盛岡が5選手との契約更新と3選手との再契約を発表!2016.01.14 19:33 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽盛岡は14日、FW谷口堅三(27)、DF森英次郎(29)、MF松田賢太(31)、MF高瀬証(27)、DF益子義浩(28)と2016シーズンの契約を更新したと発表した。また、昨シーズン限りで契約満了となっていたDF飯山悠吾(29)、MF齋藤恭志(22)、MF豊嶋邑作(24)の3選手と再契約を結んだことも発表している。▽谷口は昨シーズン鳥栖から加入しJ3で28試合に出場し3得点、森は昨シーズン鳥取から加入しJ3で4試合出場、松田は2014年に八戸大から加入し昨シーズンはJ3で35試合5得点、高瀬は2014年にJAPANサッカーカレッジから加入し昨シーズンはJ3で18試合1得点、益子は昨シーズン福島から加入しJ3で3試合出場を記録していた。契約更新選手、再契約選手のコメントは以下の通り。

FW谷口堅三
「今シーズンもグルージャ盛岡でプレーさせていただくことになりました! まずもって契約更新に際してご尽力いただいた皆さま、㈱いわてアスリートクラブ、本当にありがとうございます!! 昨年よりもっともっとチームが上のレベルで戦えるように、自分のもっているものを全て出しきりたいと思います! 今シーズンは1つでも多くファン、サポーターの皆さまと勝利を分かち合いたいと思いますので、熱いご声援を宜しくお願い致します!」

DF森英次郎
「今シーズンもグルージャ盛岡でプレーすることになりました。プレーできることに感謝して日々努力していきたいと思います。チームの目標を達成できるように結果にこだわって、自分の力を出します。応援よろしくお願いします」

MF松田賢太
「今シーズンも応援していただいているサポーターのため、また未来ある子どもたちのため、そして被災地に元気を届けられるように全力で戦いますので応援よろしくお願いします」

MF高瀬証
「盛岡は寒いところですが、アツく盛り上げていけるように頑張ります。よろしくお願いします」

DF益子義浩
「今シーズンもグルージャ盛岡でプレーすることになりました。向上心と感謝の心を忘れずにプレーしていきたいと思います。よろしくお願いいたします」

DF飯山悠吾
「この度、グルージャ盛岡と再契約をすることになりました。自分に関わる皆さまへ恩返しをしていけるよう、新たな気持ちでチャレンジをしていきます。宜しくお願い致します」

MF齋藤恭志
「今年は結果を出してチームに貢献できるように頑張りたいと思います。皆さま、応援よろしくお願いいたします!」

MF豊嶋邑作
「今シーズンもまたグルージャ盛岡でプレーさせていただくことになりました。チームとしても個人としても味わった悔しさを胸に、今シーズンは盛岡の皆さんと笑い合える一年に出来るように、力を最大限発揮します。応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

南部ダービーに大勝の八戸が今季ホーム初白星! 《J3》

明治安田生命J3リーグ第12節の5試合が15日に各地で行われた。 ダイハツスタジアムで行われた17位・ヴァンラーレ八戸(勝ち点11)vs9位・いわてグルージャ盛岡(勝ち点16)は4-1で八戸が勝利した。 南部ダービーとなった一戦は八戸ペースで進んでいく。26分、宮崎の左CKからボックス中央の須藤がダイビングヘッドで合わせて先制に成功する。 畳みかける八戸は34分に追加点を奪う。須藤の縦パスを受けたボックス中央手前の谷尾が反転からシュート。これがゴール左に吸い込まれ追加点を奪う。 後半に入っても八戸の勢いは止まらない。61分、國分が敵陣右サイド中央からアーリークロス。ボックス中央でボールを受けた中村がワントラップから右足を振り抜くと、豪快にゴールネットを揺らした。 65分に嫁阪の豪快弾で1点を返された八戸だったが、73分には敵陣右サイドでFKのチャンスを得ると新井山のクロスから近石が打点の高いヘディングシュートが決まり勝負あり。4-1で勝利した八戸が今シーズン初のホーム初勝利を手にした。一方の敗れた岩手は連勝とはならなかった。 ◆明治安田生命J3リーグ第12節 ▽6/16(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンラーレ八戸 4</span>-1 いわてグルージャ盛岡 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ガイナーレ鳥取 3</span>-1 セレッソ大阪U-23 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アスルクラロ沼津 1</span>-0 ブラウブリッツ秋田 AC長野パルセイロ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ザスパクサツ群馬</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 2</span>-0 福島ユナイテッドFC ▽6/15(土) 藤枝MYFC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 カターレ富山</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">SC相模原 1</span>-0 ガンバ大阪U-23 ロアッソ熊本 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 FC東京U-23</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">カマタマーレ讃岐 3</span>-0 Y.S.C.C.横浜 2019.06.16 20:11 Sun
twitterfacebook
thumb

木下が頭で2発! 長野撃破の岩手が2試合ぶり白星! 藤枝vs沼津の静岡ダービーはゴールレスドロー《J3》

明治安田生命J3リーグ第5節の3試合が、6日に各地で開催された。 長野Uスタジアムで行われた15位・AC長野パルセイロ(勝ち点3)vs7位・いわてグルージャ盛岡(勝ち点6)の一戦は、2-1で岩手が勝利した。 未だ勝利がない長野と、2試合ぶり白星を目指す岩手の一戦。試合は岩手が10分、敵陣中央左でFKを獲得すると、麦倉のクロスにファーサイドで木下が頭で合わせて先制点を奪う。 幸先良い試合運びを見せる岩手はさらに33分、セットプレーの流れからセカンドボールを収めた谷口がボックス左から鋭いクロスを供給。これを先制点を奪った木下が再び頭で押し込んで、リードを2点に広げた。 後半に入ると、長野も反撃。57分、右サイドからの妹尾のクロスに竹下が合わせる。これは相手DFに防がれたが、ゴール前右にこぼれたボールを三上が左足でゴール左に蹴り込み、1点差に詰め寄る。 長野はその後、終盤にかけて同点ゴールを目指したが、岩手も譲らず、2-1で試合終了。木下の2ゴールで勝利した岩手が2試合ぶり白星。長野は未勝利が続いている。 藤枝総合運動公園サッカー場で行われた4位・藤枝MYFC(勝ち点9)と、13位・アスルクラロ沼津(勝ち点4)の静岡ダービーは、ゴールレスドローに終わっている。 ◆明治安田生命J3リーグ第5節 ▽4月6日(土) Y.S.C.C.横浜 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ザスパクサツ群馬</span> 藤枝MYFC 0-0 アスルクラロ沼津 AC長野パルセイロ 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 いわてグルージャ盛岡</span> ▽4月7日(日) 《13:00》 ヴァンラーレ八戸 vs ガイナーレ鳥取 ブラウブリッツ秋田 vs セレッソ大阪 カマタマーレ讃岐 vs 福島ユナイテッドFC ロアッソ熊本 vs SC相模原 《14:00》 カターレ富山 vs ギラヴァンツ北九州 ガンバ大阪U-23 vs FC東京U-23 2019.04.06 16:20 Sat
twitterfacebook
thumb

盛岡退団のMF益子義浩、プロ選手引退を決断…来季から東京都2部のスペリオ城北でプレー

いわてグルージャ盛岡は18日、昨シーズン限りで契約満了となったMF益子義浩(31)がプロ生活を終えることを発表した。引退後は、東京都2部のスペリオ城北でプレーすることが決定している。 益子は国士舘大学卒業後、2010年に当時JFLだったアルテ高崎に入団。その後、東北1部の福島ユナイテッドFCに加入し、JFL昇格、J3参入に貢献した。2015年からはいわてグルージャ盛岡に加入。昨シーズンは明治安田生命J3リーグに3試合出場した。 キャリア通算では、J3リーグで70試合6得点、JFLで75試合8得点、東北1部で12試合9得点、天皇杯で13試合3得点を記録した。 プロサッカー選手を引退する決断を下した益子は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、プロサッカー選手を引退することを決めました。たくさん悩みましたが、今の自分の身体の状態と、これからの人生を考えて、『第一線でプレーを続けるというのは難しい』という決断に至りました」 「サッカーを通して、たくさんの人と出会い、たくさんの経験ができました」 「特に東日本大震災後に福島、岩手と、原発や津波の被害が大きく、未だにその影響が残るこの東北地方のチームで、誰かの為にと思いながらプレーできたことは、自分の人生の中でとても大きな財産になりました」 「小学1年生、太子堂SCでサッカーを始め、横浜FマリノスJr.ユース、都立駒場高校、国士舘大学、アルテ高崎、福島ユナイテッドFC、いわてグルージャ盛岡と、サッカーを続けてくることができました」 「苦しいことも多々ありましたが、それ以上に大きな喜びと感動をたくさん味わえました。自分が思い描いていたサッカー人生にはなりませんでしたが、それでもサッカーを続けてきてよかったなと心から思います」 「今まで自分に関わって下さったすべての方々と、支えてくれた家族に心から感謝したいと思います。今まで本当にありがとうございました。そしてこれからも頑張りますので、引き続きご声援のほど、よろしくお願いいたします」 2019.02.18 18:25 Mon
twitterfacebook
thumb

昨季盛岡退団のDF畑本時央が現役引退…引退後は自身が育った浦和のスカウト部へ

いわてグルージャ盛岡は31日、DF畑本時央(26)が昨シーズン限りで現役を引退することを発表した。なお、引退後は浦和レッズのスカウト部スタッフに就任する。 熊本県出身で浦和の下部組織育ちの畑本は、2011年にアビスパ福岡でプロキャリアをスタート。その後、ツエーゲン金沢への期限付き移籍を経て2015年に盛岡に完全移籍で加入。同クラブでは2016シーズンと2017シーズンに主力として活躍。今季はJ3リーグ10試合の出場し、Jリーグ通算100試合出場も達成していたが、昨年12月に退団していた。 キャリア通算ではJ2で18試合出場、J3で84試合8得点、天皇杯で9試合出場を記録した。 現役引退を決断した畑本は、盛岡の公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆いわてグルージャ盛岡 「2018年シーズン限りで現役を引退することとしました」 「現役プロ生活は8年でした。そしてサッカーを始めてから22年の間にたくさんの出会いがありました。その中でたくさん迷惑をかけたり、たくさんお世話になりました。僕を受け入れてくれてありがとうございました。言葉では言い表せないくらい感謝しています。今まで応援、支援してくれた皆さんの顔が浮かんできて、とても悩みましたが、ようやく決断することが出来ました。福岡、金沢、岩手で応援してくださったファン、サポーターの皆さんありがとうございました。皆さんの応援はいつも僕に届いていました」 「そして何より僕のわがままな現役サッカー人生を常に応援してくれ協力してくれた両親、おじいちゃん、おばあちゃん本当にありがとう。感謝します。どこに行くにも送ってくれたお父さんありがとう」 「僕は引退しても僕であることには変わらないので、僕らしくセカンドキャリアをスタートしていこうと思います。またありがたいことにサッカーに関わる仕事を出来る機会を与えてもらいました。少しでも自分の経験を生かせればと思います。ありがとうございました。またよろしくお願いします」 2019.01.31 17:19 Thu
twitterfacebook
thumb

盛岡退団のDF田中憧、新天地は関西1部のおこしやす京都ACに

いわてグルージャ盛岡は28日、昨シーズン限りで契約満了となったDF田中憧(24)が関西1部のおこしやす京都ACに加入することを発表した。 田中は2017年に桐蔭横浜大学から盛岡に入団。昨シーズンは明治安田生命J3リーグに18試合、天皇杯に1試合出場したが、契約満了となっていた。 2019.01.28 10:20 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース