スペイン代表の守備の要・ピケ、W杯前に盗まれる

2018.06.07 12:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケが強盗の被害に遭ったようだ。スペイン『アス』が報じた。

▽スペイン代表の一員としてロシア・ワールドカップに臨むピケ。妻であるシャキーラさんもドイツを訪れており、ピケの自宅は誰も居ない状態だった。

▽報道によると、ピケの自宅からは宝石や時計などが盗まれており、犯人は捕まっていないとのことだ。

▽バルセロナでは、今冬加入したブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョも、入居からわずか1カ月で強盗被害に遭っていた。


関連ニュース
thumb

エレーラが古巣アスレティック復帰へ? PSGとの契約解除が焦点か

パリ・サンジェルマン(PSG)の元スペイン代表MFアンデル・エレーラ(33)に、アスレティック・ビルバオへの復帰が取り沙汰されている。 エレーラはアスレティックやマンチェスター・ユナイテッドなどを経て、2019年夏にPSG入り。3年間で通算95試合に出場したが、今夏就任のクリストフ・ガルティエ監督から構想外とみなされ、現在はチーム練習にすら参加できていない。 そんななか、スペイン『ムンド・デポルディポ』によると、エレーラは古巣アスレティックとの間で、2年契約+1年延長オプションという内容で復帰に口頭合意した可能性があるという。 その一方で、アスレティック復帰のために必要なのがPSGとの契約解除。PSGは2024年夏まで契約を残すエレーラに対し、残り2年分の給与の一部放棄に同意した場合のみ、契約を解除する方針を伝えたとのこと。その額は800万ユーロ(約10億9000万円)と推測されている。 だが、現時点では契約解除の道筋は見えていない模様。15日にはアスレティックのエルネスト・バルベルデ監督が『DAZN』のインタビューでエレーラについて「彼は現在も別のクラブの選手であり、この事実に敬意を払わなくてはいけない」とコメント。クラブとして冷静に成り行きを見守っているようだ。 2022.08.17 16:23 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、マルコス・アロンソ獲得で合意も…加入の障壁はやはり選手登録問題

チェルシーからスペイン代表DFマルコス・アロンソ(31)の獲得が近いとされるバルセロナだが、まだ越えなければいけない壁があるようだ。 バルセロナにとってマルコス・アロンソは今夏のトップターゲットの1人。チェルシーで多くのタイトルを獲得した同選手は以前から母国復帰を希望しており、バルセロナ行きを熱望と報じられている。 スペイン『ムンド・デポルディポ』によると、バルセロナは同選手の獲得を巡ってチェルシーと1000万ユーロ(約13億5000万円)に満たない移籍金で合意済み。つまり、すでに加入が発表されていてもおかしくないはずだ。 加入の障壁となっているのが、やはり選手登録の問題。バルセロナはマルコス・アロンソをラ・リーガに選手登録できる目処が立たない限りは正式契約へと進まない方針だという。 経営難の同クラブは今夏、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングに代表される一部主力選手の放出にはじまり、人件費カットや子会社の売却などに取り組んでいる。一方でバイエルンからポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキを獲得するなど、大型補強も敢行中だ。 多くの批判を浴びながらも保有資産の売却が進んだことで、ほとんどの新戦力は選手登録が完了。現在はセビージャから連れてきたフランス代表DFジュール・クンデの登録やマルコス・アロンソとの契約を目指し、放出と給与削減に力を入れているようだ。 なお、マルコス・アロンソを巡る交渉には、バルセロナのU-19スペイン代表DFアレックス・バルデ(18)のチェルシー行きが含まれているとみられている。 2022.08.16 17:23 Tue
twitterfacebook
thumb

元スペイン代表MFサン・ホセが引退表明、アスレティックで公式戦397試合に出場

スペイン代表MFミケル・サン・ホセ(33)が13日、現役引退を発表した。 アスレティック・ビルバオの下部組織で育ったサン・ホセは、2007年にリバプールに加入するも、リザーブチームでのプレーが主となり、2009年夏に古巣へと復帰。以降はセンターバックや守備的MFを主戦場に、在籍11年間で公式戦397試合に出場した。 また、代表キャリアではU-19欧州選手権と、U-21欧州選手権にて優勝し、2014年にはA代表入り。国際大会での招集はなかったが、7試合でプレーした。 アスレティックとの契約満了を迎えた2020年夏にはチャンピオンシップ(イングランド2部)のバーミンガム・シティにフリーで加入。昨季は1年契約でセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)に所属するアモレビエタでプレーし、公式戦28試合に出場したが、今夏に退団していた。 サン・ホセは自身のSNSにて、13年間のプロキャリアの幕を降ろすことを表明。フットボールへの気持ちとファンに対する感謝を綴った。 「サッカーは子供の頃から僕の人生そのものだった。地元のチームでプレーしていたあの6歳の夢見る少年から、今の自分までね。フットボールは僕に多くのことを要求してきたけど、それと同時にすべてを与えてくれた」 「今思えば、苦い思い出も消すことはできない。それは楽しい思い出よりも僕を幸せにしてくれたからだ。フットボールは幼い僕を家から連れ出し、僕の知っているすべてのものから引き離したけど、その代わりに新しい家族を与えてくれたんだ。僕はこれまでに一人で歩んだことはない」 「大好きだったものに別れを告げるのはとても辛いことだけど、これ以上プロのレベルには身体がついていかないだろう。自分を大切にすることはとても大切なことで、それが今必要なことなんだ」 「この言葉で別れを告げ、一緒に旅をしてきたみんなに感謝したいと思う。これからの展開が楽しみだよ。夢をあきらめることはない。心からありがとう」 2022.08.15 16:29 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリーの若手FWラタサ、ヘタフェ移籍か

レアル・マドリーのスペイン人FWフアンミ・ラタサ(21)がヘタフェへの移籍に近づいているようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 ラタサはマドリーのセカンドチームを主戦場とするストライカー。15歳でマドリーに入団して以降、順調にカテゴリーを上げ、昨季終盤はついにラ・リーガのピッチに。念願のファーストチームデビューを果たした。 今夏もプレシーズンのアメリカツアーに帯同。しかし、カルロ・アンチェロッティ監督はラタサを3試合で一度も起用せず。今季の戦力と計算されておらず、最近はヘタフェやラージョ・バジェカーノなどからの関心が報じられていた。 そんななか、マドリーはレバークーゼンからバルセロナ下部組織出身のU-17スペイン代表FWイケル・ブラーボ(17)の獲得に接近中。基本はリザーブチームだが、ファーストチームでの起用も選択肢にも考えられ、ラタサが押し出される形になるようだ。 そこでラタサの移籍先に浮上するのがヘタフェだ。買い戻しオプション付きの完全移籍や、リセール時の移籍金として50%譲渡の条項が話し合われ、数日以内にまとまりうる模様だ。 2022.08.12 17:01 Fri
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルの19歳FWピノ、リバプールとアーセナルが関心か

ビジャレアルのスペイン代表FWジェレミ・ピノ(19)に、リバプールとアーセナルが関心を寄せているようだ。 ピノは16歳でビジャレアルの下部組織に入団し、2020-21シーズンからファーストチームの一員に。昨季は右サイドを主戦場に公式戦40試合に出場し、7得点4アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出にも大きく貢献した。 昨年10月には18歳でA代表デビュー。今年3月のアルバニア代表戦で初ゴールもゲットし、通算4試合1得点。今秋のカタール・ワールドカップ(W杯)出場も期待される成長株だ。 スペイン『アス』によると、ビジャレアルはピノのリリース条項を8000万ユーロ(約110億円)に設定している。しかし、リバプールやアーセナルからのオファー次第では、この金額以下でも売却を容認する可能性があるという。 ビジャレアルは昨季の後半戦にトッテナムからの半年レンタルで在籍したアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・チェルソの再獲得に本腰。収支バランスを整えるために、選手の売却が必要となる可能性がある模様だ。だが、ピノはビジャレアルが育て上げた宝石の1人。首脳陣らにとって難しい決断となるようだ。 2022.08.08 21:50 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly