英国議員がシビアな議会中にネット観戦! 市民から非難轟々

2015.12.09 01:19 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
▽ロンドン・クロイドン区の2人の議員が、7日に行われた議会中にエバートンvsクリスタル・パレスをネット観戦していたことが判明した。イギリス『ミラー』など複数メディアが伝えている。▽『ミラー』の伝えるところによれば、クロイドン議会に在籍する労働党議員のジョン・ウェントワース議員とパット・ライアン議員は、7日に自治体の支出削減に関する議論が行われている中、密かに会議場に持ち込んでいたiPadでプレミアリーグ第15節のエバートンvsクリスタル・パレスをネット観戦していた。

▽そして、同会議を傍聴していたガブリエラ・ブッシュさんが両議員の怪しい行動に気付いて、その現場をきっちりカメラで押さえて、自身のツイッターで2人の呆れた行動を白日の下に晒した。

▽この一件を受けて、多くのロンドン市民から非難の声が挙がったことで、説明を求められたウェントワース議員は、「議論が行われているのを聞きながら得点場面をちょっとチェックしただけだった」と苦しい言い訳をした。

▽だが、同僚議員は「そんなマルチタスクができるわけない」という非難の声など、両議員の不適切な行動を糾弾した。

▽なお、両議員が贔屓にしているクリスタル・パレスは、同試合を1-1の引き分けで終えていた。
コメント
関連ニュース
thumb

4発圧勝シティが5連勝で2位浮上! 伏兵ストーンズ2発にデ・ブライネが芸術クロスでシティ通算100アシスト!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第19節、マンチェスター・シティvsクリスタル・パレスが17日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが4-0で圧勝した。   前節、ブライトンに競り勝った今季初のリーグ4連勝で3位に浮上したシティ。今節はマンチェスター・ユナイテッドとリバプールの上位2チームが潰し合った中、勝ち点差を縮めるために更なる連勝を目指した。ブライトン戦からは先発4人を変更し、カンセロ、ロドリ、フォーデン、マフレズに代えてウォーカー、フェルナンジーニョ、スターリング、ガブリエウ・ジェズスを起用した。   立ち上がりからボールを保持するシティは相手のコンパクトな守備ブロックに対して内と外を織り交ぜた質の高いボール回しで揺さぶりをかけ続ける。   序盤はパレスの集中力、スライドの速さによってなかなかフィニッシュまで持ち込めないが、徐々にギュンドアン、デ・ブライネとフィニッシュの形を作り出す。   すると、27分には右CKの二次攻撃からこぼれ球を拾ったスターリングが再び右サイドのデ・ブライネに振り戻すと、ベルギー代表MFが右足アウトにかけた絶妙なクロスをゴール前に供給。これをストーンズが豪快に頭で合わせ、今季リーグ戦初ゴールを記録。また、今季リーグ戦10アシスト目を挙げたデ・ブライネはシティでの公式戦通算100アシストという偉業を成し遂げた。   前半のうちに先制に成功したシティは引き続きボールを保持してゲームをコントロールしつつ、ギュンドアンの直接FKやボックス付近で積極的にボールを呼び込むジェズスのシュートで2点目を狙う。また、守備ではザハ不在でやや迫力を欠くホームチームの守備を危なげなく凌いだ。   ブライトン戦同様に1-0のスコアで試合を折り返したシティは、相手が前半同様の戦い方を継続したことで、後半も試合の主導権を掌握。すると、立ち上がりの56分にファインゴールが生まれる。左CKの場面でボックス手前でルーズボールに反応したタウンゼントからボールを奪い返したギュンドアンがそのまま右に持ち出してシュートコースを作ると、コース、速さ申し分ない完璧な右足のミドルシュートをゴール右上隅に突き刺した。   ギュンドアンのスーパーミドルで2点のリードを手にしたシティは直後にも相手GKに猛烈なプレスを仕掛けたジェズスが3点目に迫るなど、畳みかける攻めを見せる。さらに、ベルナルド・シウバに代えて絶好調のフォーデンをピッチに送り出すと、62分にもボックス手前で仕掛けたデ・ブライネが強烈なミドルシュートを放っていく。   そして、68分にはセットプレーの流れから決定的な3点目が決まる。右CKの場面でデ・ブライネの正確なアウトスウィングのクロスをルベン・ジアスがヘディングシュート。これはGKの好守に阻まれたが、こぼれ球をストーンズが蹴り込んだ。   これで勝利を確信したグアルディオラ監督は殊勲のデ・ブライネ、ギュンドアンを下げてカンセロ、フェラン・トーレスを同時投入。中盤の構成をフェルナンジーニョのアンカー、カンセロとフォーデンのインサイドハーフ2枚の形に変えて試合を締めにかかる。   試合終盤に入っても気の緩みを見せないホームチームは88分にもボックス手前の好位置で得たFKをキッカーのスターリングがゴール右上隅の完璧なコースに突き刺し、4点目まで奪取。   このままクリーンシートで試合をクローズしたシティはリーグ戦5連勝を飾り、首位のユナイテッドと勝ち点2差の2位に浮上した。 2021.01.18 06:07 Mon
twitterfacebook
thumb

かつてシャルケで注目された元ドイツ代表MFマイヤーがクリスタル・パレスと契約解除

クリスタル・パレスは15日、元ドイツ代表MFマックス・マイヤー(25)との契約解除を発表した。 クラブの発表によると、双方合意の下での契約解除とのことだ。 2013年にシャルケでトップチームデビューを果たしたマイヤーは、デビュー2年目となった2013-14シーズンから主力に定着。卓越した攻撃センスと高精度の両足のキックを武器に左右のウイングや攻撃的MFとして4シーズンにわたって活躍した。 また、ドメニコ・テデスコ新監督の就任に伴い、2017-18シーズンにはアンカーやインサイドハーフにコンバートを果たし新境地も開いていた。 ステップアップを目指したマイヤーはシャルケからの退団を望み、2018年8月にフリートランスファーでクリスタル・パレスへと加入。プレミアリーグに活躍の場を移すとここまで46試合で1ゴール3アシストを記録していた。 しかし、今シーズンはプレミアリーグでは第7節以降メンバー外となり、出場機会なし。EFLカップ1試合の出場にとどまっていた。 2021.01.16 09:21 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナルが最後までC・パレスの堅守を崩せず…ゴールレスドローで連勝がストップ《プレミアリーグ》

アーセナルは14日、プレミアリーグ第18節でクリスタル・パレスとホームで対戦し0-0の引き分けに終わった。 5日前に行われたFAカップ3回戦のニューカッスル戦を延長戦の末に勝利し、公式戦4連勝を飾ったアーセナルは、その試合から先発メンバーを8人変更。GKレノ、ダビド・ルイス、オーバメヤンが引き続き先発となり、ラカゼットやセバージョスら主力が先発に戻った。 13位クリスタル・パレス(勝ち点22)に対し、立ち上がりから押し込む展開が続いたアーセナルがペースを握るも、アタッキングサードでのアイデアと精度を欠き、なかなか決定機まで持ち込むことができない。 膠着状態が続く中、アーセナル29分にピンチを迎える。ザハのロストボールから左サイド深くまで抜け出したミッチェルの折り返しをボックス中央のベンテケがダイレクトシュートで合わせたが、これは枠の上に外れる。 さらにピンチの続くアーセナルは、39分にエゼの左FKからトムキンスに、42分にはミッチェルの左クロスからベンテケに決定機を許したが、シュートはクロスバーとGKレノの好セーブに救われ、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半もアーセナルがボールを握る展開となると55分、ジャカのスルーパスをボックス左に抜け出したメイトランド=ナイルズが落とすと、これをオーバメヤンがダイレクトシュート。さらにこのボールをゴール前でカットしたラカゼットに決定機が訪れたが、これはナイルズの場面でオフサイドを取られた。 自陣のコンパクトかつソリッドな守備からロングカウンターを狙うクリスタル・パレスに対し、アーセナルは65分にナイルズを下げてペペ、70分にセバージョスを下げてパルティ、81分にラカゼットを下げてエンケティアを投入。しかし、堅い守りを見せるクリスタル・パレスの守備を前に決定機さえ作り出せない。 その後も攻め続けたアーセナルだったが、最後までクリスタル・パレスの牙城を崩すことはできず、0-0のままタイムアップ。アーセナルが連勝こそストップしたが、公式戦無敗を5試合に伸ばしている。 2021.01.15 07:07 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミア史に残る名SBアシュリー・コールがパレス時代に決めたプロキャリア初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元イングランド代表DFアシュリー・コール氏がクリスタル・パレスで決めたプロ初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アシュリー・コールのプロ初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxN2xqVTFQMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> アーセナルユース出身のコール氏は、同クラブでプロデビュー。その後、アーセナルやチェルシーで全盛期には世界最高峰のSBとして知られるほどのパフォーマンスを見せた。 アーセナルでのブレイクを果たす直前の1999-2000シーズンにはクリスタル・パレスに短期レンタルで加入していたが、その際の2000年4月29日に行われたチャンピオンシップ(イングランド2部)第45節のブラックバーン戦では、記念すべきプロ初ゴールを決めている。 0-1とパレスのビハインドで迎えた60分、FWミカエル・フォルセルがボックスの際で相手からのプレスをいなしながら前を向く。するとボールは、ボックス内でフリーになっていたコールの下へ。コールが迷わず左足をダイレクトで振り抜くと、シュートはゴール右上に決まり、コールにとってのプロ初ゴールとなった。 同点に追いついたパレスは、その後逆転に成功し、2-1で勝利を収めている。 2021.01.14 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

C・パレスのWGがコロナ規則違反で批判対象に…ノーマスクで距離も取らずにスタンド観戦

クリスタル・パレスに所属するイングランド人FWエベレチ・エゼが新型コロナウイルス感染対策のための規則に違反したとして批判にさらされている。 問題があったのは、9日に行われたFAカップ3回戦のQPRvsフルアムでのこと。昨夏の移籍市場でクリスタル・パレスに移籍したエゼにとって、QPRはプロデビューを果たした思い入れのある古巣。 イギリス『サン』によると、エゼはQPRから招待される形でかつてのホームであるロフタス・ロードに赴いたのだが、スタンドではマスクもつけず、ソーシャルディスタンスもとっていない姿が捉えられていた。 クリスタル・パレスでは、セルビア代表MFルカ・ミリボイェビッチが大晦日にフルアム所属の同胞FWアレクサンダル・ミトロビッチと両家族でホームパーティーを開催していたことが発覚し、非難を受けたばかり。その際、ロイ・ホジソン監督からも非常に失望したと話し、強い罰を与えることも検討しているとコメントしていた。 イギリスでは新型コロナの変異種が猛威を振るい、先日に3度目のロックダウンが発令された。そんな緊急事態の中で、エゼのとった行動はあまりにも軽率だったと言わざるを得ない。 2021.01.10 18:02 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly