レスターがポルト所属のポルトガル代表DF獲得に興味か

2018.04.25 11:37 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レスター・シティが、ポルトに所属するポルトガル代表DFリカルド・ペレイラ(24)の獲得に興味を持っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。▽ヴィトーリアでプロキャリアをスタートしたリカルド・ペレイラは、2013年にポルト入り。2015年8月から2017年6月までニースに期限付き移籍で加入しており、ポルトに復帰した今シーズンはここまで公式戦41試合に出場して、2ゴール7アシストを記録している。

▽今回伝えられるところによると、右サイドバックを主戦場とするポルトガル代表DFに対して、レスターを率いるクロード・ピュエル監督が今夏の補強候補として関心を示しているとのこと。リカルド・ペレイラ自身もプレミアリーグへの挑戦に興味を持っており、移籍金には2200万ポンド(約33億4000万円)が必要になるとのことだ。


▽なお、同メディアは、リカルド・ペレイラに対して、アーセナルやトッテナム、エバートン、ユベントスも獲得に興味を示していることを伝えている。
関連ニュース
thumb

レスター、FA杯優勝に導きしティーレマンスと延長交渉へ! 成立ならクラブ屈指の高給取りに

レスター・シティがベルギー代表MFユーリ・ティーレマンス(24)との契約延長交渉を見込んでいるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 今季のプレミアリーグでチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを演じるなかで、先日にFAカップを制したレスター。クラブ史上初となるFAカップのタイトルに導いたのが豪快ミドルで決勝ゴールを記録したティーレマンスだ。 ベルギー代表としても活躍するティーレマンスはアンデルレヒトでプロキャリアをスタート後、モナコを経て、2019年1月にレスター入り。攻守両面で成長著しい万能型MFで、もはやフォクシーズの中盤に欠かせぬ存在だ。 そんなティーレマンスはまだ2年間の契約を残すが、レスターは今季後の延長交渉を視野。更新となれば、FWジェイミー・ヴァーディやGKカスパー・シュマイケルの重鎮に匹敵するクラブ屈指の高額な給与もゲットする模様だ。 なお、レスターはティーレマンスのほかに、主力センターバックであるDFチャグラル・ソユンクやサイドアタッカーとして活躍するMFハーヴィー・バーンズとも新契約を結ぶ可能性があるという。 2021.05.17 14:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ペナントを投げ捨てる…FAカップ優勝のレスターDFの問題行動にファンも非難「リスペクトを欠いている」

レスター・シティのガーナ代表DFダニエル・アマルテイがチームの優勝に水を差す行動をしてしまった。 レスターは15日、FAカップ決勝でチェルシーと対戦。均衡した展開の中、63分にMFユーリ・ティーレマンスの完璧なミドルシュートで先制すると、GKカスパー・シュマイケルの活躍もあり1-0で勝利。クラブ史上初となるFAカップ制覇を成し遂げた。 試合後、レスターの公式インスタグラムはタイトル獲得に喜ぶ選手たちの様子をライブで配信していたが、カメラに映し出されたアマルテイは気を大きくしてしまったのか、試合前にチェルシーと交換で受け取ったエンブレムのペナントを手にすると、そのまま後ろへと放り投げた。 撮影者もすぐさま画格からアマルテイを外したが、このシーンが切り取られた映像がSNSで拡散されると、「面白くない」「無礼だ」「リスペクトを欠いている」と否定的なコメントが相次いだ。 プレミアリーグでチャンピオンズリーグ出場権を争っている両者は、18日に行われる第37節で再戦。チェルシーはリベンジに燃えてくるが立ち向かえるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】アマルテイがチェルシーのペナントを思い切り投げ捨てる…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">The disrespect from Daniel Amartey <br><br>(via lawestt_/IG) <a href="https://t.co/yfuxkOmFri">pic.twitter.com/yfuxkOmFri</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1393663702616973315?ref_src=twsrc%5Etfw">May 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.17 06:30 Mon
twitterfacebook
thumb

元JリーガーのクラブOBが仕事を忘れレスターのスーパーゴールを無邪気に喜ぶ! 初優勝に感激「52年前にここに居た」

クラブ史上初のFAカップ優勝を達成したレスター・シティ。クラブOBもその喜びを爆発させていた。 レスターは15日、FAカップ決勝でチェルシーと対戦。今シーズンのプレミアリーグで上位にいる両チームの対戦。普段のリーグ戦を無観客で行なっている中、2万人のファンが聖地・ウェンブリーへと集まった。 互いに前線からプレスをかける中、集中した守備を見せて緊張感のある決勝となった。しかし、33分に万全ではない中で先発したジョニー・エバンスが負傷交代。レスターにアクシデントがあるも前半はゴールレスで終了した。 後半も均衡した展開の中、63分にパスカットから攻め立てたレスターがユーリ・ティーレマンスの完璧なミドルシュートで先制。その後はチェルシーが猛攻を仕掛けるも、GKカスパー・シュマイケルのスーパーセーブが光り得点を許さない。 それでも89分に古巣戦となったベン・チルウェルのクロスがオウンゴールを誘発。土壇場でチェルシーが追いついたと思われたが、VARの判定の結果、チルウェルがパスを受けた時点でのオフサイドが判明。結局、レスターが1点を守り切り、0-1で勝利。クラブ史上初となるFAカップ制覇を成し遂げた。 この試合では、元イングランド代表で名古屋グランパスでもプレーしたギャリー・リネカー氏も『BBC』の仕事でスタジアムで解説していた。 リネカー氏は、レスターで生まれ育ち、幼少期にレスターでサッカーをスタート。1984-85シーズンにはレスターで得点王も獲得するなど、幼少期から愛するクラブだ。 そのリネカー氏は、ティーレマンスの衝撃的なミドルシュートが決まった瞬間に歓喜爆発。仕事そっちのけで、子供のように無邪気にジャンプし、ゴールを喜んでいた。 イギリス『talksport』によると、リネカー氏は試合終了後「信じられないほど素晴らしいシーンだ」とコメント。「ここでこの光景を見ているレスターサポーターにとっては信じられないようなことだが、久しぶりの快挙だ」と語り、優勝を喜んだ。 「彼らが望んでいたことであり、もちろん数年前にタイトルを獲得しているけど、それはあり得ないような奇跡だった」 「しかし、これは長い間彼らが逃していたトロフィーであり、とても意味がある」 また、レスターはFAカップで5度目の決勝で初優勝。1968-69シーズンが最後の決勝だった。 リネカー氏は、自身の父は過去4度目の前で優勝を逃していると語り、自身も最後の決勝をスタジアムで見ていたとのこと。感極まる優勝だと語った。 「父は4つの決勝戦すべてに参加していた。彼がまだここに居たらいいのに…どこかで見ているといいんだが」 「私は52年前にここに居たが、全く同じスタジアムではなかった。その時は別の感情があり、ひどい運命に苦しむだろうと思っていたが、VARはレスターを救ってくれた」 <span class="paragraph-title">【動画】スーパーゴールに子供のように飛び跳ねて喜ぶリネカー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Gary Lineker celebrates that FA Cup final goal... unrestrained delight! <a href="https://t.co/lbNdvH71mV">pic.twitter.com/lbNdvH71mV</a></p>&mdash; David Leese (@DavidLeese) <a href="https://twitter.com/DavidLeese/status/1393651413792788480?ref_src=twsrc%5Etfw">May 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.16 18:30 Sun
twitterfacebook
thumb

FA杯初制覇のレスターの面々が喜び爆発!エンディディは「娘の誕生日に最高のプレゼントになったよ」

FAカップ初優勝を果たしたレスター・シティの面々から喜びの声が届いている。イギリス『レスター・マーキュリー』が伝えた。 15日、チェルシーとのFAカップ決勝に臨んだレスター。序盤から一進一退の攻防が続いた中、均衡を破ったのは63分のMFユーリ・ティーレマンスの一発だった。敵陣でボールを奪い、ボックス手前のベルギー代表MFが右足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール左上に突き刺さり、先制点を挙げた。 その後はGKカスパー・シュマイケルのビッグセーブや、VARによる相手ゴールの取り消しなど水際で失点を防いだレスターは、このスーパーゴールが決勝点となり、1-0で勝利。52年ぶりの決勝でクラブ史上初の優勝を果たした。 試合後にブレンダン・ロージャズ監督がウェンブリー・スタジアムに集まったファンへ「彼らが作ってくれたサウンドでエネルギーを感じ、それが我々の力となった」と感謝の気持ちと喜びを分かち合った中、興奮冷めやらぬまま、選手たちからも歓喜が届いた。 先発出場したFWケレチ・イヘアナチョはインスタグラムで「チャンピオン」のワードとともに自身のビデオを投稿。フル出場のDFヴェスレイ・フォファナは、ニール・ダイアモンドの『スウィート・キャロライン』を歌うチームメイトの動画を載せて喜びを表現した。 FWアヨセ・ペレスは「全てはフォクシーズのために!! 最高だ!!」とコメントし、FWジェイミー・ヴァーディは「FAカップ…ついに手に入れた!」と感情を爆発させた。 そして、中盤で見事な仕事を果たしたMウィルフレッド・エンディディは「娘の誕生日に最高のプレゼントになったよ。またファンに会えて嬉しかった。みんなありがとう」とメッセージを送っている。 2021.05.16 15:06 Sun
twitterfacebook
thumb

トゥヘル、初タイトル逸もすでに切り替え「3つの決勝戦が残っている」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、敗れたレスター・シティ戦を「運がなかった」と振り返った。イギリス『フットボール・ロンドン』が試合後のコメントを伝えている。 チェルシーは15日、FAカップ決勝戦でレスターと対戦した。序盤から一進一退の攻防が続くも両チームともに中々決定機が作れない中、均衡を破ったのはスーパーゴールだった。 63分、チェルシーは自陣内でDFリース・ジェームズの不用意な縦パスでボールを奪われると、ボックス手前からMFユーリ・ティーレマンスに強烈なミドルシュートを決められ、失点してしまう。 その後、途中出場で古巣戦となったDFベン・チルウェルのゴールがVARで取り消され、MFメイソン・マウントの決定的なシュートもレスター守護神カスパー・シュマイケルのビッグセーブに阻まれるなど、最後までゴールの遠かったチェルシーは0-1で敗戦。2年連続でファイナル敗退となってしまった。 チェルシー就任後の初タイトルを逃したトゥヘル監督は、失望は隠さずも内容には満足しているとコメント。敗戦の要因はほんの少しの運の欠如だったと悔やんだ。 「もちろん失望しているよ。だが怒りはない。我々の日ではなかったということだ。今日は単純に運がなかった。このレベルの試合に勝つには、多少の運も必要ということだ。常に勢いやちょっとしたディティール、決断力、レフェリー、そして時に今日のようなシュートも必要なのだ」 「我々は非常に上手く守り、アグレッシブにカウンタープレスを仕掛けた。相手にはカウンターのチャンスもハーフチャンスも与えなかった。内容には満足しているよ」 「だが、我々の意思決定は少し慌ただし過ぎた。直線的な攻撃が多かったように思う。我々は解決策を求め過ぎて、不必要なボールロストや不正確な判断をしてしまった。2対2や2対3の状況を作ってしまい、本来の力を発揮できなかったのだ」 「スペースは埋めていたのに、何もないところからゴールを決められてしまった。素晴らしいゴールだったが、ラッキーなゴールでもあった。それからマウントのビッグチャンスもあったが、シュマイケルに見事なセーブを見せられてしまったね。オフサイドになったゴールだってあと一歩だった。今日はツイてなかったね」 チェルシーは18日にプレミアリーグで再びレスターと相まみえ、その後の最終節のアストン・ビラ戦を終えると、ついにチャンピオンズリーグ決勝が待ち構えている。指揮官はすでに頭を切り替えているようだ。 「今は火曜日(18日)に向けて、バウンスバックすることや再びメンタルの強さを示すこと、信念を持つことが大切だ。トロフィーを逃したことは非常に残念だが、我々にはレスターとアストン・ビラとの2つの決勝戦が残っている。それからもう一つのファイナルもね。後悔している暇などないのだ」 2021.05.16 14:10 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly