乾貴士所属のエイバル指揮官がソシエダの新指揮官就任か?

2018.03.20 21:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エウセビオ・サクリスタン監督を解任したレアル・ソシエダだが、新指揮官の候補が絞られているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

▽ソシエダは18日、エウセビオ監督を解任。新監督にBチームを率いていたイマノル・アルグアシル氏(46)を任命した。イマノル氏はシーズン終了までの指揮を予定しており、新シーズンは新監督を招へいする見込みとのこと。そこで候補に挙がっているのが、日本代表MF乾貴士が所属するエイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督(57)とのことだ。

▽メンディリバル監督は、アスレティック・ビルバオやバジャドリー、オサスナ、レバンテなどを率い、2015年7月に2度目となるエイバルの指揮官に就任していた。しかし、今シーズン限りでエイバルとの契約が満了を迎えることとなる。

▽インターナショナルマッチウィークに入り、リーグ戦が中断している中、メンディリバル監督はクラブと今後について話し合うとのこと。契約延長に動くのかどうかがハッキリするとともに、ベティスへの移籍が噂される乾の去就にも影響を与える可能性があるだろう。


関連ニュース
thumb

「いい顔してる」久保建英が出待ちのサポーターにウインク&ガッツポーズ! 信頼関係が話題「距離感が優しい」

日本代表MF久保建英はレアル・ソシエダのサポーターとも良い関係を築いているようだ。 6日、ヨーロッパリーグ(EL)グループE第3節でソシエダはアウェイでシェリフと対戦した。 マンチェスター・ユナイテッド、オモニア・ニコシアと連勝スタートを切ったソシエダ。アウェイゲームでは主導権を握りつつも苦しい展開となったが、我慢して戦い後半に2ゴールを記録。0-2で勝利し、3連勝スタートとなった。 久保もこの試合に先発フル出場。チームの勝利に貢献したが、クラブ公式ツイッターが久保の意外な瞬間を共有した。 クラブは、シェリフ戦に臨む前のホテルを出たところの久保の様子を投稿。出待ちをしていた男性ファン2人がいた中、1人の男性が「がんばれよ」というメッセージと思われるガッツポーズをしていた。 すると、ホテルから出てきた久保は、ウインクをしながらガッツポーズを返しており、その瞬間をカメラが捉えていた。 言葉を交わさずとも、ファンとのやり取りには信頼しあっている様子が感じ取れ、非常に良い関係を築いているようだ。 これにはファンも「いい顔してる」、「ウィンクしてるの可愛すぎる」、「ファンの距離感が優しい」とコメント。2人の間の見えない繋がりは、見る者に伝わるようだ。 シェリフ戦ではゴールやアシストは記録できなかったが、しっかりと貢献。週末のビジャレアル戦にも期待がかかる。 <span class="paragraph-title">【写真】シェリフ戦を前に久保建英がサポーターにウインク&ガッツポーズ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr">(@RealSociedad_JP) <a href="https://twitter.com/RealSociedad_JP/status/1578043003196907520?ref_src=twsrc%5Etfw">October 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.07 11:27 Fri
twitterfacebook
thumb

「簡単な試合はない」苦戦も3連勝スタートのソシエダ、指揮官は「我慢が必要だと分かっていた」と時れなかった選手を評価

レアル・ソシエダのイマノル・アルグアシル監督が、シェリフ・ティラスポリ戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 6日、ヨーロッパリーグ(EL)グループE第3節でソシエダはアウェイでシェリフと対戦した。 マンチェスター・ユナイテッド、オモニア・ニコシアと連勝スタートを切ったソシエダ。アウェイゲームでは主導権を握りつつも、苦しい展開となった。 前半はゴールレスで折り返したものの、53分にダビド・シルバが先制点を奪うと、62分にはアリツ・エルストンドが追加点。そのまま得点を許さず、0-2で勝利し、見事に3連勝を飾った。 試合後、アルグアシル監督は難しい試合になると予想していたと語り、相手を称えつつ、我慢して戦えたと振り返った。 「難しい試合になることは分かっていた。簡単な試合はない。彼らは我々に対してほとんどチャンスを作らなかった」 「相手は守備で素晴らしい仕事をしており、マンマークを備え、フィジカルも強かった」 「我々は我慢が必要だと分かっていた。前半は3度の明確なチャンスがあったが、2つのゴールを決めたのはいずれも後半だった」 これで公式戦は4連勝。週末にはリーグ戦でビジャレアルと対戦する。アルグアシル監督は、ビジャレアル戦に向けて気持ちを新たにした。 「今日のステップは勝つことであり、次は次の試合に勝つことだ。今はリーグ戦でのビジャレアル戦に備える時だ」 <span class="paragraph-title">【写真】シェリフ戦を前に久保建英がサポーターにガッツポーズ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr">(@RealSociedad_JP) <a href="https://twitter.com/RealSociedad_JP/status/1578043003196907520?ref_src=twsrc%5Etfw">October 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.07 11:12 Fri
twitterfacebook
thumb

【EL第3節まとめ】日本人所属3クラブを含む4クラブが3連勝! ローマ勢は苦難の一節に

ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第3節が6日に欧州各地で行われた。 前半戦ラストとなる第3節ではフライブルク、レアル・ソシエダ、レアル・ベティス、ユニオン・サン=ジロワーズと日本人選手所属3クラブを含む4クラブが3連勝を達成した。 その中でグループCのベティスは、難攻不落のオリンピコで優勝候補にも挙がるローマに会心の2-1の逆転勝利を収めた。また、今大会初出場のサン=ジロワーズはDF町田浩樹が引き続き負傷欠場となったが、今大会で経験豊富なブラガを相手に敵地で劇的な2-1の逆転勝利を飾っている。 その他の強豪チームではアーセナルとマンチェスター・ユナイテッドが試合内容には大きな差があったものの、いずれも格下相手に勝ち切って2勝目を手にしている。 一方、前節の1-5の大敗からのバウンスバックを図ったラツィオは、後半終盤に退場者を出した格下のシュトゥルム・グラーツ相手に攻撃面で精彩を欠いて消化不良のゴールレスドローに。この結果、ローマと同様にグループ3位に甘んじている。 7選手が参戦している日本人選手では、DF冨安健洋とMF久保建英、MF堂安律が先発出場。FW南野拓実、MF原口元気が途中出場となった。 ◆グループA チューリヒ(スイス) 1-5 PSV(オランダ) アーセナル(イングランド) 3-0 ボデ/グリムト(ノルウェー) ◆グループB フェネルバフチェ(トルコ) 2-0 AEKラルナカ(キプロス) スタッド・レンヌ(フランス) 2-1 ディナモ・キーウ(ウクライナ) ◆グループC ヘルシンキ(フィンランド) 1-1 ルドゴレツ(ブルガリア) ローマ(イタリア) 1-2 レアル・ベティス(スペイン) ◆グループD マルメ(スウェーデン) 0-1 ウニオン・ベルリン(ドイツ) ブラガ(ポルトガル) 1-2 ユニオン・サン=ジロワーズ(ベルギー) ◆グループE オモニア(キプロス) 2-3 マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) シェリフ(モルドバ) 0-2 レアル・ソシエダ(スペイン) ◆グループF ミッティラン(デンマーク) 2-2 フェイエノールト(オランダ) シュトゥルム・グラーツ(オーストリア) 0-0 ラツィオ(イタリア) ◆グループG フライブルク(ドイツ) 2-0 ナント(フランス) オリンピアコス(ギリシャ) 0-3 カラバフ(アゼルバイジャン) ◆グループH モナコ(フランス) 3-1 トラブゾンスポル(トルコ) ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア) 4-1 フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー) 2022.10.07 06:39 Fri
twitterfacebook
thumb

堂安先発のフライブルクが3連勝!原口途中出場のウニオン・ベルリンが初勝利を飾る【EL日本人選手】

ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第3節が6日に欧州各地で行われた。 今シーズンのグループステージには、アーセナルのDF冨安健洋、ソシエダのMF久保建英、フライブルクのMF堂安律、モナコのFW南野拓実、ウニオン・ベルリンのMF原口元気、ユニオン・サン=ジロワーズのDF町田浩樹、ヘルシンキのMF田中亜土夢ら7人の日本人選手がプレーする。 今回の第3節では、久保、冨安、堂安が先発、南野、原口が途中出場した。 2連勝でグループGで首位に立つフライブルクは、ホームでナントと対戦し2-0で勝利した。堂安が右MFで先発出場し、83分までプレーしている。 フライブルクはゴールレスで迎えた後半開始早々にスコアを動かす。48分、チェレのパスでボックス右に駆け上がった堂安が対応したチリベジャからボールを奪い中央に折り返すと、ボックス中央のチェレがゴール左隅へシュートを流し込んだ。 先制したフライブルクは、72分にも自陣でのロングスローからカウンターを仕掛けると、ギュンターのパスをボックス手前で受けたグリフォがボックス左まで侵入しシュート。これがゴール右隅に吸い込まれた。 83分にグリフォ、チェレ、堂安を下げたフライブルクが、危なげなく時計を進めて2-0のまま試合をクローズ。フライブルクが3連勝でグループG首位をキープしている。 ★冨安健洋[アーセナル] ▽10/6 アーセナル 3-0 ボデ/グリムト ◆フル出場 ★久保建英[ソシエダ] ▽10/6 シェリフ 0-2 ソシエダ ◆フル出場 ★堂安律[フライブルク] ▽10/6 フライブルク 2-0 ナント ◆83分までプレー ★南野拓実[モナコ] ▽10/6 モナコ 3-1 トラブゾンスポル ◆73分からプレー ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽10/6 マルメ 0-1 ウニオン・ベルリン ◆84分からプレー ★町田浩樹[サン=ジロワーズ] ▽10/6 ブラガ 1-2 サン=ジロワーズ ◆ベンチ入りせず ★田中亜土夢[ヘルシンキ] ▽10/6 ヘルシンキ 1-1 ルドゴレツ ◆ベンチ入りも出場せず 2022.10.07 06:05 Fri
twitterfacebook
thumb

久保フル出場のソシエダ、10人のシェリフを下して3連勝!《EL》

久保建英の所属するレアル・ソシエダは6日、ヨーロッパリーグ(EL)グループE第3節でシェリフとアウェイで対戦し2-0で勝利した。久保はフル出場している。 EL2連勝で首位に立つソシエダは、直近のジローナ戦でも5-3と快勝。公式戦3連勝と好調を維持するソシエダは、その試合からスタメンを3人変更。スビメンディやムニョス、ゴロサベルに代えてゲバラ、ソラ、ディエゴ・リコを起用。久保は2トップの一角で先発出場している。 元横浜FCのFWフェリペ・ヴィゼウが先発したシェリフに対し、ボールを握る展開で立ち上がったソシエダは18分、ペナルティアーク右手前で獲得したFKからシルバが直接ゴールを狙ったが、これはわずかに右に外れた。 その後も70%近いボール保持率を記録するソシエダだが、中央を締められてなかなか前線の選手が良い形で攻撃を仕掛けられず。33分には、右サイドから仕掛けた久保の折り返しを中央のブライス・メンデスが右足で合わせたが、これもゴール右に外れた。 ゴールレスで迎えた後半は、ソシエダが早い時間にスコアが動く。53分、シルバのパスをボックス左で受けたセルロートがマイナスに落とすと、ボックス中央左でフリーのシルバが左足一閃。強烈なシュートはゴール左上に突き刺さった。 さらに61分、ソシエダに追い風。敵陣右サイドをドリブルで仕掛けたソラがキャブの後方からのタックルで倒されると、キャブに2枚目のイエローカードが提示され数的優位に。これで獲得したFKからブライス・メンデスが右クロスを供給すると、ゴールエリア右に走りこんだエルストンドが頭で流し込み、追加点を奪った。 数的優位のソシエダは、74分にも右サイドからカットインしたブライス・メンデスのラストパスに反応したメリーノが決定機を迎えたが、飛び出したGKの上をチップキックで狙ったシュートは枠の上に外れた。 その後、連戦に向けてブライス・メンデスや、メリーノ、セルロートら主力を下げたソシエダは、終始危なげない戦いを続け、2-0で勝利。EL3連勝で首位をキープしている。 2022.10.07 03:46 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly