鳥取がYS横浜からDF西山雄介を獲得! 「目標のために全力を」

2018.07.12 13:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
▽ガイナーレ鳥取は12日、Y.S.C.C.横浜に所属するDF西山雄介(23)の完全移籍加入を発表した。背番号は「33」に決定している。

▽東京都出身の西山は、2017年に山梨学院大学からYS横浜に入団。今シーズンはここまで明治安田生命J3リーグ10試合に出場した。両クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

◆ガイナーレ鳥取
「はじめまして! この度、Y.S.C.C.から加入することになりました西山雄介です。シーズン途中での加入にはなりますが、いち早くチームに適応し、ガイナーレ鳥取の勝利に貢献したいと思います! J2昇格という目標のために全力を注ぎ、シーズンが終わった時にガイナーレ鳥取に関わる全ての皆様で喜びを分かち合いましょう! ニシ、ユースケと気軽に呼んで頂けたら嬉しいです! よろしくお願い致します」
◆Y.S.C.C.横浜
「この度、ガイナーレ鳥取に移籍することになりました。チームが目標達成に向かって邁進している中、シーズン途中でチームを抜けるということに対して非常に申し訳なく思っていますし、自分の中でも決断に迷うこともありました。しかし挑戦したいという思いが強く、今回移籍する決断に至りました。大学も都リーグ所属で、無名の自分をJリーグという舞台でキャリアをスタートさせて頂いたYSCC。吉野理事長をはじめ、樋口監督、高田コーチ、チームメイト、関わってくださった全ての方々に感謝しています」

「また、どんな時も力強い声援を送ってくださったサポーターの皆様には、感謝していると共にシーズン途中でチームを離れることになってしまい非常に申し訳なく思っています。違うチームにはなりますが、選手としてこれからピッチで輝くことがそういった方々への恩返しになると思っているので、「あんな選手もいたなぁ」と覚えてもらえていたら嬉しいです! 一年半ありがとうございました」


関連ニュース
thumb

「帰るならアントラーズ」 日本代表DF植田直通が4年半ぶりの鹿島復帰! 「タイトルから遠ざかっているチームの力に」

鹿島アントラーズは30日、ニームから日本代表DF植田直通(28)の完全移籍加入を発表した。 熊本県生まれで大津高校出身の植田は2013年に鹿島でプロ入り。フィジカル戦に強いセンターバックとして着実に力をつけるなか、鹿島のJ1、Jリーグカップ、天皇杯のタイトル獲得を経験した。 日本代表としても2017年12月のデビューを遂げ、2018年夏にジュピラー・プロ・リーグのセルクル・ブルージュで欧州挑戦を決断。2021年1月から当時リーグ・アンのニームに舞台を移した。 ニームでは完全移籍に移行した昨季こそ公式戦31試合に出場とレギュラー格だったが、今季に入ってから明らかに出番が減少。ここまで1試合の出場にとどまるなか、古巣である鹿島復帰を決めた。 4年半ぶりの鹿島復帰となる植田はクラブの公式ウェブサイトを通じて、“鹿島愛”とともに意気込みを語っている。 「移籍してからもアントラーズの試合は毎試合チェックしていて、自分が力になれるうちに帰りたいという思いはずっとありました。僕の中にはいつもアントラーズというチームがあり、日本へ帰るならアントラーズしか考えていませんでした。またアントラーズのユニフォームを着て皆さんの前で戦えることを光栄に思いますし、タイトルから遠ざかっているチームの力になれるよう、そして、皆さんと一緒にタイトルが獲れるよう、精一杯頑張ります」 2022.11.30 18:20 Wed
twitterfacebook
thumb

J2昇格の藤枝、FW押谷祐樹と契約満了「J2でのプレーを楽しみにしていたので残念」

藤枝MYFCは30日、FW押谷祐樹(33)の契約満了を発表した。 押谷はジュビロ磐田の下部組織からトップチームに昇格。その後、FC岐阜、ファジアーノ岡山、名古屋グランパス、徳島ヴォルティスでプレー。2021年から藤枝でプレーしている。 2021シーズンは明治安田生命J3リーグで28試合6得点、今シーズンは16試合で3得点を記録していた。 チームはJ2に初昇格も退団することとなった押谷はクラブを通じてコメントしている。 「2年間ありがとうございました。来年もう一度J2でプレーができ、静岡ダービーや岡山、徳島と対戦できると楽しみにしていたので残念です」 「ファン・サポーターの皆様に直接お礼が言えなかったのも悲しいですが、またどこかで皆様にお会いできたら嬉しいです」 2022.11.30 18:12 Wed
twitterfacebook
thumb

藤枝、DF秋山貴嗣の現役引退を発表「これからはより家族第一で生きていきたい」

藤枝MYFCは30日、DF秋山貴嗣(30)の現役引退を発表した。 ヴィッセル神戸の下部組織で育った秋山は、2015年に関西大学からガイナーレ鳥取に加入。初年度からポジションを掴み3シーズンにわたって主力としてプレーした後、2018年に藤枝へ移籍した。 藤枝でも移籍直後から、センターバックの主力としてチームに貢献。チームが明治安田生命J2昇格を果たした今シーズンも、リーグ戦24試合に出場して1ゴール1アシストの成績を残した。 それでも、8年間のプロキャリアに終止符を打つ決断を下した秋山。クラブを通じてこれまで所属したクラブや関係者への感謝を口にしている。 「2022シーズンをもって、現役を引退することにしました。ガイナーレ鳥取、藤枝MYFCで関わってくださった全ての関係者の皆様、本当にありがとうございました。ガイナーレ鳥取が僕を拾ってくれたおかげでここまで幸せな時間を過ごすことが出来ました」 「藤枝MYFCでは最後にJ2昇格という目標を達成することが出来たので本当に良かったと思います。様々な経験をすることができ、嬉しい時も苦しい時も共に戦えた時間は、僕にとってかけがえのない財産です」 「そして、ファン・サポーター、スポンサー様、どんな時も熱い応援で一緒に戦い続けてくれたこと、本当に感謝しています。ありがとうございました」 「最後に、両親、妻、娘、友人、こういった自分をどんな時も支えてくれた存在がいたからこそ常に前向きに取り組んでこられたと思っています。本当にありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします。プロサッカー選手として8年間サッカーをすることができ、本当に幸せでした。これからはより家族第一で生きていきたいと思います。本当にありがとうございました」 2022.11.30 17:46 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南が鹿島からDF杉岡大暉を完全移籍で獲得、昨季途中から期限付きでプレー「タイトル争いのできるチームにしたい」

湘南ベルマーレは30日、鹿島アントラーズのDF杉岡大暉(23)を完全移籍で獲得することを発表した。 杉岡はFC東京U-15深川から市立船橋高校へと進学。2017年に湘南へと入団した。 プロ1年目から出場機会を得てレギュラーに定着。2020年に鹿島に完全移籍するも、出場機会を得られず、2021年途中から湘南に期限付き移籍で復帰。今シーズンは明治安田生命J1リーグで29試合、YBCルヴァンカップで6試合1得点、天皇杯で1試合に出場した。 杉岡は両クラブを通じてコメントしている。 ◆湘南ベルマーレ 「この度、湘南ベルマーレに完全移籍することになりました。一度チームを離れたなかでも常に気にかけてくれチャンスを与えてくださったベルマーレに感謝しています」 「高卒から育てていただいたこのチームをリーグ、カップ戦を問わずタイトル争いのできるチームにしたいという強い覚悟をもって決断しました。そのために自分の持ってる力を全身全霊かけて戦います。改めてよろしくお願いします!!」 ◆鹿島アントラーズ 「このたび、湘南ベルマーレに完全移籍することになりました。アントラーズでの一年半がなければ今の自分はいません。そう思えるほど自分にとって濃く刺激的な日々でした。アントラーズでの経験を活かして今後も頑張ります。短い間でしたがありがとうございました」 2022.11.30 17:38 Wed
twitterfacebook
thumb

J2ベスイレのヨルディ・バイスが岡山と契約更新! 39試合出場7ゴール

ファジアーノ岡山は30日、DFヨルディ・バイス(33)との契約更新を発表した。 母国オランダや、ルーマニア、オーストラリアでもプレーしたヨルディ・バイスは2018年7月のV・ファーレン長崎入りを機に日本を舞台に。徳島ヴォルティスや、京都サンガF.C.を渡り歩いた後、今季に岡山入りした。 その岡山でも攻守にパワフルなプレーを披露して、明治安田生命J2リーグ39試合に出場。得点数も守備者ながら7ゴールと持ち味を発揮して、残念ながら昇格とはならなかったが、チームを3位でJ1参入プレーオフに導いた。 なお、今季から新設されたJ2リーグアウォーズではベストイレブンに輝いている。 2022.11.30 17:35 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly