かつて大宮や京都で指揮をしたピム・ファーベーク氏がオマーン代表監督に就任

2016.12.14 10:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽オマーンサッカー協会は13日、オマーン代表の新監督にオランダ人指揮官のピム・ファーベーク氏(60)を招へいしたことを発表した。▽ファーベーク監督は、フェイエノールトやフローニンヘンなどエールディビジで監督を務め、大宮アルディージャ、京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)とJリーグのチームでも指揮。ナショナルチームは2006年〜2007年は韓国代表、2007年〜2010年はオーストラリア代表で指揮を執っていた。また、2012年のロンドン・オリンピックではU-23モロッコ代表監督としてU-23日本代表とも対戦している。


▽オマーン代表は、ロシア・ワールドカップ アジア予選に臨んでいたものの2次予選で敗退。11月11日に県立カシマサッカースタジアムで行われた日本代表とのキリンチャレンジカップ2016ではフアン・ラモン・ロペス・カロ監督が指揮を執っていたが、2019年に行われるアジア・カップの予選と2017年に行われるガルフ・カップに向けてファーベーク氏を招へいしたとのことだ。

▽ファーベーク新監督はオマーン代表監督就任に向けてコメント。3月に迫っているアジア・カップ予選でも良い結果を残せると自信を示した。

「最初のアジア予選(アジア・カップ2019最終予選)までは3カ月しかないが、オーストラリア代表の時は6週間でカタール代表に勝利した。良い仕事ができると確信している」
関連ニュース
thumb

クーマン兄を解任していたオマーン代表がクロアチアの名将・イバンコビッチ氏を新監督に招へい

オマーンサッカー協会(OFA)は19日、新監督にブランコ・イバンコビッチ氏(65)が就任することを発表した。 クロアチア出身のイバンコビッチ氏は、母国のヴァルテクスで指導者としてのキャリアをスタート。1998年にはフランス・ワールドカップに臨むクロアチア代表でアシスタントコーチを務めていた。 その後も、ハノーファーやイラン代表、ディナモ・ザグレブ、山東魯能、アル・イテファク(サウジアラビア)、アル・ワフダ(UAE)、ペルセポリス(イラン)と、アジアを中心に指揮を執り続けていた。 ペルセポリスでは、2018年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で決勝に進出。鹿島アントラーズと対戦し、惜しくもアジア王者を逃していた実績もある。 オマーン代表は、昨年12月にガルフ・カップに臨んでいたが、サウジアラビア代表、バーレーン代表、クウェート代表と同居したグループステージで敗退。オランダ代表のロナルド・クーマン監督の実兄であるエルウィン・クーマン監督(58)を解任していた。 オマーンは、カタール・ワールドカップ アジア2次予選でカタール代表、アフガニスタン代表、インド代表、バングラデシュ代表と同居。4勝1敗でカタールと勝ち点差1の2位につけている。 2020.01.20 13:41 Mon
twitterfacebook
thumb

大宮や京都、韓国代表などを指揮したファーベーク監督が引退…アジアカップではオマーンを指揮

オマーン代表監督を務めていたピム・ファーベーク監督(62)が、オマーン代表監督を退任するとともに、監督業からの引退を発表した。オマーンサッカー協会(OFA)が伝えた。 ファーベーク監督は、現役時代にNACやローダ、スパルタ・ロッテルダムでプレー。引退後は、ドルトレヒトでアシスタントコーチを務め、指導者のキャリアをスタートさせた。 初めて監督に就任したのは、ユニタス・ゴーリンヘム。その後、デ・フラーフスハップやフェイエノールト、フローニンヘンなどで監督を歴任すると、1998年に来日。大宮アルディージャの監督に就任した。 大宮では1年半監督を務めると、2001年からフース・ヒディンク監督の下、韓国代表でアシスタントコーチに就任。2002年の日韓ワールドカップではチームの準決勝進出に導いていた。 2003年7月には京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)の監督に就任。その後、オランダ領アンティルの代表監督に就任。その後、ディック・アドフォカート監督の下で、ボルシアMGのアシスタントコーチに就任すると、2005年10月に再び韓国代表のアシスタントコーチを務めた。 ドイツ・ワールドカップ後に韓国代表監督に昇格。しかし、成績が振るわずに2007年のアジアカップを持って解任。2007年12月にオーストラリア代表監督に就任すると、アジアサッカー連盟(AFC)に加盟したオーストラリアを2010年の南アフリカ・ワールドカップへと導いた。 その後は、モロッコで世代別の代表に携わり、2016年12月にオマーン代表監督に就任。2017年末に行われたガルフカップではチームを優勝に導く手腕を見せていた。 今年のアジアカップでは日本代表と同じグループFに入ったものの、1勝2敗でグループ3位に。ラウンド16に進むも、イラン代表に敗れ、大会を後にしていた。 2019.02.07 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

イランがPK失敗のオマーンに完封勝利! ベスト8では中国と対戦《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップ2019の決勝トーナメント1回戦、イラン代表vsオマーン代表が20日に行われ、イランが2-0で勝利した。 グループDを首位通過したイランと、日本と同組のグループFで3位のオマーンが激突。オマーンは、各グループで3位となった6チームの中で、勝ち点や得失点差などで上位4チームに入ったことで決勝トーナメント進出となっていた。 試合は開始1分、後方からのロングパスでディフェンスラインの裏を取ったアル・ガッサニがボックス内でイブラヒミに倒され、オマーンがPKを獲得する予想外の展開に。しかし、キャプテンのアーメドが放ったシュートはGKベイランヴァンドに完全に読まれ見事にセーブされてしまった。 千載一遇のチャンスを逸してしまったオマーン。その後は攻撃の形が作れず停滞気味に。対するイランは、縦に早いサッカーで20分にM・ホッセイニがCKの流れからヘディングシュート。さらにそのシュートからもう一度CKを得て、今度はアズムーンが頭で狙っていく。 25分にタレミがボックス中央からシュートを放ったイランは32分、左サイドのスローインからリスタートし、一旦センターバックのM・ホッセイニへ下げる。ボールを受けたM・ホッセイニはすぐさま前線にロングボール。これは相手DFアルムサラミに渡ってしまうものの、GKに下げようとしたところをA・ジャハンバクシュが奪い、そのままゴールに流し込んだ。 イランはさらに、40分にボックス左でボールを持ったタレミが相手のサード・アル・ムハイニとラエド・サレハに挟まれる形で倒されてPKを獲得。こちらはデヤガーがきっちり決めて、リードを2点に広げた。 オマーンはハーフタイムでアルヤハヤエイを下げてアル・ハジリを投入。しかし、状況は好転せず、後半もイランペースで試合が進む。52分には、アズムーンがボックス中央から右足のシュートを放つもわずかに枠の外。58分にはタレミがボックス右から狙っていったが、GKアルルシェイディにセーブされた。 イランが決定的な3点目が奪えないでいる中、オマーンも徐々に攻勢を強めていく。64分のアル・ガッサニのヘディングシュートを皮切りに、67分にアルヤハマディ、77分にアルサーディがイランゴールに迫る。 しかし、キックオフ直後のPK失敗が響いたオマーンは最後まで得点できず試合終了。2-0で勝利したイランは、ベスト8で中国代表と対戦する。 2019.01.21 03:55 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:オマーン 0-1 日本《AFCアジアカップ2019》

日本代表は13日、AFCアジアカップUAE2019のグループF第2節でオマーン代表と対戦し、1-0で辛勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽日本採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190113_38_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 12 権田修一 5.0 無失点で終えるも20分のピンチでは飛び出しの判断が悪くあわや失点を喫するところだった DF 19 酒井宏樹 5.5 無理せず守備に重点 16 冨安健洋 6.0 前に出ての潰しが効いていた 22 吉田麻也 5.0 初戦に比べればパフォーマンスは向上したが、それでも背後を取られる場面があるなどまだまだ不安定 5 長友佑都 5.5 前半終盤のピンチの場面ではハンドを取られず助かった。それ以外は守備に徹してそつなし MF 21 堂安律 6.0 とりわけ前半は右サイドで攻撃の起点に (→伊東純也 -) 7 柴崎岳 5.0 やはり試合勘不足は否めない。気の利いたパスが出せなかった 9 南野拓実 5.5 シュートまでの動きは良かったが、再三の決定機を逸する 6 遠藤航 5.5 中盤で身体を張って潰す仕事をこなした 8 原口元気 5.5 PKを自ら獲得して決め、決勝点。ただ、後半は消えていた FW 11 北川航也 5.0 ほとんどボールに触れなかった (→武藤嘉紀 5.0) 北川と大差なし 監督 森保一 5.5 勝つには勝ったが、まだまだ内容は低調 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 冨安健洋(日本) 本来のセンターバックの位置に戻り、安定したパフォーマンスを披露。クリーンシートに貢献した。 オマーン 0-1 日本 【日本】 原口元気(前28[PK]) 2019.01.14 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

原口のPK弾で辛勝の日本、2連勝で決勝T進出《AFCアジアカップ2019》

日本代表は13日、AFCアジアカップUAE2019のグループF第2節でオマーン代表と対戦し、1-0で辛勝した。 4日前に行われたトルクメニスタン代表戦を3-2と辛勝した日本は、勝利か引き分けで決勝トーナメント進出となる中、トルクメニスタン戦のスタメンから2選手を変更。槙野と負傷を抱える大迫に代えて遠藤と北川を起用した。 初戦でウズベキスタン代表に1-2と競り負けたオマーンに対し、日本は開始2分にビッグチャンス。堂安が右サイドを突破した流れから原口の合わせたシュートがバーを直撃した。さらに7分、相手のクリアミスを拾った南野がボックス内に侵入してGKと一対一に。しかし、シュートは止められてしまった。続く12分にはロングボールに抜け出した南野がボックス左へ侵入。左足で放ったシュートはわずかに枠の右に外れ、再三のチャンスを決めきれない。 すると20分に大ピンチ。スルーパスをボックス右のアル・ガッサニに通され、GK権田がかわされてシュートを打たれてしまう。だが、わずかに枠を外れて助かった。 ひやりとした日本は24分にビッグチャンス。南野がボックス右からGKを強襲するシュートを放ち、ルーズボールを堂安がプッシュ。だが、ゴールライン前に戻っていたDFにブロックされた。続く26分にも南野が決定機を逸した日本だったが、ルーズボールをボックス内でカットした原口が相手DFに倒されてPKを獲得。このPKを原口自ら決めて日本が先制した。 先制後も日本が敵陣でプレーを続けていた中、45分にピンチ。ボックス内から打たれたシュートをブロックに行った長友の腕にボールが当たったが、ハンドを取られず助かり、1点をリードしたまま前半を終えた。 後半も日本がボールを持つ流れとなったものの、チャンスを生み出せなかったことで56分に存在感のなかった北川に代えて武藤を投入。それでも、互いにシュートがなくこう着状態が続く。 1-0のまま終盤を迎え、90分に途中出場の伊東がGKを強襲するシュートを浴びせたものの、見せ場の少なかった後半に追加点が生まれることなく試合は終了。それでも、勝ち切った日本が2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。 2019.01.14 00:29 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly