驚異のフリーキッカー・パイエ「今は練習してないよ」

2016.04.07 17:14 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウェストハムに所属するフランス代表MFディミトリ・パイエ(29)が、フリーキックについて語った。

▽昨年の夏にマルセイユからウェストハムに移籍したパイエは、今季ここまでのリーグ戦24試合で9ゴール8アシストを記録。チャンピオンズリーグ出場圏である4位のマンチェスター・シティと3ポイント差の6位につけるチームで印象的なパフォーマンスを披露している。

▽特に最近は、FAカップのマンチェスター・ユナイテッド戦や前節のクリスタル・パレス戦、フランス代表として臨んだロシア代表戦などで圧巻の直接FKを沈め、素晴らしいプレースキッカーとしても注目を浴びている。

▽しかし、パイエは、熱心にFKの練習をしているわけではないとのことだ。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』で以下のように話している。

「シーズン序盤はハードに取り組んでいたんだけど、(今年1月の)ボーンマス戦で決めてからは練習をやめたんだ。ボールを蹴る感覚に満足しているからね。その感じで続けることにしている。ウォームアップの時に、ちょっと蹴るだけにしているんだ」

「フリーキックに関して非常に楽しんでやれているね。自信をつけているし、新たなトライも許されるね」

▽なお、先日には、ウェストハムでインパクトを残しているパイエに関して、レアル・マドリーとバルセロナが獲得に動く可能性が報じられていた。



関連ニュース
thumb

トリノ、ハマーズからクロアチア代表MFヴラシッチを買取OP付きのレンタルで獲得

トリノは11日、ウェストハムからクロアチア代表MFニコラ・ヴラシッチ(24)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 なお『フットボール・イタリア』によれば、ヴラシッチの買い取りオプションを行使する場合は、1500万ユーロ(約20億5600万円)+300万ユーロ(約4億1000万円)のボーナスがかかるとのことだ。 ヴラシッチは、ハイデュク・スプリトの下部組織で育ち、2014年7月にファーストチームに昇格。2017年8月にエバートンへと完全移籍した。 その後CSKAモスクワへとレンタル移籍を経験。2019年7月に完全移籍したが、2021年8月にウェストハムに完全移籍し、プレミアリーグに戻ってきていた。 2021-22シーズンはプレミアリーグで19試合に出場し1ゴールを記録するなど、公式戦36試合に出場。しかし、レギュラーポジションを掴めているとは言えず、苦しい状況にある。 また、2017年5月にデビューしたクロアチア代表では、これまで39試合に出場し7ゴールを記録している。 2022.08.11 23:50 Thu
twitterfacebook
thumb

フルアム、ウェストハムDFディオプを完全移籍で獲得

フルアムは10日、ウェストハムのフランス人DFイサ・ディオプ(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2027年6月30日までとなる。 フルアムへの加入の決まったディオプは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「フルアムの一員になれてとても嬉しく思っている。僕のキャリアの中で、とても良いステップになることを願っている」 2015年にトゥールーズでトップチームデビューを飾ったディオプは、194cmの長身を生かした空中戦の強さに加え、長いリーチやスピード、タックル技術、的確カバーリングと総合力の高い守備者だ。 2018年夏に加入したウェストハムでは、加入初年度からレギュラーポジションを確保し在籍4シーズンで公式戦119試合に出場し8ゴール3アシストを記録。しかし、近年は準主力としてベンチを温める機会が増えていた。 2022.08.11 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ウェストハムがPSGのケーラーにオファー

ウェストハムがパリ・サンジェルマン(PSG)のドイツ代表DFティロ・ケーラー(25)にオファーを提示したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ウェストハムではセンターバックにケガ人が相次いでおり、DFクレイグ・ドーソン、新加入のDFナイーフ・アゲルドが戦列を離れている。またDFアンジェロ・オグボンナは長期離脱中と、現状本職のセンターバックはDFクルト・ズマのみとなっている。 そこでセンターバックとサイドバックでプレー可能なケーラーに照準を絞ったとのことだ。そのケーラーにはセビージャが獲得に動いていると報じられていたが、ケーラー自身が移籍を否定していた。 なお、2018年夏にPSGがケーラー獲得の際にシャルケに支払った移籍金は3700万ユーロだったが、今季でPSGとの契約が切れるため、現在の市場価値は大きく下がっているものと思われる。 2022.08.09 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「猫の気持ちが分かったか!」飼い猫虐待で有罪となったズマの顔面にシュートが直撃した瞬間…シティファンから痛烈野次

マンチェスター・シティのサポーターたちがウェストハムのフランス代表DFクル・ズマに痛烈なチャントを送った。 シティは7日、プレミアリーグ開幕節でウェストハムとアウェイで対戦。新戦力のノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの2ゴールもあり、0-2で完勝した。 その試合の終盤、カウンターからボールを運んだシティのFWフリアン・アルバレスがボックス手前から強烈なシュートを放つと、ボールはブロックに入ったズマの顔面に当たり、もろに顔に入ったズマはピッチに倒れしばらく動くことができなかった。 だが、アウェイの地まで駆けつけたシティのサポーターからは心配ではなく「お前の猫の気持ちが分かったか!」と野次が飛んだのだ。 ズマは今年2月、兄弟のヨアンが撮影した動画から飼い猫への虐待が発覚。英国動物虐待防止協会(RSPCA)から提訴され、テムズ判事裁判所から6月に180時間の奉仕活動と、猫の飼育を5年間禁止する命令が下されていた。 なお、ズマがこの件で野次られるのは初めでではなく、ランスとのプレシーズンマッチでもボールを持つたびにスタンドから猫の鳴き声をマネする声が飛んでいた。 <span class="paragraph-title">【動画】これは本当に痛そう…ズマの顔面に強烈シュートが直撃</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="AqfYTp2oYYc";var video_start = 387;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.09 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ハーランドがアグエロ以来のPLデビュー戦2ゴール! 後継者にふさわしい船出に

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが元アルゼンチン代表FWのセルヒオ・アグエロ氏の後継者にふさわしい形でプレミアリーグデビューを果たした。 260ゴールのシティ歴代最多得点記録を持つアグエロ氏が退団して以来、純粋なストライカーが長らく不在だったシティ。それでも、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で偽9番を駆使して強者の道をさらに突き進むなか、今夏に新たな得点源として獲得したのがハーランドだ。 ドルトムント時代も公式戦89試合で86得点の好スタッツを残した22歳のストライカーは7日に敵地で行われた開幕節のウェストハム戦に先発すると、36分に自ら獲得したPKから公式戦初得点。続く65分にはMFケビン・デ・ブライネのスルーパスから再びネットを揺らした。 リバプールとのコミュニティ・シールドでは不発に終わったハーランドだが、プレミアリーグデビュー戦では圧巻の2ゴール。データ集計会社『Opta』によると、シティの選手がプレミアリーグデビュー戦で2ゴールを記録するのは2011年8月のアグエロ氏に次ぐ2人目だという。 プレミアリーグ3連覇を目指すシティでのリーグデビュー戦から評判通りの活躍を披露し、アグエロ氏の後継者にふさわしい存在であるのを示したハーランド。アグエロ氏と同じ形で船出を切ったわけだが、ここからどこまで数字を伸ばせるか。 2022.08.08 13:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly