コロ・トゥーレがコートジボワール代表のアシスタントコーチに就任!

2017.10.06 15:21 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コートジボワールサッカー連盟(IFF)は5日、元コートジボワール代表DFコロ・トゥーレ氏(36)がコートジボワール代表のアシスタントコーチに就任したことを発表した。

▽昨シーズン終了後にセルティックとの契約が終了したコロ・トゥーレ氏は、先月15日に現役引退を発表すると共に、セルティックのテクニカルコーチに就任した。

▽そして、指導者としてのキャリアを歩み始めたコロ・トゥーレ氏は、その翌月にマルク・ヴィルモッツ監督の副官として母国のフル代表を支えることになった。なお、同氏はフル代表と共にコートジボワールのU-23代表チームのアシスタントコーチも兼任することになる。

▽現在、ロシア・ワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選のグループCで2位モロッコ代表と勝ち点1差の首位に立つコートジボワールは、6日に最下位マリ代表戦、翌月の6日にモロッコとの大一番を控えている。その重要な2戦に向けて代表通算118キャップを誇るレジェンドの入閣は、心強い限りだ。

関連ニュース
thumb

「空手キック」バイリーの“飛び蹴りPK献上”にメディアも酷評「あまりにも頻繁」

コートジボワール代表DFエリック・バイリーのファウルに注目が集まっている。 コートジボワール代表は6日、カタール・ワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選でカメルーン代表と対戦。FWセバスティアン・アラーの2ゴールで20分までに2-0とリードする。 しかし29分、自陣のボックス端で相手FWカール・トコ・エカンビとハイボールの競り合いになると、バイリーは思い切りジャンプして右足でクリアしようとする。しかし、バイリーの右足はエカンビの頭に当たってしまい、PKを与えていた。 試合は、PKを決められたもののコートジボワールが守り切り、2-1で勝利したものの、イギリス『デイリー・スター』は「バイリーが“空手キック”でPKを与える狂気の瞬間」と酷評している。 東京オリンピックにオーバーエイジとして参加したバイリーだが、準々決勝のU-24スペイン代表戦でも決勝点となるPKを与えることに。抜群の身体能力を持つDFだが、ミスの多さが玉に瑕だ。 イギリス『SPORTBIBLE』も「昨シーズンのアストン・ビラ戦の彼の素晴らしい守備は、彼ができることの優れた例であり、アフリカでも見事なディフェンスの瞬間がまだある。上今回出てきたのは狂気の瞬間だが、あまりにも頻繁」と嘆いている。 今シーズンは、所属するマンチェスター・ユナイテッドにフランス代表DFラファエル・ヴァランも加入。これまで以上の奮起が求められることになりそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】バイリーの空手キックが相手の頭に直撃</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/MUFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MUFC</a> defender Eric Bailly gives away penalty for moment of madness &#39;karate kick&#39; <a href="https://t.co/djtv6ONDmI">https://t.co/djtv6ONDmI</a> <a href="https://t.co/3TgEioUNjU">pic.twitter.com/3TgEioUNjU</a></p>&mdash; Daily Star Sport (@DailyStar_Sport) <a href="https://twitter.com/DailyStar_Sport/status/1435146781386543110?ref_src=twsrc%5Etfw">September 7, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.07 21:05 Tue
twitterfacebook
thumb

リシャルリソン2発の王者ブラジルが首位通過! 前大会準優勝ドイツはコートジボワールに屈す…《東京オリンピック》

東京オリンピックのグループD第3節の2試合が28日に行われ、ブラジルとコートジボワールの決勝トーナメント進出が決定した。 ◆エース2発で王者ブラジルが首位通過 埼玉スタジアム2002で行われたU-24サウジアラビア代表vsU-24ブラジル代表の一戦は、ブラジルが1-3で勝利した。 共に退場者を出したコートジボワールとの第2節をゴールレスドローで終えた首位のブラジルは、引き分け以上でグループ突破が決まる最終節で最下位サウジアラビアと対戦。コートジボワール戦で退場したドウグラス・ルイスの代役にマテウス・エンリケを起用した以外、同じメンバーで臨んだ。 サウジアラビアが勢いを持って入ったこともあり、立ち上りは一進一退の攻防が続いたが、試合巧者のディフェンディングチャンピオンがワンチャンスを生かして先制に成功する。14分、左CKの場面でキッカーのクラウジーニョが右足インスウィングで入れたボールをニアに飛び込んだマテウス・クーニャが頭で合せた。 幸先よく先制に成功したブラジルは失点以降、前がかりになり始めた相手の背後を効果的に突き幾度か良い形でフィニッシュまで持っていく。20分にはアラーナの左クロスにゴール前で反応したアントニーがヘディングシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。 一方、失点以降も粘り強く戦うサウジアラビアは27分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのアル・ファラジが浮き球で入れたボールをボックス中央で競り勝ったアル・アラムリが巧みなヘディングシュートをゴール右隅に流し込み、こちらもセットプレーからのゴールで試合を振り出しに戻した。 前半終盤にかけては再びブラジルが押し込む場面が目立つが、アラーナの絶妙なグラウンダークロスに飛び込んだアントニーのゴール至近距離からのシュートをGKアミン・アルブハリが身体を張ったセーブで阻むなど、サウジアラビアの粘り強い守備をこじ開けるまでには至らなかった。 1-1のイーブンで折り返した試合は後半も拮抗した展開に。より主導権を握ったブラジルはマテウス・クーニャやマテウス・エンリケが幾度か決定機に絡んだものの、最後の一押しが足りない。 それでも、後半はより守備面で安定感を見せたブラジルは76分、左CKの二次攻撃からブルーノ・ギマランイスのヘディングパスに反応したリシャルリソンが相手DFとGKをまんまと出し抜き、ゴール前でヘディングシュートを流し込んだ。 これで勝利に大きく近づいたセレソンは積極的にカードを切りながら逃げ切り態勢に。試合終了間際には直前のマウコムのお膳立てからの2点目を取り消されていたリシャルリソンが、今度はヘイニエルのお膳立てを難なくゴールに結びつけ、トドメの3点目とした。 そして、エースの2ゴールでサウジアラビアを振り切ったブラジルが2勝1分けの無敗でグループステージを首位で突破した。 U-24サウジアラビア代表 1-3 U-24ブラジル代表 【サウジアラビア】 アリ・アラムリ(前27) 【ブラジル】 マテウス・クーニャ(前14) リシャルリソン(後31) リシャルリソン(後48) ◆前大会準優勝のドイツが散る… また、宮城スタジアムで行われたU-24ドイツ代表vsU-24コートジボワール代表は、1-1のドローに終わった。 共に2試合連続で退場者を出したもののしぶとく勝ち点を獲得し、試合前の段階でドイツが勝ち点3の3位、コートジボワールが勝ち点4で2位という状況で直接対決を迎えた。 逆転突破に勝ち点3が必須のドイツはサウジアラビア戦から先発3人を変更し、出場停止のピーペルに代えてトルナリガ、レーヴェンとトイヒャートに代えてキャプテンのアルノルトとリヒターを起用。対するコートジボワールは2ボランチをイドリサ・ドゥンビア、ケイタに入れ替え、アマド・ディアロに代えてクアメを右ウイングで起用した。 試合は戦前の予想通り、勝ち点3必須のドイツが立ち上がりから攻勢を強めていく。11分にはボックス中央でクルーゼからのパス収めたリヒターが左足のシュートを放つが、ここは相手GKのファインセーブに阻まれる。 以降もリスクを冒した攻撃で相手を押し込むドイツは26分、再び左に流れたクルーゼからのクロスをゴール前で競り勝ったアヘが頭で合わすが、今度はクロスバーに嫌われる。 一方、粘り強い守備で失点こそ防ぐコートジボワールだが、ダオやクアメといった前線の選手たちが相手の出足鋭い守備に苦しみ、なかなか起点を作れず。幾度かサイドを起点に良い形までは持ち込んだものの、さしたる決定機を作れないまま前半終了を迎えた。 迎えた後半も試合展開に大きな変化はなし。より前がかるドイツがリヒターを起点に再三フィニッシュまで持ち込んでいくが、最後の精度を欠きゴールをこじ開けられない。 すると、試合を通して攻撃面で苦しんでいたコートジボワールが意外な形からゴールをこじ開ける。67分、右サイド深くで得たスローインの流れからゴール前で混戦を作り出すと、戻りながらの対応となったDFヘンリクスの足に当たったボールがゴール右隅に決まった。 これで逆転に2点が必要となったドイツだが、今大会で見せてきた逆境時の粘り強さを見せる。73分、ボックス手前の好位置で得たFKの場面で途中出場のレーヴェンがキッカーを務めると、強烈なドライブ回転をかけた見事なシュートをゴール左隅に突き刺した。 1-1の振り出しに戻った試合はここからさらに激しさを増す。引き続き前がかりなドイツに対して、コートジボワールは受け身になることなくカウンターを繰り出す。77分と83分にはグラデルが強烈なボレーシュートとゴール左に抜け出してのシュートと続けざまに決定機に絡むが、これはGKミュラーの好守などに阻まれた。 一方、ドイツは試合終盤に2試合連発中のアミリを下げて長身センターバックのシュロッターベックを投入し、力業でゴールをこじ開けにかかる。しかし、バイリーを中心に球際で強さを見せる相手の守備陣を崩し切ることはできず。 この結果、ブラジル、ドイツと難敵からしぶとく勝ち点1ずつを手にしたコートジボワールが、前回大会準優勝チームを退けて決勝トーナメント進出を決めた。 U-24ドイツ代表 1-1 U-24コートジボワール代表 【ドイツ】 レーヴェン(73分) 【コートジボワール】 オウンゴール(67分) ■グループD最終順位■ 1.ブラジル 勝ち点7 2.コートジボワール 勝ち点5 3.ドイツ 勝ち点4 4.サウジアラビア 勝ち点0 2021.07.28 19:26 Wed
twitterfacebook
thumb

退場者2名、共に連勝目指したブラジルvsコートジボワールは痛み分け《東京オリンピック》

25日、東京オリンピックの男子サッカー、1次ラウンド・グループD第2節のU-24ブラジル代表vsU-24コートジボワール代表の一戦が横浜国際総合競技場で行われ、0-0の引き分けに終わった。 初戦U-24ドイツ代表戦を4-2で勝利したブラジルと、U-24サウジアラビア代表戦を2-1で勝利したコートジボワールの一戦。連勝を目指す両者がしのぎを削った。 ブラジルはキャプテンのDFダニエウ・アウベスのほか、初戦で前半のみでハットトリックを決めたFWリシャルリソンらを起用。対するコートジボワールは、DFエリック・バイリー、MFフランク・ケシエらオーバーエイジの選手が揃って先発した。 立ち上がりはブラジルがボールを支配してせめていく中3分、ボックス左からリシャルリソンが鋭いクロス。これはGKイラ・タプがキャッチするも、危うくファンブルしそうになるが事無きを得る。 すると直後の4分、コートジボワールはロングボールでカウンター。グラデルがロングボールに抜け出してトラップし、ボックス内からシュート。しかし、これはわずかに左に外れる。 13分に突破しようとしたダオがボックス手前でドウグラス・ルイスに倒されてイエローカード。このファウルにはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入。決定機阻止だったかどうかがチェックされ、イエローカードからレッドカードへと変更された。 その後は互いに攻め合うオープンな展開に。しかし、シュートシーンはなかなか生まれない。それでも32分、コートジボワールが攻め込むと、ボックス内でパスを受けたケシエが強烈なシュート。しかし、これはGK正面へ飛び、ゴールとはならない。 38分、ブラジルが右CKを獲得。クロスに対して飛び込んだジエゴ・カルロスがGKイラ・タプと激突。さらにDFも倒れ込み、しばらく試合が中断する。 ブラジルは44分にもCKからチャンスショートコーナからアラーナがクロス。ファーに流れたボールをニノがフリーで合わせようとするが、これがわずかにミートしない。 ブラジルは前半アディショナルタイムにアクシデント。FWリシャルリソンがスローインを受けようとした際に腰を強打。かなり痛そうにしており、一度ピッチから離れる。 両者選手交代なしで迎えた後半。数的不利なブラジルがそれを感じさせないプレーでコートジボワールゴールに迫る。最終ラインの背後を取るプレーやアーリークロスなど手数をあまりかけずに、ゴールへと直線的に迫るブラジル。 しかし、フィニッシュワークの精度がわずかに足りず、なかなかゴールを奪えない。 こう着状態が続く中、攻めるブラジルに対してコートジボワールのファウルが増える展開に。これを機に互いに荒いプレーが出始め、試合が止まるシーンが増えていく。 ブラジルは74分にマウコムとガブリエウ・マルティネッリを投入。さらに79分にはリシャルリソンを下げてパウリーニョを投入し、ゴールを奪いにいく。 対するコートジボワールはクワシ・エブエが2度の警告を受けてた以上に。残り15分は10人vs10人の対決となる。 終盤にかけても攻勢を弱めないのはブラジル。何度となくボックス内でのプレーを続けるが、シュートに持っていくことができない。 後半アディショナルタイムにはカウンター。最後はマルティネッリのクロスに対し、ファーサイドでマウコムがヘッドで合わせるが、シュートは枠を捉えられない。 結局最後まで決め手を欠いたブラジルはゴールを奪えずドロー。長時間数的不利で戦っていた中、勝ち点1獲得にとどまった。 U-24ブラジル代表 0-0 U-24コートジボワール代表 2021.07.25 19:30 Sun
twitterfacebook
thumb

U-24コートジボワール、五輪に18歳アマド・ディアロら招集! OAにもバイリー、ケシエ、グラデル

コートジボワールサッカー連盟は2日、東京オリンピックに臨むU-24同国代表の登録メンバー22名を公表した。 アフリカ予選で2位に入り、3大会以来2度目の出場を決めたU-24コートジボワール。今大会ではU-24ブラジル代表、U-24ドイツ代表、U-24サウジアラビア代表と同居のグループDに入った。 注目のメンバーにはマンチェスター・ユナイテッドのDFエリック・バイリー、ミランのMFフランク・ケシエ、スィヴァススポルのMFマックス・グラデルといった実力者をオーバーエイジとして招集された。 また、この世代の筆頭株であり、昨夏に移籍金最大3700万ポンド(約56億7000万円)の取引が成立して、今冬から正式にユナイテッド入りした18歳のMFアマド・ディアロも来日することが決まった。 そんなU-24コートジボワールは22日にU-24サウジアラビアと対戦。25日のU-24ブラジル戦後、28日にU-24ドイツとの最終節に臨む。 ◆メンバーリスト GK エリエゼール・イラ・タプ(サン・ペドロ) ウポ・マクシム・ナゴリ(ソル) ニコラ・タイ(ヴィトーリア・ギマランイス/ポルトガル) DF コフィ・クアオ(ヴィゼラ/ポルトガル) ジエ・ワタラ(ヴィトーリア・ギマランイス/ポルトガル) ウィルフリード・シンゴ(トリノ/イタリア) エリック・バイリー(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)※ クアディオ・イブ・ダビラ(ムスクロン/ベルギー) サイラス・ニャカ(オイペン/ベルギー) イスマエル・ディアロ(アジャクシオ/フランス) MF クアシ・エブエ(ヘンク/ベルギー) ユスフ・ダオ(スパルタ・プラハ/チェコ) イドリサ・ドゥンビア(スポルティング・リスボン) フランク・ケシエ(ミラン/イタリア)※ アマド・ディアロ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) マックス・グラデル(スィヴァススポル/トルコ)※ FW クリスティアン・クアメ(フィオレンティーナ/イタリア) モリィ・ケイタ(URSLヴィゼ/ベルギー) ヴァクン・バヨ(セルティック/スコットランド) アブバカル・ドゥンビア(マッカビ・ネタニヤ/イスラエル) シェイク・ティミテ(アミアン/フランス) カデル・ケイタ(ウェステルロー/ベルギー) 2021.07.04 18:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ドログバ氏が母国で名誉学位を取得! 過去には内戦終結に大きな貢献

元コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバ氏が、アフリカの学術機関で名誉学位を取得した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 現役時代はル・マンやマルセイユ、チェルシー、上海申花、ガラタサライ、モントリオール・インパクトなどでプレーし、2018年12月に引退したドログバ氏。コートジボワール代表では通算105試合に出場し65ゴール、母国を3度ワールドカップ(W杯)の舞台に導いた。 2005年10月には、ドイツW杯のアフリカ予選でスーダンに勝利してW杯初出場の切符を手にすると、試合後のテレビで内戦が長期化していたコートジボワールの国民たちに終戦を呼びかけ。その後コートジボワールでは選挙が行われ、停戦が実現していた。 ドログバ氏は、それ以外にも2007 年には国連の親善大使に任命されると、2009年には故郷に病院を建設するために300万ポンドを寄付するなど、社会に貢献してきた。 引退後は、古巣チェルシーのアンバサダーを務めるなど、指導者とは別の形でサッカー界に関わっていたが、この度、アフリカのいくつかの大学などを中心に構成された学術機関であるRUSTAから、名誉学位という形でその功績が讃えられた。 <span class="paragraph-title">【写真】アメリカの大学生みたい!ガウンに身を包むドログバ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Didier Drogba receives an honorary degree in his home country of the Ivory Coast <a href="https://t.co/DdKo0FN47p">pic.twitter.com/DdKo0FN47p</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1400479777958596615?ref_src=twsrc%5Etfw">June 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.04 20:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly