ボローニャ、守護神のミランテと3年の契約延長2016.07.20 00:34 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ボローニャは19日、イタリア人GKアントニオ・ミランテ(33)と2019年6月30日までとなる3年契約を結んだことを発表した。▽ユベントスの下部組織出身であるミランテは、2009年に移籍したパルマで頭角を現し、公式戦193試合に出場。そのパルマから2015年夏にボローニャへ移籍し、2015-16シーズンはセリエAで33試合に出場して残留に貢献している。

▽イタリア代表としてはユーロ2016に向けた候補メンバーに招集されていたものの、これまで出場機会はない。
コメント
関連ニュース
thumb

コッパ王者ラツィオ、ホーム最終戦を勝利で飾れず… 上位相手にドローのボローニャは残留が決定!《セリエA》

セリエA第37節のラツィオvsボローニャが20日に行われ、3-3の引き分けに終わった。 ミッドウィークにコッパ・イタリア決勝でアタランタを撃破し、6年ぶり7度目のコッパ・イタリア制覇を達成したラツィオが、ホームにセリエA残留を目指す14位ボローニャを迎えた一戦。 試合が動いたのは14分、ルーカス・レイバの縦パスをボックス内で受けたコレアが絶妙なターンからシュートを流し込んだ。幸先良く先制したラツィオは、39分にもパロ―ロのパスでゴール前に抜け出したインモービレが決定機を迎えたが、シュートはゴール左に外れた。 ラツィオリードで迎えた後半は、開始早々からアウェイチームが反撃に出る。50分、リャンコのロングスルーパスで左サイドを突破したパラシオがマイナスの折り返しを供給すると、ボックス左でこれを受けたポーリが縦に切り込み、ニアサイドに首都を突き刺した。 さらにボローニャは、52分にもロングパスで右サイド深くまで駆け上がったオルソリーニのクロスをファーサイドのパラシオが頭で折り返すと、最後はゴール前のデストロが流し込み、勝ち越しに成功した。 逆転を許したラツィオは、53分にルイス・フェリペを下げてアルミニを投入。すると59分、左サイドからドリブルで仕掛けたルリッチの折り返しをインモービレが落とすと、ボックス左で受けたバストスがコントロールショットをゴール右隅に突き刺した。 追いつかれたボローニャだが、すぐに反撃転じる。63分、プルガルの左CKのセカンドボールをボックス内のデストロが頭で繋ぐと、最後はゴール右前のオルソリーニが左足で流し込み、再び勝ち越しに成功した。 ラツィオは、64分にバデリを下げてカタルディ、73分にルーカス・レイバを下げてミリンコビッチ=サビッチをピッチに送り出す。すると80分、バイタルエリア中央右でコレアが倒されてFKを獲得すると、このFKをミリンコビッチ=サビッチが直接ゴール右へ突き刺した。 結局、試合はそのまま3-3で終了。ラツィオは、打ち合いとなったホーム最終戦を勝利で飾ることができなかった。一方、上位相手に勝ち点1をもぎ取ったボローニャは、最終節を残してセリエA残留を決めた。 2019.05.21 05:36 Tue
twitterfacebook
thumb

両チームで退場者3人を出した一戦を制したミランが5位に浮上!《セリエA》

ミランは6日、セリエA第35節でボローニャと対戦し、2-1で勝利した。 前節トリノとのシックスポインターで完敗を喫し7位まで後退したミラン(勝ち点56)が、ホームにセリエA残留を目指す14位ボローニャ(勝ち点37)を迎えた一戦。チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得へ負けの許されないミランは、前節から先発を4人変更。クトローネやバカヨコ、ロマニョーリらに代えてピョンテクやビリア、アバーテらを先発で起用した。 立ち上がりから攻勢に出るミランは10分、スソからのパスをバイタルエリア中央で受けたチャルハノールが、ワントラップからハーフボレーでゴールを脅かすも、これはGKスコルプスキのセーブに阻まれた。 相手GKの好守に阻まれたミランは、14分にはピンチを迎える。中盤からのロングパスを右サイドで受けたオルソリーニがワンタッチでボックス右に侵入。GKとの一対一を迎えたが、シュートはGKドンナルンマがファインセーブで阻止した。 ピンチを凌いだミランだが、26分にアクシデント。プレー中に右足を痛めたビリアがプレー続行不可能となり、マウリとの交代を余儀なくされた。 ビリアの負傷交代で不穏な空気が漂い始めるミランは、27分に中盤でパスを受けたサンソーネのワンタッチパスからパラシオに抜け出されると、そのままゴール右隅にシュートを決められたが、これはオフサイドの判定に助けられる。 なかなか決定機が作れないミランだったが、37分にこの嫌な雰囲気を断ち切る。ボックス手前のマウリからのパスを受けたスソがペナルティアーク右まで切り込み左足を振り抜くと、このシュートがゴール右隅に吸い込まれた。 迎えた後半、1点をリードするミランは60分にチャルハノールを下げてボリーニを投入。すると67分、左クロスのクリアボールをペナルティアーク手前のパケタがミドルシュート。これは相手GKに弾かれるも、こぼれ球をボリーニが押し込み、追加点を奪った。 リードを広げたミランだったが、セットプレーからボローニャに1点を返される。73分、ショートコーナーをバイタルエリアで受けたサンソーネがふわりと浮かしたパスをボックス内に供給すると、ゴール前のデストロが胸トラップから左足のボレーシュートでゴールネットを揺らした。 失点を許したミランは74分、ファールでもつれた際にプルガルと小競り合い起こしたパケタがイエローカードを受けると、主審への抗議で立て続けにイエローカードを受けて退場となってしまった。 数的不利となったミランは、サンタンデールやエデラを投入したボローニャの猛攻を受けたが、集中した守りでこれをシャットアウト。試合終了間際と試合終了後にボローニャに退場者が出るなど、大荒れとなった一戦は2-1でミランが勝利。この結果、ミランは再びトリノをかわし5位に浮上している。 2019.05.07 05:43 Tue
twitterfacebook
thumb

ボローニャのコスタリカ代表DFがLAギャラクシーへ…MLSクラブと取引しての獲得

アメリカ、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーは11日、ボローニャのコスタリカ代表DFジャンカルロ・ゴンサレス(31)を獲得したことを発表した。 ゴンサレスはノルウェーのバレレンガやMLSのコロンバス・クルーでのプレーを経て、2014年8月にパレルモへと加入。2017年7月からボローニャでプレーしていた。 ボローニャでは、公式戦通算37試合に出場し1アシストを記録。今シーズンもセリエAで12試合に出場し1アシストを記録していた。 なお、セリエAでは通算118試合に出場し4ゴール1アシストを記録している。 また、コスタリカ代表としても2010年からプレーし、76試合に出場し2ゴールを記録。2014年のブラジル・ワールドカップ、2018年のロシア・ワールドカップに出場し通算8試合にフル出場していた。 なお、LAギャラクシーは、ゴンサレス獲得に際してトロントFCとオーランド・シティと取引をしたとのことだ。 オーランド・シティとは、2019年の分配ランキング2位をもらう代わりに、2019年と2020年の分配金の合計40万ドル(約4500万円)を提供。 トロントFCとは、オーランド・シティから獲得した2019年の分配ランキング2位とクラブが持つ2020年のスーパードラフトの指名権を差し出し、2019年の分配ランキング1位を獲得した。 2019.04.12 22:03 Fri
twitterfacebook
thumb

開始15分で4発のアタランタがボローニャに快勝!《セリエA》

セリエA第30節のアタランタvsボローニャが4日に行われ、4-1でアタランタが勝利した。 リーグ戦4試合負けなしの5位アタランタが、ホームに18位に沈むボローニャを迎えた一戦。直近のパルマ戦で逆転勝利したアタランタは、その一戦から先発を2人変更。パルマ戦で2ゴールのD・サパタやイリチッチ、アレハンドロ・ゴメスらが先発した。 試合は開始早々に動く。3分、敵陣右サイドでボールを奪ったG・マンチーニが素早く前線に送ると、これを受けたイリチッチがボックス右手前まで切り込み、コントロールショットをゴール左に突き刺した。 先制に成功したアタランタは、5分にも相手ボックス付近でスローインを受けたイリチッチがデ・ルーンとのパス交換でボックス右に侵入。ワンフェイントから右足を振り抜くと、左ポスト内側に当たったボールがゴールに吸い込まれた。 攻撃の手を緩めないアタランタは9分、右サイドを持ち上がったイリチッチのラストパスをボックス右で受けたハテボエルがゴール左隅にシュートを流し込み、追加点。さらに15分には、フロイラーのロングパスで左サイドを抜け出したD・サパタが、ボックス左深くまで持ち込み、右足でゴールネットを揺らした。 開始15分で4点を奪ったアタランタは、その後も危なげない試合運びで試合を支配する。42分には、中途半端なバックパスの処理に飛び出した相手GKのパスをデ・ルーンがカットすると、無人のゴールへロングシュートを狙ったが、これはわずかに左に逸れた。 迎えた後半、アタランタはあれハンドロ・ゴメスを下げてパシャリッチを投入。しかし、先にゴールネットを揺らしたのはボローニャ。54分、ボックス右付近でFKを獲得すると、オルソリーニの直接FKがGKゴッリーニの手を弾き、ゴールネットに突き刺さった。 1点を返されたアタランタだが、すぐに反撃。60分、イリチッチの右FKをゴール前のD・サパタがワントラップからシュートを流し込んだが、これはトラップの際に手に当たったと判断されノーゴールとなった。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続く。結局、最後までスコアは動かず4-1でアタランタが勝利。前半の4ゴールでボローニャに快勝したアタランタが、7日に敵地で行われるインテルとの上位対決に弾みを付けた。 2019.04.05 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

サッスオーロ戦で劇的弾のデストロが右足負傷で2~3週間の離脱

ボローニャは2日、元イタリア代表FWマッティア・デストロが右大腿部の負傷で2~3週間離脱することを発表した。 デストロは3月31日に行われたセリエA第29節のサッスオーロ戦に93分から出場すると、96分に勝ち越しゴールを記録しチームを劇的勝利に導いていた。 しかし、ボローニャによるとデストロはゴール後に右大腿部を負傷。2日に行われた検査の結果、右大腿部の半腱様筋に損傷が見つかり、離脱期間は2~3週間になるようだ。 これにより、デストロは4日に行われるセリエA第30節のアタランタ戦をはじめ、第31節のキエーボ戦、第32節のフィオレンティーナ戦、第33節のサンプドリア戦を欠場することが決定的とみられる。 2019.04.03 00:25 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース