名古屋DF古林将太が仙台へ期限付き移籍

2017.07.23 13:33 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
▽ベガルタ仙台は23日、名古屋グランパスに所属する元U-19日本代表MF古林将太(26)の期限付き移籍での加入を発表した。期間は2018年1月31日まで。背番号は「29」に決定している。

▽湘南ベルマーレの下部組織で育った古林は、2009年10月10日に当時18歳で天皇杯に出場、同クラブのトップ2種登録を用いて、公式戦デビューを果たした。2016年に名古屋グランパス加入すると、移籍初年度の2016シーズンは公式戦34試合に出場。しかし、今シーズンは公式戦3試合のみの出場に留まっていた。古林は両クラブを通じてコメントを出している。

◆ベガルタ仙台

「初めまして 名古屋グランパスから期限付移籍加入することになりました、古林将太です。1日も早く仙台の地に慣れ、チームの勝利に貢献できるよう頑張ります。よろしくお願いします」

◆名古屋グランパス

「この度、ベガルタ仙台への期限付き移籍を決めました。昨年末、必ずJ1(明治安田生命J1リーグ)復帰のために力を出しきると皆さんに誓ったので、このような報告をする事を、とても心苦しく思っています。なかなかチームの力になれない日々が続く中で、試合に出たいという気持ちが日に日に募り、たくさん悩みましたが今回の決断に至りました。練習場、スタジアムで声をかけてくださったファン・サポーターの皆さんに、さらに成長した姿をお見せできるよう、頑張ってきます」

関連ニュース
thumb

愛媛DF前野貴徳が右ヒザ手術、全治4週間

愛媛FCは22日、DF前野貴徳の負傷を発表した。 クラブの発表によると、前野は検査の結果右ヒザ骨軟骨損傷、外側半月板損傷と診断されたとのこと。18日に手術を受けていた。 なお、全治は手術後4週間の見込みとのことだ。 前野は今シーズンの明治安田生命J2リーグで18試合に出場していた。 2021.09.22 15:12 Wed
twitterfacebook
thumb

愛媛FCが東海学園大学MF小原基樹の来季加入内定を発表「ドリブルやボールタッチには自信があります」

愛媛FCは22日、東海学園大学MF小原基樹(21)の来季加入内定を発表した。 小原は愛知県出身で、今シーズンの東海大学サッカーリーグ1部では2アシストを記録している。 また、2021年のデンソーカップチャレンジサッカーの東海選抜に選ばれている。 小原はクラブを通じてコメントしている。 「この度、愛媛FCに加入することになりました東海学園大学の小原 基樹です。プロのキャリアをこの愛媛FCという素晴らしいクラブでスタートできて大変嬉しく思います」 「愛媛FC関係者の皆様や今まで関わってくれた全ての方に感謝し、プレーで恩返しできたらなと思います」 「高校、大学で培ったドリブルやボールタッチには自信があります。愛媛の攻撃に新たな風を吹かせられるように頑張っていきます。応援よろしくお願いします! 2021.09.22 13:48 Wed
twitterfacebook
thumb

今季柏入りのペドロ・ハウル、メキシコクラブにレンタル…オルンガに代わる得点源として期待も3得点

柏レイソルは21日、FWペドロ・ハウル(24)がメキシコのフアレスに期限付き移籍で加わると発表した。 ペドロ・ハウルは今季、ボタフォゴから完全移籍加入。かつてボタフォゴで元日本代表FW本田圭佑とも同僚だった身長192cmのブラジル人ストライカーは昨季まで在籍したケニア代表FWマイケル・オルンガに代わる新たな主砲として期待されたが、公式戦11試合の出番しかなく、明治安田生命J1リーグでも8試合のプレーで3得点にとどまった。 シーズン途中での移籍を受け、柏を通じて、これまでのサポートに感謝の言葉を送るとともに、別れの挨拶をした。 「私がレイソルに来た初日から、柏サポーターの皆様から常に応援をしてもらったことを心から感謝しています。来日してから色々な困難がある中、私はいつもこのユニホームを着る際にチームやサポーターのために全力で闘いました。レイソル関係者の全ての人々のことを一生忘れません。遠くからチームの健闘をずっと祈っています」 一方のフアレスも20日に獲得を発表。そのフアレスはリーガMXに属しており、前期のここまで2勝2分け5敗の14位につけている。 2021.09.21 16:10 Tue
twitterfacebook
thumb

岩手の大卒ルーキー増田隼司がプロB契約を勝ち取る

いわてグルージャ盛岡は20日、MF増田隼司(23)とのプロB契約締結を発表した。 増田は近畿大学から今季入団。11日に行われた明治安田生命J3リーグ第18節の鹿児島ユナイテッドFC戦でJリーグ初得点をマークするなど、ここまでリーグ戦15試合、天皇杯2試合に出場している。 そんな増田は19日に行われた第19節のテゲバジャーロ宮崎戦で通算試合出場時間がプロB契約締結条件である1350分をクリアした。算試合出場時間がプロB契約締結条件である1350分をクリアした。 2021.09.20 18:35 Mon
twitterfacebook
thumb

FC東京が安田虎士朗、梶浦勇輝、野澤零温の来季トップ昇格を発表

FC東京は20日、同クラブU-18に所属するMF安田虎士朗(18)、MF梶浦勇輝(17)、FW野澤零温(18)の来季加入内定を発表した。 3選手はともに今季、2種登録選手としてトップチームに登録され、それぞれJリーグYBCルヴァンカップの1試合に出場。来季からのトップチーム入りが内定し、クラブを通じて喜びの思いとともに、意気込みを語った。 ◆安田虎士朗 「子供の頃からのプロサッカー選手になるという夢を東京でスタートできる事をとても嬉しく思います。ここからが新たなスタートとなるので、何事も前向きに頑張ります。ファン・サポーターの皆さまがワクワクするようなプレーを魅せれるように努力し、勝利の喜びを届けられるように全力でプレーします。応援よろしくお願いします!」 ◆梶浦勇輝 「来シーズンからトップチームへ昇格することなりました梶浦勇輝です。プロサッカー選手のキャリアのスタートを幼い頃から憧れていたFC東京という素晴らしいクラブでスタートできることを本当に嬉しく思います」 「このスタートラインに立てたのは、ここまで成長させてくださった指導者の方々や、助けてくれたチームメイト、いつでも応援してくれたファン・サポーターの方々、そして常に支え続けてくれた家族と全ての人のおかげです」 「感謝と謙虚な気持ちを忘れずにいち早くJ1のピッチに立ってクラブに結果で貢献できるようにさらに努力をして成長していきたいと思います。東京のファン、サポーターの皆様これからもよろしくお願い致します」 ◆野澤零温 「来シーズン、トップチームへ昇格することになりました野澤零温です。プロサッカー選手になるという幼い頃からの夢を東京で実現することができ、とても嬉しく思います。また、今の自分があるのは家族をはじめとし、ファン・サポーターの皆様や今まで自分に関わってくださった指導者の方々のおかげです」 「本当に感謝しています。これからは1人のプロサッカー選手、1人の青赤戦士として、今まで以上に自覚と責任をもち感謝の気持ちを忘れず全力でプレーします。1年目から結果にこだわり必ずチームの勝利に貢献し、リーグ優勝を目指していくので応援よろしくお願いします!」 2021.09.20 13:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly