キリンカップで日本代表と対戦するブルガリア代表メンバー23名が発表!《キリンカップサッカー2016》

2016.05.18 09:41 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブルガリアサッカー協会は17日、6月に行われる『キリンカップサッカー2016』に臨むブルガリア代表メンバー23名を発表した。

▽今回のメンバーは、国内組が多く選出され、国外組ではパレルモのMFイバイロ・チョチェフやフロジノーネのMFアレクサンダル・トネフらが招集されている。

▽ブルガリアは、キリンカップサッカー2016で6月3日(金)に日本代表と豊田スタジアムで対戦。同7日(火)には、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表、デンマーク代表のどちらかと対戦する。今回発表されたブルガリア代表メンバーは以下のとおり。

◆ブルガリア代表メンバー23名
GK
ブラディスラフ・ストヤノフ(ルドゴレツ)
ボジダル・ミトレフ(シェリフ/モルドバ)
ブラゴイ・マケンジエフ(べロエ・スタラ・ザゴラ)

DF
ゲオルギ・テルジエフ(ルドゴレツ)
アレクサンデル・アレクサンドロフ(レフスキ・ソフィア)
ラドスラフ・テルジエフ(ボテフ・プロフディフ)
イボ・イワノフ(べロエ・スタラ・ザゴラ)
ストラヒル・ポポフ(カスムパシャ/トルコ)
ジブコ・ミラノフ(APOEL/キプロス)
プラメン・ガラボフ(リテクス・ロベッヒ)
バシル・ボジコフ(カスムパシャ/トルコ)

MF
スベトスラフ・ディアコフ(ルドゴレツ)
イバイロ・チョチェフ(パレルモ/イタリア)
シメオン・スラフチェフ(アポロン・リマソール/キプロス)
ステファン・ベレフ(ロコモティフ・プロフディフ)
ミハイル・アレクサンドロフ(レギア・ワルシャワ/ポーランド)
マルセリーニョ(ルドゴレツ)
アレクサンダル・トネフ(フロジノーネ/イタリア)
ゲオルギ・ミラノフ(グラスホッパーズ/スイス)

FW
イベリン・ポポフ(スパルタク・モスクワ/ロシア)
ガリン・イワノフ(サムスンシュポル/トルコ)
ディミタール・ランゲロフ(コンヤシュポル/トルコ)
ヴェンツィスラフ・フリストフ(レフスキ・ソフィア)
コメント
関連ニュース
thumb

ブルガリア代表主将ポポフが代表引退…先日イングランド戦では人種差別制止に称賛

ブルガリア代表でキャプテンを務めるロストフMFイベリン・ポポフ(32)が17日に行われるユーロ2020予選のチェコ代表戦を最後に、代表キャリアを終えることを発表した。セルビア『Mozzart Sport』が伝えている。 自身にとって代表通算83試合目となるチェコ戦に向けてポポフは同試合がブルガリア代表のユニフォームを着ての最後のゲームになることを明かした。 「先月のイングランド代表戦後に、代表でのキャリアを終えることを考えていたよ。だけど、それは予選が終了するまで遅らせることにしたんだ。明日の試合では自分こそブルガリア代表の最大のファンさ」 2007年9月に行われたオランダ代表戦でブルガリア代表デビューを飾ったポポフは、卓越した攻撃センスとテクニック、リーダーシップを武器に12年に渡って代表チームの主力として活躍。ここまで通算82試合に出場し14ゴールを記録している。 また、先月行われたユーロ2020予選のイングランド代表戦ではモンキーチャントやナチス式敬礼など、醜い人種差別行為を働いた自国サポーターに対して、ハーフタイム中にたった1人で一枚のフェンスを挟んで対峙し、愚行を制止する勇敢な姿が世界中のフットボールファンから称賛を浴びていた。 なお、ユーロ2020予選グループAで最下位のブルガリアは、2位で本選出場を決めているチェコ相手に今予選初勝利を目指す。 2019.11.17 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

人種差別のブルガリア、ユーロ予選最終戦が無観客試合へ

欧州サッカー連盟(UEFA)は29日、人種差別を行ったブルガリアに対し、無観客試合と罰金の処分を下した。無観客の対象試合は11月17日に行われるユーロ2020予選最終戦のチェコ代表戦で、罰金は7万5000ユーロ(約900万円)となる。 ブルガリアは14日にホームで行われたユーロ2020予選グループA第8節のイングランド代表戦(0-6で大敗)で一部サポーターによる人種差別行為を敢行。この人種差別行為により前半だけで2回も中断した騒動を受け、ブルガリアサッカー連合の会長を務めるボリスラフ・ミハイロフ氏が辞任を表明。ブルガリア代表を率いるクラシミール・バラコフ監督の辞任も決まっていた。 イングランド戦後、ブルガリア当局は16名の容疑者を特定し、そのうち12名を逮捕。そのなかの4名に対して、罰金と2年間のスタジアム出入り禁止の処分を科していた。 今予選、最終戦を前にブルガリアは3分4敗の未勝利で最下位に位置する。 2019.10.30 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ブルガリア代表、デルメンジエフ氏が新指揮官就任! 過去に国内強豪ルドゴレツを指揮

ブルガリアサッカー連合(BFU)がゲオルギ・デルメンジエフ氏(64)のブルガリア代表監督就任合意を認めた。BFUの副会長を務めるヨルダン・レチコフ氏が21日に発表した。『ロイター通信』が伝えている。 ブルガリアは14日にホームで行われたユーロ2020予選グループA第8節のイングランド代表戦で相手選手に対して、一部サポーターによる人種差別行為が発覚。試合は前半だけで2回も中断した。 この騒動を受け、BFUの会長を務めるボリスラフ・ミハイロフ氏が辞任を表明。そして、18日には成績不振を理由にクラシミール・バラコフ前監督(53)の辞任が発表されていた。 混迷極まる中でBFUがブルガリア代表の新指揮官に選んだのは、国内の強豪ルドゴレツを率いた経験を持ち、直近はカザフスタンのオルダバス、国内のレフスキ・ソフィアの指揮官を歴任していたデルメンジエフ氏。 なお、ユーロ2020予選グループAで4敗3分けの最下位に沈むブルガリアは、11月17日に予定される最終節のチェコ代表戦で今予選の初勝利を目指す。 2019.10.21 21:40 Mon
twitterfacebook
thumb

人種差別の波紋広がるブルガリア、「成績不振」で指揮官辞任

ブルガリアサッカー連合(BFU)が同国代表の指揮を執るクラシミール・バラコフ監督(53)の辞任を発表した。 ブルガリアは14日にホームで行われたユーロ2020予選グループA第8節のイングランド代表戦で相手選手に対して、一部味方サポーターによる人種差別行為が発覚。試合は前半だけで2回も中断した。 この騒動を受け、BFUの会長を務めるボリスラフ・ミハイロフ氏が辞任を表明。そして、18日、バラコフ監督も辞任が決まった。ただ、BFUの発表によると、辞任理由は成績不振だという。 なお、イギリス『BBC』はブルガリア当局がイングランド戦後、16名の容疑者を特定し、そのうち12名を逮捕。そのなかの4名に対して、罰金と2年間のスタジアム出入り禁止の処分を科した模様だ。 2019.10.19 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ブルガリアサッカー協会会長が電撃辞任!

ブルガリアサッカー協会(BFU)は15日、ボリスラフ・ミハイロフ会長の辞任を発表した。 現在、一部サポーターによる人種差別行為が問題視されているブルガリアサッカー。先日のユーロ予選のイングランド代表戦では、相手選手へのモンキーチャントや、ナチス式敬礼を強調する一派も見られ、2度に渡って試合が中断する事態となっていた。 そんな中での今回の電撃辞任。BFUはこの理由に「ここ最近の緊張の結果であり、ブルガリアのサッカーと協会にとって有害な環境だったため」としているが、イギリス『BBC』によると、人種差別に関してブルガリアのボイコ・ボリソフ首相から辞任要請があったようだ。 BFUはまた、「ミハイロフ氏は今後、可能な限りの方法でブルガリアサッカーの発展をサポートする確固たる決意を表明した」と、声明で綴っている。 『BBC』によれば、UEFA(欧州サッカー連盟)は懲戒委員会に従って処分を決定していく方向であるとのこと。また、差別禁止団体『Fare』はブルガリア代表のユーロ2020予選の出場資格をはく奪するよう求めているという。 2019.10.16 20:30 Wed
twitterfacebook