【ベルギー戦後会見】西野朗日本代表監督「最後30分は本気のベルギー」《ロシアW杯》

2018.07.03 09:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表のロシア・ワールドカップ(W杯)が幕を閉じた。

▽日本代表は2日、ロシアW杯ラウンド16でベルギー代表と対戦。後半立ち上がりに2点を挙げたが、その後に3失点の逆転負けを喫し、日本代表史上最高位ベスト8を目指した戦いが終わりを告げた。

▽日本代表を率いる西野朗監督は試合後、会見に出席。「最後の30分は本気のベルギーだった」、「これがベルギーの強さか」と世界との差を痛感した様子でラウンド16の戦いを振り返り、「自分の采配を問いたい」と責任を一身に背負った。

西野朗監督(日本代表)
──W杯が終わった。2-3という結果を受け、何を思ったか
「善戦することだけじゃなく、勝ち切らなければいけない。勝ち切りたい。ある程度、今のチーム力であれば、ベルギーに抵抗できるのではないかと。最高の流れを自分たちで掴んだ。自分の中でもそういうプランはあった」

「ただ、最後にこういうことになる形は組み立てていなかった。2-0になり、メンバーもそのまま。3点目という気持ちが強くなり、チャンスもあった。ある程度、ボールもゲームもコントロールする時間帯もあった」

「ただ、ベルギーがそこで本気になってしまった。今日のミーティングでも、『本気にさせたベルギーと戦いたい』と話した。そのために、自分たちはフルパワーで戦うと。まさに、最後の30分は本気のベルギーだった」

「最後、アドバンテージを持って勝ち切るプランはあったが、あそこまで覆させられるとは思ってもなかった。まあ、これがW杯なのかなと。これがベルギーの強さかという気持ちだった。終わった瞬間は」

──延長は考えられなかったか
「あの時間帯のFK、CKの流れがあった。少なくとも決めたい気持ちもあったが、延長もその時間帯に考えていた。ただ、数秒後に自陣のゴール前に運ばれてしまうあのようなスーパーカウンターを受けるとは予測していなかった」

「本当に紙一重の勝負どころなのかなと。もちろん、延長は持久的にボールも動かせる延長を想像していたので、決められなくても延長勝負とは思っていた」

──ロッカールームでどのような声をかけたのか
「『すぐ、シャワー浴びろ』って。みんな、呆然と裸のままいたので…。まずそういう声かけをした。まあ、ホテルに帰ってから声かけをしたいなと思っている」

──大会を通じてコンディションが良かった
「選手はよく走れていた。持久戦もスプリントもベースにしっかりと持っている。それをゲームフィジカルとして出せるかどうかは、単にコンディションが良いからというより戦術的なものや、どうボールを動かしていくかということに伴ってくるゲームフィジカルの部分が大きい:

「今日も、第1〜3戦もそうだが、しっかりと自分たちでボールを動かせる。有効に動かして無駄な動きをしていない。単純に無駄な動きが防げている。全員が連動した中でのパフォーマンスができているので、そう感じているところ」

「総走行距離はそこまで多くはない。100〜110kmくらい。感じ方が多い。ボールを動かして、ムービングフットボールが実現できているところが、フィジカルのコンディションが良く見えたことかなと」

──選手のパフォーマンス、結果について
「結果については、残念の一言。追い詰めたが、勝ち切れない。わずかなのか、そうじゃないのかもしれないが、ゲームの中でわずかにそれを感じた。それが采配によるものなのか、本気にさせたベルギーに及ばなかったのか。選手は今大会、今までにないぐらい前向きで、対ベルギーでも自信を持っている選手がいた」

「選手は今日もある程度、チャレンジしてくれたし、100%以上のパフォーマンスを発揮してくれた。されど、このわずかというところは、まだサッカー界で埋めていかないといけない」

──今大会、番狂わせが多い。0-2から逆転負けの心境は
「ゴールを決められたとき、どういう気持ちだったかというのは…。まず自分のゲームコントロールについてを問いたい。2-0のアドバンテージをもらっていながら負けるのは、選手に非はなくベンチワーク、私のところ」

「自分の采配について問うところ。このW杯に関しては、選手が非常に過去4年前のブラジル大会でベスト16に入れなかった思いがあった。選手、スタッフ、日本サッカー全体がコロンビアに負けたときの思いは計り知れない」

「そこから4年間積み上げてきた選手、日本サッカー界の今大会にかける思いは、ましてや初戦の相手がコロンビア。リベンジをというのは強く感じた。今日に関しては、8年前、ラウンド16で延長、そしてPKで落としたという過去もあり、何としてもという思いがチームにはあった」

「グループステージの戦い方、今日のラウンド16の戦い方は、自分としても今日の戦いを、チーム力を万全にしながら戦いたかった。今までのラウンド16とは違う感覚で選手に臨ませたかった。そういう大会でのプランはしっかりとれていたと思う。やはり、まだ力が足りないと見せつけられた」

──前任の良い部分で残しながらやってきたと思うが
「ハリルホジッチ監督がずっと積み上げてこられたスタイル、チームにもたらしたものは大きいと思う。私自身も継承するところはしないといけない。ある程度選手に染みついているところもある」

「ただ、その中で自分のオリジナリティーとまではいないですが、1カ月なので。何かアクセントになるものはチームに、選手に与えてきたと思います。それは当然、ハリルホジッチ監督が伝えてきたコンタクトの強さ、縦への強さというのは間違いなく必要なもの。それは選手も感じた」

「それに対する自分なりの変化。それを選手たちが理解してこの1カ月、取り組んでくれた結果だと思う」

──今日の敗戦は日本サッカーの悲劇か
「なかなか認めたくはないゲームでもあったかなと。そういう感覚は強くあるが、やはり敗戦はしっかりと認めないといけない。強い失望感はある」

──8強入りを目標に掲げた選手もいた。目標に届かなかったが、エキサイティングなパフォーマンスだったぶりだった。この大会は成功か
「おそらく、選手は全力を出し切ったと思っているでしょう。良いサッカーは表現できたと思うが、やはり目標に届かなかったという結果を成功とは言えない。W杯の戦いを次に繋げているいけるかどうかがサッカー界の意義。4年後の本大会でチャレンジが成功だったと言えるようなサッカー界にしてもらいたい」

──日本サッカー界全体として、勝ち切る弱さ、高さ対策が次のステップアップの鍵になると思うが
「その通りだと思う。攻撃に関しても、もっともっとステップアップできる部分はたくさんある。この1カ月のポジショニングにしても、選手のスピード、ポジショニング、コンビネーションが高まっていけばチャンスは広がる」

「攻撃のオプションは、精度が高まっていくと思う。守備も一対一で対応するのではなく、今日もベルギーの両サイドをどう消して攻撃していくかということになる。じゃあ、長友、酒井(宏)が対応してということじゃなく、グループの守備力で個の力を消していく」

「それはできましたけど、最後はやはり…。数cm、0コンマ何秒の違いでやられてしまう。繰り返してしまうことだが、グループで人に行くのか、ボールに守備をするのか。そういうところで対抗、対応していく必要があると思う」

──セットプレーの課題は長らく日本サッカーのテーマ。これについて
「ポーランド戦でもFKから取られた。しかも、頭じゃなく、足で。相当なマーキングのミスなのか、無抵抗なのか。これは今回の遠征でずっと続いている。ならば、もう分析はやめようと」

「出足、オフサイドトラップなどで対策も考えているが、フィジカルじゃないものが、そこにある。あらゆる策を講じたが、最終的に圧力をかけられて、DFのポジショニングが川島の5m、10m前でやると勝てない」

「わかっていても勝てず、そこで勝負させられるのがW杯。下のカテゴリーでもそういうことがある。対策していても、相手の心拍数が高まっていないところでやられる悔しさはない」

「さらに対応策を考えていかないといけない。されど1点ですから。対応を考えたいと思う」

関連ニュース
thumb

「伝説のカウンター」あれから丸3年…日本が世界の力を感じたベルギーのスペシャルなカウンターが再脚光

2018年7月2日。3年前の出来事を覚えているだろうか。 FIFAのワールドカップ公式ツイッターが1本の動画を共有。それは、ロシア・ワールドカップ ラウンド16のベルギー代表vs日本代表のあのゴールだった。 大会直前にヴァイッド・ハリルホジッチ監督を解任した日本代表は、西野朗監督が急遽率いてロシアW杯に臨んだ。 グループHに入った日本は、初戦でコロンビア代表相手に香川真司と大迫勇也のゴールで1-2と勝利。2戦目のセネガル代表戦は2度相手にリードされる展開となったが、乾貴士と本田圭佑のゴールで2-2の引き分けに終わった。 そして迎えた第3節。ポーランド代表と対戦した日本は、0-1でリードされる展開に。しかし、フェアプレーポイントでの勝ち抜けを考え、ビハインドながら攻め込まない展開を見せると、そのまま試合終了。狙い通り、フェアプレーポイントでの勝ち上がりを決めた。 そして迎えたラウンド16。相手は優勝候補にも挙げられていたベルギーだった。 そのベルギー相手に前半を0-0で終えた日本は、48分に原口元気のゴールで先制。さらに52分には乾貴士のゴールでリードを0-2と広げる。 まさかの展開に多くの日本人は胸が踊っていた一方で、負けるわけにいかないベルギーは選手交代で手を打つことに。すると69分にヤン・ヴェルドンゲン、74分にマルアン・フェライニと空中戦を使われて同点に追いつく。 日本も粘りを見せて攻め込む中、誰もが延長戦にもつれ込むと思った後半アディショナルタイム4分に悲劇が待っていた。 日本は攻め込むと左CKを獲得。これを本田がゴール前にクロス。しかし、これはGKティボー・クルトワがキャッチする。すると、すぐさま周囲を見たクルトワはアンダースローでボールを前へ。これをケビン・デ・ブライネが受けてドリブルを開始。ベルギー全体がカウンターの形に入ると、そのまま相手陣内まで持ち上がって右サイドへスルーパス。これを右サイドを上がっていたトーマス・ムニエが受けると、ダイレクトでグラウンダーのクロス。中央のロメル・ルカクがスルーすると、走り込んだナセル・シャドゥリが押し込み、ベルギーが奇跡の逆転を果たした。 日本人にとっては当然ながら、世界中のサッカーファンにとっても忘られない一戦となったこの試合。公開されると「最高の試合だった」 「伝説のカウンターアタック」とベルギーの綺麗なカウンターに称賛の声が。一方で「これはスイスvsフランスか?」という声もあり、先日のユーロ2020のラウンド16になぞらえる人も出てきた。 この勝利、実はW杯では偉業の1つであり、ノックアウトステージで2点差を逆転して勝ち上がったのは48年ぶりだった。 なお、劇的勝利からちょうど3年が経った2021年7月2日、日本に勝利したベルギーはユーロ2020ベスト4をかけてイタリア代表との準々決勝に臨む。 <span class="paragraph-title">【動画】日本をどん底に落としたベルギーのスペシャルなカウンターアタック</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> 48 years had passed since a team recovered a two-goal deficit and won a knockout-phase <a href="https://twitter.com/hashtag/WorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WorldCup</a> game until a Belgian miracle <a href="https://twitter.com/hashtag/OnThisDay?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#OnThisDay</a> in 2018<br><br>Nacer Chadli completed a sensational counter-attack to rewrite history <a href="https://twitter.com/NChadli?ref_src=twsrc%5Etfw">@NChadli</a> | <a href="https://twitter.com/BelRedDevils?ref_src=twsrc%5Etfw">@BelRedDevils</a><a href="https://t.co/tzvoWhVbp7">pic.twitter.com/tzvoWhVbp7</a></p>&mdash; FIFA World Cup (@FIFAWorldCup) <a href="https://twitter.com/FIFAWorldCup/status/1410860793071996930?ref_src=twsrc%5Etfw">July 2, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJQckpzNmlUeCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.02 22:55 Fri
twitterfacebook
thumb

日本は14番目! FIFAがロシアW杯の分配金を公表… Jトップは浦和レッズ

▽FIFA(国際サッカー連盟)は4日、ロシア・ワールドカップ(W杯)における全世界416クラブへの分配金を発表した。 ▽今回のW杯には、63カ国、416クラブから選手が参加。合計で2億900万ドル(約236億1030万円)が支払われることとなった。 ▽最も多く分配金を受け取ったのは、マンチェスター・シティ。支給額は500万3440ドル(約5億6500万円)となっている。また、416クラブの内訳は、UEFA(欧州サッカー連盟)に加盟しているクラブが最多で254となっているが、2番目はAFC(アジアサッカー連盟)の63、CONMEBOL(南米サッカー連盟)の43、CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)の39、CAF(アフリカサッカー連盟)の17と続いている。 ▽アジアでは、アル・ヒラル(サウジアラビア)が最も多く、202万4865ドル(約2億2840万円)、続いて、アル・アハリ(サウジアラビア)、エステグラル(イラン)と続いている。Jリーグでは、浦和レッズが最多で67万6370ドル(約7631万円)、鹿島アントラーズの62万5430ドル(約7056万円)、セレッソ大阪の53万4870ドル(約6035万円)と続いており、国別ではアジアでサウジアラビアに続き2番手の363万9380ドル(約4億1060万円)。国として世界で14番目の分配金をもらっていることとなっている。 ◆分配額トップ10 マンチェスター・シティ (500万3440ドル/約5億6500万円) レアル・マドリー (481万3830ドル/約5億4300万円) トッテナム (438万5792ドル/約4億9500万円) バルセロナ (414万5950ドル/約4億6800万円) パリ・サンジェルマン (389万4080ドル/約4億3900万円) チェルシー (383万5357ドル/約4億3300万円) マンチェスター・ユナイテッド (365万6360ドル/約4億1300万円) アトレティコ・マドリー (309万3190ドル/約3億4900万円) ユベントス (301万9610ドル/約3億4100万円) モナコ (293万4710ドル/約3億3100万円) ◆Jリーグ 浦和レッズ (67万6370ドル/約7631万円) 鹿島アントラーズ (62万5430ドル/約7056万円) セレッソ大阪 (53万4870ドル/約6035万円) ヴィッセル神戸 (36万9315ドル/約4167万円) ガンバ大阪 (28万8660ドル/約3260万円) 柏レイソル (28万8660ドル/約3260万円) 川崎フロンターレ (28万8660ドル/約3260万円) サガン鳥栖 (20万5175ドル/約2315万円) 横浜F・マリノス (19万8100ドル/約2235万円) FC東京 (16万4140ドル/約1852万円) 2018.12.06 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

イニエスタ、ロシアW杯を苦々しく回想「受け入れられなかった」

▽ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、ロシア・ワールドカップ(W杯)の思い出を苦いものとして回想している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽スペイン代表として131キャップを刻み、2008年のユーロ、2010年のW杯、2012年のユーロを連続で制したイニエスタ。正真正銘の“無敵艦隊”となったスペインはティキ・タカで各国を圧倒しており、イニエスタはアル・サッドMFチャビ・エルナンデスやバルセロナMFセルヒオ・ブスケッツらと共に心臓部を担っていた。 ▽しかしながら、イニエスタにとって最後のW杯となった今年のロシア大会で、スペインはベスト16で敗退。同大会で指揮を執っていたフェルナンド・イエロ氏は、決勝トーナメントの1回戦ロシア代表戦でイニエスタをベンチに置き、PK戦の末に敗れ去ることとなった。 ▽ロシアW杯を回想するイニエスタは、以下のように悔しさをにじませている。 「ロシアでのワールドカップに良い記憶はない」 「僕をベンチに置く決断や(フェルナンド・)イエロがそうする理由が分からなかった」 「動揺したよ。彼が言ったことが受け入れられなかった」 2018.11.24 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

開幕前の重傷でロシアW杯落選…チェンバレン、当時を振り返る

▽リバプールに所属するイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンが、自身が重傷により出場することができなかったロシア・ワールドカップ(W杯)について語った。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ロシアW杯欧州予選でも代表メンバーに招集され、本大会への出場も有力視されていたチェンバレン。しかし、今年4月に右ヒザのじん帯を損傷したことでロシアW杯への出場が叶わなかった。今シーズン中での復帰も危ぶまれている。 ▽チェンバレン不在で本大会を迎えたイングランド代表は、開幕前の下馬評を覆す躍進を披露。準々決勝ではスウェーデン代表を2-0で下し、1990年以来となるベスト4入りを果たした。 ▽ロシアのピッチに立つことができなかったチェンバレンは、現状について語り、ロシアW杯当時の心境を明かした。 「とても重いケガだったよ。ただ、それはいつでも誰にでも起こりえることなんだ。決して簡単に乗り越えられるものではないことだよ」 「ただ、僕は前進している。ポジティブなままでいるようにも務めているんだ。僕はそういう性格でもあるし、それが最も良い方法だと思うんだ。良いスピリットで確実に前進しているよ」 「(ロシア・ワールドカップについて)その場にいることができなかったことが、たやすいものだったと言えば嘘になる。僕には実際プレーするチャンスがあった訳だからね。ただ、それと同時にイングランドファンになっていたよ」 「代表選手たちが躍動するところを見て驚いていたよ。家でとても興奮したんだ。W杯は難しいものだからね。皆が戦っている姿を見てとても嬉しくなったよ」 2018.09.09 09:10 Sun
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】鼎談で一致したロシアW杯での西野ジャパンの評価

▽今週初めのこと、ある新聞社の企画でロシアW杯を振り返り、ドイツS級ライセンスを持つS氏と、元ワールドサッカー誌編集長のN君と鼎談した。優勝したフランスはもちろんのこと、日本代表の戦いぶりや森保ジャパンの今後など、話は多岐に渡った。 ▽そこで日本代表に関しては、次の点で意見が一致した。日本が勝ったのは10人が相手のコロンビアだけで、11人で戦った残り3試合は2分け1敗とけして好成績ではないこと。ポーランド戦は残り10分をボール回しに終始したことがクローズアップされたが、そもそもグループリーグの突破が決まっていないのに、なぜポーランド戦はスタメンを6人も入れ替えたのか西野監督の采配に疑問が残ること。そしてポーランド戦で起用された宇佐美、酒井高、槙野は力量不足だったし、ケガを抱えている岡崎をスタメンで使うリスクを考慮しなかったこと。 ▽ポーランド戦で時間稼ぎをしたのに、なぜベルギー戦のCKを本田は簡単に蹴ってしまったのか。その際に吉田と昌子のCB2人がゴール前に上がったが、足の遅い吉田はともかく、なぜ昌子を最終ラインに残しておかなかったのか。ベンチはリスクマネジメントを怠ったのではないかということ。 ▽そして最終的に、これらの疑問をJFA(日本サッカー協会)技術委員会は総括することなく、「世代交代」や「オールジャパン」、「ジャパンズウェイ」と耳に心地よい言葉でロシアW杯の結果を自分たちの都合の良いように解釈し、森保ジャパンを規定路線として五輪監督のみならず日本代表の監督にも選んだことなど、かなり批判的な意見で一致した。 ▽これらの意見は他のメディアでも散見されたが、「南米勢からアジア勢初勝利」やベルギー戦での善戦により、南アW杯(パラグアイ戦はPK戦のためドローとカウントし2勝1分け1敗)の成績を下回っているにもかかわらず、西野ジャパンはその健闘を讃えられたことで深く検証されることはなかった。 ▽さらに大会全体の傾向としてポゼッションサッカーよりカウンター主体のチームが勝ち上がったこと、セットプレーからの得点が多いという結果を日本は4年後のカタールW杯にどうつなげていくのかという検証もなされていない。 ▽そして指導者の育成に関しては、S氏から「サッカー協会が費用を負担して、協会と提携しているドイツやスペインの代表チームに、将来の代表監督候補を2年間くらい帯同させるなど育てる努力をするべき。JリーグはJリーグで同じようにバイエルンやバルセロナなどクラブへのパイプを通じて指導者を送り出して育成した方がいい」という建設的な意見も出た。 ▽日本の指導者が海外で研修したのは1979年まで遡る。五輪のメダリストを対象にナショナルコーチを育成しようとした日本体育協会の助成を受け、将来の代表監督と目されていたメキシコ五輪銅メダリストの森孝慈(2011年7月17日没)が西ドイツへ留学。ボルシアMGや1FCケルンの監督を務め、奥寺をケルンに加入させたヘネス・バイスバイラーや、「トータル・フットボールの生みの親」であるリヌス・ミケルスらの指導を受けた。 ▽当初は2年の研修予定だったが、当時の代表監督だった渡辺氏が病で倒れたため1年前倒しで帰国し代表監督に就任。85年のメキシコW杯アジア予選では最終予選まで勝ち進んだものの韓国に敗れてW杯初出場はならなかった。 ▽それ以来、JFAが日本人指導者をヨーロッパへ派遣した例はない。個人的に私費でヨーロッパに渡り、指導者として研修を積んだ人々は多いものの、彼らが日本代表の各カテゴリーで指導者として起用された例も聞いたことはない。彼らが街のクラブで結果を残したら、J3やJ2クラブに引き上げる。そんな環境が日本でも整うようになればいいというのも3人の一致した意見だった。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.08.09 18:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly