鹿児島、昨年現役復帰のDF吉井孝輔が両ヒザの負傷により全治約3カ月と発表

2017.11.15 21:56 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
▽鹿児島ユナイテッドFCは15日、DF吉井孝輔が右ヒザ内側側副靭帯Ⅱ度損傷及び左ヒザ内側側副靭帯Ⅰ度損傷により離脱することを発表した。全治は約3カ月だと伝えられている。

▽吉井は、明治安田生命J3リーグ第30節のグルージャ盛岡戦で負傷。鹿児島県内の病院でMRI検査を受けた結果、今回の離脱が判明した。

▽吉井は、2008年にロアッソ熊本に加入し、2013年にはキャプテンに就任したものの、度重なる負傷の影響もって2014シーズン限りで現役を引退。2015年からは熊本ユースでコーチを務めていたが、昨年1月に現役復帰し、鹿児島でプレーしていた。

▽復帰初年度は試合に出場することが叶わなかったものの、今シーズンの吉井はリーグ戦17試合に出場し1得点を記録していた。
コメント
関連ニュース
thumb

JリーグがJ1再開に先駆けてJリーグリモートカンファレンスを開催! チェアマンと日本プロサッカー選手会会長が決意新たに

Jリーグが4日の明治安田生命J1リーグ再開に先駆け、トークイベント『Jリーグリモートカンファレンス』を開催した。 スポーツチャンネル『DAZN(ダゾーン)』の独占ライブ配信で行われた『Jリーグリモートカンファレンス』は2部構成で放送。MCの西岡明彦氏とJリーグ副理事長でコメンテーターの原博実氏が主導となり、進行された。 第1部は「再開するJ1リーグの見どころ紹介」や「27日、28日に行われたリモートマッチのレビュー」、そして「ゲストトーク」の構成で進められ、ゲストとして日本代表の森保一監督が登場した。 第2部は「J1リーグ第2節の対戦カード紹介」や「対戦カードごとの参加選手インタビュー」を実施。J1リーグ全18チームの代表選手たちが対戦カードごとに出演して、再開初戦の意気込みを語った。 会の終盤にはJリーグチェアマンを務める村井満氏と日本プロサッカー選手会会長でサガン鳥栖の元日本代表MF高橋秀人が登場。それぞれの立場からついに迎える再開に向けて想いを口にした。 ◆高橋秀人 「先週、J2とJ3が再開して、今週からようやくJ1が再開する。中断された約4カ月間、選手たちは本当に色んなことを感じた。中断当初、長いトンネルのように『どうモチベーションを保ったら良いのか』、『どうコンディションを保てば良いのか』、また新型コロナウイルスの感染者が多くなっていくなかで『サッカーなんてやっている場合なのか』、『でもサッカー選手だから、サッカーをしなかったら何が残るのか、どうやって社会に貢献できるのか』をたくさんのことを感じた。また、『大事なサポーターやファンがサッカーから離れていくんじゃないか』という危惧する想いもあった」 「そのなかで、選手のひとりひとりが感じて、主にSNSでの発信でサポーターのみなさんと交流をさせていただき、やはりサッカー選手としてファンやサポーターの前で『サッカーがやりたい』という想いがより一層強まったと思う。最初はリモートマッチで互いに慣れない部分もあるが、互いの安全を考慮しての再開になる。僕ら選手たちも引き続き感染予防に努めて、ファンやサポーターも引き続き感染予防に努めて、段階的にファンやサポーターがスタジアムに足を運んでいただき、素晴らしい臨場感、素晴らしい一体感を作り出せるように徐々にそういった進行のなかで、僕らもプレーさせていただきたい」 「またこうやってサッカーができるような環境を整備してくれたJリーグ関係者方々にも本当に感謝したい。選手会としても色々な選手側の不安だったりを聞いていただいて、色々なガイドライン、プロトコルを作成していただいた。そういう感謝の気持ちを持って、観ている方々に勇気と感動を与えられるような試合がしたい。新型コロナウイルスの影響で試合がなく、おそらくモヤモヤした気持ちがあったと思うが、そういうものを発散できるように、清々しい気持ちになっていただけるようなプレーを期待していてほしい。J1も再開します。みなさん、よろしくお願い致します」 ◆村井満 「4カ月ぶりの再開になる。ファンやサポーターのみなさんはどれほど痺れを切らしたでしょう。本当に長きにわたり、我慢を強いられせてしまった。本当にここまで堪えていただきありがとうございました。サッカーのファンやサポーターである前にホームタウンの市民でいらっしゃるわけで、仕事をされている方は大変だったと思うし、学生の方も色々なことがあったと思う。みなさんが感染防止に努めていただいたおかげで、ここでサッカーがもう一度、戻ってくることになった。ひとえにみなさまのお力添えだと思う。本当にありがとうございます」 「そして、Jリーグパートナーのみなさんにも感謝したい。明治安田生命Jリーグであるが、我々が未曾有の状況下でどうエンゲージしていけるか、どう一緒に戦っていくかを思い悩んでいるとき、明治安田生命様がとても大きな増額の特別協賛を決めていただいた。そして、トップパートナーの各社の皆様も常に私を励ましてくれた。そうしたトップパートナーの各社の皆様にも感謝を申し上げたい」 「まずはリーグ戦からの再開となるが、間もなくてルヴァンカップも始まる。ヤマザキビスケット様、社長とも夜な夜な『世界に誇れるカップ戦を作ろう』と夢を語り合った。中継はリーグ配信のDAZN、カップ戦配信のフジテレビにしていただく。全てのみなさまのおかげでここまでくることができた。全ての関係者を代表して、お礼を申し上げたいと思う」 「選手からすれば、『村井さん、いい加減にしてくれ』という気持ちだったと思う。私は『試合をやるぞ』と言いながら4度も中断の決断を下してしまった。この4カ月の間で、4回もトップコンディションから落とすという過程はアスリートとして極限状態。たぶんメンタルを含めて、大変の状況だったと思うが、うまく結束を固めていただいた。自分の身体が資本なので、自分の身体そのものも不安だったにも関わらず、家族を守るひとりの市民として、選手は本当に頑張っていただいた。その点に関しても、本当に感謝したい」 「いよいよ始まり、J1リーグの再開を残すところとなる。ファンやサポーターのみなさんにはまだまだ不自由をおかけしての再開になる。一緒に作っていく大会というのが今季のコンセプトになり、世界の色々なリーグがJリーグを注視している。感染防止に関する日本のスタイルは世界で驚きを持って伝えられていた。何か罰則を設けるわけじゃなく、プライバシーに踏み込むものでもなく、ひとりひとりの自主性を持って、今回の感染対策に臨んできたと思う。サッカーもそういったみなさんの力で作っていきたい」 「今季開幕前の私はいわゆる日本式、『世界を驚かす日本のスタイルを魅せよう』と申し上げたが、まさにコロナ禍下で新たなフットボールの観戦のあり方、サッカーとの関係性のあり方を日本から世界に発信していきたい。全ての方々に恩返しできるとすれば、全力でプレーすることに尽きる。選手のみなさん、サッカーができる喜びに溢れ、本気で一緒にやりましょう。そして、恩返しをしていきましょう」 2020.07.01 21:35 Wed
twitterfacebook
thumb

リモートマッチで感じたサポーターの存在/六川亨の日本サッカーの歩み

Jリーグは27、28日、約4カ月ぶりにJ2リーグが再開し、J3リーグも開幕した。選手・関係者はもちろんのこと、ファン・サポーターがどれほどこの日を待ち望んでいたか。それを計るバロメーターの1つとして各試合会場の入場者数をあげられるが、再開・開幕2試合はリモートマッチ(無観客試合)のため彼らの熱量を計ることはできない。 スタジアムで直接取材することはできなかったが、それでも映像越しに各会場では録音しておいたファン・サポーターの声援を流したり、段ボールの写真をスタンドに置いたりして各クラブは工夫を凝らしていた。得点後には選手が揃ってファン・サポーターに感謝を捧げる場面もあった。こうして少しずつJは日常を取り戻して行くのだろう。 27日の試合後、Jリーグの公平性を保つため「降格なし」などのルール作りに尽力した原副理事長はスポーツ紙に独占告白した。その一部を抜粋しよう。 「リモートマッチは選手の声、ぶつかり合う音まで聞こえる。サッカーができる喜びが伝わってきた。先月、93年5月15日のJリーグ開幕戦の映像を見た。決してうまくはないけど当時の選手から感じたのは、自分たちが成功させるという使命感。今日の選手たちも同じ気持ちを持ったと思う」 同感である。と同時に93年との違いも感じた。 Jリーグの開幕当初の93~94年のJリーグは、選手はもちろんファン・サポーターを含め、スタジアム全体が異様な雰囲気に包まれていた。簡単に例えるなら「昨日までアマチュアだった選手が、一夜明けたら高給取りのプロ」になっていた。 しかし一夜で技術が向上するわけがない。このため選手は、週2試合(さらに延長戦もあった)のハードスケジュールにもかかわらず、90分間手(足)を抜かず、全力で走り、ぶつかり合った。 今と比べれば多くの選手が技術的に未熟だったため、トラップが大きくなることもあった。するとミスした選手とボールを奪おうとする選手が、ルーズボールめがけて激しく交錯する。そこで選手生命に関わる大けがが多かったのも開幕したばかりのJリーグだったと記憶している。それでも選手のひたむきなプレーにファン・サポーターは感動し、熱狂した。 もしかしたら、JSL(日本サッカーリーグ)の時代にはなかった彼らの熱量に満ちた声援が、選手から極限までのプレーを引き出していたのかもしれない。 それに比べると、27、28日に再開・開幕した全試合を見たわけではないが、J2はもちろんJ3の選手もイージーなトラップミスはほとんど見られなかった。Jリーグの誕生により日本のサッカーは格段の進歩を遂げたが、一番スキルアップしたのはトラップの技術ではないだろうか。シュートに関しては、磐田戦で2ゴールを決めた京都のFWピーター・ウタカのように、外国人選手の方がまだ一枚上手かもしれないが……。 J2、J3に続き7月4日にはJ1リーグも再開される。そこでは、より熱いバトルが繰り広げられることだろう。試合はもちろんのこと、ゴール後に選手がファン・サポーターに向けどんなメッセージを発するのかも、Jリーグの新たな楽しみの1つになるかもしれない。コロナ禍による「災い」を「福」に転じる効果とも言える。 リモートマッチではあるが、リモートマッチだからこそ気づけた、ファン・サポーターと選手との深い絆でもあった。 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】<br />1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。</div> 2020.06.30 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

長野MF岩沼俊介が全治3カ月の離脱 右鎖骨骨折で手術

AC長野パルセイロは29日、MF岩沼俊介の負傷情報を報告した。 岩沼は16日のトレーニング中に負傷。右鎖骨骨折で手術を受け、全治3カ月の見込みだ。 現在、リハビリ中の岩沼は2017年から長野でプレー。昨季は明治安田生命J3リーグ15試合に出場した。 なお、長野は28日に敵地で行われたJ3リーグ開幕節でカターレ富山と対戦。1-1で引き分けた。 2020.06.29 15:25 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪U-23が唐山2発&川崎弾で讃岐に逆転勝利、富山vs長野はドロー《J3》

28日、明治安田生命J3リーグ開幕節の2試合が行われた。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、2020シーズンのJ3リーグは3月の開幕が延期に。約3カ月半後の時を経て、リモートマッチ(無観客試合)で開幕を迎えた。 ◆復活の椎名が2季ぶりのゴールも、東のゴールで長野が追いつく 昨シーズンは4位で終えたカターレ富山と9位で終えたAC長野パルセイロの一戦は、1-1の引き分けに終わった。 リモート応援システムが導入された試合となり、会場でもファン・サポーターの声援がスピーカーを通して流れる試合となった。 2分、富山がいきなりミスからピンチに。バウンドしたボールをDFがGKにヘディングでバックパスするとこれがズレ、長野FW吉田が詰めていくが、なんとかGK齋藤がキープする。 富山は9分、右サイドからのスローインからボックス内で混戦となると、こぼれ球を拾った佐々木がシュート性のクロスを送るも、流れていく。 右サイドを中心に攻め立てた富山は16分、ボックス右でパスを受けた椎名がカットインから左足シュート。これがニアサイドを抜けて決まり、富山が先制する。椎名は2018年10月7日のSC相模原戦以来のゴールとなった。 前半は互いに攻め手を欠いていたものの、後半のスタートから富山が押し込む。CKやFKなどセットプレーから椎名が精度の高いキックを見せるも、長野守備陣が防いでいく。 なかなか攻め手が見つからない長野だったが、富山のミスを突く。57分、最終ラインで今瀬がバックパス。これが短くなると、プレスを掛けていた東が拾いそのままシュート。長野が相手のミスを生かして同点に追いつく。 同点に追いついてからは長野がペースを徐々に掴み始めるが、なかなかシュートチャンスを生み出せない。富山も途中出場の大野を生かし、サイドを中心に攻勢をかけ、長野ゴールを目指す。すると88分左サイドでパスを受けた大野がカットインからボックス内でシュート。しかし、これは相手DFにブロックされる。 アディショナルタイム1分、長野は相手陣内でボールを奪うと、持ち込んだ岡がボックス手前から右足一閃。しかし、シュートはわずかに枠の左に外れる。 アディショナルタイムは5分と表示され、このタイミングで両チームは大きく選手交代。最後まで互いにゴールを目指したが、そのままタイムアップ。1-1の引き分けに終わった。 ◆唐山の2ゴール、川崎の逆転弾で讃岐とのシーソーゲームを制す 昨シーズンは14位で終えたカマタマーレ讃岐と、昨シーズンは17位で終えたガンバ大阪 U-23の一戦は、点の取り合いとなり2-3でG大阪U-23が制した。 リモートマッチとなった一戦。静かな中始まった試合だが、序盤にペースを握ったのはG大阪U-23だった。 昨シーズンはリーグ2位タイの54ゴールを記録したG大阪U-23は6分、ボックス手前ゴール正面から川崎修がミドルシュートを放つも、わずかに右に外れる。 押し込まれていた讃岐だが一発で決定機を作る。12分、自陣でのFKから前線にフィードを送ると、クリアボールを拾った神谷がトラップからすぐシュート。しかし、わずかにクロスバーの上を越えていく。 讃岐は19分に左サイドを崩すと、川崎一からのクロスをつなぎ、最後は栗田が浮き球をヘッド。しかし、GK猿田がしっかりキャッチする。 20分にはボックス内での混戦から最後は塚元がミドルシュート。これはわずかにサイドネットへ。しかし、これで得たCKから、クロスをファーサイドで唐山がヘッドで合わせ、G大阪U-23が先制する。 先制を許した讃岐は22分、右CKからのクロスをボックス中央で松本がドンピシャヘッド。しかし、DF山口がライン上で体を張ってブロックし、得点を許さない。 後半に向けて讃岐は神谷に代えて重松を投入。すると49分、重松が右サイドへ展開。フリーで受けた渡辺がクロスを上げるが、飛び込んだ栗田にはわずかに合わない。 讃岐は54分、左CKを獲得するとクロスをボックス内で竹内がヘッド。シュートは枠に飛ぶが、ライン上で市丸がクリアし、再び得点を許さない。 それでも64分、栗田マークアジェイがGKにプレスをかけると、ミスキックを拾った川崎一が無人のゴールへ蹴りこみ同点に。直後の65分には左サイドを突破した薩川のグラウンダーのクロスを、ボックス内に走り込んだ栗田が合わせて一気に逆転に成功する。 ミスから連続失点となったG大阪U-23だが、75分に左サイドから市丸がゴール前にクロス。裏に抜け出した唐山が競り合いながらわずかに触れると、そのままゴールに吸い込まれ同点に追いつく。 さらに80分には、勢いに乗るG大阪U-23の川崎修が相手陣内でボールを奪うと、そのままドリブルで持ち込みボックス手前からフィニッシュ。これが決まり、G大阪U-23が逆転に成功する。 ◆明治安田生命J3リーグ開幕節 ▽6月28日(日) カターレ富山 1-1 AC長野パルセイロ カマタマーレ讃岐 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ガンバ大阪U-23</span> ▽6月27日(土) いわてグルージャ盛岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ブラウブリッツ秋田</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">福島ユナイテッドFC 2</span>-0 ヴァンラーレ八戸 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アスルクラロ沼津 2</span>-1 藤枝MYFC SC相模原 0-0 Y.S.C.C.横浜 FC岐阜 0-0 FC今治 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ロアッソ熊本 3</span>-2 鹿児島ユナイテッドFC セレッソ大阪U-23 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ガイナーレ鳥取</span> 2020.06.28 21:05 Sun
twitterfacebook
thumb

J2再開、J3開幕を受けてJリーグ村井満チェアマンが感謝のコメント「安心して観ることができた」

Jリーグの村井満チェアマンが、27日の明治安田生命J2リーグ再開、明治安田生命J3リーグ開幕を受けてコメントした。 2020シーズンのJリーグは、J1、J2が2月に開幕。しかし、その後新型コロナウイルスの全国的な感染拡大を受け中断となり、3月に開幕予定だった J3リーグは開幕が延期となっていた。 その後、NPB(日本野球機構)と専門家との対策連絡会議や、各クラブでの感染防止対策を受け、27日にリーグが再開。J1は7月4日の再開が決定している。 27日のJ2、J3の試合開催を受け村井チェアマンがコメント。関係者への感謝を述べた。 「2020明治安田生命J2リーグが再開、J3リーグが開幕しました。クラブの運営担当をはじめ、スタッフの皆さんがガイドラインに沿った試合運営を心掛けてくれて、安心して観ることができました」 「計16試合が開催されましたが、接戦を演じた引き分けが6試合、そして7チームが魅力的な攻撃力を披露し、3点以上を得点しました。どれもが見ごたえのあるゲームだったと思います」 「リモートマッチからのスタートとなり、試合の熱量に関してやや不安もありましたが、いざ試合が始まれば、体調管理をしっかり行い公式検査にも協力していただいた選手たちが、4か月のブランクを感じさせない全力のプレーを見せてくれました」 「今日の再開、開幕を支えてくださったすべての皆さまに、改めて感謝申し上げます」 2020.06.28 11:00 Sun
twitterfacebook