テリーがプレーオフでプレミア昇格を逃したアストン・ビラを退団

2018.05.31 02:24 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アストン・ビラは30日、元イングランド代表DFジョンテリー(37)が契約満了をもって退団することを発表した。

▽昨年夏に19年過ごしたチェルシーから1年契約でアストン・ビラに加入したテリーはチャンピオンシップ(イングランド2部)でリーグ戦32試合に出場して1ゴール1アシストを記録。チームを4位に導いたが、プレミアリーグ昇格プレーオフ決勝でフルアムに敗れ、昇格を逃していた。

▽そのテリーについてアストン・ビラは公式サイトで次のようにコメントした。
ジョンは真のリーダーで、我々が望んでいたものを全て有していた。彼が示した努力とプロ意識に感謝したい。ドレッシングルームでの彼の影響力はチームに多大な好影響をもたらした。我々は彼がビラで過ごした時間を胸に、今後のキャリアを築いていってもらえたら最高だと感じている」

▽また、テリーは自身のインスタグラムで次のようにコメントしている。

「この偉大なクラブでキャプテンを務められたことをとても誇りに思っている。私は今季、ピッチ内でも外でも全てをクラブのために尽くした。だが、プレミアリーグに戻すには至らなかった。スティーブ・ブルース監督には感謝している。彼からは多くのことを学んだ。最後にアウェイの地にも数千人が集まってくれたサポーターに感謝を述べたい。ビラは私の心に残るクラブだ。今後の幸運を祈っている」

関連ニュース
thumb

主力選手だが… ユーベがマッケニー売却を推進、複数のプレミアクラブに逆オファーか

ユベントスがアメリカ代表MFウェストン・マッケニー(24)の売却を目論んでいるようだ。 マッケニーは2021年夏にシャルケからユベントスへ加入。中盤のあらゆる位置をこなすユーティリティ性が魅力で、本職の中央のみならず、サイドでの起用も。今季は公式戦21試合に出場している。 だが、イギリス『90min』によると、幹部らは今夏の売却を目論み、複数のプレミアリーグクラブに対してマッケニーの「買い取りオプション付き半年レンタル」を逆オファー。いくつかのクラブからは好意的な反応を得ているという。 そのクラブとはアーセナル、ニューカッスル、リーズ・ユナイテッド、アストン・ビラ。プレミアの中堅クラブも含まれるが、いずれも財政難のユベントスより資金力で勝る面々だ。 一方、リバプール、チェルシー、トッテナムの3クラブは以前からマッケニーに関心を寄せているものの、本腰を入れる計画はない模様。移籍の実現性はさておき、不正会計問題の余波が続くユベントスの現状を象徴しているニュースかもしれない。 2023.01.25 18:16 Wed
twitterfacebook
thumb

オファー準備完了? ニューカッスル、混迷エバートンから21歳ゴードンの引き抜き画策

ニューカッスルが、エバートンのU-21イングランド代表FWアンソニー・ゴードン(21)獲得に本腰を入れているようだ。 昨夏にチェルシーやトッテナム、ニューカッスルなどへの移籍が噂されていたゴードン。ひとまずはエバートン残留に落ち着き、今季のプレミアリーグで16試合3得点を記録している。 エバートンは現在19位に低迷しており、23日にとうとうフランク・ランパード監督を解任。新たにマルセロ・ビエルサ監督の招へいの噂もある中、イギリス『90min』によると、ゴードンは今冬ないし夏に移籍する可能性が高いという。 最も熱心なのがニューカッスルで、引き続き目を光らせているチェルシーをはじめ、アストン・ビラやレスター・シティなど可能性のある他の入札者を出し抜いてオファーの準備を整えた模様。早速今冬にオファーを出すと見られている。 一方でエバートンもゴードン売却を前向きに検討。2025年に満了を迎える契約の延長交渉で選手と合意できなかったとされ、新戦力獲得の資金調達のためにも、オファーに耳を傾ける方針が固まったとのことだ。 一方、ゴードンの新天地として有力視されるニューカッスルとチェルシーは、別のエバートン選手を巡ってもバトルを繰り広げる可能性が。両者は昨夏にリールから加入したベルギー代表MFアマドゥ・オナナ(21)に関心を寄せているという。 2023.01.24 13:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ビラMFサンソンがストラスブールへ! 買取OPなしの半年ローンが決定

ストラスブールは23日、アストン・ビラからフランス人MFモルガン・サンソン(28)のレンタルを発表した。契約は今季終了までの買取オプションなし。背番号「8」をつける。 2021年1月にマルセイユからビラに加入したサンソン。ル・マン、モンペリエ、マルセイユを渡り歩くフランスでのキャリアを経て、イングランドに活躍の場を移したセントラルMFだが、定位置確保といかず、今季もここまで公式戦3試合の出場にとどまる状況だった。 今年1月のFAカップでようやく今季初先発のチャンスが巡り、1ゴールを記録したが、母国帰還を決断したサンソンは「この数カ月のリベンジを果たさないといけない。フットボールをやる楽しさを再び見つけたいと強く思う」とコメントしている。 2023.01.24 08:55 Tue
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラがコロンビアの逸材FWデュラン獲得を正式発表!

アストン・ビラは23日、メジャーリーグサッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーからコロンビア代表FWジョン・デュラン(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「22」に決定。契約期間に関しては現時点で明かされていない。 今月16日にクラブ間合意が伝えられ、メディカルチェック通過と共にイギリスの労働許可証取得により、正式にビラの一員となったコロンビアの新星FWは、クラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「懸命に働き、チームにすべてを捧げ、勝利したいという多くの願望を持っているよ。同時にできるだけ早くプレーできることを願っている」 「僕は情熱を持ってプレーし、チームに献身するプレーヤーであり、常に勝ちたいと思っているそんなプレーヤーさ。ここが世界で最も重要なリーグであることは理解しているよ。その世界最高のリーグで、ピッチに立って最初のゴールを決めたい」 母国クラブのエンビガドでプロ入りしたデュランは2019年2月に15歳という若さでトップチームデビューの注目株。身長185cmの左利きストライカーで、2022年1月からシカゴ・ファイアーに移った。 そのアメリカでは移籍1年目から公式戦30試合に出場して8得点6アシスト。2022年9月にコロンビアのフル代表デビューも遂げ、まだノーゴールも、ここまで3キャップを記録している。 戦術面やテクニック面で粗さは見受けられるものの、全身バネのような傑出した身体能力を生かしたダイナミックなセンターフォワードで、鋭いヒザ下の振り抜きが印象的な左足のシュート、打点の高いヘディングが特長。プレミアリーグでプレーするにはまだまだや線が細いが、リーチの長さを生かしたボールキープや背後への鋭い飛び出しは十分に通じるはずだ。 なお、イギリス『The Athletic』によると、移籍金は総額で1810万ポンド(約28億4000万円)。固定の移籍金額は1480万ポンド(約23億2000万円)で、残りは出来高払いになるという。 <span class="paragraph-title">【写真】コロンビアの新星がアストン・ビラ加入</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Welcome to Aston Villa, <a href="https://twitter.com/jhonduran991?ref_src=twsrc%5Etfw">@JhonDuran991</a>. <a href="https://t.co/rhO8Vs88nM">pic.twitter.com/rhO8Vs88nM</a></p>&mdash; Aston Villa (@AVFCOfficial) <a href="https://twitter.com/AVFCOfficial/status/1617561316000169984?ref_src=twsrc%5Etfw">January 23, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2023.01.24 06:45 Tue
twitterfacebook
thumb

セインツがアストン・ビラへ貸し出していたベドナレクをリコール

サウサンプトンは23日、アストン・ビラへレンタルに出していたポーランド代表DFヤン・ベドナレク(26)のリコールを発表した。 ベドナレクは昨夏、センターバックの負傷者に悩まされていたアストン・ビラに1年間のレンタル移籍で加入。 先のカタール・ワールドカップに出場するなど、ポーランド代表として46キャップを誇る実力者だが、今季ここまでは公式戦7試合の出場にとどまっていた。とりわけ、ウナイ・エメリ新監督就任以降はほぼ構想外に。 一方、リーグ最下位に低迷するセインツは今季加入で主力のDFアルメル・ベラ=コチャプらの離脱によって、ディフェンスラインの選手層に問題を抱えており、センターバックに加えてサイドバックでもプレー可能なベドナレクの呼び戻しによる穴埋めを図った格好だ。 2017年7月にレフ・ポズナンから完全移籍でサウサンプトンへと加入したベドナレクは、ここまで公式戦153試合で7ゴール4アシストを記録。日本代表DF吉田麻也(シャルケ)とも最終ラインを形成するなどしていた。 2023.01.23 22:59 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly