「親愛なるマインツファンの方々へ…」ニューカッスル移籍の武藤嘉紀、別れのメッセージ

2018.08.03 20:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニューカッスルへの完全移籍が決定した日本代表FW武藤嘉紀(26)が、自身のインスタグラム(yoshinori_muto_09)でマインツファンへメッセージを送った。▽2015年5月にマインツ入りした武藤は、公式戦72試合23得点11アシストを記録。2017-18シーズンはブンデスリーガ挑戦後キャリアハイの8ゴールを挙げ、公式戦30試合10得点5アシストという成績を残した。

▽この活躍が認められた武藤は、7月まで行われていたロシア・ワールドカップ(W杯)にも出場。そしてその武藤は2日、ニューカッスルへの完全移籍が発表された。マインツを離れ、新天地でプレーすることとなった武藤は、自身を成長させてくれたクラブへ感謝の気持ちを伝えた。

「親愛なるマインツファンの方々へ」

「僕は新シーズン新しいクラブでプレーすることになりました。ブンデスリーガでプレーすることができず、残念なことに皆さんに別れを告げなくてはなりません」

「温かい歓迎、素晴らしいサポートをしてくれたファンの方々には感謝します。2015年の夏にマインツへ初めて来た時、ドイツのサッカー文化や言語に馴染めるかどうか少し不安でした。1人でいることも不安でした」

「しかし、マインツの皆さんがとても温かく迎えてくれて、すぐにマインツが大好きになりました。街で歩いている時も、サポーターの皆さんが声をかけてくれたりしたことで、次のゲームへのモチベーションが高まりました。それが本当に幸せでした」

「皆さんは本当に素晴らしいファンです。僕を含めて家族全員がこの街で幸せでした。どうやってこの感謝の気持ちを伝えれば良いかわかりません。ただ、言えることがあるとすれば、僕は決して皆さんを忘れません!」

「皆さんの将来と最高の成功を祈っています」
コメント
関連ニュース
thumb

2位ライプツィヒ、降格圏マインツにまさかの逆転負け《ブンデスリーガ》

ライプツィヒは23日、ブンデスリーガ第18節でマインツとのアウェイ戦に臨み、2-3で逆転負けした。 前節ウニオン・ベルリンとの上位対決を制して首位バイエルンとの4ポイント差を維持した2位ライプツィヒ(勝ち点35)は、最前線にセルロート、2シャドーにダニ・オルモとフォルスベリを据えた。 降格圏に沈む17位マインツ(勝ち点7)に対し、[3-4-3]で臨んだライプツィヒが押し込む入りとなると、15分に先制する。ザビッツァーの強烈なミドルシュートがバーを直撃し、ルーズボールをアダムスが押し込んだ。 しかし24分、右サイドからのFKをGKグラーチが不用意に弾くと、ルーズボールをニアカテに蹴り込まれて同点とされた。 それでも30分に勝ち越す。CKの流れからハルステンベルクが蹴り込んだ。 ところが35分、再びニアカテにゴールを許してしまう。左CKからファーサイドのベルにヘッドで折り返され、ニアカテに押し込まれた。 2-2で迎えた後半、開始5分にライプツィヒは逆転されてしまう。自陣左サイドをダ・コスタに突破された流れからバレイロに決められた。 まさかの追う展開となったライプツィヒはDFのハルステンベルクを削ってエンクンクを投入。しかし、集中した守備を見せるマインツ相手にチャンスを生み出すことができない。 結局、2-3でまさかの敗戦。降格圏に沈むマインツに敗れて首位バイエルンにプレッシャーをかけることができなかった。 2021.01.24 01:43 Sun
twitterfacebook
thumb

マインツがDFダ・コスタをレンタル! コールに続きフランクフルトから今冬2人目の補強

マインツは22日、フランクフルトからドイツ人DFダニー・ダ・コスタ(27)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「22」に決定した。 レバークーゼンの下部組織出身のダ・コスタは、17歳でトップチームデビューを飾った身体能力に優れる早熟な右サイドバック。その後、インゴルシュタットへの完全移籍、レバークーゼンへの復帰を経て2017年にフランクフルトに加入した。 フランクフルトでは加入2年目にキャリアハイとなる公式戦50試合に出場し、4ゴール5アシストの活躍を披露。しかし、昨シーズン終盤あたりから攻守両面での軽率なミスが目立ち始めて序列が低下。今シーズンはここまで公式戦7試合の出場にとどまっていた。 なお、マインツは先日にドイツ人MFドミニク・コールをレンタルで獲得しており、今冬の移籍市場においてフランクフルトから2人目の補強となった。 2021.01.22 23:50 Fri
twitterfacebook
thumb

マインツFWマテタがクリスタル・パレスに1年半の買取OP付きレンタル移籍、今季はブンデス7ゴール

クリスタル・パレスは21日、マインツの元U-21フランス代表FWジャン=フィリップ・マテタ(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 マテタは、18カ月のレンタル移籍となり、買い取りオプションが付帯しているとのことだ。 DRコンゴにもルーツがあるマテタは、シャトールーの下部組織出身。2016年9月にリヨンへと完全移籍すると、ル・アブールへのレンタル移籍を経て、2018年7月にマインツへ完全移籍していた。 マインツでは2年半で公式戦71試合に出場し27ゴール5アシストを記録。今シーズンはブンデスリーガで15試合に出場し7ゴール1アシストを記録していた。 「クリスタル・パレスに来られてとても嬉しく思う。トレーニングを楽しみにしているよ」 「子供の頃、プレミアリーグでプレーすることが僕の夢だった。これで、プレーすることができる。クリスタル・パレスのファンに、僕ができることを見せたい」 クリスタル・パレスは、プレミアリーグで現在13位に位置。残留争いはしていないが、チームが浮上する上で貴重な得点源となるだろう。 2021.01.21 20:58 Thu
twitterfacebook
thumb

マインツがフランクフルトMFコールをレンタル移籍で獲得

マインツは18日、フランクフルトから元U-21ドイツ代表MFドミニク・コール(26)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 コールはセントラルミッドフィルダーとしてプレー。レバークーゼンの下部組織で育つと、アウグスブルクへの移籍を経験。2017年7月にレバークーゼンへ復帰すると、2019年7月にフランクフルトへと完全移籍で加入していた。 フランクフルトでは、公式戦49試合に出場。2019-20シーズンはブンデスリーガで26試合に出場し3アシスト、DFBポカールで5試合に出場し2アシスト、ヨーロッパリーグでも4試合に出場していた。 今シーズンはブンデスリーガで7試合、DFBポカールで2試合に出場している。 マインツはここまで勝ち点わずか「7」で降格圏の17位に位置。ブンデスリーガで178試合にに出場し4ゴール11アシストを記録しているコールの補強は助けになるだろうか。 2021.01.19 10:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ロイスPK失敗のドルトムント、最下位マインツに痛恨ドロー《ブンデスリーガ》

ドルトムントは16日、ブンデスリーガ第16節でマインツをホームに迎え、1-1で引き分けた。 前節ライプツィヒを撃破して上位に食らいついた4位ドルトムント(勝ち点28)は、アキレス腱を断裂したヴィツェルが今季絶望となった中、ベリンガムとジャンが中盤センターでコンビを組んだ。 最下位マインツ(勝ち点6)に対し、最前線にハーランド、2列目に右からサンチョ、ロイス、ブラントと並べたドルトムントが開始2分に先制しかける。右サイドを抜け出したムニエのグラウンダークロスをロイスが落とし、ボックス右のハーランドが押し込んだが、ムニエがオフサイドだったとしてVARの末ノーゴールに。 続く23分、敵陣高い位置でボールを奪った流れからボックス内のブラントが決定的なシュートを放つもGKの好守に阻まれたドルトムントは、26分にはジャンのスルーパスに反応したボックス中央のロイスがGKと一対一となるビッグチャンスを迎えるも、ここもGKゼントナーのファインセーブに阻まれる。 さらに31分、ハーランドのポストプレーからボックス右のベリンガムがシュートを放つと、左ポストに直撃した。 ゴールレスで迎えた後半、ドルトムントが押し込む流れが続いたが、57分にマインツにファインゴールで先制される。右サイドを上がったエツナリにカットインから左足を振り抜かれると、完璧なミドルシュートがゴール右上に決まってしまった。 失点を受けてベリンガムに代えてムココを投入したドルトムントは、64分にピンチ。FKからハックのヘディングシュートがバーに直撃した。 助かったドルトムントは73分、同点に追いつく。ボックス左で粘ったムココのプレーを起点に、ルーズボールをボックス中央のムニエがゴール左にシュートを蹴り込んだ。 ムニエに移籍後初ゴールが生まれたドルトムントは1分後にPKを獲得する。ボックス右で仕掛けたムニエがハックに倒された。しかし、キッカーのロイスはシュートを枠の左に外して逆転とはならない。 78分にはラツァにポスト直撃のシュートを浴びてヒヤリとしたドルトムントは終盤にかけてはチャンスを生み出せず、最下位相手に痛恨の引き分けに終わっている。 2021.01.17 01:38 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly