10人のローマが苦しみながらも2018年初白星となる7戦ぶりの勝利! ジェンギズ圧巻の電光石火セリエA初弾で逃げ切る!《セリエA》2018.02.04 22:32 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第23節、ヴェローナvsローマが4日にスタディオ・マルカントニオ・ベンテゴーディで行われ、アウェイのローマが1-0で勝利した。▽前節、ホームでサンプドリアに敗れて泥沼のリーグ戦6試合未勝利となった5位のローマだが、今冬の移籍市場最終盤にはエメルソン・パルミエリとホナタン・シルバの左サイドバックの入れ替え移籍こそあったものの懸念事項だったエースFWゼコの残留が決定。ここから仕切り直しを図るチームは19位のヴェローナとのアウェイゲームに臨んだ。サンプドリア戦からはファン・ジェズスに代えてファシオを復帰させた以外、同じメンバーが揃った。

▽試合は開始40秒過ぎにローマがいきなり試合を動かす。ボックス手前右でペッレグリーニの競ったボールを拾ったジェンギズが巧みなステップワークから内に切り込んで左足を一閃。鋭いシュートがゴール右隅に突き刺さり、“トルコのディバラ”と評されるレフティーの鮮烈なセリエA初ゴールが決まった。

▽ジェンギズの電光石火弾でリードを手にしたローマは、ナインゴランをトップ下に配した[4-2-3-1]の新布陣で前からアグレッシブにプレスをかける能動的なスタイルでリズムを掴む。

▽この流れの中でゼコがうまく起点を作りながら、ナインゴランやコラロフ、ストロートマンが積極的にフィニッシュに顔を出すが、粘るヴェローナの守備を前になかなか追加点が奪えない。逆に31分には相手のカウンターからマトスに鋭いミドルシュートを浴びるが、これは枠の左に外れた。その後、前半終盤の37分と38分にはエル・シャーラウィとゼコのコンビで続けてゴールに迫るが、相手GKの好守などに遭い1-0のスコアで前半を終えた。

▽後半も立ち上がりからボックス内のゼコが反転シュートでゴールに迫るなど、まずまずの入りを見せたローマ。しかし、51分には相手のカウンターの場面でマトスに対して後方からスライディングタックルを見舞ったペッレグリーニにレッドカードが掲示され、一発退場に。1点のリードがあるものの残り40分を10人で戦うことになった。

▽それでも、ナインゴランやゼコを起点にボールをキープしながら押し込む展開を継続するローマは危なげない試合運びを見せる。時折、与える相手のカウンターチャンスもきっちり攻撃を遅らせて可能性のないミドルシュートやクロスで相手の攻撃を終わらせる。

▽その後、疲れの見えたジェンギズ、エル・シャーラウィの両翼を下げてジェルソン、ペロッティと交代カードを切る中、73分には絶好の決定機が訪れる。ボックス手前で不用意な相手GKニコラスのパスをカットしたゼコがすかさず左足のシュート。しかし、このシュートはややコースが甘くニコラスのセーブに遭う。

▽その後、相手の猛攻を凌ぎながら試合終盤にはコラロフとストロートマンのロングカウンターで絶好機を演出するも、試合はこのままタイムアップ。後半序盤の退場で10人の戦いを強いられながらも粘り強い戦いで逃げ切ったローマが待望の2018年公式戦初白星と共にリーグ7戦ぶりの勝利を手にした。
コメント
関連ニュース
thumb

ローマと決別のトッティが復帰の可能性について言及 「新しいオーナーが必要としてくれれば…」

ローマのディレクター職を務める元イタリア代表FWのフランチェスコ・トッティ氏(42)が17日、在籍30年間を過ごしたローマ退団を公式会見の場で明かした。 今回の公式会見の場でディレクター職としての権限を一切与えられなかったことを公言し、それが退団の理由のひとつだと語ったトッティ氏だが、ジェームズ・パロッタ会長、その個人アドバイザーを務めるフランコ・バルディーニ氏との確執に関しても言及している。 「個人的に会長は常にクラブハウスや試合会場を訪れる必要があると思っている。それはクラブを束ねるといううえで必要なことなんだ。多くの職場においても同じことだが、上司がいないときに部下はそれぞれ別のことをやり始めるものだ」 「監督が練習を見ているときはみんなが懸命にトレーニングをするが、それがアシスタントコーチの場合は緩くなったりというようにね」 「(ローマ復帰の可能性について)仮に、私がここに戻ってくるとすれば、新しいオーナーの存在が必要になると思う。そして、その新しいオーナーが私を信じてくれれば、素晴らしいことだね」 「正直なところ、パロッタ会長やバルディーニに対して何も感情はないよ。彼らは彼らの選択をしただけだ。そして、私はそれを尊重する。ただ、バルディーニがクラブを去ったとしても、私が戻ることはないはずだ。一度壊れてしまった花瓶を完璧に同じ形に復元することはできないのだからね」 パロッタ会長を非難した一方、トッティはグイド・フィエンガCEO(最高経営責任者)と、恩師クラウディオ・ラニエリ監督への感謝を口にしている。 「フィエンガには感謝の言葉を送りたい。彼はクラブ幹部を前にして唯一、自分のことを新たなテクニカル・ディレクターに推薦してくれた人なんだ」 「ラニエリにも感謝している。彼はローマのために無償で働いてくれた。彼は本物の男だ。彼とはお金の話は一切しなかったし、オファーの話をすると、“明日、トリゴリアで会おう”と即答してくれた」 「ローマのファンはラニエリに感謝すべきだよ。ただ、ダニエレ(・デ・ロッシ)のラストゲームの際にファンたちがラニエリに対して感謝を伝えてくれたことが何よりも誇り高いよ」 2019.06.17 23:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマ退団のトッティ、盟友デ・ロッシについて言及 「私の二の舞にしたくなかった」

ローマのディレクター職を務める元イタリア代表FWのフランチェスコ・トッティ氏(42)が17日、在籍30年間を過ごしたローマ退団を公式会見の場で明かした。 今回の公式会見の場で愛する後輩で盟友の元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシに関する質問を受けたトッティ氏は、自身が同選手の去就に関する決定に関わっていなかったことを明かした。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=aiibae7zjfum1l3vkld2h2ft5" async></script> </div> 「私がデ・ロッシの(契約非更新)決定に関わることは一度もなかった。昨年9月に何人かの取締役と話し合ったことは確かだ。そのときにこれが彼にとってラストシーズンになるのならば、すぐに伝えるべきだと助言していた。私の引退のときのような形にすべきではないとね」 「彼はローマのカピターノだ。リスペクトされるべきなんだ。私はそのことを周りに伝えた。彼はケガを負っていたし、その状態を含めて多くのことを評価しなければならなかったことは理解できるし、チームとして結果も出ていなかった。さらに、ディ・フランチェスコとモンチの退団が状況をより複雑なものにした」 「トリゴリアが抱える問題は彼らが適切な時期にきっちりと決断を下すことなんだ。多くの人たちが決断を下すことを恐れている。だから、決定権は10人ではなく1人の人間が持つべきだ」 「私はあの時期にクラブの幹部としてではなく、1人の友人としてダニエレと話していた。彼に対しては今後を見通すことが大事だと伝えていた。ローマの幹部としてハッキリとしたことを言えなかったし、友人としてできることは今後に問題が生じる可能性があることを助言することだけだった」 「しかし、結局、ダニエレに関して私と同じような問題が起きてしまった。個人的な見解としては、彼らはローマからローマ人を排除することを望んでいると感じている」 また、トッティ氏は自身と同じく退団が決定したデ・ロッシと共に来シーズンのローマの試合を、1人のロマニスタとしてクルヴァ・スッド(ホームゴール裏)で観戦したい考えであることを明かしている。 「個人的に来シーズン、いくつかの試合を観戦しに行くことになると思う。私はロマニスタだからね」 「彼が他の(セリエA所属)クラブでプレーしない限り、ダニエレ・デ・ロッシと一緒にクルヴァ・スッドで観戦することもできるかもしれない。ただ、その場合はカツラ(変装)が必要になるね。でなければ、落ち着いて試合を見ることができなくなりそうだからね」 2019.06.17 23:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマ在籍30年のトッティが退団発表 「痛みを伴う決断」

ローマのディレクター職を務める元イタリア代表FWのフランチェスコ・トッティ氏(42)が17日、在籍30年間を過ごしたローマ退団を公式会見の場で明かした。 トッティ氏はこれまで自身のすべてを捧げてきた故郷のクラブを退団するに至った経緯を包み隠さずに説明。ディレクター職としての権限を全く与えられていなかったことがクラブを離れる決断に大きな影響を及ぼしたと語っている。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=aiibae7zjfum1l3vkld2h2ft5" async></script> </div> 「この日が訪れないことを願っていた。だが、ついに来てしまった。それは酷く耐えがたいものだ。様々な状況を考慮したうえで、正しい決断を下したと思っている。ローマのテクニカル部門で活動する機会は一切なかった」 「数カ月の間、悩んだ末にこの結論に至った。このクラブは愛され、支えられるべきクラブなんだ。そこにパロッタ派もバルディーニ派もトッティ派も存在しないし、このクラブはローマファンのものなんだ」 「これまでも私はローマを最優先に考えてきたし、このクラブを世界で最高のクラブにしたいと思っていただけに、痛みを伴う決断だ」 「ローマは私にとって第2のホーム、いや、それよりも重要なものだったかもしれない。家族と過ごすよりも多くの時間をトリゴリアで過ごしていたのだからね」 「(現役引退後の職務について)1年目は自分自身を表現できる可能性があったが、2年目は違った。クラブは私の意向は知りながらも、彼らは私の意見を望まず、あらゆる決定事項から私を排除していた」 「私はこれからも変わらずにローマをサポートしていくし、これでサヨナラではないよ。ローマなくしてトッティを語ることは不可能なことだからね。ただ、1人のロマニスタとしてこの状況は歯がゆい気持ちでもあるよ」 「私はこれから別の道を歩むことになるが、他のクラブのオーナーたちが自分のことを信頼してくれるならば、私自身の準備はできているよ」 1989年にローマの下部組織に加入して以降、ジャッロロッソのユニフォームに身を纏い、28年間でいずれもクラブ歴代最多の公式戦786試合に出場し、307ゴールを挙げたトッティ。ローマでは2000-01シーズンのスクデットと、2度のコッパ・イタリアのタイトルを獲得した。 個人としては5度のイタリア最優秀選手賞に加え、2度のセリエA最優秀選手賞に輝き、2006-07シーズンにはセリエA得点王と同年のゴールデンブーツ(欧州最多ゴール賞)を獲得。また、セリエA通算250ゴールは歴代2位の記録だ。 また、現役引退直後の2017年7月からはTD職に就任し、今年3月に退団したモンチSD(スポーツ・ディレクター)の補佐役などを務めてきた。 2019.06.17 22:41 Mon
twitterfacebook
thumb

マノラス、ナポリ移籍か…個人合意報道

ローマに所属するギリシャ代表DFコスタス・マノラス(28)がナポリ移籍に迫っているという。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 2014年夏にオリンピアコスから加わり、今夏移籍の憶測が浮上するマノラス。プレミアリーグ勢のほか、ミランやユベントスの関心が取り沙汰されてきたが、退団濃厚な元スペイン代表DFラウール・アルビオルの後釜を探すナポリとすでに個人合意に達した模様だ。 そうなれば、あとはローマとのクラブ間合意を残すのみだが、ナポリとの間に溝が…。獲得希望クラブに契約解除金3600万ユーロ(約43億7000万円)を要求しているローマに対して、ナポリは選手譲渡を含めたオファーで費用削減を狙っているとのことだ。 だが、ナポリが譲渡する選手に関しても、両者の主張が異なっている様子。ギニア代表MFアマドゥ・ディアワラ(21)の譲渡案を提示しているナポリだが、ローマはベルギー代表FWドリエス・メルテンス(32)を求めているようだ。 2019.06.16 12:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマの新星ザニオーロにユベントスが興味?

ローマ期待の新星、イタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(19)にユベントスが興味を持っているとイタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 ザニオーロはインテルユース出身の19歳。 トップチームでは出場を機会に恵まれなかったものの、その能力を評価していたローマに移籍した今シーズンはレギュラーに定着。リーグ戦では27試合で4ゴールという成績を残し、チャンピオンズリーグ(CL)の大舞台でもラウンド16のポルト戦で2ゴールを挙げるなど大ブレイクを果たした。 そのザニオーロに興味を持っていると報じられたのがリーグ8連覇中のユベントス。 ザニオーロの獲得には、昨シーズンリバプールへ移籍したGKアリソン・ベッカーの時と同じく7000万ユーロ(約90億円)という移籍金が必要になるとみられ、その程度の金額を提示できればローマも移籍を認めるのではないかと伝えられている。 ユベントスもまだ調査をしている段階ではあるとの事だが、ローマならずイタリアサッカー界の新星の今後の動向が注目される。 2019.06.15 14:04 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース