U-19日本、MF伊藤洋輝のミドルで先制も再三の決定機逸してキューバとの初戦をドロー《トゥーロン国際大会2017》2017.05.30 01:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽U-19日本代表は29日、トゥーロン国際大会2017のグループA初戦となったU-19キューバ代表戦に臨み、1-1で引き分けた。

▽現在、FIFA・U-20ワールドカップを戦うU-20日本代表と共に2020年東京オリンピック世代のU-19日本代表は、その東京オリンピックに向けて重要な試金石の1つとなるトゥーロン国際大会に臨む。前大会覇者のU-19イングランド代表、U-19アンゴラ代表と同居したグループAの初戦では、格下と目されるキューバ相手に白星スタートを目指した。

▽影山監督は、この初戦に向けて[4-4-2]の布陣を採用。GKに大迫敬介、最終ラインは右から田中康介、中川創、立田悠悟、三国スティビアエブス。中盤は吉尾海夏、住永翔、伊藤洋輝、針谷岳晃。2トップには小松蓮、安部裕葵が入った。

▽開始直後に相手のサンドのヘディングシュートを許した日本だったが、その後は一転して攻勢に出る。5分には針谷のグラウンダーのスルーパスに抜け出した安部がボックス内でGKと一対一になるが、中央への持ち出しを読まれてブロックされる。このこぼれ球を小松がシュートするが、今度はDFにブロックされた。

▽ボールを保持して相手を押し込む日本は、11分にもボックス右でパスを受けた安部が鋭い反転から左足を振り抜くが、このシュートはわずかにクロスバーの上を越えた。

▽主導権を渡さない日本は、26分にも見事なダイレクトでのパス交換から吉尾のスルーパスに抜け出した安部がボックス外で飛び出したGKより先にシュートを放つが、これは右ポストを叩く。続く31分にはボックス手前で得たFKの場面でサインプレーからボックス左でフリーの立田が頭で折り返したボールに、ファーの伊藤が飛び込むが、わずかに届かない。

▽前半終了間際の39分にも安部のポストプレーからボックス右に持ち込んだ伊藤が枠を捉えたシュートを放つが、これは相手GKの好守に遭い、先制点とはならず。逆に、前半アディショナルタイムにはいずれもミスから相手の長身FWミラネスにボックス内で決定機を作られるが、前半は0-0のままタイムアップを迎えた。

▽迎えた後半、日本は立田に代えてDF麻田将吾をハーフタイム明けにセンターバックに投入。また、前半右サイドバックを務めた田中康と、左サイドバックの三国のポジションを入れ替えた。

▽すると、開始直後にはその田中康の左サイドから際どいクロスが入るが、ゴール前に飛び込んだ2人の味方の頭には合わず。さらに51分には麻田のロングフィードに反応した吉尾が右サイド深くでDFと入れ替わって、ボックス内に侵入。得意の左足を振り抜くが、このシュートはクロスバーを叩き、またしてもゴールとはならない。

▽決定力を欠きゴールが遠い日本は58分、安部を下げてFW安藤瑞季を投入。すると60分、右サイドで三国が入れたクロスのクリアボールをボックス手前左で拾った伊藤がすかさず左足を振り抜くと、このミドルシュートがゴール右上隅に突き刺さり、待望の先制点が生まれた。

▽この先制点でようやく重圧から解放された日本は、安藤の果敢な仕掛けを軸に攻勢を強めると、65分にはその安藤のパスに抜け出した小松がボックス内でGKと一対一になるが、ここは至近距離からのシュートを止められて、絶好のチャンスを逸する。この直後には吉尾を下げてMF田中陸を投入した。

▽その後も試合をコントロールする日本だが、一瞬の隙を突かれて同点に追いつかれる。72分、MFトゥメロのフィードに反応した途中出場のMFバルデスに最終ラインを完璧に破られると、ボックス手前から左足のシュートをゴール左隅に流し込まれた。

▽序盤から決定機をフイにし続けたツケを払い、試合を振り出しに戻された日本は、その後ボックス内に抜け出した安藤、針谷の直接FKでゴールに迫るが、完全にノッてしまったGKディアスにことごとくファインセーブで阻まれ、勝ち越しゴールが遠い。試合終了間際には住永に代えてMF黒川淳史を投入するが、試合は1-1のままタイムアップ。

▽前半から攻守に相手を圧倒したものの、再三の決定機を逃し続けた日本は、トゥーロン国際大会2017初戦をドローでスタートすることになった。なお、日本は今大会初勝利を目指して6月1日にアンゴラとの第2節に臨む。
コメント
関連ニュース
thumb

AFC U-19選手権、U-16選手権の予選組み合わせが決定! 今秋に予選開催

アジアサッカー連盟(AFC)は9日、マレーシアのクアラルンプールで、2020年に行われるAFC U-19選手権、U-16選手権の予選組み合わせ抽選会を実施した。 U-19日本代表は、ベトナム、モンゴル、グアムと同じグループJに、U-16日本代表はマレーシア、カンボジア、ラオスと同じグループJに入った。 U-19選手権予選は、西地区と東地区に分かれ、西地区は25カ国、東地区は21カ国が参加。それぞれ6グループ、5グループに分かれて行われる。各グループの1位に加え、2位の上位4カ国が本大会への出場権を獲得。日本のグループJは、ベトナムで11月2日〜10日に行われる。 U-16選手権予選は、U-19選手権と同様に西地区と東地区に分かれ、西地区は25カ国、東地区は22カ国が参加。それぞれ、6グループ、5グループに分かれて行われる。各グループ1位に加え、2位の上位4カ国が本大会への出場権を獲得。日本のグループJは、ラオスで9月14日〜22日に行われる。 ◆AFC U-19選手権2020予選(11/2〜10) <西地区> グループ A:イラク(H)、オマーン、パレスチナ、クウェート、パキスタン グループ B:カタール(H)、イエメン、トルクメニスタン、スリランカ グループ C:タジキスタン(H)、シリア、レバノン、モルディブ グループ D : UAE、イラン(H)、キルギス、ネパール グループ E:ヨルダン、バーレーン(H)、バングラデシュ、ブータン グループ F:サウジアラビア(H)、ウズベキスタン、インド、アフガニスタン <東地区> グループ G:タイ、マレーシア、カンボジア(H)、ブルネイ グループ H:オーストラリア、チャイニーズ・タイペイ(H)、マカオ、ラオス グループ I :韓国、中国、ミャンマー(H)、シンガポール グループ J :<span style="color:#ff0000;">日本</span>、ベトナム(H)、モンゴル、グアム グループ K : インドネシア(H)、北朝鮮、香港、東ティモール ※(H)は予選開催地 AFC U-16 選手権 2020 予選(9/14 - 22)組み合わせ <西地区> グループ A:タジキスタン、ヨルダン(H)、ネパール、スリランカ、クウェート グループ B:インド、ウズベキスタン(H)、バーレーン、トルクメニスタン グループ C:イラン(H)、アフガニスタン、パレスチナ、モルディブ グループ D : オマーン、サウジアラビア(H)、シリア、パキスタン グループ E:イエメン、バングラデシュ、カタール(H)、ブータン グループ F:イラク、キルギス(H)、レバノン、UAE <東地区> グループ G:インドネシア(H)、中国、ブルネイ、フィリピン グループ H:オーストラリア、ベトナム(H)、東ティモール、モンゴル、マカオ グループ I :北朝鮮、香港、シンガポール(H)、グアム グループ J :<span style="color:#ff0000;">日本</span>、マレーシア、カンボジア、ラオス(H) グループ K : 韓国、タイ、ミャンマー(H)、チャイニーズ・タイペイ ※(H)は予選開催地 2019.05.09 20:10 Thu
twitterfacebook
thumb

U-19日本代表メンバー発表! 久保建英、中村敬斗、齊藤未月ら《ブラジル遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は7日、ブラジル遠征を行うU-19日本代表メンバーを発表した。 ▽今回は、FW久保建英(横浜F・マリノス)やFW中村敬斗(ガンバ大阪)、MF齊藤未月(湘南ベルマーレ)、DF橋岡大樹(浦和レッズ)らJリーグでも出場機会を得る有望株が招集を受けた。 ▽ブラジル遠征は13〜23日まで実施。第1戦や第2戦の相手は現時点で未定だが、第3戦はU-19ブラジル代表との対戦が決まっている。 ◆U-19日本代表メンバー GK 大迫敬介(サンフレッチェ広島) 谷晃生(ガンバ大阪) DF 橋岡大樹(浦和レッズ) 宮本駿晃(柏レイソル) 角田涼太朗(筑波大学) 川井歩(サンフレッチェ広島) 瀬古歩夢(セレッソ大阪U-18) 菅原由勢(名古屋グランパスU-18) 小林友希(ヴィッセル神戸U-18) MF 齊藤未月(湘南ベルマーレ) 中島元彦(セレッソ大阪) 郷家友太(ヴィッセル神戸) 山田康太(横浜F・マリノス) 平川怜(FC東京) 斉藤光毅(横浜FCユース) 西川潤(桐光学園高校) FW 田川亨介(サガン鳥栖) 宮代大聖(川崎フロンターレU-18) 中村敬斗(ガンバ大阪) 久保建英(横浜F・マリノス) 2018.12.07 15:55 Fri
twitterfacebook
thumb

サウジアラビアに完敗で日本の大会連覇はならず… 決勝は韓国vsサウジアラビアに《AFC U-19選手権》

▽U-19日本代表は1日、AFC U-19選手権インドネシア2018準決勝でU-19サウジアラビア代表と対戦し、0-2で敗戦した。 ▽準々決勝でホスト国のU-19インドネシア代表を2-0で下した日本は来年行われるU-20ワールドカップ(W杯)出場権を獲得。最低限のノルマは達成した。大会2連覇を目指して挑む準決勝では、グループステージから全勝を続けている強敵サウジアラビアが相手。前回大会の決勝でも戦っており、真価が問われる一戦だ。 ▽インドネシア戦後、安部裕葵と藤本寛也の負傷離脱が伝えられた日本は、今回のスタメンは前回から橋岡大樹と伊藤洋輝を除く9選手を変更。注目の久保建英はベンチスタートとなった。 ▽序盤はコンパクトに保つサウジアラビアにペースを握られる日本。相手の個人の能力も高く、球際でタフな場面が見受けられる。 ▽互いになかなかシュートまで持ち込めない展開が続く中、試合は29分に動いた。日本が左サイドから攻める場面。マイナスに上げたクロスを奪われると、サウジアラビアはすぐさまカウンターを発動する。右サイドを烈火のごとく侵攻し、あっという間にボックス右に侵入。最後はアル=アマルのシュートを放つ。ボックス右深くからのグラウンダーのシュートだったが、これをGK若原がファンブル。オウンゴールで相手に先制点を許してしまった。 ▽勢いがついたサウジアラビアは33分には細かいパス回しで日本サイドを中央突破。ボックス右のアル=ジャシャンからゴール前にクロスが送られると、アル=カフタニが滑り込みながら合わせたが大きくふかしてしまった。 ▽その後も楽々と日本ゴールに迫るサウジアラビア。38分には三度右サイドを侵略。先ほどと同じようにゴール前にグラウンダーのクロスが送られたが、今度は橋岡がしっかりクリアしてみせた。 ▽枠内シュートがゼロに抑えられた日本。このまま後半に進みたかったが猛攻仕掛けるサウジアラビアはそれを許してくれなかった。前半アディショナルタイム、ボックス左からアル=ベシェにシュートを見舞われる。これはGK若原が弾いたものの、その先にいたアル=ガンナムに押し込まれリードを広げられてしまった。 ▽2点を追う日本は、後半から田川亨介と三国ケネディエブスを下げて久保と宮代大聖を投入。2トップに宮代と原を配置した[4-4-2]に布陣を変更した。後半開始から積極的にボールを奪いに行く日本だが、なかなかシュートチャンスまで至れず。 ▽後半に入っても細かいパス回しで日本ゴールに迫るサウジアラビアは59分、ドリブルで中央を切り裂いたアル=ジャシャンがラストパスを供給。これをボックス左から走り込んだアル=ガンナムがシュートまで持ち込むが、これはゴール右に外れた。 ▽ピンチを凌いだ日本は67分、宮代とのパス交換でボックス左から侵入した久保が縦に切り込むと角度のない位置からシュートを狙ったが、このシュートはゴール右に逸れる。1点が遠い日本は、71分に原大智を下げて斉藤光毅を投入。久保を2トップの一角に上げ、斉藤を右サイドMFに配置した。 ▽素早い攻守の切り替えを続けるサウジアラビアの守備を前にリズムを掴めない日本は、その後も攻撃陣が沈黙。0-2で痛恨の敗戦となった。この結果、日本は準決勝敗退となり大会連覇の夢は潰えた。 ▽なお、決勝戦は同日に行われたU-19カタール代表vsU-19韓国代表で1-3と勝利した韓国とサウジアラビアで行われる。 2018.11.01 23:40 Thu
twitterfacebook
thumb

U-19日本代表、安部裕葵&藤本寛也が離脱…準決勝進出でU-20杯出場権獲得《AFC U-19選手権》

▽日本サッカー協会(JFA)は30日、鹿島アントラーズのFW安部裕葵、東京ヴェルディに所属するMF藤本寛也のU-19日本代表離脱を発表した。 ▽安部の離脱理由はクラブ事情のため。藤本は28日に行われたAFC U-19選手権準々決勝のU-19インドネシア戦で負ったケガによる負傷離脱となる。 ▽両選手は、JFAの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆安部裕葵 「この度は途中でチームを抜けるという形になりました。まず、この大会期間中、サポートしてくださった全ての関係者に感謝します。色々な感情が生まれる中で前向きに前向きに理解し、自分に与えられたステージに誇りと感謝を持ち、プレーしていきます。最後に U-19日本代表の優勝を願っています」 ◆藤本寛也 「今回は途中離脱することになりましたが、また代表チームに戻れるように、チームで頑張っていきたいと思います。FIFA U-20 ワールドカップに出場するためにも、まずは怪我をしっかり治し、そして日々のトレーニング、試合から成長できるよう取り組んでいきます。U19日本代表がアジアチャンピオンになることを信じています」 ▽U-19日本代表は、インドネシアに勝利したため、来年開催のU-20ワールドカップの出場権を獲得。次は連覇を目指して、11月1日に行われる準決勝でU-19サウジアラビア代表と対戦する。 2018.10.30 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

U-19日本代表がGS全勝で準々決勝へ! U-20W杯切符まであと1勝《AFC U-19選手権》

▽U-19日本代表は25日、AFC U-19選手権インドネシア2018グループB第3節のU-19イラク代表戦に臨み、5-0で勝利した。 ▽開幕2連勝でグループステージ首位通過が決定済みのU-19日本代表。グループ全勝突破を懸けて、U-19イラク代表と対戦する。そのグループ最終戦に向けては、前節のU-19タイ代表戦の先発から石原を除く10名が変更に。大迫、小林、荻原、滝が大会初登場となり、山田と原は初先発を果たした。 ▽試合は10分、右サイドの原大智からボールを受けた久保が左足アウトサイドでゴール前にボールを供給。滝が競り合いながらバックヒールでゴールに流し込み、U-19日本代表が先制に成功する。 ▽続く27分、左サイドでオーバーラップした荻原がマイナス方向にクロス。これに反応した久保がスルーすると、後方からゴール前に侵攻の田川が右足で合わせ、U-19日本代表が追加点を手にした。 ▽34分にも右サイドからクサビを田川がスルーすると、背後に入った原が右足で蹴り込み、U-19日本代表が3点目。前半のうちに大量リードに成功したが、迎えた後半も攻撃の手を緩めない。 ▽77分、左CKから原がこの日2点目となるヘディングシュートを決めてチーム4得点目。さらに、85分に斉藤光毅がカットインから3試合連続ゴールとなる得点を挙げた。 ▽大量5得点でグループステージ最終戦を白星で飾ったU-19日本代表は、3戦全勝で首位通過。28日に行われる準々決勝のU-19インドネシア代表戦で勝利すれば、U-20ワールドカップの出場権獲得となる。 2018.10.25 20:00 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース