G大阪FWパトリック、リオ五輪で戦う自身のそっくりさんに「僕のクローンかなあ!?」2016.08.15 18:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ガンバ大阪に所属するブラジル人FWパトリックが、ブラジルで開催中のリオ・デジャネイロ オリンピック(五輪)に、自身にそっくりな選手がいるとの噂に反応した。▽その選手とは、リオ五輪の男子バレーボールに参戦しているブラジル代表のウォレス・デ・ソウザ。身長198 cm、体重103kgの屈強な体格を持つ29歳のウィングスパイカーだ。

▽そのウォレスというバレーボール選手に関しては、一部ユーザーたちやファンの間で、パトリックに似ていると話題を呼んでいた。

▽そんな中、14日に自身の公式ツイッターを更新したパトリックは、ウォレスの写真をアップ。日本語で「僕のクローンかなあ!?」とつぶやき、驚きの様子をうかがわせた。
コメント
関連ニュース
thumb

G大阪のU-20日本代表FW中村敬斗、ポルティモネンセが注視

Jリーグ屈指の有望株がまた1人、ヨーロッパに旅立つかもしれない。ポルトガル『A Bola』が報じた。 FC東京の日本代表MF久保建英(18)や、名古屋グランパスのU-20日本代表DF菅原由勢(18)が立て続けに海外挑戦を決断した今夏。そして、ガンバ大阪のU-20日本代表FW中村敬斗(18)に対しても、ポルティモネンセの視線が注がれているという。 ポルティモネンセは今年1月、日本代表FW中島翔哉を移籍金3500万ユーロ(約42億4000万円)でアル・ドゥハイル(カタール)に売却。こうした収益化が将来的に見込める選手の1人として、推定価格50万ユーロ(約6000万円)の中村を注視している模様だ。 中村は高校3年生だった昨年、三菱養和SCユースから飛び級でG大阪に入団。今シーズンは明治安田生命J1リーグで2試合の出場にとどまっているが、先のポーランドで行われたU-20ワールドカップ(W杯)の代表メンバーにも選出され、4試合に出場した。 なお、ポルティモネンセは現在、日本代表GK権田修一や、FW長島滉大、FW菅嶋弘希、MF大堀亮之介が在籍。日本と結びつきのあるクラブとして知られる。 2019.06.20 08:30 Thu
twitterfacebook
thumb

大会無敗の仙台に名古屋が2発完勝! G大阪、札幌、FC東京が先勝! 《YBCルヴァンカップ》

2019JリーグYBCルヴァンカップのプレーオフステージ第一戦が19日に各地で開催された。 グループDを3勝3敗の2位で通過したジュビロ磐田が、グループAを2勝3分け1敗で首位通過した北海道コンサドーレ札幌をヤマハスタジアムに迎えた。 前半は劣勢だった札幌は48分、藤村のスルーパスに抜け出したアンデルソン・ロペスがボックス右でGK三浦に倒されてPKのチャンスを獲得。これを自ら決めて先制に成功する。 その後、57分にロドリゲスの豪快弾を許した札幌だったが85分、進藤のフィードに抜け出したルーカス・フェルナンデスがボックス右外からクロスを送ると、ゴール前のアンデルソン・ロペスが左足で押し込んで勝ち越しに成功。2-1で勝利した札幌はノックアウトステージ進出へ前進した。<hr> グループCを2勝1分け3敗の2位で通過した名古屋グランパスと、グループBを3勝3分けの無敗で首位突破したベガルタ仙台がパロマ瑞穂スタジアムで対峙した。 試合のイニシアチブを握る名古屋は17分、マテウスがボックス手前までボールを運び、杉森を経由してボックス右の前田へボールが渡る。その前田がグラウンダーのクロスを送ると、ファーサイドの赤崎が押し込んで先制に成功する。 名古屋はその後もポゼッションを高めると72分、前田とのワンツーから小林がボックス右へクロス。マテウスが倒れこみながらダイレクトで放ったボレーシュートをは、GKシュミット・ダニエルに弾かれたながらもゴールに吸い込まれた。2-0で快勝した名古屋がノックアウトステージ進出へアドバンテージを得た。<hr> グループBを3勝2分け1敗の2位で通過したFC東京と、3勝2分け1敗でグループCを首位通過したセレッソ大阪が味の素スタジアムで激突した。 ホームの歓声を受けるFC東京は43分、敵陣右サイド深くから送ったナ・サンホのクロスがボックス左外へ流れる。ボールを拾った東が折り返すと、ゴール前の永井のヘディングシュートが決まり先制に成功する。 追加点を狙いに行くFC東京だったが、56分の永井のシュートはGK圍の好セーブに阻まれる。さらに、90分にはディエゴ・オリヴェイラが圍との一対一の局面を迎えたが、ジャストミートすることはできず。追加点を奪うことはできなかったFC東京だが、ノックアウトステージ進出へ向けてホームで先勝した。<hr> グループAを2勝2分け2敗の2位で突破を決めたV・ファーレン長崎が、グループDを3勝2分け1敗で首位通過を決めたガンバ大阪とトランスコスモススタジアム長崎で対戦した。 ペースを握るアウェイのガンバ大阪は31分、敵陣右サイドの深い位置でボールを受けたオ・ジェソクがクロス。これは長崎DFに処理されたが、こぼれ球を拾った田中が右足を振り抜きゴール右へ突き刺した。 勢いに乗るG大阪は54分、ボックス右を個人技で打開したアデミウソンのマイナスの折り返しに、ニアサイドに走り込んだ倉田が合わせて追加点を奪う。その4分後には、2点目をお膳立てしたアデミウソンが米倉のクロスを胸で合わせて3点目を奪った。 G大阪の勢いは止まらない。82分、藤本がボックス左からクロスを供給。ファーサイドの米倉が折り返し、最後は中村が押し込んで4点目を奪った。90分に大本の一発を浴びたG大阪だったが、アウェイで大勝を収め、ノックアウトステージ進出に大きく近づいた。<hr> ジュビロ磐田 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 北海道コンサドーレ札幌</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">名古屋グランパス 2</span>-0 ベガルタ仙台 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC東京 1</span>-0 セレッソ大阪 V・ファーレン長崎 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ガンバ大阪</span> なお、リターンレグは26日(水)にそれぞれ行われる。 2019.06.19 22:31 Wed
twitterfacebook
thumb

「桁違いでした」初選出のMF高宇洋が痛感した世界との差とは《トゥーロン国際大会》

第47回トゥーロン国際大会を終えたU-22日本代表は17日、フランスから帰国した。 U-20イングランド代表、U-23チリ代表、U-19ポルトガル代表が同居したグループAを首位で通過し、準決勝ではU-22メキシコ代表にPK戦の末に勝利して初の決勝進出を果たした日本。初優勝を目指したU-22ブラジル代表との決勝戦では、1-1と激闘を繰り広げ、PK戦の結果4-5で敗れたが、自己最高の準優勝という結果で大会を終えた。 初の代表活動となったMF高宇洋(ガンバ大阪)が成田空港に到着直後、メディア陣の取材に応対。初めて感じた世界との差を明かした。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/zwHRnb3PcEw" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> ◆MF高宇洋(ガンバ大阪) ──大会を振り返って 「初めて代表に呼ばれての大会でしたけど、チームとして思った以上の結果は出せたと思います。ただ最後のブラジル代表との試合では悔しさが残っています。勝ち切るという所で世界を体感しました」 ──肌で感じた世界との差とは 「ブラジル戦は特に『強さ』『速さ』『上手さ』が桁違いでした。ああいった相手に対して、もっともっと主導権を握らなきゃいけないと感じました。1対1のPK戦でしたけど、勝てなくはなかったのでチャンスをモノにする力を身に付けていければなと思いました」 ──コパ・アメリカで同世代が出場することについて 「刺激になります。選ばれた人たちに負けないようにプレーしていますし、これからも継続していければと思います」 ──東京五輪では18人と狭き門になるが選ばれるために必要なことは 「攻撃も守備も全部磨かなければいけないと思います。自分の長所であるボールを奪うという部分ではもっともっと磨いていきたいです。そのために、まずはクラブチームに戻って試合に出場でできるように頑張りたいと思います」 ──川崎フロンターレで同期の田中碧とボランチを組んだ感想は 「すごいやりやすかったです。ピッチ外の所で色々話して昔話もしました。昔は自分がFWで縦関係だったのが横関係にになったくらいで、お互いに見合っていたので『やりやすいね』と話しました。準決勝と決勝で一緒にやりましたけどすごい楽しかったです」 2019.06.17 22:28 Mon
twitterfacebook
thumb

カミンスキー躍動の磐田vsG大阪、ゴールレスドロー…共に危険水域脱せず《J1》

明治安田生命J1リーグ第15節が15日にヤマハスタジアムで行われ、ジュビロ磐田vsガンバ大阪は0-0のドローに終わった。 ここ2試合1分け1敗の14位磐田。同じく3勝4分け7敗の15位G大阪をホームに迎え撃つ今節に向けて、出場停止の新里や、大南と小川航基のトゥーロン参戦組が不在となり、初先発の森下や、2試合ぶりスタメンの中山を抜擢した。一方、ここ3戦無敗のG大阪は、負傷離脱の小野瀬に代わり、福田を右ウィングバックに。そのほか、U-20W杯から戻ってきた初先発の中村敬斗が左ウィングバックに入り、代表戦2試合2ゴールのファン・ウィジョを2試合ぶりにスタメン起用した。 勝ち点13で並ぶ両雄の一戦は、ホームの歓声を受けた磐田が出足でG大阪を上回る入りとなる。だが、スロースタートのG大阪も徐々にギアを上げ、22分に左サイドからドリブルを仕掛けた中村が絶妙な右足クロスをゴール前に供給。ファーサイドでフリーのファン・ウィジョが右足ダイレクトで狙いにかかるが、ゴール右に外してしまう。 続く27分、自陣右サイド深くでG大阪に許したFKのチャンスから三浦にヘディングシュートを決められた磐田だったが、オフサイドの判定でノーゴール。事なきを得た磐田攻撃陣は鋭い切り替えから積極果敢な攻めに転じていくが、最後のところでG大阪の守備ブロックに引っかかり、なかなか決定機らしい決定機を作りだすことができない。 ゴールレスでキックオフの後半、先に仕掛けたのはG大阪。開始早々にGKカミンスキーの手を掠めて右ポストを直撃した高江の右足ボレーシュートで磐田ゴールに迫るなど、攻撃的な入りをみせる。そのなかで、攻撃の時間を作りだす磐田は前半と同様、バイタルエリアまでボールを持ち込むが、依然として崩しを見いだせず、決め手を欠く。 その磐田は65分に中山とロドリゲスの交代を施して勝負に出るが、同じタイミングで高江に代えて遠藤を投入したG大阪が69分にも食野に代えてアデミウソンをピッチに送り込んだことで、より前がかる展開に。73分に山本と上原の交代で反発を試みた磐田だが、76分に個人技からアダイウトンが放ったシュートは相手GKの正面を突いてしまう。 さらに、78分にも高橋の縦パスからゴールチャンスが続いた磐田だが、ボックス右から山田が放ったシュートは相手DFがブロック。83分に最後の交代カードで大久保を送り出すが、遠藤のゲームメーク力を生かしたG大阪がボールの主導権を握っていくなかで、ファン・ウィジョや中村が立て続けにゴールに迫り、より勝機を見いだしていく。 そのG大阪が終始、終盤の主導権を握り、後半アディショナルタイムに矢島が決定的なヘディングシュートを放つなど猛攻を仕掛けたが、試合を通じて好守を披露し続けたGKカミンスキーがシャットアウト。危険水域から脱するためにも勝ち点3が欲しい両者の一戦だったが、勝ち点1ずつを分け合う結果に終わっている。 2019.06.15 20:57 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】ジュビロとガンバの“危険水域”勢対決!《磐田vsG大阪》

明治安田生命J1リーグ開幕から14試合終了時点で3勝4分け7敗のジュビロ磐田とガンバ大阪。J2降格の危険水域に瀕する両雄が負ければ最下位転落の可能性も孕む代表ウィーク明けの初戦で勝ち点3を巡り、ぶつかり合う。 ◆いかにして先制点を奪うか〜ジュビロ磐田〜 ここ2試合1分け1敗の磐田。前節の神戸戦は劇的展開で勝ち点1をもぎ取った形だが、押し込む時間が長かった内容を鑑みると、3ポイントを逃した感が強い。その要因の1つがやはりフィニッシュの精度だ。この中断期間は、重点的に攻撃面の整理に尽力したが、それだけで問題解決に至ったとは考えづらい。守備に片足を置いた戦いで今シーズン最多失点のキックオフから開始15分までを無失点で凌ぎながら「いかにして先制点を奪うか」が鍵になる。ただ、守備陣は今節、累積で出場停止の新里亮が欠場。不安要素は少なくないが、名波浩監督の手腕はいかに。 ◆攻撃陣の爆発に期待〜ガンバ大阪〜 対して、ここ2試合連続ドローのG大阪は、3バックの新システムも奏功して3戦無敗。崩壊ぶりが顕著だった守備面もその間、わずか1失点と安定感を取り戻している。だが、その守備力向上の影で、今度は攻撃力が低下しており、ここ3試合でわずか2得点。追いつかれて引き分けた前節の鹿島戦が示すように、攻撃面に反発力を欠いているのが実情だ。宮本恒靖監督は代表ウィーク期間を利用して、そこの質を高める作業を重点にトレーニング。勝利が求められる今節は、キレキレの食野亮太郎や、磐田と抜群の相性を誇るファン・ウィジョら攻撃陣の爆発に期待だ。 【予想&フォーメーション】 ◆ジュビロ磐田[3-3-2-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190614_17_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:カミンスキー DF:櫻内渚、大井健太郎、高橋祥平 MF:山本康裕、松本昌也、山田大記、田口泰士、小川大貴 FW:ロドリゲス、アダイウトン 監督:名波浩<hr>大南拓磨が小川航基とともにU-22日本代表としてトゥーロン参戦中ということもあり、新里が出場停止のセンターバック陣は駒不足。ルクセンブルク代表招集のロドリゲスも長旅を経ての合流ということで、コンディション面に一抹の不安を残す。櫻内渚が3バックに入ることが有力だが、エレンを左サイドバックに起用した4バックを敷いてくる可能性もある。 ◆ガンバ大阪[3-1-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190614_17_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:髙尾瑠、三浦弦太、キム・ヨングォン MF:矢島慎也、田中達也、高江麗央、倉田秋、福田湧矢 FW:アデミウソン、食野亮太郎 監督:宮本恒靖<hr>右ウィングバックとして豊富な運動量で攻守に存在感を示した小野瀬康介が負傷欠場。米倉恒貴や田中達也といった代役がしっかりと穴埋めできるかがポイントになる。一方で、ストライカー陣の陣容は、中村敬斗がU-20ワールドカップから戻ってきたことで、より豊富。ファン・ウィジョや、アデミウソン、食野を含めて、誰が先発してもおかしくない。 【注目選手】 カミンスキー(ジュビロ磐田)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190614_17_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>磐田の注目選手は、在籍5年目のポーランド人守護神だ。今シーズンもここまでJ1全試合で先発を続け、安定感抜群のゴールキーピングを披露。チームを救った場面は少なくない。昨シーズン以上に磨きがかかるキック精度でビルドアップに絡みながら、攻守両面での躍動に期待がかかる。 ファン・ウィジョ(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190614_17_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>G大阪の注目選手は、韓国代表ストライカーだ。前年のベストイレブンとして迎えた今シーズン、相手の徹底的なマークに苦しみ、ここまでわずか2得点。10試合不発中だ。磐田は過去7試合7ゴールを記録する相性抜群の相手。2戦2発をマークした代表活動での勢いにも乗じて、磐田キラーぶりを存分に発揮したい。 ◆試されるトレーニングの成果 磐田が通算対戦成績(30勝5分け24敗)で優位に立つ一戦だが、過去公式戦5試合は3勝1分け1敗でG大阪がリード。今シーズンはすでにルヴァンカップで戦っており、1勝1敗のイーブンだ。注目ポイントは、両者の攻撃だろう。互いにジリ貧な攻撃が続いており、それぞれ代表ウィークの中断期間で攻撃の質を高めるトレーニングに注力。その成果が問われる一戦になる。勝ち点13で並ぶ両者の下位直接対決は、どちらに勝利の女神が微笑むか。磐田vsG大阪は15日、ヤマハスタジアムで19時キックオフだ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">勝ち点13同士の下位直接対決!<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.06.14 17:00 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース