小林祐希が先制FK弾! 計7発の乱打戦制しヘーレンフェーンが準決勝で先勝《エールディビジ・ELプレーオフ》2018.05.10 11:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンは9日、エールディビジ・ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ準決勝1stレグでホームにユトレヒトを迎え、4-3で勝利した。小林は、フル出場を果たし、1ゴールを記録している。▽レギュラーシーズンの4位から7位のチームでホーム&アウェイによるプレーオフを行い、勝者はEL予選2回戦から出場できるELプレーオフ。小林が所属するヘーレンフェーンは8位でリーグ戦を終えたが、4位・フェイエノールトが国内カップ戦を制してEL予選3回戦からの出場を確定させたため、繰り上がりでプレーオフ出場が決まった。

▽そのヘーレンフェーンは、5位・ユトレヒトと対戦。昨季のELプレーオフ1回戦と同様のカード(昨季は2戦合計2-5でユトレヒトが勝利)となった一戦は、ヘーレンフェーンが小林のゴールで先制する。9分、ボックス手前やや右でFKを獲得すると、キッカーの小林は左足でグラウンダーのシュートを放つ。これがジャンプした相手の壁を突破してゴール右へと吸い込まれた。

▽幸先良く先制したヘーレンフェーンはさらに23分、ボックス左に侵攻したゼネリのクロスをグーチャンネジャドが押し込んだ。

▽後半開始早々に1点を追加して3-0と勝利を大きく手繰り寄せたヘーレンフェーンだったが、50分からの15分間で3失点を喫してユトレヒトに追いつかれてしまう。

▽それでもユトレヒトは86分、小林のパスを受けたピエリエが左サイドからアーリークロス。ファーサイドで収めたダムフリースが押し込んで勝ち越し。ヘーレンフェーンが4-3で先勝。ヘーレンフェーンは、2ndレグで現地時間12日に敵地へ乗り込む。
コメント
関連ニュース
thumb

サッスオーロ、U-20デンマーク代表FWウーデゴーアをヘーレンフェーンに1年レンタル

サッスオーロは22日、U-20デンマーク代表FWイェンス・ウーデゴーア(20)を今季終了までへーレーンフェーンへレンタル移籍させることを発表した。 母国デンマークのリンビーの下部組織出身であるウーデゴーアは、U-16からU-20までデンマーク代表に選出されてきた経歴を持つセンターフォワード。2016年にトップチームプロデビューすると、2017年にインテルへ完全移籍。 しかし、インテルではトップチームで全く出場機会を得られず、昨年の夏にサッスオーロへ完全移籍。しかし、サッスオーロでも出場機会に恵まれず、今季はセリエAで1試合の出場にとどまっていた。 2019.06.23 00:09 Sun
twitterfacebook
thumb

MF小林祐希、トリニダード・トバゴ戦自己評価は「収穫なし」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は6日、9日にひとめぼれスタジアム宮城で行われるキリンチャレンジカップ2019のエルサルバドル代表戦に向け、トレーニングを再開した。 トレーニング終了後、昨日のトリニダード・トバゴ戦で途中出場したMF小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)がメディア陣への取材に応対。同試合でゴールに関与することを目標にしていたことを明かし、自身に「収穫はなし」と厳しい評価を下した。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/3XQoF2oLnCc" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> </div> ◆MF小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ) ──自身が出場していた時としていない時の3バックシステムへの評価 「前半はみんな初めての中、探りながらやっていて良いシーンを作れていたと思います。個人としては、点に絡むところを目標にしていたので。うーん…収穫はなしですね」 ──最後のところだけという感じだったが 「どれだけ良いゲームをしても点を取れなくては勝てないですし、内容が悪くても点が取れれば勝てます。貪欲に点を取りにいくということを常に続けていった方が良いかなと思います。ただ、チャンスはたくさん作れていたので、あとは気迫ですね」 ──エルサルバドル代表戦に向けて 「もし自分が出るということになったら、後ろの役割が増えるので、その中で前へ前への意識も忘れずにやっていきたいと思います」 ──3バックシステムは3試合、4試合と続けて行けば良くなりそうか 「でも、たくさん試合を一緒にやったから良くなるでは間に合いません。代表活動はそんなに何回もある訳ではないので。1分、1分、速いスピードですり合わせて、90分の中で仕留めていく作業をしなくてはいけません。すり合わせというよりも、同じイメージを持って、今日から試合までの日が大事になると思います」 2019.06.06 17:17 Thu
twitterfacebook
thumb

MF小林祐希「進化した姿を見せられたら」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は2日、5日に行われるトリニダード・トバゴ代表とのキリンチャレンジカップ2019に向けて、試合会場となる豊田スタジアムでトレーニングを実施した。 トレーニング終了後、MF小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)がメディア陣の取材に応対。今回のキリンチャレンジカップでは進化した姿を見せることを約束した。 ◆MF小林祐希 ──初対面の選手とは 「サッカー選手はパスを1本通せば、仲間なのでサッカーって良いなって思いました」 ──所属先が決まっていないが 「あまり所属先のことを気にせず、この2試合で自分ができることをやるということに照準を合わせてきてました。コンディションも良いし出場すれば、なにかできるかなと思います」 ──今回のテーマは 「『前へ前へ』といった心をもって、得点に絡めれれば良いですし、勢いを持って守備から攻撃ができればと思います。後ろの役割が増えるかもしれないですけど、前への意識を忘れないということを常に意識したいです」 ──前回の代表招集から変わったこと 「余裕ができました。初めて長い時間に出れたことで、やらなきゃいけないことも見つかったのでこの3カ月トレーニングを積んできました。進化した姿を見せられたらと思います」 2019.06.03 22:55 Mon
twitterfacebook
thumb

アヤックスが5シーズンぶり34度目のリーグ優勝で国内2冠を達成!《エールディビジ》

エールディビジ第33節の延期分の9試合が各地で行われた。 アヤックスがチャンピオンズリーグ(CL)準決勝に進出したことで延期となり、先週末に行われた最終節以降に行われることとなった第33節。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1ozn5say23ok11hnby1aqpcue6" async></script> </div> 現在首位に立つアヤックス(勝ち点83)は、アウェイでデ・フラーフスハップと対戦し、4-1で快勝した。大量失点での敗戦以外で優勝となるアヤックスは、37分にペナルティアーク手前でFKを獲得すると、ラッセ・シェーネが直接ゴール左へ突き刺した。 40分にエル・ジェブリのゴールで失点したアヤックスだったが、44分にドリブルでボックス左から侵入したジイェフの折り返しをタグリアフィコが流し込み、勝ち越しに成功した。 1点のリードで後半に入ったアヤックスは67分、F・デ・ヨングがボックス内でマツシワに倒されてPKを獲得。このPKをタディッチが確実に沈め、3点目。さらにアヤックスは、87分にも左サイドから持ち上がったタディッチがボックス左から豪快なシュートをゴールに突き刺し、試合を決定づける4点目を奪った。 結局、試合はそのまま4-1で終了。今季最終戦を勝利したアヤックスが、5シーズンぶり34度目のリーグ優勝を飾り、KNVBカップとの国内2冠を達成した。 日本代表MF堂安律とU-23日本代表DF板倉滉の所属するフローニンヘンは、アウェイでエメンと対戦し、0-1で敗戦した。堂安はフル出場、板倉はベンチ入りも出場機会はなかった。また、日本人MF小林祐希の所属するヘーレンフェーンは、アウェイでユトレヒトと対戦し、1-3で敗戦。小林は81分までプレーした。その他、日本人DF中山雄太の所属するズウォレは、アウェイでNACと対戦し、0-0の引き分けに終わった。中山はフル出場している。 2019.05.16 04:38 Thu
twitterfacebook
thumb

アヤックス、今夏元神童・ウーデゴールの完全移籍での獲得を視野に?

アヤックスがレアル・マドリーからフィテッセにレンタル移籍しているノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(20)を動向を注視しているようだ。オランダ『De Telegraaf』が伝えている。 かつて"神童"と呼ばれたウーデゴールは、2015年1月に16歳でマドリーと6年契約を締結。しかし、各国のスターが揃うトップチームでは出場機会が得られず、2017-18シーズンには日本代表MF小林祐希も所属するヘーレンフェーンへ武者修行へ。今シーズンは、フィテッセに期限付き移籍で加わり、公式戦ここまで33試合で8ゴール9アシストをマークしている。 かねてよりウーデゴールに興味を抱いていることが伝えられていたアヤックスだが、今夏の完全移籍での獲得を視野に入れているという。しかし、アヤックスのスポーツディレクターを務めるマルク・オーフェルマルス氏は、マドリーが設定しているとされる移籍金2000万ユーロ(約25億円)には難色を示しているようだ。 昨年11月には「僕の目標は明確だよ。レアル・マドリーでプレーすることさ。そのためならなんだってするよ」とマドリーでの活躍を夢見てきたウーデゴールだが、果たして今夏、アヤックスに完全移籍することになるのだろうか。 2019.04.25 09:15 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース