チャビが古巣の選手育成に苦言「眠っている」2017.07.20 11:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽現在はカタールのアル・サッドでプレーする元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスが、自身も育ったバルセロナのカンテラへ苦言を呈した。『ESPN』が報じた。▽11歳の時にバルセロナのカンテラに加入したチャビ。下部組織でも順調に結果を残し昇格を繰り返すと、1998年7月にトップチームへと昇格。同年8月にトップチームデビューしていた。バルセロナでは、リーガエスパニョーラで8回、コパ・デル・レイで3回、チャンピオンズリーグで4回優勝を果たしている。

▽バルセロナのカンテラは世界的にも有名で、多くの選手を輩出。現在もFWリオネル・メッシやMFアンドレス・イニエスタ、MFセルヒオ・ブスケッツ、DFジェラール・ピケらがプレー。過去にもチャビの他、ジョゼップ・グアルディオラやカルレス・プジョールなどを輩出してきた。

▽しかし、近年はトップチームでプレーする選手の多くが移籍組となり、現状ではMFセルジ・ロベルトがレギュラークラスの選手として最後のカンテラ出身選手となっている。この現状にチャビが苦言を呈した。

「バルセロナは少し自己満足していたと思う。人々は、プジョール、イニエスタ、メッシ、ビクトール・バルデス、ジェラール・ピケ、ペドロ、セルヒオ・ブスケッツが育ち、これは全て順調だった。確かに2年に1回これらのような選手が来る」

「しかし、現実はそうではない。僕はラ・マシア(バルセロナ下部組織の寮)でプレーすることを学んだ。トップチームではなくね。アカデミーのコーチは選手を育てなければならず、教えなければならない。その時代その時代に選手を育てなければならない。勝てばいいだろうが、それが目的ではない」

▽バルセロナのBチームは、新シーズンから2部に昇格。「僕も喜んでいる」とチャビは語ったが、「それは必須ではない」とコメント。Bチームの所属リーグは関係ないと主張した。

「グアルディオラは4部にいたBチームからブスケッツとペドロをトップチームに引き上げた。ジェフレン、ビクトール・サンチェス、ボージャンもだ」

「Bチームが2部や3部に所属していることは問題ではない。ポイントは、特定のスタイルの選手を育てることだ」

▽インターナショナル・チャンピオンズカップに臨むバルセロナは、セルジ・パレンシア、マルク・ククレジャ、カルレス・アレナの3選手をBチームから帯同している。しかし、チャビはもっと多くの選手がトップチームに上がる準備ができていると語った。

「最初の質問は“どれぐらいの選手がトップチームでプレーできるか?”だったね。Bチームの目的は、6〜8人、もっと言えば10人の選手とトップチームに上げることだ」

「トップチームの監督は、例えば選手がケガをした時、サイドバックや中盤の選手に頼る必要がある。そのために、通常はアカデミーがあるんだ。でも、僕はバルセロナが眠っていると思うね」
コメント
関連ニュース
thumb

バルセロナ、堂安同僚のU-19オランダ代表MFライスを獲得!

バルセロナは23日、MF堂安律が所属するフローニンヘンからU-19オランダ代表MFルドビド・ライス(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。 移籍金は325万ユーロ(約4億円)で、契約期間は2022年6月30日までの3年間。2年延長のオプションが付いている。なお、契約解除金は1億ユーロ(約122億円)に設定された。 スロバキア出身の両親の下、オランダで生まれたセントラルMFのライスは、2015年からフローニンヘンでプレー。2017年9月にトップチームデビューを飾り、今季から主力に定着。2018-19シーズンはエールディビジで29試合に出場して1ゴール1アシストを記録していた。 また、U-19オランダ代表としては8試合の出場歴を持っている。 2019.05.24 00:50 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサが狙う今季リーガ13発のウルグアイ代表FW、30億円オファーも拒否される

今夏の移籍市場でストライカーの獲得を目指すバルセロナ。しかし、セルタのウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(22)の獲得は簡単にはいかないようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 マキシ・ゴメスは、ウルグアイのデフェンソールから2017年7月にセルタへと加入。今シーズンのリーガエスパニョーラでは35試合に出場し13ゴール5アシストと結果を残していた。バルセロナ戦でも1ゴールを記録している。 『ムンド・デポルティボ』によると、バルセロナはマキシ・ゴメス獲得に2500万ユーロ(約30億7200万円)のオファーを出しているものの、獲得には十分ではないとのこと。マキシ・ゴメスは5000万ユーロ(約61億4400万円)の契約解除条項があり、セルタは4000万ユーロ(約49億1500万円)以下では手放すつもりがないようだ。 セルタは、受け取った移籍金の20%をマキシ・ゴメスの古巣であるデフェンソールに支払うこととなっており、その点を考慮しても値下げは考えないとのことだ。 マキシ・ゴメスにはトッテナムやウェストハムも獲得に興味を見せており、急襲する可能性もあるとのこと。同胞であるFWルイス・スアレスとのウルグアイコンビ形成に期待されているが、バルセロナはどう動くのだろうか。アトレティコ・マドリーからの獲得が濃厚となっているフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンとともに獲得するとなれば、より強力な攻撃陣が築かれることとなる。 2019.05.23 10:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ヒザを負傷しているテア・シュテーゲン、バレンシアとのコパ決勝を欠場

バルセロナは22日、25日に行われるバレンシアとのコパ・デル・レイ決勝にドイツ代表GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンが出場できないことを発表した。 テア・シュテーゲンは右ヒザに痛みを抱え、7日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグのリバプール戦以降、リーガエスパニョーラ2試合を欠場していた。 バルセロナはそのテア・シュテーゲンについて「今後数週間治療を続けていく」と発表している。 テア・シュテーゲンは今季のコパ・デル・レイでは準決勝のレアル・マドリー戦で2試合に出場していた。リーガエスパニョーラとの国内2冠を目指す中、代役はオランダ代表GKイェスパー・シレッセンが務めることになる。 2019.05.23 03:22 Thu
twitterfacebook
thumb

やはりバルサに? デ・リフト「他のチームでもデ・ヨングとプレーできたら良いね」

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)が、バルセロナへの移籍が決定している同僚との共演を希望している。スペイン『マルカ』がオランダ『Voetbal Primeur』を引用して伝えている。 高い身体能力や足元の技術を兼ね備え、名門アヤックスで主将を務めるデ・リフト。今シーズン、KNVBベーカーとエールディビジの国内2冠に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出を果たした若きチームを攻守両面でけん引し続けた。 そんなデ・リフトにはバルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールといったメガクラブが注目。金銭面などで他クラブへの移籍も囁かれている中、バルセロナへの移籍が既定路線とされている。 そうした中、デ・リフトは、すでにバルセロナ行きが決定している同胞のMFフレンキー・デ・ヨングについて言及。同選手を称賛すると共に、自身もバルセロナ加入を望んでいるかのようなコメントを残した。 「(デ・ヨングは)素晴らしいシーズンを送ったと思う。デ・ヨングはバルセロナでプレーするのに値しているね」 「他のチームでもフレンキー(・ヨング)とプレーできたら良いね。でも現時点では、そうならないよ」 2019.05.22 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「ちょっと誰かと話をしていたんだ…」ヘンダーソン、バルサ戦での不意打ちCKを見逃していた!?

リバプールのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが、バルセロナ戦の驚愕CKを振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 リバプールは7日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグでバルセロナをアンフィールドに迎えた。1stレグを0-3で落とし、危機的状況だったリバプールだったが、FWディヴォク・オリジ、途中出場のMFジョルジニオ・ワイナルドゥムの2ゴールで2戦合計スコアを3-3に。そして、迎えた79分、予想外な形で決勝ゴールが生まれた。 ボックス右外でパスを受けたアーノルドは、MFセルジ・ロベルトにボールを当てて右CKを獲得。そのままボールボーイからボールを授かり、コーナーアークにボールをセットすると、寄ってきたMFジェルダン・シャキリにキッカーを譲ろうと、その場を離れようとする。しかし次の瞬間、アーノルドはゴール前のバルセロナ守備陣がゆっくり準備に移ろうとしていたのを見逃さず、中央のオリジに鋭いクロスを供給。このパスを感じていたオリジが冷静にゴールに流し込んだ。 バルセロナの意表を突いたこのゴールは、奇跡の大逆転、そして2シーズン連続での決勝進出を決める決勝弾に。しかし、ヘンダーソンはこのゴールを見ていなかったようだ。あの場面での出来事をこう振り返る。 「僕はちょっと誰かと話をしていたんだ。コーナーの作戦なんかをね」 「で、振り向いたらボールがゴールネットに吸い込まれていて、僕は何が起こったか本当にわからなかったんだよ」 「あのようなビッグゲームであんなゴールが決まるなんて驚きだよ。若い選手が気づいてそれを可能にしたこと、ディヴォクがあのボールに反応できたこと、どちらも素晴らしかった」 「素晴らしいフィニッシュだった。素晴らしいゴールだった。あれはあの夜を集約したものだった。今後、長きに渡って語り継がれる特別な夜になったね」 味方をも惑わせた不意打ちCKで決勝進出を決めたリバプール。6月1日に行われる決勝では、14シーズンぶりの優勝を目指してトッテナムと対戦する。 2019.05.22 11:40 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース