ペルー代表FWカリージョ、スポルティングからベンフィカに“禁断の移籍”!

2016.07.02 01:26 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベンフィカは1日、スポルティングからペルー代表FWアンドレ・カリージョ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの5年契約となる。▽2011年に母国のアリアンツァ・リマからスポルティングに加入したカリージョは、左右のウイングポジションのレギュラーとして、公式戦162試合に出場し、16ゴール39アシストを記録した。

▽だが、2015-16シーズンは開幕前に移籍志願を行った結果、クラブ首脳の怒りを買い、ベンチ外の状態が続き、公式戦7試合の出場にとどまった。

▽そして、クラブとの関係修復が不可能となった同選手は、リスボンのライバル、ベンフィカに“禁断の移籍”を果たすことになった。

関連ニュース
thumb

ベンフィカがジョルジェ・ジェズス監督を解任…今季終了まではBチーム指揮官が暫定監督に

ベンフィカは28日、ジョルジェ・ジェズス監督(67)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。 なお、後任にはベンフィカBを率いるネウソン・ヴェリッシモ氏(44)が今シーズン終了まで暫定監督を務める。 2020年夏に帰還したジェズス体制2年目のベンフィカはここまでのプリメイラ・リーガで上位のポルトとスポルティング・リスボンと4ポイント差の3位に位置。また、チャンピオンズリーグ(CL)ではバルセロナを退け、ラウンド16進出を決めている。 ただ、一時の低迷によってヴィトーリアSCのペパ監督の招へいが報じられるなど、決して指揮官の座が盤石とは言えなかった同監督は、24日に行われたタッサ・デ・ポルトガルのポルト戦での0-3の大敗によって窮地に。 また、ポルトガル『A Bola』など複数の国内メディアによると、同試合ではチームの中心選手である元ポルトガル代表MFピッツィをベンチスタートにしており、そのことで同選手がジェズス監督を含むコーチングスタッフを強く非難。これを受け、同監督はチームトレーニングから外す選択を行ったところ、多くの選手たちがピッツィ側に付いてトレーニングを拒否。 関係修復が困難と考えたマヌエル・ルイ・コスタ会長は、ジェズス監督の解任という決断を下した。 母国ポルトガルで多くのクラブを歴任してきたジェズス監督は、2009年から2015年の間にもベンフィカを指揮。6シーズンで10のタイトルを獲得し、2013-14、14-15シーズンには2季連続での三冠を達成したクラブ史上初の指揮官となった。 近年はスポルティング・リスボンやサウジアラビアのアル・ヒラル、フラメンゴを率いていた。 2021.12.29 00:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ベンフィカがジョルジェ・ジェズス監督解任へ…ポルト戦大敗後に主力選手との衝突影響か

ベンフィカがジョルジェ・ジェズス監督(67)を解任する決断に至ったようだ。ポルトガル『A Bola』など複数の国内メディアが報じている。 2020年夏に帰還したジェズス体制2年目のベンフィカはここまでのプリメイラ・リーガで上位のポルトとスポルティング・リスボンと4ポイント差の3位に位置。また、チャンピオンズリーグ(CL)ではバルセロナを退け、ラウンド16進出を決めている。 ただ、一時の低迷によってヴィトーリアSCのペパ監督の招へいが報じられるなど、決して指揮官の座が盤石とは言えなかった同監督は、24日に行われたタッサ・デ・ポルトガルのポルト戦での0-3の大敗によって窮地に。 同試合ではチームの中心選手である元ポルトガル代表MFピッツィをベンチスタートにしており、そのことで同選手がジェズス監督を含むコーチングスタッフを強く非難。これを受け、同監督はチームトレーニングから外す選択を行ったところ、多くの選手たちがピッツィ側に付いてトレーニングを拒否。 関係修復が困難と考えたマヌエル・ルイ・コスタ会長は、ジェズス監督の解任という決断を下したようだ。 なお、後任監督が決定するまではベンフィカBを率いるネウソン・ヴェリッシモ監督が暫定指揮官としてチームを預かることになるという。 母国ポルトガルで多くのクラブを歴任してきたジェズス監督は、2009年から2015年の間にもベンフィカを指揮。6シーズンで10のタイトルを獲得し、2013-14、14-15シーズンには2季連続での三冠を達成したクラブ史上初の指揮官となった。 近年はスポルティング・リスボンやサウジアラビアのアル・ヒラル、フラメンゴを率いていた。 2021.12.28 22:56 Tue
twitterfacebook
thumb

ベンフィカDFオタメンディが自宅で襲撃される…暴行に拘束、窃盗の被害

ベンフィカのアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディが自宅で襲撃事件に巻き込まれたようだ。 12日に敵地で行われたプリメイラリーガのファマリカン戦でもフル出場して勝利に貢献のオタメンディ。試合翌日の朝にリスボン南部の自宅に帰ると、事件が起きたという。 ポルトガル『Correio da Manha』によれば、オタメンディは帰宅後に4人の犯人グループに襲われ、暴行を受けた挙句に自身の首元にベルトを巻かれて拘束されたようだ。 オタメンディを身動きできない状態にしてから自宅に押し入った4人の襲撃犯は妻や子供がいる部屋にも足を伸ばして、金銭や時計などの金品を奪って逃走したともいわれる。 この事件を受けて、所属先のベンフィカも声明を発表。オタメンディの被害を明かした上で、家族含めて無事を報告しつつ、捜査が終わるまで周囲に静観を呼びかけている。 「選手とその家族は今回の一件で大きな不快な思いをしたが、無事だ。当局の調査が実施される間、周りにも選手やその家族のプライバシーを尊重してもらいたい」 2021.12.14 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「恥ずべきもの」、再抽選で最も不利益被ったマドリーがUEFAの対応に憤る

レアル・マドリーは前代未聞の再抽選を行った欧州サッカー連盟(UEFA)の決定に関して憤りを感じているようだ。スペイン『ESPN』が報じている。 13日にスイスのニヨンで行われたチャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の組み合わせ抽選会は、UEFAの不手際によって1度目の抽選結果が無効となる前代未聞の事態となった。 今回のラウンド16では同じサッカー協会に属するクラブ同士、グループステージで同居したクラブが対戦しないという制限の中、各グループの首位チームと2位チームが抽選によって8つの対戦カードに分かれる形となる。 だが、1度目の抽選の際にはビジャレアルの対戦相手にグループステージで同居していたマンチェスター・ユナイテッドのカプセルが誤って混入。これを無効として再抽選を行った結果、ビジャレアルがマンチェスター・シティと対戦することに。 さらに、アトレティコ・マドリーの抽選の際にはすでにドローされていたとの理由で、対戦の可能性があったユナイテッドのカプセルが除外され、スペイン王者と同グループにいたリバプールのカプセルが再び誤って混入。その後、最終的にはアトレティコがバイエルン、ユナイテッドがPSGと対戦することになっていた。 そのため、当該クラブなどの指摘によってソフトウェアのエラー、公平性の欠如を認めたUEFAは、すべてのドロー結果を無効とし、数時間後に再抽選を行うことを決定していた。 そういった中、この再抽選では当初、ザルツブルクとアヤックスという5大リーグ以外のクラブと対戦するはずだったものの、強豪対決に切り替わったリバプールとインテルの2クラブが割を食う形に。 それ以上に不利益を被ることになったのが、前述のマドリーだ。マドリーは1回目の抽選結果ではベンフィカと対戦する予定だったが、今回の再抽選では2位通過チームの中で昨季王者チェルシーと並んで最も地力のあるパリ・サンジェルマン(PSG)との対戦が決定した。 また、マドリーとベンフィカの対戦は1回目のドローの一番最初に決定したカードであり、前述のソフトウェアのエラーが発生する前に決まっていたものだけに、その不満はより大きなものとなっている。 そして、抽選会場を訪れていたマドリーの関係者は、再抽選の可能性が話し合われた際にベンフィカとの対戦カードの有効性をUEFAに主張したものの、UEFAはこの主張を突っぱねたようだ。 PSGとの対戦が決定後、マドリーの関係者はESPNの取材に対して、「ソフトウェアのミスというのは嘘だ。2番目のカードを始めとする、ヒューマンエラーだ。したがって、我々のカード(ベンフィカ戦)は合法的なものだった」と主張。さらに、UEFAの対応を「恥ずべきもの」と糾弾している。 また、マドリーのクラブ幹部であるエミリオ・ブトラゲーニョ氏は、クラブ公式チャンネルの『Real Madrid TV』で、前述の関係者の表現から少しやんわりした表現に変えたものの、憤りを示している。 「数百万人ものファンが抽選を見守っていたことを考えると、それは驚くべきことであり、残念なことであると同時に、とても理解しがたいことだ」 「そうは言っても、我々は大きな興奮を持ってこの対戦に臨む。この大会がクラブやファンにとってどんな意味を持つのかを認識しているからだ」 「PSGのプレーヤーの質の高さからくる難しさも認識しているが、我々は、チームが2つの素晴らしい試合をしてくれると信じている。2チームの対戦はフットボールにとって素晴らしいものになるはずだ」 なお、マドリーとUEFAはヨーロッパ・スーパーリーグ設立構想を巡って対立関係が続いており、今回の再抽選での不利益が意図的なものであると勘ぐる見方も出ているようだ。 いずれにしてもラウンド16でマドリーがPSG相手に敗退するような結果となれば、両者の更なる関係悪化は避けられない情勢だ。 2021.12.14 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

元アトレティコのガイタンがペニャロールを退団…加入から4カ月

ウルグアイのペニャロールは11日、元アルゼンチン代表MFニコラス・ガイタン(33)の退団を発表した。 ベンフィカやアトレティコ・マドリーでプレーしたガイタンは、2018年2月のアトレティコ退団後は半年から1年単位で中国の大連プロフェッショナルやアメリカのシカゴ・ファイアー、リールやブラガなど渡り歩いた。 2021年夏にブラガを退団し、ペニャロールに加入。出場はリーグ戦全15試合のうち、7試合のみの出場で、時間にして149分にとどまったが、チームは3年ぶりのリーグ制覇を成し遂げ、ガイタン個人としては15個目のタイトルとなった。 契約は2022年6月までとなっていたが、経済的な面から退団を決意。ペニャロールは53個目のリーグタイトルを共に獲得したガイタンに「ニコ、53個目のタイトルへの道を共に歩んでくれてありがとう。サッカーを続けていれば、どこかでまた会えるでしょう」と、別れの言葉を送っている。 2021.12.12 20:25 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly