ヴァーディに続いてカンテも移籍か PSG行きに心傾く?

2016.06.06 01:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レスター・シティに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテ(25)が、パリ・サンジェルマン(PSG)移籍に気持ちが傾いているようだ。フランス『Le Parisien』が報じている。

▽2015-16シーズンのプレミアリーグで奇跡の優勝を果たしたレスターだが、今夏の移籍市場においては主力の引き抜きに頭を悩ませている。先日にはエースのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ(29)のアーセナル電撃移籍の可能性が報じられ、レスターファンを騒然とさせている。

▽さらにパリに本社を置く『Le Parisien』は、レスターファンに更なるショックを与えるレポートを5日の紙面に掲載した。

▽『Le Parisien』の伝えるところによれば、予てより今夏のカンテ獲得に興味を示しているPSGが、先週にカンテの代理人と共に移籍に向けた話し合いを行ったという。この会談でPSGはカンテに対して、高額のサラリーを約束した5年契約を打診したところ、カンテから移籍に向けて前向きな返答を受け取ったようだ。

▽カンテとレスターの契約には2500万ユーロ(約30億2000万円)のバイアウト条項が含まれているといわれており、カンテが移籍を望んだ場合、PSGが2500万ユーロを全額支払えば、レスターの意思に関係なく移籍が可能となる。

▽仮にアーセナル移籍濃厚といわれるヴァーディに続いてカンテまで失った場合、来シーズンのレスターは相当厳しい戦いを強いられることになるだろう。
コメント
関連ニュース
thumb

アルテタ監督、逃げ切り失敗を嘆くもパフォーマンスに満足! エンケティア退場にも言及

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、1-1のドローに終わったレスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが試合後の会見コメントを伝えた。 直近のリーグ戦4連勝と上り調子の7位アーセナルは、7日に行われたプレミアリーグ第34節で3位のレスターをホームで迎え撃ち、1-1のドローで試合を終えた。 立ち上がりから拮抗した展開となった中、アーセナルは、21分にFWブカヨ・サカの見事なお膳立てからFWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールで先制に成功した。 その後は両GKがファインセーブで互いの決定機を阻止し合う展開となったが、後半半ばにアーセナルにアクシデント。71分に投入されたばかりのFWエディ・エンケティアがその2分後に相手DFジェームス・ジャスティンへの足裏を見せた危険なプレーで一発退場に。すると、試合終了間際にFWジェイミー・ヴァーディに同点ゴールを許し、逃げ切り失敗。 連勝が3試合でストップすると共に、トッテナム、シェフィールド・ユナイテッドの結果次第で9位に転落する可能性が出てきている。 同試合後、アルテタ監督は上位相手に試合の大半を支配しながらも勝ち点3を逃したことを嘆いた。その一方で、全体のパフォーマンスには満足感を示している。 「試合の大半を通じて、我々が3ポイントを獲得することに、100パーセント値したと思っている。しかし、彼らのような相手に対しては試合を殺す必要があった。我々には3点か4点を決めて、試合を終わらすチャンスがあったが、それができなかった」 「その後、チームは10人となってしまい、そういった2つの事象が起きれば、3ポイントを獲得するのは非常に難しくなる」 「それでも、試合全体では非常に誇らしい気持ちでいる。プレーヤーが見せてくれたもの、我々のスタイル、こういった相手に試合を支配できたことに満足している。ここ数日間で我々がこなした試合数を考えれば、それは決して簡単なことではないからだ」 また、スペイン人指揮官は試合の流れを大きく左右したエンケティアの退場に言及。退場自体に異論はないものの、エンケティアが退場であれば、DFシュコドラン・ムスタフィとの接触プレーで足裏を見せていたヴァーディも同じく退場になるべきだったと、判定基準のブレに憤りを見せている。 「ああいったプレーをレビューする場合、明確な基準が必要だ。そして、それは誰にとっても平等なものでなくてはならない。それは試合の流れを完全に変えてしまうものだからだ」 「エディのプレーがレッドカードの場合、レスターは試合開始42分後に10人でプレーしなければならなかったはずだ。あれはレッドカードでなければならなかった」 「もちろん、私が指揮を執って以降、10人で戦うのはこれが4度目だったと思う。それは相手に大きなアドバンテージを与えてしまうものであり、今後改善していく必要がある」 今回のドローにより、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権争いにおいて、より厳しい立場に立たされることになったが、アルテタ監督は残りの一試合ひと試合ずつに焦点を当てるべきだと主張している。 「(ヨーロッパの大会出場の可能性は)わからない。我々は一試合ひと試合ずつに向かうべきだ。まずはこの試合をレビューし、改善に努めていく必要がある。そして、次のスパーズ戦で3ポイントを目指す。そういった積み重ねの結果、最終的に自分たちがどこに向かうかという感覚だ」 2020.07.08 12:47 Wed
twitterfacebook
thumb

10人のアーセナルとドローのレスターが昨年10月以来となる4位に後退…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第34節のアーセナルvsレスター・シティが7日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 リーグ3連勝中の7位アーセナル(勝ち点49)が、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権死守を目指す3位レスター(勝ち点58)をホームに迎えた一戦。 4日に行われたウォルバーハンプトン戦を完勝したアーセナルは、中2日での一戦に向けてスタメンを2人変更。エンケティアとセドリックに代えてラカゼットとベジェリンを起用。前線にブカヨ・サカ、ラカゼット、オーバメヤンと並べた[3-4-3]の布陣で試合に臨んだ。 一方、前節のクリスタル・パレス戦で再開後初勝利を飾ったレスターは、その試合からチルウェルに代えてR・ベネットをスタメンで起用。前節の[4-3-1-2]から[3-4-3]へ布陣を変更し、3トップにはイヘアナチョ、ヴァーディ、アジョセ・ペレスが並んだ。 上位対決となった一戦は立ち上がりから締まりのある拮抗した展開となる中、先にチャンスを迎えたのはレスター。12分、ショートコーナーの流れからアジョセ・ペレスのパスを受けたオルブライトンがボックス左深くから侵入。マイナスの折り返しをイヘアナチョが左足で合わせたが、このシュートは好反応を見せたGKマルティネスが右足で弾き出した。 ピンチを凌いだアーセナルは21分に反撃。ダニ・セバージョスのロングスルーパスでに反応したブカヨ・サカがボックス右から侵入しクロスを供給。これを逆サイドからゴール前に駆け上がったオーバメヤンがワンタッチシュートでゴールネットを揺らした。 先制したアーセナルは29分、ラカゼットのラストパスをボックス右で受けたブカヨ・サカがシュート。さらに32分には、ボックス右から新ニュしたブカヨ・サカのクロスをゴール前で受けたラカゼットがワントラップから右足を振り抜いたが、共にシュートはGKシュマイケルのセーブに阻まれた。 守護神の好守に応えたいレスターは35分、ドリブルでボックス左まで持ち上がったヴァーディのクロスをゴール前に抜け出したイヘアナチョが右足ボレーで流し込んだが、シュート前のプレーにファウルの判定が下され、ゴールを認めてもらえない。 迎えた後半、先にチャンスを作ったのはリードするアーセナル。52分、ラカゼットがボックス左手前で倒され獲得したFKからD・ルイスが直接ゴールを狙ったが、これはGKシュマイケルの好セーブに阻まれた。 対するレスターは55分、中盤でボールを奪ったエンディディが素早く前線に繋ぐと、右サイドを持ち上がったヴァーディのクロスをボックス中央のイヘアナチョがボレーシュートで合わせたが、これはGKマルティネスのセーブに防がれた。 アーセナルは68分、ダニ・セバージョスの左CKからニアに走り込んだD・ルイスがヘディングシュート。このボールをゴール前のラカゼットが押し込んだが、VARでオフサイドの判定に。 追加点が奪えないアーセナルは71分にラカゼットとブカヨ・サカを下げてエンケティアとジョー・ウィロックを投入。しかし73分、エンケティアがジャスティンへ足裏を見せたタックルを見舞い、VARの末に一発退場となった。 数的優位となったレスターは、76分にR・ベネットを下げてグレイ、82分にエンディディを下げてプラートを投入。すると84分、ボックス右手前でパスを受けたグレイがグラウンダーのクロスを入れると、ゴール左前に抜け出したヴァーディがワンタッチシュートでゴールネットを揺らした。 結局、互いに死力を尽くした試合はそのまま1-1で終了。リーグ戦連勝を逃したレスターは、昨年10月以来となる4位に後退した。 2020.07.08 06:21 Wed
twitterfacebook
thumb

CL権争うレスター、主力2選手がアーセナル戦出場微妙 「マディソンとチルウェルは疑わしい」

来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争うレスター・シティだが、次節は主力数名を欠く可能性があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 現在のプレミアリーグで3位につけているものの、新型コロナウイルスによる延期から再開後の1勝2分け1敗が響き、5位マンチェスター・ユナイテッドと3ポイント差のレスター。前節のクリスタル・パレス戦でようやく再開後初白星を掴み取り、7日に敵地で行われる第34節のアーセナル戦に挑む。 <div id="cws_ad">◆マディソンが見せた100満点のFK<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ2UGJNRmtKOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> しかし、そのアーセナル戦に向け、前節を負傷欠場したイングランド代表MFジェームズ・マディソンだけでなく、同代表DFベン・チルウェルも出場できるか微妙な状況だという。ブレンダン・ロジャーズ監督は試合に先駆けた会見で、両選手の出場可否についてこうコメントした。 「ジェームズ・マディソンとベン・チルウェルの出場は疑わしい。難しい可能性もあるが、今日は様子を見る。ただ待つしかない。2選手に対しては大きな疑問がある。ベンは足底筋膜と足の裏に痛みがあって、専門家からの助言を待っている。痛みを我慢してプレーもできるかもしれないが、痛みがひどくなる可能性もある。どうしようか考えているところだ」 一方で、アーセナルに向けては「ミケル・(アルテタ)は監督になって以来、非常によくやっていると思う。彼は大きな期待を集めて、クラブの指揮を執っている。初監督なのに、大きな仕事を担っているが、これまでの立ち振る舞いは素晴らしいものだ」と敵将に賛辞を贈り、警戒した。 2020.07.07 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴァーディのメモリアルゴールなど3ゴールを奪ったレスターがリーグ再開後初勝利を飾る!《プレミアリーグ》

レスター・シティは4日、プレミアリーグ第33節でクリスタル・パレスと対戦し3-0で勝利した。 リーグ再開後未勝利の続く3位レスター(勝ち点55)が、12位クリスタル・パレス(勝ち点42)をホームに迎えた一戦。 前節、リーグ戦4試合ぶりの敗戦を喫したレスターは、その試合から先発を2人変更。プラートとバーンズに代えてイヘアナチョとアジョセ・ペレスを先発で起用した。 前節の[4-1-4-1]から[4-3-1-2]に布陣を変更して試合に臨んだレスターは、14分に最初の決定機。左サイドから攻撃を展開するとアジョセ・ペレスの横パスをオーバーラップして受けたジャスティンがボックス右まで持ち上がりシュート。しかし、これはクロスバーを直撃した。 良い入りを見せたレスターだが、32分にピンチ。イヘアナチョがボックス手前でファン・アーンホルトを倒しFKを献上すると、ミリボイェビッチの直接FKがゴールを襲ったが、これは枠の左に外れ難を逃れた。 時間の経過と共にボールの主導権を掌握するレスターだが、自陣で堅固な守備ブロックを築くクリスタル・パレスの守備を前に効果的なフィニッシュとはいかず、枠内シュート0本で前半を終えた。 迎えた後半、レスターはチルウェルを下げてR・ベネットを投入すると、開始早々の49分にレスターが幸先良く先制する。アジョセ・ペレスのパスで左サイドを突破したティーレマンスがDFとGKの間へ絶妙なクロスを供給。これをゴール前の走り込んだイヘアナチョが右足で流し込んだ。 幸先良く先制したレスターだったが、クリスタル・パレスも反撃。60分、左CKのクリアボールを右サイドで拾ったマッカーサーがゴール前に軌道の高いクロスを供給。これを走り込んだケイヒルが頭で合わせたが、これは好反応を見せたGKシュマイケルがキャッチした。 ピンチを凌いだレスターは、63分にイヘアナチョを下げてプラートを投入。さらに75分には、アジョセ・ペレスとオルブライトンを下げてバーンズとフックスをピッチに送り出した。 すると、レスターは直後に追加点を奪う。77分、GKからのショートパスを受けたサコーにハイプレスをかけたバーンズが相手ボックス内でボールを奪うと、飛び出したGKを引きつけラストパス。最後はヴァーディが無人のゴールにボールを流し込んだ。 さらに後半アディショナルタイムには、カウンターからヴァーディのダメ押しとなる3点目を奪い、試合はタイムアップ。ヴァーディのプレミア通算100ゴール目などで快勝したレスターが、リーグ再開後初勝利を飾っている。 2020.07.05 01:07 Sun
twitterfacebook
thumb

スールシャール、熾烈なCL権争いの“最終節決着”を予想 「最後までもつれる」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いが最終戦までもつれ込むと予想しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 リバプールの優勝が決定した今季も激しい上位争いが繰り広げられるプレミアリーグ。6試合を残す現在、2位マンチェスター・シティが他クラブを大きくリードしているが、3位レスター・シティ(勝ち点55)、4位チェルシー(同54)、5位ユナイテッド(同52)、6位ウォルバーハンプトン(同52)がわずか3ポイント差以内にひしめき合っている。 その熾烈さを極めるCL出場権争いのなかで、最も勢いに乗っているのが公式戦15戦無敗を続け、ここ2試合をいずれも3-0の快勝で飾ったユナイテッド。しかし、そのユナイテッドの指揮を執るスールシャール監督は混戦から早々に抜け出せると考えていないようだ。4日にホームで行われる第33節のボーンマス戦に先駆けた会見でこう語っている。 「最終節が重要になってくるだろう。チェルシーvsウォルバーハンプトンがあり、そして我々もレスター・シティと対戦するわけだからね。我々にとっても、レスターにとっても3ポイント差がアドバンテージになるかもしれない。それでも重要な一戦になる」 「それに、我々とレスターの間に3ポイント以上の差があるとは思っていない。チェルシーとウォルバーハンプトンも同じようにね。刺激的だ。短い期間でたくさんの試合があるわけだが、最後までもつれると思っている」 なお、3ポイントでせめぎ合うレスター、チェルシー、ユナイテッド、ウォルバーハンプトンの4チームは26日に行われる最終節でそれぞれ直接対決を予定。チェルシーvsウォルバーハンプトン、レスターvsユナイテッドが組まれている。 2020.07.04 10:40 Sat
twitterfacebook