アヤックスのオランダ代表FWエル・ガジがリールへ完全移籍2017.01.31 23:12 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リールは1月31日、アヤックスからオランダ代表FWアンワル・エル・ガジ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年半となっている。移籍金はフランス『レキップ』によると700万ユーロ(約8億5000万円)とのことだ。▽モロッコにルーツを持つウインガーのエル・ガジは、アヤックスのユース出身。188cmと長身ながらスピードに優れるドリブラーであることから、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを彷彿させると評価を受けている。そのエル・ガジは2014-15シーズンから主力として活躍。今季はややパフォーマンスを落とし、リーグ戦7試合の先発に留まっていた。

▽オランダ代表としては2015年10月にデビューしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコ、エルモソ失敗ならブリントorオタメンディ?

アトレティコ・マドリーが、エスパニョールに所属するスペイン代表DFマリオ・エルモソ(24)の獲得を失敗した場合に備え、プランBを用意しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 今シーズン限りでウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン、フランス代表DFリュカ・エルナンデスが退団したアトレティコは、2選手のセンターバックの確保が急務に。すでにポルトからゴディンの後釜としてブラジル代表DFフェリペ(30)を獲得している中、現在はリュカの後釜としてエルモソの獲得に動いていることが報じられている。 エルモソの推定契約解除金は4000万ユーロ(約48億7000万円)。ただ、アトレティコは現行契約が残り1年を切ろうしている同選手に対して、同額を支払うことは躊躇しており、引き下げを要求している状況だが、エスパニョールはそれに応じない構えのようだ。 そこでアトレティコは、代替案としてアヤックスに所属するオランダ代表DFダレイ・ブリント(29)とマンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディ(31)をリストアップ。中でも、アトレティコを率いるディエゴ・シメオネ監督は、同胞である後者を好んでいるようだが、給与面がネックになると同メディアは見解を示している。 2019.06.25 13:40 Tue
twitterfacebook
thumb

アヤックス、ベンフィカからレンタル中のポルトガル代表GKヴァレラのレンタル期間延長を発表!

アヤックスは24日、ポルトガル代表GKブルーノ・ヴァレラ(24)のレンタル契約に関して保有元のベンフィカとレンタル期間延長で合意に至ったことを発表した。レンタル期間は2020年6月30日までとなり、買い取りオプションは引き続き有効となる。 ベンフィカの下部組織出身のヴァレラはレンタル先のバジャドリーでトップカテゴリーでのキャリアをスタート。その後、2016年にヴィトーリア・セツバルに完全移籍し1シーズン目から正GKとして活躍。その翌年にはベンフィカが買い戻しオプションを行使し、古巣帰還を果たした。 昨シーズンはベンフィカの正GKとして活躍したが、今季はドイツ人GKオディッセアス・ヴラホディモスとのポジション争いに敗れて公式戦の出場はなかった。そして、今年1月末にシーズン終了までのレンタルでアヤックスに加入したが、同クラブでも公式戦の出場機会はなかった。 2019.06.25 04:45 Tue
twitterfacebook
thumb

アヤックス、セビージャからオランダ代表FWプロメスを21億円で獲得!

アヤックスは24日、セビージャからオランダ代表FWクインシー・プロメス(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「11」に決定。契約期間は2024年6月30日までの5年となる。 なお、アヤックスはプロメスの移籍金として最大1720万ユーロ(約21億円)を支払うことになる。 アムステルダム出身のプロメスは2002年から2008年までアヤックスのアカデミーに在籍。しかし、16歳の時にピッチ内外での素行不良を理由に契約を打ち切られた過去がある。また、現在チームを率いるエリク・テン・ハグ監督とは、2012-13シーズンにトゥウェンテからレンタル移籍したゴー・アヘッド・イーグルスで1年間指導を受けていた。 2012年にプロデビューを飾ったトゥウェンテで台頭した快速アタッカーのプロメスは、2014年にロシアの名門スパルタク・モスクワに完全移籍。1年目からレギュラーポジションを掴むと、在籍4年間でいずれもリーグ戦2桁ゴールを達成するなど、印象的な活躍を見せていた。 その後、昨夏に加入したセビージャでは公式戦49試合に出場し3ゴール9アシストを記録。ただ、本職ではないウイングバックやサイドバックでの起用を強いられるなど、絶対的な主役の座を掴むまでには至らなかった。また、セビージャが新シーズンからフレン・ロペテギ新監督を招へいしたことも去就に影響を与えているようだ。 なお、2014年にデビューを飾ったオランダ代表ではここまで36試合に出場し6ゴールを記録。現ロナルド・クーマン体制では左右のウイングのポジションで主力を担っている。 2019.06.25 04:26 Tue
twitterfacebook
thumb

アヤックス、セビージャからオランダ代表FWプロメス獲得へ!

アヤックスがセビージャに所属するオランダ代表FWクインシー・プロメス(27)の獲得に迫っているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 『マルカ』が伝えるところによれば、アヤックスは2000万ユーロ(約24億4000万円)の移籍金+今後プロメスが他クラブに移籍した際の移籍金の一部の支払いという条件でセビージャ側の合意を取り付けたという。 また、すでにメディカルチェックを受診したと言われるプロメスとは2024年までの5年契約という条件で個人間合意に至っているようだ。 アムステルダム出身のプロメスは2002年から2008年までアヤックスのアカデミーに在籍。しかし、16歳の時にピッチ内外での素行不良を理由に契約を打ち切られた過去がある。しかし、他クラブでの多くの経験を経て愛する地元クラブへの帰還を果たすことになった。 2012年にプロデビューを飾ったトゥウェンテで台頭した快速アタッカーのプロメスは、2014年にロシアの名門スパルタク・モスクワに完全移籍。1年目からレギュラーポジションを掴むと、在籍4年間でいずれもリーグ戦2桁ゴールを達成するなど、印象的な活躍を見せていた。 その後、昨夏に加入したセビージャでは公式戦49試合に出場し3ゴール9アシストを記録。ただ、本職ではないウイングバックやサイドバックでの起用を強いられるなど、絶対的な主役の座を掴むまでには至らなかった。また、セビージャが新シーズンからフレン・ロペテギ新監督を招へいしたことも去就に影響を与えているようだ。 なお、2014年にデビューを飾ったオランダ代表ではここまで36試合に出場し6ゴールを記録。現ロナルド・クーマン体制では左右のウイングのポジションで主力を担っている。 2019.06.24 23:23 Mon
twitterfacebook
thumb

デ・リフト、ユーベ移籍を決断か…『スカイ』が報道

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のユベントス移籍が迫っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』がイタリア『スカイ』を情報源に報じた。 高い身体能力や足元の技術を兼ね備え、名門アヤックスで主将を務めるデ・リフト。今シーズン、KNVBベーカーとエールディビジの国内2冠に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出を果たした若きチームを攻守両面でけん引し続けた。 そんなデ・リフトには、バルセロナやパリ・サンジェルマン(PSG)、ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、リバプールといったメガクラブからの関心が伝えられており、中でもバルセロナとPSGの2クラブの報道が加熱していた。しかし、最近になって有力と見られていたその2クラブが破談に終わったとの報道が。そしてユベントス行きが濃厚となったようだ。 今回伝えられるところによると、デ・リフトはユベントス移籍を決断。個人間の契約に関する詳細はまだ確定していないものの、移籍金6200万ポンド(約84億7000万円)で移籍に近づいているようだ。 先日、デ・リフトはオランダ代表として参戦したUEFAネーションズリーグ決勝戦のポルトガル代表戦で、ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドから直接、勧誘されたことを明かしていたが、このままユベントス移籍でデ・リフト争奪戦は決着を迎えるのだろうか。 2019.06.22 20:10 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース