ベティスのイタリア人DFピッチーニがスポルティングへ移籍2017.05.16 02:49 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スポルティング・リスボンは15日、ベティスのイタリア人DFクリスティアーノ・ピッチーニ(24)を獲得したと発表した。契約期間は5年で、移籍金は『フットボール・イタリア』によれば300万ユーロ(約3億7000万円)とのことだ。▽2014年夏にフィオレンティーナからベティスに加入した右サイドバックを主戦場とするピッチーニは、在籍3年間で公式戦58試合に出場し3ゴールを記録。今季はリーガエスパニョーラで23試合に出場し、2ゴールをマークしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコもB・フェルナンデス争奪戦参戦へ

アトレティコ・マドリーが、スポルティング・リスボンに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)の獲得に興味を示しているようだ。ポルトガル『A Bola』の情報を引用してスペイン『マルカ』が報じている。 母国ボアヴィスタ出身のB・フェルナンデスは、2012年に加入したイタリアのノヴァーラでプロキャリアをスタートさせると、ウディネーゼ、サンプドリアを経て、2017年にスポルティングへ加入。今シーズンの公式戦53試合で32ゴール18アシストと圧巻の数字を残した。 この活躍にアトレティコのディエゴ・シメオネ監督が熱視線を送っているという。同クラブはポルトガル代表MFの獲得に向けて移籍金5000万ユーロ+ボーナス1000万ユーロの総額6000万ユーロ (約73億1000万円)のオファーを準備しているようだ。 しかし、B・フェルナンデスはマンチェスターの両クラブやリバプール、トッテナムといったプレミアリーグ勢が関心を示していると各紙は報じている。同選手の獲得には激しい争奪戦が予想されるが、どのような結末を迎えるだろうか。 2019.06.16 14:06 Sun
twitterfacebook
thumb

ブルーノ・フェルナンデス争奪戦、ユナイテッド優勢か

マンチェスター・ユナイテッドがスポルティング・リスボンに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)の争奪戦で優位に立っているのかもしれない。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今シーズン、公式戦32得点18アシストのハイパフォーマンスを披露したブルーノ・フェルナンデス。今夏、ユナイテッドのほか、マンチェスター・シティ、リバプール、トッテナムといったプレミアリーグ勢の関心が取り沙汰されており、動向に注目が集まっている。 だが、トップ下やインサイドハーフが主戦場のブルーノ・フェルナンデスに対して、リバプールは興味を失っており、トッテナムも撤退。シティも熱が冷め気味であるため、依然として関心を示しているユナイテッドに獲得レースを制する可能性が出てきているという。 そのブルーノ・フェルナンデス獲得に必要といわれる移籍金は5000万ポンド(約68億3000万円)。すでにウェールズ代表MFダニエル・ジェームズ(21)を獲得したユナイテッドは、ポルトガルの人気プレーメーカーをも射止めるのだろうか。 なお、ユナイテッドはイギリス産の有望株を中心とした補強が指摘されており、レスター・シティのイングランド代表DFハリー・マグワイア(26)や、クリスタル・パレスのU-21同国代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)にも関心を示しているとみられる。 2019.06.15 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

レガネス、アルゼンチン人DFホナタン・シルバをスポルティングから完全移籍で買い取り

レガネスは3日、スポルティング・リスボンのアルゼンチン人DFホナタン・シルバ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年間となっている。 左サイドバックを主戦場とするホナタン・シルバは、2014年8月にエストゥディアンテスからスポルティングに加入。その後、ボカ・ジュニアーズやローマへのレンタル移籍を経て、今季はレガネスにレンタルで移籍していた。 そのレガネスではリーガエスパニョーラ30試合の出場で3ゴール6アシストと活躍。13位で終えたチームの主力として存在感を示していた。 2019.06.04 03:30 Tue
twitterfacebook
thumb

B・フェルナンデス、マンチェスター行き噂も望まず? 「リバプールの方が好き」

スポルティング・リスボンに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)が自身の好きなチームを明かしている。イギリス『メトロ』が報じている。 母国ボアヴィスタ出身のB・フェルナンデスは、2012年に加入したイタリアのノヴァーラでプロキャリアをスタートさせると、ウディネーゼ、サンプドリアを経て、2017年にスポルティングへ加入。今シーズンの公式戦53試合で32ゴール18アシストと圧巻の数字を残した。 この活躍にマンチェスター・ユナイテッドが6200万ポンド(約84億9000万円)での獲得を目指していることや、中盤の強化を目論むマンチェスター・シティがリストアップしていることが各紙によって報じられている。 しかし、ポルトガル代表MFは、関心が囁かれるマンチェスターの両クラブよりも、リバプールのユルゲン・クロップ監督が掲げる “ゲーゲンプレス”が好きだとポルトガル『Record』のインタビューで明かしている。 「シティよりリバプールのプレースタイルの方が大好きだ。(シティよりは)組織化されていないけど、より直線的でオフェンシブで激しいサッカーだからね」 「シティはボールが無い時の11人の強度がある。プレスをかける瞬間に相手を隅に追い込んでボールを奪うことができている」 「リバプールはより選手たちの個が際立っているね。特に中盤の選手だ。彼らの中盤の3選手はとてもアグレッシブで自分たちだけでボールを回収してしまうからね」 2019.06.03 23:02 Mon
twitterfacebook
thumb

マテューがスポルティングと契約更新

スポルティング・リスボンは21日、元フランス代表DFジェレミー・マテュー(35)と、契約を1年延長したことを発表した。 クラブとの契約を2020年までとしたマテューは公式サイトで「ここで続けることができて本当に嬉しい。スポルティングが僕を信頼してくれたことに感謝したい」と述べている。 トゥールーズやバレンシア、バルセロナなどでプレーしたマテューは2017年夏にスポルティングに加入。1年目の昨シーズンは公式戦48試合に出場し、国内カップ戦のひとつ、アリアンツ・カップ優勝に貢献。今季はケガの影響で出場数を減らしたものの、アリアンツ・カップ戦連覇を達成した。さらに25日には、日本では天皇杯にあたるタッサ・デ・ポルトガル決勝が控えており、ポルトと優勝を懸けて戦う。 マテューは「僕たちには勝って優勝しなければならない試合がもう一つある。最も重要なことだ」と、契約延長も気を引き締め直している。 2019.05.22 13:25 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース