8月にナイジェリアのクラブからリバプールに加入したストライカーのタイウォ。これまでFSVフランクフルトやNEC、ムスクロン、ヘントなどのクラブをレンタルで転々とし、今季は4年ぶりとなるドイツの地、マインツへ。 なかなか出番を貰えず、昨年12月半ば以降はベンチ外が続いていたタイウォだが、5月にリーグ戦が再開してからは6試合連続出場。再開初戦のケルン戦ではゴールも奪っていた。 だが、今月14日に行われたブンデスリーガ第31節のアウグスブルク戦で、この日も先発出場したタイウォは前半に相手DFフェリックス・ウドゥオカイと衝突し頭を強打。すぐに医療チームが出動し、首を固定したまま病院へ搬送された。 その後、マインツ公式サイトによると、命に別状はなく当日は病院で過ごしたそう。今季中に復帰出来るかは不明だが、選手生命に影響を及ぼさないことを祈りたい。 2020.06.15 14:48 Mon
twitterfacebook
thumb

長谷部が記録更新もフランクフルト、枠内シュート0で完敗…《ブンデスリーガ》

フランクフルトは6日、ブンデスリーガ第30節でマインツをホームに迎え、0-2で完敗した。フランクフルトのMF長谷部誠とMF鎌田大地は共にフル出場している。 3日前に行われた延期分のブレーメン戦を快勝して2連勝とした11位フランクフルト(勝ち点35)は、鎌田とこの試合でブンデスリーガにおけるアジア人最多出場記録(チャ・ブンクン氏の持つ308試合)を更新する長谷部が共に先発となった。 15位マインツ(勝ち点28)に対し、[3-5-2]で臨んだフランクフルトは鎌田がトップ下で、長谷部が3バックの中央で先発となった。 徐々にポゼッションを高めたフランクフルトだったが、なかなか決定的なシュートに持ち込めない展開が続く。そんな中30分、ボックス左で仕掛けたコスティッチが際どいシュートを浴びせた。 だが、マインツに幾つか決定機を許していたフランクフルトは、43分に失点する。右CKからニアカテにヘディングシュートを決められた。 後半からドストとトゥーレに代えてガチノビッチとチャンドラーを投入したフランクフルトは1トップに変更。鎌田は2シャドーの一角でのプレーとなった。 しかし前半同様にシュートシーンを生み出せない状況が続くと、77分に追加点を奪われた。長谷部がファウル気味の競り合いに負けてルーズとなったボールをカンディに決められた。 結局、枠内シュート0のままフランクフルトは敗戦。連勝は2でストップした。 2020.06.07 00:38 Sun
twitterfacebook