岡山DF増田繁人、右足負傷で全治2〜4週間

2018.06.17 17:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
▽ファジアーノ岡山は17日、DF増田繁人の負傷を発表した。

▽増田は13日の練習中に受傷。右足関節ねん挫で全治2〜4週間の見込みだ。

▽増田はアルビレックス新潟から今シーズン加入。ここまで明治安田生命J2リーグ3試合に出場している。


関連ニュース
thumb

沼津2選手が新型コロナ陽性…他の選手4名が濃厚接触者に

アスルクラロ沼津は21日、トップチーム選手2名の新型コロナウイルス陽性を報告した。 当該選手はいずれも発熱などの症状があり、医療機関にてPCR検査を受検。その結果が陽性判定となり、保健所の指導のもとで隔離および療養中だという。 また、本件でトップチーム選手4名が濃厚接触者に。その4名に体調不良や発熱などの症状を訴える者はいないものの、保健所の指導のもとで隔離中のようだ。 これを受けて、他の選手、チームスタッフ、クラブ関係者はすでに抗原定性検査を受検。全員陰性の確認を確認しているとのことだ。 2022.01.21 11:35 Fri
twitterfacebook
thumb

大宮MF三門雄大が昨季の最終節で負傷…左ハムストリング肉離れで全治8週間

大宮アルディージャは20日、MF三門雄大の負傷を発表した。 クラブの発表によると、三門は2021シーズンの明治安田生命J2リーグ最終節のでザスパクサツ群馬戦で負傷していたとのことだ。 三門は左ハムストリング肉離れと診断。全治は8週間とのことだ。 三門は2021シーズンの明治安田J2で37試合に出場し2得点。負傷した群馬戦でもチームの2点目を記録し、チームの残留に貢献していた。 2022.01.20 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和選手1名が新型コロナ陽性…17日から沖縄キャンプ

浦和レッズは16日、トップチーム選手1名の新型コロナウイルス陽性を報告した。 同日のPCR検査で陽性判定を受けた当該選手は現在、発熱や体調不良などの症状なく、適切な対策のもとで療養。トップチーム関係者の濃厚接触者は現状、確認されていないという。 浦和は12日、今季に向けた新体制発表会を実施。13名の新加入選手が加わったチームは17日から沖縄キャンプに入るが、参加者全員にPCR検査を受けさせ、陰性者にて練習を行う予定だ。 2022.01.16 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

2020年に大ケガのFC東京GK林彰洋が再手術へ…自身SNSに再起の思い綴る

FC東京は16日、元日本代表GK林彰洋の手術決定を発表した。 林は2020年11月のトレーニング中に右ヒザ前十字じん帯損傷、外側半月板損傷の重傷を負って、同年12月に手術。昨季はその影響で棒に振った。 だが、今季に向けて17日に再び手術を受けることに。全治は術後に改めて知らせるという。 林は16日、インスタグラムを通じて、再手術を報告。完全復活を誓った。 「この度、再度手術を受けることにしました。新しくチームが始動するタイミングで手術という報告をしてしまう事を申し訳なく思っています。様々な方達に日頃から声をかけていただいて、本当に救われています。 ありがとうございます」 「自分の言葉で皆さんに伝えたいと思いここに綴ります。術後この一年以上もの間に違和感としてあり続けた『引っかかり』というものがどうしてもとれません。とはいうものの、確実にこれが原因!!というものも明確ではありません」 「復帰して離脱、復帰して離脱。何度も繰り返してしまった昨年。本当にしっかり悩まされました。と同時に最大に費やせるだけの時間を駆使して治療に割いてきたと自負しています。やれる限り色んな方法で患部へのアプローチも試してきました」 「でも今の状態ではやはり高いパフォーマンスを発揮、継続できないと判断した上、手術の決断に至りました。再手術をするにあたり、二度目のメスを体に入れるという判断は中々早期に決断はできませんでした」 「またこの報告と同時に今回チームキャンプ参加することができません。その中Arbert監督が話をする機会を設けてくれました。個人的な話、戦術的な話、林彰洋という選手が担ってほしい役割など、様々な話です」 「ただ一つこれが一番重要だ!と言って伝えてくれた言葉は…『しっかり健康な状況にしてその怪我を完治させて戻って来い』。その言葉を伝えて送り出してくれました」 「選手として歳を重ねてきた中で刻一刻と競技者としての寿命が日々削られていると思いますが、『僕はどうしても今のままでは諦めきれません』。復帰する!という強い意志を持っています」 「この一年が自分に対して新たな分岐点となるようにサッカー人生をかけて挑みたいと思います。よろしくお願いします!」 2022.01.16 15:40 Sun
twitterfacebook
thumb

長崎、秋野央樹が右腓骨筋腱炎の手術で全治3カ月…「パワーアップして必ず帰ってきます」

V・ファーレン長崎は14日、MF秋野央樹の手術を報告した。 秋野は6日に右腓骨筋腱炎の手術を受け、全治3カ月の見込み。昨季は加入後最少となる明治安田生命J2リーグ13試合の出場に終わった。 チームとしてJ1昇格を期す今季にあたり、手術を決断した秋野はクラブを通じて、パワーアップした姿での復帰を誓った。 「昨年の5月から治療を継続してやっていましたが、なかなか完治に至らずこのタイミングでの手術になりました。皆さんの期待に応えることができず、本当に申し訳ない気持ちです」 「怪我をした当初はみんなの練習や試合から盗める所は盗もう、自分が入ったらこうしようなど、もう一度自分自身のプレーを見つめ直すいい機会だと前向きに捉えられていましたが、こんなにもサッカーから離れたことがなかったため、本当に復帰できるのか焦りや不安な気持ちが強くなり気持ちのコントロールができず苦しんだ時期もありました」 「しかし、今回の手術でやっと希望が見え、まずは怪我の完治、そしてしっかりパワーアップして必ず帰ってきます! 復帰に向けて前向きな気持ちです!必ずチームの力になるので待っていてください! 最後になりますが、今シーズンもV・ファーレン長崎の応援よろしくお願いします」 2022.01.14 19:10 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly