ベルギーやイングランドと同居のチュニジア代表がW杯に臨む23名を発表!《ロシアW杯》

2018.06.03 00:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チュニジアサッカー連盟(FTF)は2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたチュニジア代表メンバー23名を発表した。

ナビル・マールル監督は、先月14日に発表した予備登録の29名からGKモエズ・ベン・シェリフィア(エスペランス)、DFハリル・シェンマム(エスペランス)、DFビレル・モースニ(ダンディー/スコットランド)、MFカリム・ラリビ(チェゼーナ/イタリア)、MFモハメド・ラルビ(トゥール/フランス)、FWアーメド・アカイシ(アル・イテハド/サウジアラビア)の6名を選出外とした。

▽ロシアW杯でグループGに属するチュニジアは、ベルギー代表、パナマ代表、イングランド代表と同居。6月18日にイングランドと、同23日にベルギーと、同28日にパナマと対戦する。今回発表されたチュニジア代表メンバーは以下のとおり。

◆チュニジア代表候補メンバー23名
GK
ムエズ・ハッセン(シャトールー/フランス)
アイメン・マスルティ(アル・バティン/サウジアラビア)
ファルーク・ベン・ムスタファ(アル・シャバブ/サウジアラビア)

DF
ヤシン・メリアー(スファクシャン)
ラミ・ベドウィ(エトワール・サヘル)
アリ・マールル(アル・アハリ/エジプト)
ハムディ・ナグエズ(ザマレク/エジプト)
シアム・ベン・ユセフ(カスムパシャ/トルコ)
ディラン・ブロン(ヘント/ベルギー)
ウサマ・ハダディ(ディジョン/フランス)
ヨアン・ベナルアン(レスター・シティ/イングランド)

MF
アーメド・ハリル(クラブ・アフリカン)
ガイレヌ・シャーラリ(エスペランス)
モハメド・アミンベン・アモール(アル・アハリ/サウジアラビア)
フェルジャニ・サッシ(アル・ナスル/サウジアラビア)
エリエス・スクヒリ(モンペリエ/フランス)
バッセム・スラルフィ(ニース/フランス)
サリフ=エディヌ・カーウィ(トロワ/フランス)
ナイム・スリティ(ディジョン/フランス)
ワービ・ハズリ(レンヌ/フランス)

FW
ファハレディン・ベン・ユセフ(アル・イテファク/サウジアラビア)
アニス・バドリ(エスペランス)
サベール・ハリファ(クラブ・アフリカン)

関連ニュース
thumb

モンペリエがチュニジア代表FWハズリを完全移籍で獲得、クラブ初の背番号「99」

モンペリエは27日、サンテチェンヌのチュニジア代表FWワービ・ハズリ(31)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2023年6月までの1年間。背番号は「99」となり、クラブ史上初の着用選手となる。 ハズリはバスティアの下部組織で育ち2009年7月に昇格。その後、ボルドー、サンダーランド、スタッド・レンヌでプレー。2018年7月からサンテチェンヌでプレーしていた。 サンテチェンヌでは公式戦114試合に出場し37ゴール14アシストを記録。今シーズンもリーグ・アンで30試合に出場し10ゴールを記録していた。 チュニジア代表としても69試合に出場し24ゴールを記録。先日のキリンカップサッカー2022に臨んだチームからは外れ来日はしていなかった。 ハズリは今回の移籍についてクラブを通じてコメントしている。 「ここにいられることができてとても嬉しい。これは新たな挑戦だ。僕には必要だったと思う」 「今、僕はクラブが成長し、目標を達成することに最善を尽くして助けたいと思う」 2022.06.28 11:48 Tue
twitterfacebook
thumb

「こういう選手は必ず必要」日本代表の失点直後…誰よりも声を張る原口の姿に賛辞「熱い男だ」

6月の4連戦を2勝2敗で終えた日本代表。最終戦となった14日のキリンカップサッカー2022決勝のチュニジア代表戦は0-3での完敗を喫した。 チュニジア戦は前半を0-0で折り返すも、後半開始早々に失点。そこからバランスを失っていくとミスを重ね、最終的に3失点を喫する苦しい展開だった。 日本サッカー協会の公式YouTubeチャンネル『JFA TV』は16日、決勝の舞台裏を公開。試合前後やロッカールームの様子をアップした。動画には試合中のベンチも映し出されているが、誰よりも声を出していたのがMF原口元気(ウニオン・ベルリン/ドイツ)だ。 先制を許したチュニジアのPKの場面。ハーフタイムで交代していた原口は、ただ1人ベンチの前に立ってキックの瞬間を見守る。PKを決められ一度はベンチに座るものの、すぐに再び立ち上がると、ベンチを飛び出して手を叩きながら声を出し、失点に意気消沈するイレブンを鼓舞した。 しかし、日本は76分にも守備陣の連係ミスから失点。予想外のプレーに誰もが気を落としてしまう。その中、原口だけはやはりベンチを飛び出し、タッチライン近くにいたMF三笘薫に声を掛けていた。 この熱い姿にはファンも反応。「原口の盛り上げてる感じいい!絶対に本戦に必要だと思う」、「失点したチームを鼓舞する原口の姿に感動」、「失点シーンの原口の立ち振る舞いはさすがですね」、「こういう選手は必ず必要」、「ベンチにいる選手も一緒に闘ってる」、「本当カッコいい」、「熱い男だ」といった賛辞の言葉が寄せられている。 31歳になり、前回のW杯を経験していることからも日本代表の中では年長組に数えられる原口。その選手がベンチでチームを鼓舞する熱意は他の選手たちにも届いているのではないだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】1失点目直後…ベンチを飛び出し鼓舞する原口</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="qnf1oPaP6r0";var video_start = 680;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】2失点目直後…森保監督や原口らベンチの反応</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="qnf1oPaP6r0";var video_start = 777;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.06.17 18:50 Fri
twitterfacebook
thumb

したたかだったチュニジア/六川亨の日本サッカーの歩み

やっぱり試合はしてみないと分からないものだ。W杯予選で敗退しているパラグアイはあんなものだろう。試合よりも海外旅行とショッピングを選手たちは楽しみにしていたかもしれない。 それに比べてW杯の出場権を獲得しているガーナとチュニジア、とりわけ西アフリカのガーナを筆頭にコートジボワール、カメルーン、セネガル、ナイジェリアといった屈強なフィジカルを武器にする“ブラック・アフリカ”は日本が苦手とする相手だった。そのためどんな“肉弾戦”が展開されるか楽しみにしていた。 ところが蓋を開けてみるとガーナは2軍チーム。W杯を前にして、これほど拍子抜けした相手も珍しい。ガーナにはガーナなりの事情があったのだろう。コロナ禍に加えてヨーロッパはシーズンオフという事情もあり、マッチメイクに応じてくれたことに感謝すべきかもしれない。 そしてチュニジアである。奇しくも20年前の6月14日、日本は長居陸上競技場でチュニジアと対戦した。お互いに第3戦で、日本は引き分け以上で、チュニジアは勝利すれば初のベスト16進出となる。試合は森島寛晃と中田英寿のゴールで日本が2-0の勝利を収め、首位でグループリーグを突破した。 あれから20年が経ったわけだが、正直チュニジアには多くを期待していなかった。地中海に面してヨーロッパに近い北アフリカの国々は、西アフリカほどフィジカルは強くない。アラブ系のため、どちらかというとサッカーのスタイルは中東に近い。ブロックを作ってのカウンター狙いだろうと予想したが、それは全くの見当違いだった。 これほど“したたか”で、“攻守に隙のない”チュニジアを見たのは初めてだった。試合開始直後こそ浅野拓磨のスピーディーなプレスに戸惑ったようだが、その後は日本のプレスを巧みなパスワークでかわして左サイドから攻め込んだ。 プレスにも慌てずにフェイントで時間とスペースを作り、落ち着いて攻撃を組み立てる。日本がDF陣でボールを回してポゼッション率を上げつつ、最期は伊東純也や三笘薫の個人技によるドリブル突破からしかクロスを上げられなかったのに対し、チュニジアは左サイドからの攻撃だけでなく、中央突破あり、得点に結びついた右サイドからのカウンターもあった。 日本は、かねてから懸案だった吉田麻也の背後を突かれた際の対応と、最終ラインに落ちて攻撃をコントロールする遠藤航が狙われてボールをロストした回数が多かったのも、W杯の本大会を見据えれば収穫と言える。 ブラジルは自分たちのサッカーをするだけだったが、W杯で対戦するドイツをはじめ、大陸間プレーオフを勝ち上がってきた第2戦のコスタリカも、今回対戦したチュニジア同様に日本をスカウティングし、対策を練ってくるだろう。 それを考えると、現状では伊東のスピードと三笘のドリブルを警戒しつつ(それ以外に警戒する選手がスタメンではいないのも寂しいが)、攻めどころとしては遠藤と吉田はセンターでプレーすることが多いため、ショートカウンターの狙い所でもある。 6月の4試合では、長友佑都の右SBと板倉のCB、伊藤洋輝の複数ポジションを務められる適性がわかった収穫はあった。その一方で、遠藤が狙われた際の対応には守備意識の高い守田英正の起用なども再考すべきだろう。 大迫勇也の代わりはいないこともわかったが、ボランチの人材は豊富かもしれない。それが6月のSAMURAI BLUEの4試合を取材した、現時点での結論である。藤田譲瑠チマやチェイス・アンリ、鈴木唯人は7月のE-1選手権の日本代表候補の楽しみにとっておくことにしたい。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.06.17 18:10 Fri
twitterfacebook
thumb

日本戦で代表初ゴールを決めたチュニジア代表MFに欧州複数クラブが興味…ポルトやリヨン、アンデルレヒトなど

キリンカップサッカー2022の日本代表戦でも活躍した、チュニジア代表MFにヨーロッパの複数クラブが興味を示しているようだ。フランス『Footmercato』が伝えた。 注目を集めているとされるのはMFモハメド・アリ・ベン・ロムダーネ(22)。現在は母国のエスペランスに所属している。 これまで公式戦では102試合に出場し20ゴール4アシスト、チュニジア代表としても22試合に出場し1ゴールを記録。代表初ゴールは先日の日本戦で、先制ゴールとなったPKを決めたのがベン・ロムダーネだった。 そのベン・ロムダーネに興味を示しているとされるクラブは、ポルトガルチャンピオンのポルトの他、リヨン、リール、ストラスブール、ロリアン、レンヌ、モンペリエといったフランスのクラブの他、アンデルレヒト、ロイヤル・アントワープのベルギー勢、エジプトのアル・アハリも興味を持っているという。 チュニジア代表でも中心選手となりつつあるベン・ロムダーネ。エスペランス生え抜きではあるが、W杯を前にステップアップを図るだろうか。 2022.06.16 13:35 Thu
twitterfacebook
thumb

「愚問です」と反応の本田圭佑、堂安律はなんと返した? その回答に本田はサムズアップの絵文字

日本代表のMF堂安律(PSV/オランダ)が、本田圭佑の問いに応えた。 日本代表は、6月のインターナショナル・マッチデー(IMD)で4試合が終了。結果は2勝2敗。一定の手応えを掴んだ一方で、課題も明確に浮き彫りとなった。 その日本は、14日に4試合目となるチュニジア代表戦を行い、0-3で完敗。守備のミスが重なり失点が嵩んでしまった。 そんな中、本田が自身のツイッターを更新。「なあ。サッカーやるなら上目指せよ。」と投稿。タイミングがタイミングだっただけに、日本代表への発言という見方が多くされていた。 これに対し、堂安が「日本代表のことでしょうか?」と返信。すると本田は、「愚問です」と否定。「日本代表はW杯優勝目指してる集団でしょうから。昨日の試合もカンボジア代表の試合と重なって観れてないです」と回答。日本戦について「どうでしたか?」と質問返しをしていた。 その質問に対して堂安も回答。ワールドカップ本大会での活躍を楽しみにして欲しいと堂々と返事をした。 「やはりそうですよね。たとえ試合を90分観ていたとしても本田さんは同じように感じたかも知れません」 「だからといってW杯優勝の夢は変わりません。11月楽しみにしていてください」 同じレフティーで攻撃的なポジションでプレーする両者。堂安には本田が記録した3大会連続ゴールのような記録をW杯で残してもらいたい。 <span class="paragraph-title">【SNS】堂安律と本田圭佑のやりとり</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">日本代表のことでしょうか?</p>&mdash; Ritsu Doan/堂安 律 (@doan_ritsu) <a href="https://twitter.com/doan_ritsu/status/1536884736118775813?ref_src=twsrc%5Etfw">June 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">愚問です。日本代表はW杯優勝目指してる集団でしょうから。昨日の試合も代表の試合と重なって観れてないです。<br><br>どうでしたか?</p>&mdash; Keisuke Honda (@kskgroup2017) <a href="https://twitter.com/kskgroup2017/status/1536987062708359168?ref_src=twsrc%5Etfw">June 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">やはりそうですよね。<br>たとえ試合を90分観ていたとしても本田さんは同じように感じたかも知れません。<br>だからといってW杯優勝の夢は変わりません。<br>11月楽しみにしていてください。</p>&mdash; Ritsu Doan/堂安 律 (@doan_ritsu) <a href="https://twitter.com/doan_ritsu/status/1537015818525245441?ref_src=twsrc%5Etfw">June 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.16 09:53 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly