【J1第20節プレビュー】“さいたまダービー”&“多摩川クラシコ”が開催!2017.08.04 21:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽5日、明治安田生命J1リーグの第20節が行われる。▽前節、北海道コンサドーレ札幌に敗れた浦和レッズは、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督を解任。トップチームコーチの堀孝史氏が新監督に就任し、大宮アルディージャとの“さいたまダービー”を迎える。また、川崎フロンターレとFC東京による“多摩川クラシコ”も開催。今節行われる全試合の見どころをコンパクトにまとめて紹介する。

◆ゴール欠乏症の甲府、G大阪が攻め勝つか?
ヴァンフォーレ甲府 vs ガンバ大阪
[8月5日(土)18:00]
▽6試合無得点と危機的な得点力不足に陥っている甲府。堅守を生かせない状況から抜け出したい。一方のG大阪は新加入FWファン・ウィジョがデビュー戦弾。得点の獲り方を甲府に見せつけるか。

◆首位追走の王者・鹿島、仙台が立ち向かう
鹿島アントラーズ vs ベガルタ仙台
[8月5日(土)18:30]
▽公式戦10戦無敗の鹿島は首位を猛追中。ペドロ・ジュニオールを欠くだけに、前節ゴールの金崎夢生の爆発に期待。仙台は終了間際のゴールでなんとか連敗ストップ。問題の守備は立て直せたのか?

◆両指揮官にとって初の“さいたまダービー“
浦和レッズ vs 大宮アルディージャ
[8月5日(土)19:00]
▽連敗中の浦和は堀孝史新監督の初陣。槙野智章、那須大亮を欠くも、シーズンダブルの屈辱は避けたい。対する大宮は定番の残留争いから抜け出したいところ。攻撃サッカーで初のダブルを目指す。

◆ポルディ擁するネルシーニョ、古巣・柏に初勝利なるか!?
柏レイソル vs ヴィッセル神戸
[8月5日(土) 19:00]
▽4度目の“ネルシーニョ・ダービー”。3戦未勝利の柏、2連勝中の神戸だが、ネルシーニョ監督は古巣相手に勝利がない。デビュー戦で2得点と力を見せたポルディを日本代表GK中村航輔が阻むか

◆激戦必至!節目の“多摩川クラシコ”を制すのは
川崎フロンターレ vs FC東京
[8月5日(土) 19:00]
▽30回目を迎える“多摩川クラシコ”。2006年の5-4や2007年の7-0など、これまで数々の馬鹿試合を生んできた。節目となる30回目、空前絶後の超絶怒涛のビッグマッチの行方は

◆上昇気配漂う最下位・新潟が堅守・横浜FMに奇襲なるか
アルビレックス新潟 vs 横浜F・マリノス
[8月5日(土) 19:00]
▽6連敗を脱出した新潟だが、前節は追いつかれてドロー。守備を立て直すか、ドウグラス・タンキの爆発力に懸けるか。9戦無敗の横浜FMは、2戦連続ドロー。下位相手の取りこぼしは避けたい

◆松井大輔ラストマッチ!絶好調磐田に広島が挑む!
ジュビロ磐田 vs サンフレッチェ広島
[8月5日(土)19:00]
▽現在6連勝中と絶好調の磐田。中盤を支えるムサエフ、川辺駿を欠き、松井大輔はラストマッチ。一方、前節の敗戦で7戦未勝利の広島。新加入パトリックが磐田の壁を破り不調の波から脱出なるか

◆昨季はJ1昇格争い、今季はJ1での立ち位置争い
セレッソ大阪 vs 北海道コンサドーレ札幌
[8月5日(土)19:00]
▽昨季はJ1昇格争いを繰り広げた両チーム。ここまでホーム無敗、首位のC大阪と残留争い中の札幌の状況は対照的だ。C大阪は絶好調の杉本健勇、対する札幌はデビュー弾のジェイに期待が懸かる

◆元清水の左SB vs 現清水の左SBに注目!
サガン鳥栖 vs 清水エスパルス
[8月5日(土)19:00]
▽今節は、清水の新旧左サイドバック対決に注目!鳥栖を支えるDF吉田豊はチームにとって欠かせない存在に。一方の清水はDF松原后が躍動中。持ち前の攻撃力で先輩のお株を奪うことができるか。
コメント
関連ニュース
thumb

【J1ピックアッププレビュー】新時代の大阪決戦《G大阪vsC大阪》

現在、明治安田生命J1リーグ2勝2分け7敗の16位に低迷するガンバ大阪。18日に行われる今節、リーグ戦でいまだ勝ちがない本拠地パナソニック スタジアムに直近2連勝で4勝2分け5敗の10位につけるセレッソ大阪を迎え撃つ。大阪に本拠地を置くガンバとセレッソによる改元後初のダービーマッチだ。 ◆前節の良くない戦い、迫る降格圏、ダービーはより重要な一戦に〜ガンバ大阪〜 G大阪は最悪な状態でダービーマッチを迎える。互角の戦いを演じた末に勝ち点1をもぎとった前々節の首位FC東京戦や、ルヴァンカップのグループステージ突破を決めた勢いそのままに、前節の最下位鳥栖との裏天王山で勝利を狙ったが、闘争心剥き出しの相手に面喰らい、1-3の黒星。J1初ゴールの食野亮太郎が唯一の輝きを放ったが、宮本恒靖監督の「非常に情けないパフォーマンスだった」という言葉が物語るとおり、完敗の一戦だった。 これで、7試合未勝利。この状況に輪をかけて、今節はキム・ヨングォンが累積警告で出場できず、中村敬斗もU-20日本代表合流でチームにいない。鳥栖や清水ら残留争いのライバルが次々と監督交代を決断したことでプレッシャーも強まるが、宮本監督に逆境を跳ね除ける策があるのか。鳥栖戦での良くない戦い、迫る降格圏という点からも、この大阪ダービーはチームの今後を占う上で、より重要な一戦になる。 ◆今季初連勝で調子上向き、都倉賢の思いも背負い鬼門へ〜セレッソ大阪〜 対するC大阪はG大阪と打って変わり、最近の戦いで手応えを掴みつつあるなかでのダービーマッチとなる。ホームで行われた前節の横浜FM戦は開始2分、水沼宏太が古巣相手に先制点を挙げると、途中出場の高木俊幸が追加点。さらに、水沼が自身2点目となるゴールで試合を決定づけ、3-0の快勝でシーズン初のリーグ戦連勝を飾った。これで、チームは直近2試合で5得点、3試合連続無失点。攻守両面でポジティブだ。 そうしたなか、都倉賢の全治8カ月におよぶ長期離脱のバッドニュースが飛び出したが、チームとしての状態は右肩上がり。ここ2試合先発で台頭著しい瀬古歩夢もU-20日本代表合流でチームからしばらく離脱となるが、良い流れを持って、今回のダービーマッチに臨める状況だ。2004年以来、勝てない日々が続くG大阪の本拠地で勝利を掴み取れるか。負傷離脱した都倉の思いも背負い、2連勝中の勢いが試される一戦に挑む。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆ガンバ大阪[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190517_13_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:高尾瑠、三浦弦太、菅沼駿哉、オ・ジェソク MF:小野瀬康介、高江麗央、倉田秋、アデミウソン FW:ファン・ウィジョ、食野亮太郎 監督:宮本恒靖<hr>宮本監督は大阪ダービーに向け、抜本的な変更を示唆。ルヴァンカップやU-23の一員として臨むJ3リーグで調子を上げる若手を大胆起用か。そのほか、出場停止のキム・ヨングォンに代わり、脳震とうで前節を欠場した三浦弦太の出場が有力だ。 ◆セレッソ大阪[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190517_13_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、木本恭生、丸橋祐介 MF:水沼宏太、奥埜博亮、藤田直之、清武弘嗣 FW:ブルーノ・メンデス、高木俊幸 監督:ロティーナ<hr>2連勝中と調子が良いだけに、面子&布陣ともに大幅な変更はないだろう。ただ、そのなかで、負傷離脱した都倉の抜けた前線に前節1ゴールの高木が3試合ぶりのスタメン入りか。瀬古が抜けたセンターバックの一角に木本恭生の起用が見込まれる。 【注目選手】 倉田秋(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190517_13_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>G大阪の注目選手は古巣戦の倉田秋だ。今節は大阪ダービー。下部組織出身選手の1人として、このダービーマッチで燃えないわけがない。遠藤保仁や今野泰幸に代わってボランチでプレーする機会が増えるなか、新たな攻守の指針として存在感を発揮できるか。 水沼宏太(セレッソ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190517_13_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>C大阪の注目選手は水沼だ。前節は古巣横浜FMに対して2得点1アシストの大暴れ。開幕戦以来、ベンチスタートの日々が続いうっ憤を。晴らすかのごとく、2連勝の原動力として大きな輝きを放った。その勢いそのままに、大阪ダービーでもヒーローになれるか。 ◆令和初の大阪ダービー 新元号『令和』の時代として、記念すべき最初の大阪ダービー。過去、通算対戦成績は22勝5分け9敗でG大阪がリードしている。さらに、そのG大阪が現在、同カード3連勝中であり、ホームでの直近9試合においても8勝1分け無敗。不振のG大阪にとって、心強いデータが並ぶ対戦カードだ。その今回の大阪ダービーは、チケットが完売。大入りが予想されるパナソニック スタジアム 吹田で凱歌をあげるのは、浮上のきっかけを掴みたいガンバか、今後に弾みをつけたいセレッソか。注目の大阪ダービーは18日、19時キックオフだ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">激戦、熱戦必至! 新時代の大阪ダービー<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.05.17 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】勝ち点1差の上位対決! J屈指の攻撃サッカーが金夜に激突!《川崎Fvs名古屋》

明治安田生命J1リーグ第12節が17日から18日にかけて開催。17日の金曜日の夜には、等々力陸上競技場で、4位・川崎フロンターレ(勝ち点22)が、2位・名古屋グランパス(勝ち点23)をホームに迎える。勢いに乗る両者による上位対決、激戦になることは間違いない。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">攻撃vs攻撃<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">勢いは本物か</span>~川崎フロンターレ~ 川崎Fは絶好調だ。複数の主力選手が負傷離脱していながら、J1第7節のサガン鳥栖戦から粘り強く勝利を積み重ね、前節の清水エスパルス戦では4-0と大勝。スコアほど内容で勝っていた訳ではないが、攻守両面で要所を押さえた結果、10年ぶりのリーグ戦5連勝を飾った。また、同試合ではDF車屋紳太郎が途中出場で復帰した他、MF中村憲剛、MF阿部浩之もすでに全体練習に合流。しかし、負傷交代したFW小林悠に再び離脱の可能性が浮上しており、引き続き総力戦となりそうだ。そんな中、今節は同じく好調を維持する名古屋を迎える。これまで中位以下との対戦が続いていたことを考えれば、現在の勢い、そして底上げしてきたものが本物かどうかが試される一戦。週明けにはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)での重要な戦いを控えているだけに、6連勝で弾みをつけると共に、順位としてもここで名古屋を上回りたいところだ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">真価を見せられるか</span>~名古屋グランパス~ 一方の名古屋も直近5試合で3勝2分けと好調。攻撃面での良さを消さず、守備の強化に成功し、主導権を握り続ける攻撃サッカーを進化させ続ける中、前節の浦和レッズ戦でも充実したパフォーマンスを披露し、FWマテウス、FWジョーのゴールにより、2-0でホーム開幕5連勝を飾った。風間八宏監督も高レベルのサッカーができていることについて、「その時間が長くなっており、すごく迫力が出てきた」と手応えを語る。そんな中、今節は王者・川崎Fのホームに乗り込む。昨シーズンのリーグ戦ではダブルを喫しており、試金石の一戦となる。内容では互角に近い戦いを見せているだけに、フィニッシュの部分にこだわりたいところ。風間体制での対川崎F戦初勝利を飾り、自信を掴めるか。 【予想スタメン&フォーメーション】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆川崎フロンターレ</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190517_100_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:チョン・ソンリョン DF:馬渡和彰、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:脇坂泰斗、守田英正、大島僚太、齋藤学 FW:レアンドロ・ダミアン、知念慶 監督:鬼木達<hr>負傷者の状況やACLが控えていることもあり、読めない部分はあるが、前節からの変更点は負傷交代した小林の一点。第5節から4試合連続ゴール記録していたFW知念慶が4試合ぶりに先発を飾ることを予想する。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆名古屋グランパス</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190517_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:ガブリエル・シャビエル、米本拓司、ジョアン・シミッチ、マテウス FW:長谷川アーリアジャスール、ジョー 監督:風間八宏<hr>一方の名古屋は、前節と同様の先発メンバーか。前節、移籍後リーグ戦初先発でゴールを決めたマテウスが再び左MFで先発することになりそうだ。なお、今シーズン、川崎Fから期限付き移籍で加入しているFW赤崎秀平は、契約上の理由により、出場することができない。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">元セレソンのストライカー対決にも注目!<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 【注目選手】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆FWレアンドロ・ダミアン</span>(川崎フロンターレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190517_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©CWS Brains, LTD.<hr></div>リーグ戦6連勝のカギを握るのは、レアンドロ・ダミアンだ。ゼロックス杯で鮮烈デビューを飾り、第3節の横浜F・マリノス戦では2ゴールを決めた元セレソンも最近までは出場機会が与えられず、苦しい時期を過ごした。それでもACLで結果を出し始めると、前節の清水戦では8試合ぶりに先発し、圧巻のプレーで1ゴール1アシスト。川崎Fでの存在感を高めつつある中、圧倒的なフィジカルで今節も勝利に導く貢献ができるか。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆FWジョー</span>(名古屋グランパス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190517_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>一方、名古屋のキープレーヤーは、レアンドロ・ダミアンと同じ元ブラジル代表のジョーだ。前々節の湘南ベルマーレ戦では、「(風間監督)ジョーが流れの中に入ってこれませんでした」と今シーズンで初めて途中交代される悔しさを味わった。それでも前節では、巧みなポストプレーと豪快ボレーで1ゴール1アシストと奮起。今節の相手は昨シーズン、ゴールを奪えなかった川崎F。アトレチコ・ミネイロ時代の元同僚・DFジェジエウとのマッチアップも予想される中、2試合連続ゴールなるか。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆鬼木監督vs風間監督の師弟対決…データでは川崎F有利</span> 4位・川崎Fvs2位・名古屋。現在、リーグ2位の18得点を記録している川崎Fと、トップに立つ20ゴールを記録している名古屋の攻撃サッカーを標榜する両者が激突する。また、川崎Fで共闘した鬼木監督と、風間監督の師弟対決も注目だ。 両者の勝ち点差はわずか「1」。首位・FC東京は勝ち点27で首位を独走しているだけに、優勝争いに向けても負けられない重要な一戦となる。 そんな注目の上位対決だが、データ上では川崎Fに分が。ここ10試合での対戦成績では、川崎Fが9勝1分け、対名古屋とのホーム戦に至っては、5連勝中と圧倒している。さらに、名古屋は現在、アウェイで4試合未勝利中だ。 今回も川崎Fが名古屋を破り、順位を追い抜くのか。それとも名古屋がここ最近のデータを覆す昨シーズンのリベンジを飾ることで首位を追走するのか。注目の上対決は、17日の19時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">指揮官師弟対決!<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.05.17 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】J1通算250勝で無敗継続か、首位撃破で下位脱出への一歩か…主力不在を乗り越えるのは?《FC東京vs磐田》

明治安田生命J1リーグ第11節が11日から12日にかけて開催。12日の味の素スタジアムでは、首位を走るFC東京(勝ち点24)が、前節に降格圏を脱出した14位のジュビロ磐田(勝ち点9)をホームに迎える。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">無敗継続中のFC東京と前節降格圏脱出の磐田<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">高萩欠場…J1通算250勝で無敗継続か</span>~FC東京~ 未だに無敗を継続する首位・FC東京。前節のガンバ大阪戦では日本代表DF室屋成を欠く中、主導権を握られるも、リーグ最少失点(5失点)の守備陣が集中を切らさず、3試合連続クリーンシートで手堅く勝ち点1をもぎとった。続くミッドウィークに行われたYBCルヴァンカップのベガルタ仙台戦でもゴールレスドロー。堅守を維持している一方で、2試合連続無得点と攻撃陣の勢いはやや停滞している。そんな中、今節ではここまでリーグ戦全試合に先発していたMF髙萩洋次郎が累積警告により出場停止。バランスの取れた攻守を維持しつつ、11クラブ目となるJ1通算250勝目をホームサポーターの前で挙げられるか。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">ロドリゲス不在…下位から一歩抜け出せるか</span>~ジュビロ磐田~ 静岡ダービーでの敗戦から3年ぶりのリーグ3連敗を喫した磐田。しかし、前節の浦和レッズ戦では先発に復帰したDF大井健太郎を中心に粘り強い守備を90分間続けると、終了間際に相手のミスから決勝点を奪った。リーグ戦4試合ぶり勝利を飾り、自動降格圏からの脱出にも成功。さらにルヴァンカップでは公式戦連勝と共にグループステージ突破も決めるなど、明るい話題は増えつつある。そうした中で迎える今節だが、前節に決勝弾を決めたFWロドリゲスが家庭の事情により帰国したことで不在。この勢いを止めないためにも首位撃破で自信を掴みたいところだ。リーグ戦連勝を飾り、下位から一歩抜け出せるか。 【予想スタメン&フォーメーション】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆FC東京</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190511_14_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸCWS Brains, LTD.<hr></div>GK:林彰洋 DF:小川諒也、チャン・ヒョンス、森重真人、太田宏介 MF:久保建英、橋本拳人、東慶悟、ナ・サンホ FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太<hr>前節、脳震とうで欠場した室屋は今節も引き続き欠場か。累積警告で出場停止となった高萩のボランチの位置には、MF東慶悟が入り、MFナ・サンホがリーグ戦初先発を飾る見込み。主力を欠く中でも勝利を収めることができるか。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆ジュビロ磐田</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190511_14_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸCWS Brains, LTD.<hr></div>GK:カミンスキー DF:高橋祥平、大井健太郎、新里亮 MF:松本昌也、上原力也、田口泰士、小川大貴 MF:山田大記、大久保嘉人 FW:アダイウトン 監督:名波浩<hr>上述通り、ロドリゲスが欠場。1トップをFWアダイウトンが務め、FW大久保嘉人がツーシャドーの一角に入り、リーグ戦2試合ぶり先発を飾ることを予想する。ロドリゲスが不在の中でも攻撃は機能するのか。真価が問われる一戦となりそうだ。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">FC東京は高萩、磐田はロドリゲスが不在<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 【注目選手】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆FWディエゴ・オリヴェイラ</span>(FC東京)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190511_14_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸJ.LEAGUE PHOTOS<hr></div>J1通算250勝での無敗継続に期待がかかるのは、FWディエゴ・オリヴェイラだ。FW永井謙佑との好連携に、MF久保建英のアイデアも加わり、昨シーズンの活躍で周囲からのマークもきつくなる中、J1得点ランクトップタイの7ゴールを記録するエース。3月下旬からはリーグ戦5試合連続ゴールという絶好調ぶりでチームも首位に引き上げた。しかし前節、その連続ゴールもストップ。自身は磐田との直近4戦でノーゴールだが、攻撃陣に陰りが見えつつある中で、再加速できるか。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆FWアダイウトン</span>(ジュビロ磐田)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190511_14_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸJ.LEAGUE PHOTOS<hr></div>一方、磐田の注目選手は、アダイウトンだ。昨シーズン、大ケガでシーズンの大半を棒に振ったブラジル人アタッカーは今シーズン、開幕から稼働。しかし、ここまでの2ゴールは勝利に結びつけることができていない。昨年はFC東京から1ゴール。今節、不在のロドリゲスの分もと活躍に期待が懸かるが、自身のゴールで首位撃破に導き、チームに自信をもたらすことはできるか。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆首位チームに試練!? 対磐田直近4戦で無得点未勝利</span> J1通算250勝目で無敗を継続したい首位・FC東京と、首位撃破で下位脱出の一歩を踏み出したい14位・磐田。両者の立ち位置を考えれば、ホームチームに分がありそうだが、直近4試合では磐田が2勝2分け。FC東京はこの4試合でノーゴールに終わっている。 ここ2シーズン、苦手とする磐田を破り、FC東京が首位を突き進むのか。それとも磐田が好相性な相手から大きな勝利をつかむのか。両チームともに主力を欠く中、勝利を飾るのは…。試合は12日(日)の14時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">FC東京の無敗継続かか、磐田の下位脱出への一歩か<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.05.11 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】劇薬投下のサガンと好転兆しのガンバ! 何よりの良薬、勝利かけた下位対決《鳥栖vsG大阪》

サガン鳥栖とガンバ大阪による下位対決。明治安田生命J1リーグ開幕から底辺を漂う両者が状況の好転させる何よりの良薬、勝利を目指して駅前不動産スタジアムで激突する。 ◆準備の間もなく下位直接対決〜サガン鳥栖〜 最下位に沈む鳥栖はついに動いた。5日、今シーズンから指揮を執るルイス・カレーラス監督を解任。後任として、昨年の終盤も指揮を執ったコーチの金明輝氏を新指揮官に指名した。ただ、実質的な初陣だった前節の大分トリニータ戦で敗れると、続くミッドウィークに行われたルヴァンカップの柏レイソル戦も劣勢の戦いを強いられ、ゴールレスドロー。スクランブル登板から間もないということもあり、準備期間がなかなか設けられない状況だが、「J1開幕10試合で総得点わずか1得点」、「J1ワースト記録の6試合連続無得点」という貧弱な攻撃面を修正できずの戦いが続いているのが実情だ。ただ、柏戦で公式戦8試合ぶりの無失点をマークしており、守備面に一定の収穫も。チームの立て直しはまだまだ始まったばかりだが、G大阪との直接対決を乗り越えられるか。 ◆良い流れを勝利に〜ガンバ大阪〜 対するG大阪も残留ギリギリの15位に落ち込むが、その現状を除けば、好転の兆しが感じられ、互角の戦いを演じた内容も悪くない。前節の首位FC東京戦はゴールレスドローに終わったが、2度目の無失点試合が示すとおり、ワースト2位19失点の守備面に修正の跡が見受けられ、三浦弦太の不調により出番の巡ってきた菅沼駿哉の状態が良く、鳴りを潜め続けた新戦力のキム・ヨングォンもここにきて本領を発揮。そのなかで、ルヴァンカップで清水エスパルスを破り、グループステージ突破が決定。J3得点王の食野亮太郎やU-20日本代表入りの中村敬斗、髙尾瑠ら若手の活躍もチームに刺激を与えており、浮上の要素はある。あとは手にした数々の収穫、自信をどうリーグ戦の勝利に結びつけていくか。ここからの逆襲を視野に入れるのであれば、今節は絶対に落とせない。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆サガン鳥栖[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190511_1_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:大久保択生 DF:小林祐三、岩下敬輔、藤田優人、三丸拡 MF:高橋秀人、高橋義希、金崎夢生、松岡大起、イサック・クエンカ FW:フェルナンド・トーレス 監督:金明輝<hr>面子、布陣ともに読みづらい。ルヴァンカップで移籍後初のフル出場を果たした岩下敬輔は引き続き先発か。となれば、古巣戦となる。 ◆ガンバ大阪[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190511_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:米倉恒貴、菅沼駿哉、キム・ヨングォン、オ・ジェソク MF:今野泰幸、倉田秋、小野瀬康介、遠藤保仁、アデミウソン FW:ファン・ウィジョ 監督:宮本恒靖<hr>前節先発落ちの三浦弦太は先のルヴァンカップでゴールを決め、復調をアピール。だが、菅沼&キム・ヨングォンの調子が良いだけに、今節も崩さずか。 【注目選手】 フェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190511_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>鳥栖の注目選手はフェルナンド・トーレスだ。上述したとおり、今シーズンのチームは開幕から深刻な得点力不足を露呈。タレントこそ揃っているが、チームとして崩しの形が定まっておらず、スペイン代表通算38得点を誇るフェルナンド・トーレスも苦しみもがいている。勝利を狙う上でゴールは必須。鳥栖の背番号「9」に期待だ。 ファン・ウィジョ(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190511_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>G大阪の注目選手は蒼黒の韓国人エースストライカーだ。昨年のベストイレブンとして迎えた今シーズンだが、ここまでのゴール数は2得点。相手のマークがより厳しくなったこともあるが、やや元気がない。ただ、内容に関して悪くなく、積極果敢にゴールを狙う姿は健在。この下位対決、ゴールゲッターとして輝く姿が求められる。 ◆鳥栖が前回3-0勝利! ただ… 両者の過去対戦成績は6勝1分け6敗のイーブン。ただ、鳥栖からみて、前回対戦で3-0の勝利を収めた相手であり、今回の対戦時に悪いイメージを抱いてキックオフを迎えることはないだろう。とはいえ、過去5試合の戦績でいけば、その勝利以外は全敗。そのうち2試合が無得点であり、全敗中は全て複数失点を喫している嫌なデータもある。果たして、監督交代という劇薬の効果は…。J1第11節の鳥栖とG大阪の下位直接対決は11日、駅前不動産スタジアムで14時キックオフだ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">何よりの良薬、勝利を掴み取るのは!?<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.05.11 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】運命の“バトル・オブ・九州”、互いに欲しいゴールの行方は《大分vs鳥栖》

4日、明治安田生命J1リーグ第10節の大分トリニータvsサガン鳥栖が昭和電工ドーム大分で行われる。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆「令和」最初の“バトル・オブ・九州”</span> 今シーズン、J1リーグで唯一の“バトル・オブ・九州”となるこのカード。ホームの大分は、昇格組ながら5勝2分2敗の勝ち点17で6位に位置。一方、昨シーズンは残留争いに巻き込まれた鳥栖は、1勝1分7敗の勝ち点4で最下位に位置している。 4戦無敗の大分と、5戦未勝利の鳥栖の一戦。ゴールデンウィークに行われる一戦は、どちらのチームにとっても重要な試合となる。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">GWもサッカーで盛り上がれ!<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆安定した戦いで3戦ぶり白星へ</span>~大分トリニータ~ ホームの大分は、前節のセレッソ大阪戦で0-0のゴールレスドロー。前々節のガンバ大阪戦に続き、アウェイで連続ドローとなった。 ここまでは4戦無敗というイメージだが、今節勝利できなければ3戦勝利なしとネガティブな方向に傾きかねない一戦。チーム状況を考えても、しっかりとホームで勝利を収めたい相手だ。 眠っている状態の鳥栖だが、個々の選手を見れば力を持っているタレントが豊富。噛み合えば大量得点も考えられるだけに、大分としてはしっかりと自分たちで主導権を握って試合を進めたいところだろう。 得意のポゼッションを高めながら、鋭いカウンターで仕留める作戦はもちろんのこと、相手をハメに行く守備で、まずは失点しないことを目指したい。複数得点を挙げれば勝率10割という今季の結果の良さからも、まずは先手を奪いたいところだが、相手に引かれると苦しい戦いになるのも今季の課題だ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆詰まったケチャップは出るのか</span>~サガン鳥栖~ 対する鳥栖は開幕から一向に状況が変化しない苦しい状況だ。開幕3連敗で臨んだ第4節のジュビロ磐田戦では今季加入のイサック・クエンカにゴールが生まれ初勝利。このまま勢いに乗るかと思われたが、その後の5試合でも無得点が続き、気がつけば勝利した磐田戦の1ゴールのみに終わっている。 一方で、今シーズンからメンバーも守り方も変更した守備陣は崩壊。毎試合のように失点を重ね、気がつけば4連敗という状況だ。ケガ人も戻りつつある状況なだけに、そろそろ結果を残していきたいところだろう。 メンバーとシステムを都度変更することで、戦い方がチームに浸透しているとは言い難い状況だが、深刻なのは決定機を作れなくなっていること。ルイス・カレーラス監督が大分を相手にどのようなプランで、どのような選手を並べるのかにも注目だ。 前節はフェルナンド・トーレスと金崎夢生をベンチに置いた状況で試合に臨んだが、これでも不発。ビクトル・イバルボが復帰したこともあり、個の力で局面を打開できる状況は整った。あとはチームとして機能させられるか、この連休中に打開したいところだろう。 【予想スタメン&フォーメーション】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆大分トリニータ</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190405_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:高木駿 DF:岩田智輝、鈴木義宜、福森直也 MF:松本怜、前田凌佑、島川俊郎、髙山薫 MF:オナイウ阿道、小塚和季 FW:藤本憲明 監督:片野坂知宏<hr>2試合連続の無失点と考えれば、多くの選手を変更することは考えにくい。前節と同じスターティングメンバーになると予想する。ボランチに島川俊郎を起用したことで、守備に安定感が出てきている。左ウイングバックは三竿雄斗という可能性もあるが、運動量のある高山薫を起用して、攻撃面で鳥栖を制圧したいところだ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆サガン鳥栖</span>[4-3-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190503preview_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:大久保択生 DF:原輝綺、ニノ・ガロビッチ、高橋祐治、三丸拡 MF:高橋義希、イサック・クエンカ、高橋秀人 FW:金崎夢生、フェルナンド・トーレス、ビクトル・イバルボ 監督:ルイス・カレーラス<hr>鳥栖は前節からメンバーを変更すると予想する。前節の湘南ベルマーレ戦で開始早々に交代した藤田優人は欠場と予想。代わりに、ニノ・ガロビッチが起用されると見る。また、前線はトーレスとトップに、金崎とビクトル・イバルボがサイドへ、クエンカがトップ下に入ると予想する。より攻撃的な配置にし、まずはゴールを目指したい。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">注目の大分vs鳥栖!<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 【注目選手】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆FW藤本憲明</span>(大分トリニータ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190503preview_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>ホーム、大分の注目選手はFW藤本憲明をピックアップしたい。センセーショナルなJ1デビューを果たした藤本は、チームの攻撃を牽引。それに呼応するかのようにチームも結果を残してきた。しかし、相手に警戒されるようになると、周りの選手がゴールを奪うようになるも藤本のゴールはストップ。ここ3試合でゴールを挙げられていない状況が続いている。チームが結果を残しているとはいえ、やはりエースのゴールはチームを勢いづかせる。3試合ぶりの勝利を目指し、藤本のゴールに期待したい。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆MFイサック・クエンカ</span>(サガン鳥栖)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190503preview_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>対する鳥栖の注目選手は、イサック・クエンカだ。チーム唯一のゴールを生み出しているクエンカだが、攻撃の組み立ての部分でチームを牽引したいところ。前線の駒が揃ってきた状況なだけに、改めてゲームメイクの部分での貢献に期待したいところだ。トーレス、金崎、イバルボと3本の矢を使いこなせれば、必ずや待望のゴールを生み出すことができるだろう。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆どちらのゴールネットが揺れるのか</span> この試合の注目は、勝敗もさることながら、どちらのゴールネットが揺れるかだ。 複数ゴールを奪えば全勝の大分、9試合でわずかに1点しか奪えていない鳥栖と、互いにゴールを求める理由は違えど、勝敗をも左右するゴールがどちらに転ぶかに注目が集まる。 チーム全体で連動してゴールを奪い切ってしまう大分か、それとも個の能力に長け、流れをものともしないでゴールを奪える鳥栖か。「令和」最初の“バトル・オブ・九州”の一戦は、4日(日)の16時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">「令和」最初の“バトル・オブ・九州”!<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.05.03 21:45 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース