長友佑都、ガラタサライ完全移籍がまもなく決着へ2018.06.30 05:48 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表DF長友佑都の去就がいよいよ決着しそうだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』など複数メディアは29日、同選手のガラタサライ移籍がまもなく発表になると報じた。

▽長友は2017/18シーズンの後半戦にガラタサライにレンタルで移籍して活躍。インテルとガラタサライは完全移籍についての話し合いに入ったが、なかなか金銭面で折り合いがつかずにいた。

▽だが、ようやく2クラブは妥協点を見つけた模様。『コッリエレ・デッロ・スポルト』は、移籍金が300万ユーロ(約3億9000万円)になると伝えた。

▽現地時間29日中にも正式発表があるかもしれないと報じられており、時間の問題となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

「日本の8番はどこでプレーしている」輝く中島翔哉に大きな期待

カタールのアル・ドゥハイルに所属する日本代表MF中島翔哉に、大きな期待が寄せられている。 ロシア・ワールドカップ(W杯)以降、森保一監督率いる日本代表において、圧倒的なパフォーマンスを示し続けている中島。強力な2列目を共に形成するMF堂安律、FW南野拓実らの中でも、特にチームの趨勢を握る選手となっている。 また、中島は今冬の移籍市場でポルティモネンセ(ポルトガル)からカタール王者のアル・ドゥハイルに移籍。プレミアリーグなど欧州トップリーグへの移籍が期待されていたものの、当人は「サッカーを楽しむ」という自身の原点に先入観無しに向き合った結果だと、この決断への満足感を口にしている。 事実、カタール移籍後初の代表戦となった3月の代表ウィークでも、中島のパフォーマンスは全く陰りを見せず。26日に行われた国際親善試合ボリビア代表戦では、途中出場から決勝点を叩き込んだ。 しかし、試合後に日本代表DF長友佑都(ガラタサライ/トルコ)が、自身ツイッターアカウント(@YutoNagatomo5)を通じて「日本の8番(中島翔哉)どこでプレーしてるの? ってチームメイトから聞かれる」とツイート。「人それぞれサッカーをやるための目的は違うけど、もっとハイレベルな場所で中島翔哉のプレーを見たいな」と、当人をリスペクトしつつも大きな期待を表現した。 2019.03.27 14:10 Wed
twitterfacebook
thumb

長友佑都、平愛梨夫人の第二子妊娠を報告

ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都(32)が15日、タレントである平愛梨夫人(34)の第二子妊娠を報告した。 長友は2017年1月に平夫人と入籍。2018年2月に第一子となる男児が誕生した。長友は自身のインスタグラム(yutonagatomo55)に長男を含む家族3人の写真を添えて、次のように綴っている。 「この度、私たちは第二子を授かりました。母子ともに元気で無事に出産できることを願い、夫としてしっかりサポートしていきます。是非見守って頂ければ幸いです。長友佑都、愛梨」 なお、長友は現在、ヒザを痛めてリハビリ中。今月、コロンビア代表(22日)&ボリビア代表(26日)とのキリンチャレンジカップ2試合に臨む日本代表メンバーから外れている。 2019.03.15 21:10 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、長友同僚のブラジル人CBに興味か

アトレティコが、ガラタサライに所属するブラジル人DFマルコン(22)の獲得に興味を持っているようだ。トルコ方面の情報をもとに、スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 現在、アトレティコ・マドリーでは、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(33)のインテル行き、フランス代表DFリュカ・エルナンデスのバイエルン行きが濃厚となっている。そのため、センターバックの確保が急務となっており、トップターゲットにはアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)を見据えているという。 しかし、同選手に関してはバルセロナやユベントス、マンチェスター・シティなど、ビッククラブが挙って興味を示しており、争奪戦が繰り広げられている。そこで、アトレティコは代替案としてガラタサライで評価を高めているマルコンをリストアップしているという。しかし、同選手にはセビージャも関心を抱いているため、争奪戦に勃発する可能性がありそうだ。 マルコンの愛称で知られるマルコス・ド・ナシメント・テイシェイラは、対人プレーに強く、ボランチでもプレー可能な185cmの左利きのセンターバックだ。母国のアヴァイ、アトレチコ・パラナエンセ、ポルトガルのリオ・アヴェ、シャヴェスでのプレーを経て、今年1月に日本代表DF長友佑都が所属するガラタサライに加入。加入直後からスタメンに定着し、トルコリーグ7試合に出場している。 2019.03.08 19:19 Fri
twitterfacebook
thumb

長友佑都、ヒザのじん帯損傷か

ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都に故障の疑いが浮上した。トルコ『Yeni Akit Gazetesi』が報じた。 長友は2月24日に行われたトルコ・スーパーリーグのアクヒサルシュポル戦に出場(1-0でガラタサライが勝利)。前半の接触プレーで左ヒザを強打したが、フル出場を果たした。 ただ、その長友は試合後に検査を受けたところ、ヒザのじん帯損傷が判明した模様。その後の試合からメンバー外が続いている。 なお、全治に関して明らかになっていない。今月は日本代表戦が2試合予定。代表内においても精神的支柱として際立つ長友だけに、大事に至らなければ良いが…。 2019.03.04 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

長友フル出場のガラタサライ、攻撃陣沈黙でベンフィカの前に敗退《EL》

ガラタサライは21日、ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32・2ndレグでベンフィカとアウェイで対戦し、0-0で引き分けた。この結果、2戦合計スコア1-2でガラタサライは敗退している。ガラタサライのDF長友佑都はフル出場した。 先週行われた1stレグでは長友がアシストを記録しながらもホームで1-2と敗戦したガラタサライは、長友が4バックの左サイドバックで先発となった。 逆転突破のためには2点が必要なガラタサライが前がかる入りとなるも、7分にピンチ。ボックス内からセルヴィに決定的なシュートを打たれた。 その後もガラタサライがボールを持つも、ベンフィカの守備を攻略できず全くシュートに持ち込めない状況が続く。42分にはピッツィのミドルシュートでGKを強襲され、両チーム合わせて枠内シュート1本のこう着した前半はゴールレスで終了した。 後半から一転して圧力をかけたベンフィカが攻勢に出る流れとなる中、ガラタサライは守勢に回らされてしまう。 結局、長友も守備に追われた後半も効果的な攻撃を仕掛けられなかったガラタサライはゴールを奪えずに敗退。ベンフィカがベスト16に進出している。 2019.02.22 06:54 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース