ボローニャ、守護神のミランテと3年の契約延長

2016.07.20 00:34 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ボローニャは19日、イタリア人GKアントニオ・ミランテ(33)と2019年6月30日までとなる3年契約を結んだことを発表した。

▽ユベントスの下部組織出身であるミランテは、2009年に移籍したパルマで頭角を現し、公式戦193試合に出場。そのパルマから2015年夏にボローニャへ移籍し、2015-16シーズンはセリエAで33試合に出場して残留に貢献している。

▽イタリア代表としてはユーロ2016に向けた候補メンバーに招集されていたものの、これまで出場機会はない。


関連ニュース
thumb

ナポリ指揮官、セリエA連勝も満足せず 「我々は最後まで守れるチームではない」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督が改善の必要性を語った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ナポリは17日に行われたセリエA第第22節でボローニャと対戦した。前節3試合ぶりの勝利を挙げたチームは、20分にFWイルビング・ロサーノのゴールで先制に成功。後半にもロサーノに得点が生まれてリードを広げると、最後まで失点を許さず、2-0で勝利した。 セリエAで連勝を飾ったナポリはリーグ3位をキープ。今節に首位インテルと2位ミランが白星を逃したことで、差を詰めることに成功している。 試合後のインタビューに応じたスパレッティ監督は試合内容について改善の余地があると強調。リードを守るのではなく、より広げるための意識が必要だと語った。 「我々は敵地で勝ち点を取りこぼしており、それを取り戻すのが難しくなっている。我々はトップ4でフィニッシュしなければならない。そのためのクオリティはあるはずだが、自分たちのプレーを失ったり、何かを疑ったりすれば問題が生まれるだろう。もっとうまくスペースを利用できたはずだが、相手のプレスのせいで苦労することになった」 「進むべき道を理解したときのチームにはしっかり特徴を示せるし、それなりの説得力もある。しかし、ある瞬間にはこれを失い、あまりに軟弱な姿も見せてしまっているね。我々は自分たちが着るシャツのため、そして我々を愛し応援してくれる人たちを幸せにするためプレーする義務がある」 「自分の仕事をきちんとこなしてファンを喜ばせなければ、我々は普通の人間だ。うまくいかなければ、腹も立つだろう。我々は最後まで守れるチームではない。ボールを動かして、アクションを再編成する必要がある。最後まで守ることは、我々のスタイルではない」 2022.01.18 11:26 Tue
twitterfacebook
thumb

ロサーノのドッピエッタでナポリがリーグ連勝! オシムヘンも復帰でコッパ敗退ショックを払しょく《セリエA》

セリエA第22節、ボローニャvsナポリが17日にスタディオ・レナート・ダッラーラで行われ、アウェイのナポリが0-2で勝利した。 現在、首位と6ポイント差の3位に位置するナポリは、前節サンプドリアに競り勝ってリーグ戦3試合ぶりの白星を手にした。しかし、4日前に行われたコッパ・イタリアでは2人の退場者が響き、延長戦の末にフィオレンティーナに2-5で大敗。その敗戦からのバウンスバックを図るチームは先発6人を変更。ロサーノやファビアン・ルイス、ジエリンスキらが復帰。また、負傷明けのオシムヘンがベンチに入った。 互いに集中した入りを見せた中、最初の決定機はアウェイのナポリに訪れる。6分、中央のファビアン・ルイスからの浮き球のパスに右サイドから斜めのランニングでゴール前に抜け出したロサーノが胸トラップから左足のシュートを放つが、これはGKスコルプスキのファインセーブに遭う。 この試合最初の決定機を逃したナポリだが、以降も優勢に試合を進めていくと、ロサーノが自身2度目の決定機を今度はきっちりモノにしてみせる。20分、ジエリンスキの浮き球のパスを左サイド深くで受けたエルマスが対面のDFを抜き切らず、意表を突くタイミングでグラウンダーのクロスを供給。これをニアに走り込んできたロサーノが左足ダイレクトで合わすと、ゴール左下隅の完璧なコースに決まった。 良い時間帯に先制に成功したナポリは、ここからボールを握りながらゲームをコントロール。前半終盤にかけてはしばらくホームチームの攻撃を受ける形が続いたが、GKメレトを中心にアルナウトビッチらのフィニッシュを危なげなく凌ぎ切る。前半終了間際の45分にはファビアン・ルイスがペナルティアーク付近から強烈な左足のミドルシュートで2点目に迫るが、これは惜しくも左ポストを叩いた。 1点リードで試合を折り返したナポリだが、後半開始早々にゴールをこじ開ける。47分、自陣から流れるようなパスワークをみせ、左サイドのスペースに走り込むファビアン・ルイスへミドルパスが繋がる。ボックス付近まで持ち運んだファビアン・ルイスが丁寧に折り返すと、ゴール前で反応したロサーノが巧みなファーストタッチでGKを外し、余裕を持って右足のシュートを流し込んだ。 ロサーノのドッピエッタの活躍で一気にラクな展開となったナポリは、失点直後に3枚替えを敢行するなど、リスクを冒した交代策を行ったホームチームの攻撃を受け止めつつ、カウンターから3点目を狙う戦い方にシフトする。 71分には殊勲のロサーノとメルテンスを下げて約2カ月ぶりの戦列復帰となるオシムヘンをポリターノと共にピッチへ送り出した。その後、さらにメンバーを入れ替えて試合を締めに入る中、87分にはオシムヘンに見せ場。スルーパスに抜け出したオシムヘンは相手DFを振り切ってボックス内でシュートチャンスを得るが、右足のシュートはわずかに枠の右へ外れて復帰戦を祝うゴールとはならず。 それでも、最後まで集中したパフォーマンスでボローニャの反撃を凌ぎ切ったナポリが、コッパ敗退を払しょくするリーグ2連勝を飾った。 2022.01.18 04:31 Tue
twitterfacebook
thumb

セビージャ、ボローニャのオルソリーニ獲得が徐々に近づく

セビージャが、ボローニャのイタリア代表FWリッカルド・オルソリーニ(24)の獲得に近づいているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 今冬の移籍市場でウインガーの補強を目指しているセビージャ。一時噂されていたマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャルの獲得は、ユナイテッド側が難色を示したことから暗礁に乗り上げているようだ。 そして現在は、別のオプションであったオルソリーニの獲得に迫っている模様。買い取りオプション付きのレンタルを試みた最初のオファーは断られたものの、狙いを完全移籍に切り替えた800万ユーロ(約10億円)の2度目のオファーに関しては交渉が続いているという。 ボローニャ側の要求は1300万ユーロだが、セビージャが1000万ユーロの基本金に200万ユーロのボーナスが付いた第3のオファーを用意できれば、オルソリーニ獲得がより近づくと見られている。 右ウイングを主戦場とするオルソリーニは、2018年1月の加入以降、安定してゴールとアシストを供給。だが、今季は控えに回ることが多く、ここまではリーグ戦14試合で3ゴール2アシストとなっている。 なお、オルソリーニの獲得も失敗した場合、ポルトのメキシコ代表MFヘスス・コロナ(29)に照準を変更するようだ。 2022.01.12 18:59 Wed
twitterfacebook
thumb

6日開催予定のボローニャvsインテルが突如延期に…インテルCEOが声明

インテルは6日、同日開催予定だったセリエA第20節のボローニャ戦が延期となったことを発表した。 CEOのジュゼッペ・マロッタ氏は声明で以下のようにコメントしている。 「まず第一に、選手やファン、このスポーツに関わるすべての人々の健康を守ることが、すべての第一の目的であることを再確認してほしい」 「ボローニャは試合の準備ができていたが、ボローニャの地方衛生局の判断でこうなってしまった。スポーツのガイドラインがないのだ。地方衛生局の権限を制限するプロトコルが必要だ。さもなければ、こうした事態は繰り返されるだろう」 「我々は大きな混乱と難しい解釈のシナリオに直面している。延期される試合と行われる試合があるが、これは各衛生局が独自的に判断しているからだ」 「指針が必要だ。公衆衛生を守るために行われる衛生局の決定では、その独自性によりケース毎に違いが生じてしまう。とりあえず、全選手への完全なワクチン接種を義務化してほしい」 「もし、すべてのプレイヤーが3回目の投与を受ければ、ウイルスの蔓延や健康への被害は大幅に抑制されるはずだ。そうすることで、リーグ戦が円滑に進むだろう」 なお、ボローニャ側では選手8名と、そのほかチームスタッフの新型コロナウイルス感染が確認されていた。 2022.01.06 20:35 Thu
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラ、ボローニャの逸材SBヒッキー獲得に動く

アストン・ビラがボローニャに所属するU-21スコットランド代表DFアーロン・ヒッキー(19)の獲得に動いているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じている。 ハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)とセルティックの下部組織に在籍経験があるヒッキーは、2019年5月にハーツでトップチームデビューを飾ると昨夏にボローニャに加入。 左サイドバックを主戦場に加入初年度からセリエAで11試合に出場すると、今季はここまでセリエA全試合に出場して5得点と攻守両面で活躍する、セリエAでブレイク中の若手選手の一人だ。 今回の報道によれば、アストン・ビラを率いるスティーブン・ジェラード監督は、成長著しいヒッキーを高く評価しており、来冬の移籍市場での補強の有力な選択肢の1つと考えているようだ。 なお、2024年までボローニャとの契約を残しているヒッキーだが、推定市場価格は800万ユーロ(約10億円)程度となっており、アストン・ビラにとってはかなり手の届きやすい金額となっている。 2021.12.28 00:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly