ニューカッスル、ドルトムントからU-21スペイン代表MFメリノがレンタル加入へ

2017.07.27 04:18 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニューカッスルがドルトムントからU-21スペイン代表MFミケル・メリノ(21)を1年間のレンタル移籍で獲得することが決定的となった。イギリス『スカイ・スポーツ』は同選手がニューカッスルのメディカルチェックを受診する見込みだと報じた。

▽昨夏、オサスナからドルトムントに加入したメリノだが、加入1年目は公式戦9試合の出場にとどまった。また、今夏の移籍市場でクラブはDFオメル・トプラクやDFダン=アクセル・ザガドゥー、MFモハメド・ダフードなど、メリノと同じポジションでプレーする新戦力を補強しており、昨シーズン同様に出場機会の減少が見込まれていた。

▽なお、ドルトムントは26日、クラブの公式ツイッターを通じて、「我々はミケル・メリノに他クラブとの交渉を許可し、チームを離脱させた」とコメントし、同選手がスイスでプレシーズンツアーを行うチームから離脱したことを明かした。
▽なお、今回のレンタル契約には700万ユーロ(約9億1000万円)前後の金額での買い取りオプションが含まれるようだ。

関連ニュース
thumb

アトレティコは1月のカラスコ売却望む…値下げも選択肢に

アトレティコ・マドリーはベルギー代表MFヤニク・フェレイラ・カラスコ(29)の売却を進めているようだ。 カラスコはベルギー代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に臨むも、前回のロシアW杯で3位に輝いた同代表はグループステージ敗退という結末に。自身も2試合に出場したが、印象的なプレーや結果は残せなかった。 今季は所属先のアトレティコでも苦戦気味。公式戦19試合で2得点2アシストを記録する一方、スタメンの座は保証されず、W杯前にはトッテナムやニューカッスル行きが噂に。年明けにもスペインの首都を離れる可能性があるようだ。 スペイン『Fichajes』によると、財政難のアトレティコは来年1月の移籍市場でカラスコの売却を模索。カラスコがW杯でベルギー共々評価を下げたため、買い取り先が現れるかどうかは定かでないものの、移籍金の値下げも選択肢だという。 カラスコとの契約は2024年6月まで。移籍金を得られるタイミングは限られていることから、なるべく早いうちに売却まで漕ぎ着けたいようだ。 2022.12.09 15:56 Fri
twitterfacebook
thumb

プリシッチはニューカッスルへGO! 元イングランド代表GKが提案「エディ・ハウなら…」

元イングランド代表GKポール・ロビンソン氏が、アメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチ(24)にニューカッスル行きをオススメした。 プリシッチは現在、カタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中。アメリカ代表は3日の決勝トーナメント1回戦でオランダ代表に敗れて敗退となってしまったが、自身はグループステージでチームを勝利に導くゴールを挙げるなど、改めてその能力を世界にアピールした。 一方、所属するチェルシーでは加入以来、なかなか定位置を確保できず、今夏も退団が噂に。来年1月に向けてはマンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、ニューカッスルなどが獲得に動いているとされ、その去就に小さくない注目が集まっている。 そんななか、現役時代に2006年のドイツW杯を経験したP・ロビンソン氏は、イギリス『Football Insider』でプリシッチに最適なクラブとしてニューカッスルを提案。理由として指揮官の存在を挙げた。 「W杯のプリシッチには感銘を受けた。やはり、少しばかり遊びの心を持たせた方が輝くタイプだね。チェルシーでは上手くいかない日々が続くが、活かす戦術プランがありさえすれば、どこにいてもトッププレーヤーとして君臨する」 「ニューカッスルがベストな選択肢のはず。エディ・ハウ(監督)ならプレーヤーの最大限の能力を引き出してくれるよ。 彼は個々へのマネジメントが素晴らしいんだ。プリシッチにはピッタリだと思うよ」 2022.12.04 17:07 Sun
twitterfacebook
thumb

来夏移籍金ゼロも… 1月にフランス代表FWテュラム争奪戦?

ボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラム(25)を巡り、争奪戦が繰り広げられる可能性があるようだ。 フランス代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のテュラム。ここまで2試合の途中出場で得点はないが、チームはグループ最終節を残して決勝トーナメント進出を決めたため、来月1日のチュニジア代表戦ではスタメン起用も考えられる。 所属するボルシアMGでは今季の公式戦19試合で13得点4アシストと大ブレイクを果たし、たちまちビッグクラブ注目の的に。契約は2023年6月までのため、フリーとなる来夏の争奪戦が予想されるが、現在では来年1月の移籍市場でステップアップするとの見方も強まりつつある。 候補に挙がるのはバイエルンやアトレティコ・マドリー、インテル、ドルトムント、ニューカッスル、アストン・ビラなど。中でもドイツ『ビルト』が特に熱心だと主張するのが、ラ・リーガで降格圏に低迷するセビージャだ。 セビージャはホルヘ・サンパオリ監督がストライカーの獲得を要望。ボルシアMGは想定外の活躍を披露したテュラムの慰留をすでに断念しており、来年1月にオファーが来た場合は移籍金3000万ユーロ(約42億9000万円)を要求するとされている。 財政状況が苦しいセビージャは、チーム内で重要な戦力と見なされない選手の譲渡を考慮。アルゼンチン代表MFパプ・ゴメス(34)や、同代表MFマルコス・アクーニャ(31)が候補に挙げられている。 2022.11.29 20:16 Tue
twitterfacebook
thumb

トリッピアー、代表チーム束ねる主将ケインを絶賛 「その模範的行動には…」

イングランド代表DFキーラン・トリッピアーが主将のFWハリー・ケインを称えている。イギリス『Evening Standard』が報じた。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループBの2試合を戦って勝ち点4で首位に立つイングランド代表。29日の最終節ではウェールズ代表相手に引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる。 ここまでの2試合にいずれもフル出場するトリッピアーはトッテナム時代にも共にプレーした3歳年下のチーム主将を称え、真のプロフェッショナルだと絶賛している。 「(ケインと)代表チームで長く一緒にプレーしてきて思うんだ。僕は彼と同じチームにいられて幸運だし、ハリー・ケインとは僕が見てきた中で最高のプロフェッショナルの1人。そして何より、僕たちのリーダーだ」 「誰もが毎試合でプレーしたいと思っているし、ハリーも同じ。彼は勝者であり、勝って国の誇りになりたいと思っている。でも、全試合に出るかどうかは彼次第だ」 「彼は陰で自分自身を律し、模範になろうとしている。その模範的行動には、若い選手も尊敬の念を隠さない。若手たちは彼がどのようなトレーニングをしているか、しばしば観察しているんだ」 「もちろん、僕も彼を尊敬している。日々、彼から何かしらを学んでいるのさ」 2022.11.29 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルにも屈して勝利から遠ざかるポッター「このブレイクで充電」

チェルシーのグレアム・ポッター監督が敗戦の弁を述べた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 チェルシーは12日のプレミアリーグ第16節でニューカッスル・ユナイテッドのホームに乗り込み、0-1で敗北。公式戦3連敗で順位もまた1つ下げ、8位に後退した。 リーグ戦に限れば、これで5試合未勝利。新興勢力ニューカッスルに屈し、悪い流れでカタール・ワールドカップ(W杯)の中断に入るポッター監督だが、修正を期した。 「ルベン(・ロフタス=チーク)を早くに失って、うまく入れず、アスピもハーフタイムに苦しんでいた。前半はあまりにもエラーが多すぎたね。ボールを持ったときも最後の部分で足りなかった」 「ニューカッスルは非常にインテンシティ高くプレーしていて、自信にも溢れている。両チームのスケジュール面も歴然の差があった」 「走力、強度は我々の課題。正直なところ、比較的にタイトな試合だったが、ニューカッスルはプレッシャーをかけてきた」 「タフな試合だったよ。少しオーバーラン気味で、交代も余儀なくされた。中盤にあと1人入れたかったが、コナー(・ギャラガー)に頑張ってもらった」 「トライはしたが、必要なゴールを決める部分のクオリティがなかった。もっと突き詰める必要がある。エディ(・ハウ)は素晴らしい。我々からしたら良くないことだがね。このブレイクで充電したい」 2022.11.13 10:55 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly