福岡がFW石津大介と契約更新…復帰シーズンはJ2で8得点

2018.01.05 22:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アビスパ福岡は5日、FW石津大介(27)との契約更新を発表した。

▽石津は、福岡大学から2012年に入団。2014年からはヴィッセル神戸へと期限付き移籍していたが、2017シーズンから復帰していた。

▽2017シーズンは明治安田生命J2リーグで36試合に出場し8得点を記録、天皇杯で2試合に出場し2得点を記録していた。


関連ニュース
thumb

福岡が“キング”こと城後寿と契約更新、クラブ一筋で19年目のシーズンへ

アビスパ福岡は29日、FW城後寿(36)との契約更新を発表した。 城後は福岡県出身で、国見高校から2005年に福岡に入団。他クラブへの移籍話も数多くあった中、高卒から福岡一筋でプレーを続けている。 2022シーズンは明治安田生命J2リーグで6試合、YBCルヴァンカップで6試合1得点、天皇杯で4試合1得点を記録。プロ2年目からの公式戦連続ゴールが続いている。 福岡は熾烈な残留争いを抜け出し、来シーズンもJ1に所属することが決まっている。 2022.11.29 13:31 Tue
twitterfacebook
thumb

福岡がFC東京のMF紺野和也を完全移籍で獲得、今季30試合出場「感動と勝ちにこだわってプレーします!」

アビスパ福岡は28日、FC東京のMF紺野和也(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 紺野は法政大学出身で、2019年に特別指定選手となると、2020年にFC東京に入団した。 大学時代は切れ味鋭いドリブルが話題を呼んだ中、プロ入り後の2年間は出番を多く得られず。それでも、アルベル監督の下で、今シーズンはJ1で30試合に出場し2得点、YBCルヴァンカップで3得点、天皇杯で2得点を記録していた。 紺野は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アビスパ福岡 「FC東京から加入することになりました紺野和也です。自分の特徴を出してチームに貢献し、チームスローガンである感動と勝ちにこだわってプレーします!応援よろしくお願いします」 ◆FC東京 「FC東京に関わるすべてのみなさま、3年間ありがとうございました。この3年間いろいろなことをこのクラブで経験することができました。長い時間考え、選手としてより成長するためにこの決断をしました」 「どんな時も変わらず応援してくださったファン・サポーターのみなさんには本当に感謝しています。プロになって初めてのクラブがFC東京で良かったです。ありがとうございました!」 2022.11.28 10:18 Mon
twitterfacebook
thumb

福岡、移籍1年目の平塚悠知と契約更新

アビスパ福岡は26日、MF平塚悠知(26)との契約更新を発表した。 平塚は札幌大学、水戸ホーリーホックを経て、今季途中から福岡でプレー。自身初の明治安田生命J1リーグで4試合1得点を記録するなど、公式戦6試合でプレーした。 2022.11.26 17:25 Sat
twitterfacebook
thumb

福岡が井上聖也&田邉草民と契約更新!

アビスパ福岡は26日、DF井上聖也(23)とMF田邉草民(32)の契約更新を発表した。 井上は甲南大学から今季入団のルーキー。明治安田生命J1リーグでこそ出番なしだったが、ルヴァンカップと天皇杯でトータル8試合に出場した。 一方、田邉は2019年にFC東京から加入。J1リーグで22試合に出場するなど、公式戦34試合でプレーした。 2022.11.26 16:20 Sat
twitterfacebook
thumb

福岡がJ3王者いわきからGK坂田大樹を獲得! J1初挑戦に

アビスパ福岡は26日、いわきFCからGK坂田大樹(28)の完全移籍加入を発表した。 坂田は流通経済大学付属柏高校、流通経済大学を経て、2017年からいわきでプレー。チームとして参入初年度の明治安田生命J3リーグで7月から出番を増やしていき、20試合の出場で優勝&J2昇格に貢献した。 福岡の選手としてJ1初挑戦の坂田。福岡を通じて「アビスパ福岡でプレーさせて頂ける機会を下さり感謝いたします。チームに貢献出来るよう邁進して参ります。よろしくお願いいたします」とコメントした。 一方、いわきの公式サイトを通じては「このたび、アビスパ福岡に移籍することになりました」と移籍を報告しつつ、感謝の言葉を綴った。 「6年前、未熟だった自分を受け入れて下さり、素晴らしい環境の中でサッカーをさせて頂きありがとうございました。社会人リーグから始まったいわきFCで、チーム関係者、ファン、サポーターの方々と共にJリーグの舞台に立ち、優勝できたことは自分のサッカー人生においてかけがえのない思い出です」 「コロナ禍で様々な制限があり、もどかしさを感じることもありました。しかし、再び皆さんの熱い声援をピッチで感じられ、胸が熱くなりました。選手にとってサポーターの方々の応援は唯一無二のエネルギーの源です」 「自分も何度もその応援に救われ、頑張ることが出来ました。本当に感謝しています。ここでの経験を糧に、より一層成長した姿を見せれられるよう、日々精進していきたいと思います。6年間本当にありがとうございました」 2022.11.26 11:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly