かつて大宮や京都で指揮をしたピム・ファーベーク氏がオマーン代表監督に就任

2016.12.14 10:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽オマーンサッカー協会は13日、オマーン代表の新監督にオランダ人指揮官のピム・ファーベーク氏(60)を招へいしたことを発表した。

▽ファーベーク監督は、フェイエノールトやフローニンヘンなどエールディビジで監督を務め、大宮アルディージャ、京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)とJリーグのチームでも指揮。ナショナルチームは2006年〜2007年は韓国代表、2007年〜2010年はオーストラリア代表で指揮を執っていた。また、2012年のロンドン・オリンピックではU-23モロッコ代表監督としてU-23日本代表とも対戦している。

▽オマーン代表は、ロシア・ワールドカップ アジア予選に臨んでいたものの2次予選で敗退。11月11日に県立カシマサッカースタジアムで行われた日本代表とのキリンチャレンジカップ2016ではフアン・ラモン・ロペス・カロ監督が指揮を執っていたが、2019年に行われるアジア・カップの予選と2017年に行われるガルフ・カップに向けてファーベーク氏を招へいしたとのことだ。

▽ファーベーク新監督はオマーン代表監督就任に向けてコメント。3月に迫っているアジア・カップ予選でも良い結果を残せると自信を示した。

「最初のアジア予選(アジア・カップ2019最終予選)までは3カ月しかないが、オーストラリア代表の時は6週間でカタール代表に勝利した。良い仕事ができると確信している」

関連ニュース
thumb

「選手たちは完全に沈黙」土壇場にPK被弾で痛恨ドローのオーストラリア代表指揮官が残り2戦へ檄「まだ我々の手中に」

オーストラリア代表のグラハム・アーノルド監督が、オマーン代表戦を振り返った。オーストラリア『ヘラルド・サン』が伝えた。 1日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でオーストラリアはオマーンとアウェイで対戦した。 グループ3位につけているオーストラリア。2位の日本との勝ち点差は「1」となっており、試合に先立って行われた日本代表vsサウジアラビア代表の一戦では日本が2-0で勝利。3月の直接対決で逆転を目指すためにも勝利が必要な状況だった。 試合は15分にジェイミー・マクラーレンがゴールを決めて先制するも、後半早々の54分にアブドゥラ・ファワズにゴールを許し同点に。それでも79分にアーロン・ムーイが値千金の勝ち越しゴールを決めてリードする。 このまま勝ち点3を獲得すると思われた中、87分にPKを与えてしまう落とし穴が。このPKをアブドゥラ・ファワズにしっかりと決められ土壇場で2-2の同点に。そのままドローに終わった。 これにより、2位の日本との勝ち点差が「3」に広がったオーストラリア。アーノルド監督は試合後「選手たちは完全に沈黙している」と落胆している選手の様子を明かし、問題点を指摘したものの自力でW杯出場を決めることが可能だと語った。 「私は彼らに言った。時々見えるだらしなさ、フィジカル的な面にはガッカリしている。でも、全体としてここからが本番だ。自分たちを奮い立たせ、クラブに戻り、懸命に働き、健康な状態を取り戻そうと。日本戦を楽しみにしている」 次戦で勝たなければ非常に厳しい状況となる一方で、連勝すれば逆転の突破もある。日本との得失点差では3リードしており、勝ち点で並べば逆転は可能だ。 「私はまだ選手たちを信じている。結局のところ、全てはまだ我々の手中にある。両方の試合に勝たなければならず、日本とサウジアラビを打ち負かす必要がある。得失点差はプラスアルファでしかない」 決戦は3月24日。オーストラリアはホームに日本を迎え、同29日にはアウェイでサウジアラビアと対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】日本には追い風! 土壇場ドロー、オマーンvsオーストラリア</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="bMem48dFNVM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.02.02 10:28 Wed
twitterfacebook
thumb

終盤被弾でオマーンにドローの3位オーストラリア、日本と3ポイント差に《カタールW杯アジア最終予選》

オーストラリア代表は1日、カタールW杯アジア最終予選第8節でオマーン代表とのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 3位オーストラリア(勝ち点14)はレッキーやロギッチ、ムーイらが先発。4位オマーン(勝ち点7)に対し、15分にPKをマクラーレンが決めて先制し、前半を1点リードして終えた。 迎えた後半、54分に試合を振り出しに戻されたオーストラリアは、終盤の79分にムーイが勝ち越し弾。ところが最終盤の89分に落とし穴。再びファワズにゴールを許し2-2でタイムアップとなった。 この結果、オーストラリアは2位日本代表との勝ち点差が3に。次節、日本は3月24日にオーストラリアのホームで対戦するが、この試合で勝利すると2位以上が確定。7大会連続W杯出場が決まる。 2022.02.02 03:30 Wed
twitterfacebook
thumb

アル=ブライカン弾で逃げ切った首位サウジアラビアが無敗キープ!次節は2位日本と激突《カタールW杯アジア最終予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループB第7節のサウジアラビア代表vsオマーン代表が27日に行われ、1-0でサウジアラビアが勝利した。 最終予選無敗(5勝1分け)で首位を走るサウジラビア(勝ち点16)が、2勝1分け3敗の4位オマーン(勝ち点7)をホームのキング・アブドゥッラー・スポーツ・シティに迎えた一戦。 立ち上がりからサウジアラビアがボールを保持する流れとなったものの、アタッキングサードでのミスが目立ちなかなかシュートまで運べない時間が続く。 するとサウジアラビアのルナール監督は、32分にアル=ナージーを下げてバヘブリを投入。しかし、先にチャンスを作ったのはオマーンだった。36分、アブドゥラ・ファワズのパスでボックス右から侵入したアル・ハルティがシュート性のクロスを供給。これにアル・ガッサニとアル・アラウィが飛び込むも、共にボールに触れることはできない。 サウジアラビアはアディショナルタイムに左クロスのクリアボールからボックス手前のアル=マルキが左足ボレーでゴールに迫ったが、これは相手GKのセーブに防がれた。 ゴールレスで迎えた後半は、開始早々にスコアが動く。サウジアラビアは48分、サイドチェンジをボックス右で受けたアル=ガーナムが切り替えしで相手マークを振り切り、シュート性のクロスを供給すると、相手GKの弾いたボールをアル=ブライカンがゴールに押し込んだ。 先制を許したオマーンは、72分に右FKのこぼれ球をアルシャド・アル・アラウィがバックヘッドでつなぐと、ゴール前に抜け出したラビア・アル・アラウィがダイビングヘッドで合わせたが、これは相手GKは正面でキャッチ。さらに77分には、アル・ヤハマディの左クロスをボックス内で収めたラビア・アル・アラウィが反転から右足で狙ったが、これは枠の上に外れた。 試合終了間際にもオマーンの猛攻を受けたサウジアラビアだが、集中した守りでこれをシャットアウト。アル=ブライカンのゴールを守り抜いたサウジアラビアは、次節の日本代表戦に勝利すれば2大会連続6度目の本大会出場が決まる。 2022.01.28 04:25 Fri
twitterfacebook
thumb

29歳のオマーン代表DFがウォームアップ中の心臓発作で急逝…

オマーンのマスカット・クラブに所属するオマーン代表DFムハレド・アル=ラカディ(享年29)が、試合前のウォームアップ中の心臓発作によって急逝した。 アル=ラカディは、22日に開催予定だった国内リーグのアル・スワイク戦の試合前に行われたウォームアップ中に昏倒。その後、心臓発作による心肺停止となり、ピッチ上での心肺蘇生措置を行った後、地元病院に緊急搬送されたが、懸命な救命措置も実らず、29歳の若さで急逝した。 マスカット・クラブは、所属選手の突然の訃報を伝えている。 「神の意志を受け入れる誠実な心で、マスカット・スポーツクラブの理事会とその関係者一同は、アル=ラカディのご家族に心から哀悼の意を表します」 「私たちは神に彼の慈悲を求めます。私たちは神に属しており、神のもとに帰るのです」 近年、フットボール界では試合や練習中の心臓発作による選手の昏倒という事例が相次いでおり、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンがキャリアの一時中断、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが心不整脈によって現役引退を余儀なくされている。 <span class="paragraph-title">【画像】所属クラブが訃報伝える</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%D8%AA%D8%B9%D8%B2%D9%8A%D8%A9_%D9%88%D9%85%D9%88%D8%A7%D8%B3%D8%A7%D8%A9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#تعزية_ومواساة</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%D9%86%D8%A7%D8%AF%D9%8A_%D9%85%D8%B3%D9%82%D8%B7_%D8%A7%D9%84%D8%B1%D9%8A%D8%A7%D8%B6%D9%8A?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#نادي_مسقط_الرياضي</a> <a href="https://t.co/a7zYY4pjdD">pic.twitter.com/a7zYY4pjdD</a></p>&mdash; نادي مسقط الرياضي (@muscat_club) <a href="https://twitter.com/muscat_club/status/1473676151818178561?ref_src=twsrc%5Etfw">December 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.12.23 22:40 Thu
twitterfacebook
thumb

「日本はミスのおかげで…」オマーン指揮官が日本代表戦を語る「いくつかの側面には満足」

オマーン代表のブランコ・イバンコビッチ監督が、日本代表戦について語った。オマーンサッカー協会(OFA)が伝えた。 オマーンは16日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で日本と対戦。最終予選の初戦で勝利している日本を相手に、ダブルを決めておきたいところだった。 前半は堅い守備の前に日本にチャンスを作らせなかったオマーン。しかし、後半に三笘薫が投入されると、右サイドを攻略されてしまう。それでも粘り強く守っていたが、81分に伊東純也にゴールを決められて失点。0-1で敗れていた。 イバンコビッチ監督は、日本代表の前に同じ戦いを続けることは難しいとコメント。ミスから失点したことを悔やみながらも、まだ諦めないとした。 「日本が勝利したことは祝福するが、我々は残念ながら試合に負けた。ただ、建国記念日(11月18日)にはオマーンの人々にギフトを贈ることができるだろう」 「試合のいくつかの側面には満足している。ただ、試合の分析が進むまでは、これ以上は話したくはない」 「日本代表は、ミスのおかげで得点できた。サッカーだからミスは起こる可能性がある。特に、日本のようなアジアで最高のチームに対し、90分間同じレベルでプレーすることは簡単ではない」 「もちろんまだチャンスはある。この予選の最後の試合までハードワークする」 オマーン代表は勝ち点6で4位に位置。3位のオーストラリア代表とは勝ち点差「4」、2位の日本とは「5」に広がった。 <span class="paragraph-title">【動画】日本のベストムーブと言われた後半4分の三笘のドリブル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>日本代表<a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E7%AC%98%E8%96%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三笘薫</a> を起点に<br>ゴールへ攻め込む!<br>\<br><br>エリア内の混戦から<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%8D%97%E9%87%8E%E6%8B%93%E5%AE%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#南野拓実</a> が折り返すも呼吸が合わず…<br><br><a href="https://twitter.com/hashtag/AFC%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E4%BA%88%E9%81%B8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AFCアジア予選</a>-Road to Qatar-<br>オマーン×日本<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し&ハイライト配信中<br>メイン佐藤寿人/岡田武史/西岡明彦<br>裏Ch矢部浩之/内田篤人<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%93%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84%E3%81%AB%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%82%92%E6%87%B8%E3%81%91%E3%82%8D?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#この戦いにすべてを懸けろ</a> <a href="https://t.co/pa07PbBT77">pic.twitter.com/pa07PbBT77</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1460759590832803842?ref_src=twsrc%5Etfw">November 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.18 09:52 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly