元日本代表DF鈴木大輔、延長拒否で移籍か

2018.06.23 14:25 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヒムナスティック・タラゴナに所属する元日本代表DF鈴木大輔(28)に退団の可能性が高まっている。

▽『diarimes.com』によれば、2018年6月30日で契約満了となる鈴木の退団はほぼ確実。ヒムナスティック・タラゴナは延長オファーを打診しているものの、鈴木側に応じない可能性が高いという。

▽2012年ロンドン・オリンピックの日本代表歴を持つ鈴木は、2008年のアルビレックス新潟入団を経て、2013年から柏レイソルでプレー。2016年2月からジムナスティック・タラゴナに活躍の場を移した。

▽ジムナスティック・タラゴナでの通算成績は、公式戦72試合1得点1アシスト。2017-18シーズンは21試合に出場した。

関連ニュース
thumb

安部裕葵が11番背負い出場で1アシスト! バルサのプレシーズン初戦は4-0快勝

バルセロナが、2021-22シーズンの最初のプレシーズンマッチでヒムナスティック・デ・タラゴナと対戦。4-0で快勝を収めた。 就任2シーズン目を迎えたロナルド・クーマン監督。ユーロ2020、コパ・アメリカ2021に出場した選手が多く、ほとんどの選手が休暇中、または合流したばかりということで、若手を中心としたチームで試合は行われた。 相手のヒムナスティックは、スペイン3部にあたる今季から新設されたプリメーラ・ディビシオンRFEFに所属。かつては鈴木大輔(ジェフユナイテッド千葉)が所属したことがあるチームだ。 ヨハン・クライフ・スタジアムで行われた一戦。ファーストチームデビューが12名もいるという異例の事態の中、バルセロナBに所属するFW安部裕葵も背番号11を背負い後半から出場した。 試合は終始バルセロナが押し込む中、前半に相手に退場者が出る展開に。前半は0-0で終えたが、後半に入りゴールラッシュを見せる。 60分にはボックス内右でパスを受けたレイ・マナイが豪快に右足を振り抜くと、クロスバーを叩いたボールはそのままネットを揺らしバルセロナが先制。85分にはアレックス・コジャードが右サイドからカットインして放ったがシュートが、相手DFに当たってディフレクトしゴールに吸い込まれる。 86分には左サイドへのスルーパスに抜け出した安部がボックス内から相手をよく見てクロス。これをファーサイドに走り込んだマナイが胸で押し込み、3点目を奪う。 さらに90分にはPKを獲得し、これをマナイが決めてハットトリックを達成。終盤に畳み掛けたバルセロナが4-0と圧勝した。 なお前半はDFジェラール・ピケやDFサミュエル・ユムティティ、MFミラレム・ピャニッチらも出場していた。 バルセロナ 4-0 ヒムナスティック・デ・タラゴナ 【バルセロナ】 レイ・マナイ(後15、後41、後45) アレックス・コジャード(後40) <span class="paragraph-title">【動画】安部裕葵のアシストも! バルサvsヒムナスティック ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJSZFdsemN1QyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.22 09:15 Thu
twitterfacebook
thumb

グリーズマンやデンベレ、コウチーニョ弾でバルセロナがクーマン新体制初陣を飾る!《プレシーズンマッチ》

バルセロナは12日、プレシーズンマッチでセグンダB(スペイン3部)のヒムナスティックと対戦し、3-1で勝利した。 バルセロナでの初采配となるロナルド・クーマン新監督は、メッシ、グリーズマン、デンベレの3トップを採用。そのほか、ブスケッツやジョルディ・アルバ、ピケらを先発で起用した。 試合は開始早々の6分、ボックス右から侵入したセルジ・ロベルトの折り返しをニアで味方がフリックすると、最後は中央のデンベレが流し込み、バルセロナが幸先良く先制する。 さらにバルセロナは、17分にもセットプレーのチャンスでボックス内のピケがリベルに倒されPKを獲得。これをグリーズマンがゴール左隅に決め、追加点を奪った。 主導権を握ったバルセロナだったが、30分にボニージャの強烈なミドルシュートでヒムナスティックに1点を返され、前半を2-1で終えた。 迎えた後半、バルセロナは先発メンバー全員を変更。バイエルンから復帰のコウチーニョや、ブラースヴァイト、F・デ・ヨング、ネウソン・セメドらがピッチに登場した。 後半も主導権を握るバルセロナは51分、スルーパスでボックス右深くまで侵入したN・セメドの折り返しがオリオルのハンドを誘いPKを獲得。これをコウチーニョがゴール右隅に決め、3点目を奪った。 その後もポゼッションでヒムナスティック圧倒するバルセロナは、81分にコウチーニョ、86分と87分にブラースヴァイトが相手ゴールに迫ったが、最後まで追加点は奪えず。試合はそのまま3-1でタイムアップ。バルセロナがクーマン新監督の初陣を勝利で飾った。 なお、8月にチャンピオンズリーグを行った影響でラ・リーガ第1節と第2節が延期となるバルセロナは今後、17日にジローナとトレーニングマッチを行う。 2020.09.13 04:04 Sun
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルのMFゲラがヒムナスティック・タラゴナへレンタル

▽スペイン2部のヒムナスティック・タラゴナは21日、ビジャレアルの元U-20ウルグアイ代表MFラミロ・ゲラ(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽ゲラは、ビジャレアルの下部組織出身で、2018年7月にトップチームへと昇格した。 ▽主にセグンダB(スペイン3部)でプレーし、これまで75試合に出場し4ゴールを記録。一方で、2017-18シーズンはリーガエスパニョーラで4試合、ヨーロッパリーグで4試合に出場していた。 ▽U-16からU-19まではスペイン代表としてプレーしたものの、U-20ではウルグアイ代表として2015年のU-20ワールドカップに出場。これまでA代表での出場経験はない。 2018.08.22 14:45 Wed
twitterfacebook
thumb

鈴木大輔がヒムナスティック・タラゴナ退団を発表「タラゴナは第2の故郷」

▽ヒムナスティック・タラゴナのDF鈴木大輔が、自身のインスタグラム(4daisuke4)を更新。クラブを退団したことを報告し、別れの挨拶を綴った。 ▽鈴木は、星稜高校から2008年1月にアルビレックス新潟へ入団。徐々に頭角を表すと、U-23日本代表として2012年のロンドン・オリンピックに出場。その後、2013年1月に柏レイソルへと移籍すると、2016年2月にヒムナスティック・タラゴナへと移籍した。 ▽鈴木は、2年半過ごしたヒムナスティック・タラゴナを離れることについて、難しい決断だったと明かし、クラブ関係者やサポーターへの感謝の気持ちを綴った。 「まず、挨拶が遅くなってごめんなさい。僕は迎えてくれた人々に別れの挨拶をします」 「僕にとって、この特別なクラブを離れる決断をすることは、とても難しいものでした。僕に日本以外でプレーする機会をくれました」 「僕はナスティックのシャツを着れたことを誇りに思います。サッカー選手として、人間として成長できたことに感謝します。一緒に戦った仲間、テクニカルチーム、クラブの人々、困難な時期に支えてくれたふぁん、ナスティックに関わる全ての人に感謝します」 「僕はタラゴナに到着してから今日まで、とても親切にしてくれた人々のことを忘れることはありません」 「日本から着いて最初の頃、僕は不安を感じた時期がありました。毎日僕は、あなた方のサポートのお陰で、良い時間を過ごしていました」 「この「タラゴナ」の地から学んだことを生かし、これからの人生を歩みます。僕にとってタラゴナは第2の故郷であり、ナスティックは心のクラブです」 「僕は魂の底から、ナスティックの将来の成功を祈っています。ありがとうございました」 ▽鈴木は、スペイン2部で67試合に出場し1ゴール1アシストを記録。コパ・デル・レイで3試合に出場していたが、2018年7月でチームとの契約が満了を迎えていた。 2018.08.20 19:44 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly