ベシクタシュ、ベンフィカMFタリスカのトルコ到着を発表 英国行き断念か2016.08.23 09:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベシクタシュは22日、ベンフィカに所属するブラジル代表MFタリスカ(22)がイスタンブールに到着したことを発表した。

▽2014年夏にバイーアからベンフィカに加入したタリスカは、在籍2シーズンでリーグ戦53試合に出場。12ゴールを記録した。

▽そのタリスカに関しては今夏、リバプールからの関心や、ウォルバーハンプトン移籍の可能性が浮上していたが、英国での労働許可証の取得難航が伝えられていた。

▽なお、ポルトガル『A Bola』が22日付けで伝えたところによれば、タリスカはレンタル移籍でベシクタシュに加入する見込みのようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ユルマズのFK弾でベシクタシュが5連勝! 香川は68分までプレー《スュペル・リグ》

香川真司の所属するベシクタシュは22日、スュペル・リグ第29節でスィヴァススポルと対戦し、2-1で勝利した。香川は68分までプレーした。 リーグ戦4連勝中の3位ベシクタシュ(勝ち点53)が、13位スィヴァススポル(勝ち点35)のホームに乗り込んだ一戦。香川がトップ下で3試合ぶりの先発となったベシクタシュは、25分に決定機。リャイッチの右CKをゴール左手前のイジマ=ミランが右足で合わせたが、このシュートは相手GKがファインセーブ。 その後は攻めあぐねる時間が続いたベシクタシュだが、31分にスコアを動かす。右CKをニアでトコズがフリックするとファーサイドに走り込んだイジマ=ミランが右足アウトサイドで合わせたが、これはクロスバーを直撃。しかし、こぼれ球をヴィダがゴールに押し込み、ベシクタシュが先制した。 先手を取ったベシクタシュだったが、前半終了間際の45分にロングカウンターからディアバテにゴールネットを揺らされ、前半は1-1で終了した。 迎えた後半、ベシクタシュはメデルを下げてウイサルを投入。さらに68分に香川を下げてヤルチンをピッチに送り出した。 主導権を握りながらも勝ち越しゴールが遠いベシクタシュだったが、試合終盤にセットプレーから均衡を破る。87分、バイタルエリア左でFKを獲得するとブラク・ユルマズの直接FKがゴール右に突き刺さり、ベシクタシュが勝ち越し。 結局、これが決勝点となり2-1でベシクタシュが勝利。5戦連発となるユルマズ芸術FK弾で勝ち越したベシクタシュは、リーグ戦5連勝で上位を追走している。 2019.04.23 04:16 Tue
twitterfacebook
thumb

香川途中出場のベシクタシュ、敵地で7ゴールを奪い圧勝!《スュペル・リグ》

香川真司の所属するベシクタシュは8日、スュペル・リグ第27節でチャイクル・リゼスポルと対戦し、7-2で勝利した。香川は78分からプレーした。 リーグ戦9試合負けなしの3位ベシクタシュ(勝ち点47)が、11位リゼスポル(勝ち点34)のホームに乗り込んだ一戦。2試合ぶりに香川がベンチスタートとなったベシクタシュは8分、リャイッチの右CKをヴィダがヘディングでゴール右隅に叩き込み、先制に成功する。 先制点で主導権を握ったベシクタシュは、14分にもバイタルエリア左でボールを受けたリャイッチがハッチンソンとのワンツーでボックス中央手前まで切り込みコントロールショットをゴール右に突き刺した。 リードを広げたベシクタシュは、43分にムリキにゴールネットを揺らされ、1点を返されたが、後半に入るとゴールラッシュを見せる。 64分、トコズのスルーパスに抜け出したブラク・ユルマズがゴールネットを揺らし、3点目を奪取。70分にはモハメド・アバルンに1点を返されたが、72分にリャイッチのパスでゴール前に抜け出した途中出場のギュヴェン・ヤルチンがゴール左に決め、4点目。 さらに78分、ボックス左手前でFKを獲得したベシクタシュは、リャイッチが直接FKをゴール左に突き刺し、5点目。その後、82分と89分にもヤルチンがゴールネットを揺らし、7-2で勝利。後半だけで5ゴールを奪うなど圧勝したベシクタシュが、リーグ戦3連勝を飾り上位を追走している。 リゼスポル 2-7 ベシクタシュ 【リゼスポル】 ムリキ(前43) アバルン(後25) 【ベシクタシュ】 ヴィダ(前8) リャイッチ(前14) ユルマズ(後19) ヤルチン(後27) リャイッチ(後33) ヤルチン(後37) ヤルチン(後44) <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=11jpxv0h33utt1rhh23eixad99" async></script> </div> 2019.04.09 04:51 Tue
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュ、次の標的は室屋成!?

FC東京に所属する日本代表DF室屋成(24)にベシクタシュの関心報道が飛び出した。トルコ『Fanatik』が報じた。 今冬の移籍市場でドルトムントから日本代表MF香川真司をレンタルで獲得したベシクタシュ。先日に来日したベシクタシュのフィクレット・オルマン会長は、アジア市場開拓の一環として日本のファン拡充を目指しているとみられる。 先日のトルコ『Sabah』で新たな日本人選手の獲得候補としてセレッソ大阪に所属する元日本代表MF清武弘嗣(29)が挙がったベシクタシュだが、どうやらFC東京の絶対的な右サイドバックである室屋にも興味を示している模様だ。 その室屋は来年1月にFC東京との契約が満了予定。来日時の会談でスポンサーのサポートを取り付けたオルマン会長は今夏の獲得に向け、移籍金150万ユーロ(約1億8000万円)を投じる目処が立っているという。 また、室屋自身もベシクタシュ行きに興味を抱いており、現在の代表でチームメートの香川から情報を収集。本拠地ボーダフォン・パークで行われる試合の雰囲気に感銘を受けているとのことだ。 室屋は2016年2月、明治大学サッカー部を退部してFC東京に入団すると、今シーズンもここまで明治安田生命J1リーグ全4試合に先発。先日のコロンビア代表とのキリンチャレンジカップにも先発するなど、着実に代表キャリアも築いている。 2019.03.26 16:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュ、次は清武弘嗣に白羽の矢!?

セレッソ大阪に所属する元日本代表MF清武弘嗣(29)に対して、ベシクタシュの関心が急浮上した。トルコ『Sabah』が報じた。 今冬にドルトムントから日本代表MF香川真司をレンタルしたベシクタシュのフィクレット・オルマン会長は、日本のファン拡充を目指して先週に来日。日本の有力幹部との会談にて、香川を買い取る必要性と新たな日本人選手獲得のアドバイスを受けた模様だ。 そこで名前が挙がったのが清武だ。香川の完全移籍と共に、ブンデスリーガやリーガエスパニューラといった欧州でのプレー経験と人気を誇る清武の獲得を実現させることができれば、日本市場におけるベシクタシュのユニフォーム売り上げ増加も期待できるという。 その清武は2017年夏、セビージャから古巣C大阪に復帰。相次ぐケガに苦しむシーズンが続くが、今年は明治安田生命J1リーグ開幕から全4試合に先発している。今オフに日本代表FW杉本健勇ら同代表MF山口蛍らを失ったC大阪としては耳が痛い話だが、果たして…。 2019.03.24 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

もう帰りたい…リバプールから出向中のカリウスがベシクタシュ退団を希望

ベシクタシュのドイツ人GKロリス・カリウスが、レンタル元のリバプールへの早期帰還を求めているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 昨夏からベシクタシュにレンタル移籍しているカリウスだが、どうやら新天地で上手くいっていないようだ。正GKとしてここまで公式戦27試合に出場しているが、最近の試合ではサポーターからブーイングを受け、さらにクラブからの給与未払いが続いていることもあり、カリウスは2年契約を早めてリバプールへ戻りたがっているようだ。 しかし、リバプールにカリウスを戻すつもりはなく、ベシクタシュも新たなGKを探していると伝えられ、同選手にとっては板挟み状態。そのため、ドイツ人GKは次のクラブを探さなければならないと『サン』は指摘している。 2019.03.23 17:00 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース