ダルミアンのユナイテッド移籍が間近のトリノ、アタランタからザッパコスタ&バセッリを獲得

2015.07.11 09:24 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
▽トリノは10日、アタランタからU-21イタリア代表DFダビデ・ザッパコスタ(23)と同MFダニエレ・バセッリ(23)をそれぞれ完全移籍で獲得したことを公式サイトで発表した。移籍金は明らかにされていないが、イタリア『トゥットスポルト』によると、両者併せて1200万ユーロ(約16億4000万円)とのことだ。▽右サイドバックを本職とするザッパコスタは昨シーズン、リーグ戦29試合に出場して3ゴールを記録。両サイドハーフでもプレーするユーティリティー性を披露し、先月行われたU-21欧州選手権2015ではU-21イタリア代表として印象的なパフォーマンスを見せていた。なお、ザッパコスタにはリバプールやフィオレンティーナが獲得に関心を示していると伝えられていた。

▽一方のバセッリは昨シーズン、リーグ戦22試合に出場して2ゴールをマーク。非凡な技術を有する攻撃的MFには、今年1月からミランが獲得に動いていたが、トリノを新天地に選んだ。なお、バセッリも先月行われたU-21欧州選手権2015に出場している。

▽トリノでは、イタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(25)が移籍金1800万ユーロ(約24億7000万円)+ボーナス200万ユーロ(約2億7000万円)でマンチェスター・ユナイテッドに移籍することが決定的。同選手は、10日にマンチェスターに向かってメディカルチェックを受けることが報じられており、間もなく正式な発表がなされる見込みだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ミラン、トリノからフランス人MFメイトを買取OPで獲得!

ミランは15日、トリノから元U-20フランス代表MFスアリオ・メイテ(26)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。期間は2021年6月30日までとなり、背番号は「18」を着用する。 オセールの下部組織で育ったメイテは、2011年7月にファーストチーム昇格を果たすと、リールやズルテ・ワレヘム、モナコ、ボルドーでプレーした後、2018年7月にトリノへ完全移籍で加わった。 加入初年度から屈強なフィジカルを活かしたボール奪取を武器に主力の座を射止め、在籍2年半で公式戦通算94試合に出場して3ゴール7アシストを記録。しかし、移籍の憶測が飛び交うようになり、今年に入ってからは欠場が続いていた。 なお、イタリア『スカイ』によれば、ミランが買い取りオプションを行使した場合は最大1000万ユーロ(約12億5000万円)の取引になると伝えている。 2021.01.16 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチ先発のミランがトリノに苦戦もPK戦を制してベスト8進出《コッパ・イタリア》

ミランは12日、コッパ・イタリア5回戦でトリノをホームに迎え、0-0で120分を終えた中、迎えたPK戦を5-4で制した。 3日前に行われたセリエAでもトリノと対戦したミランはその試合のスタメンから6選手を変更。途中出場で復帰を果たしたイブラヒモビッチがスタメンとなった。 ベロッティをベンチスタートとしたトリノに対し、最前線にイブラヒモビッチ、2列目に右からカスティジェホ、ディアス、レオンと並べたミランは慎重な入りを見せる。 トリノ相手にポゼッションで下回る中、30分に最初のシュートで決定機を迎えた。ロングフィードに抜け出したイブラヒモビッチがボックス右に侵入。GKと一対一となったが、シュートは枠の上に外してしまった。 互角の攻防が続いた中、38分にはボックス手前右からゴヤクに反転シュートでオンターゲットを記録されるも、GKタタルサヌがセーブし、前半をゴールレスで終えた。 低調な前半を受けてミランは後半からイブラヒモビッチとカスティジェホに代えてチャルハノールとハウゲを投入。最前線にはレオンが構えた。 そのミランは開始5分に決定機。ディアスのスルーパスに抜け出したレオンがGK強襲のシュートを放った。さらに57分、カラブリアがGK強襲のシュートを放ち、ルーズボールを狙ったダロトのシュートは右ポストに直撃した。 前半とは打って変わって攻め立てるミランは76分にチャルハノールがGK強襲のシュートを浴びせると、86分にはディアスに決定機が訪れるも、シュートは枠を捉えきれない。 ゴールレスで迎えた延長戦もミランが押し込む展開が続いたが、チャンスを生むには至らず決着はPK戦へ。そのPK戦ではトリノの4番手のキッカーを務めたリンコンのシュートをGKタタルサヌが止めてミランガ5-4で勝利。薄氷の勝利でベスト8進出を決めている。 2021.01.13 07:28 Wed
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチ復帰のミラン、バウンスバック成功で首位キープ《セリエA》

ミランは9日、セリエA第17節でトリノをホームに迎え、2-0で快勝した。 3日前に行われた前節ユベントス戦を1-3と完敗して今季リーグ初黒星となった首位ミラン(勝ち点37)は、ユベントス戦のスタメンから2選手を変更。チャルハノールとダロトに代えてディアスと出場停止明けのトナーリを起用した。そしてベンチに公式戦11試合欠場していたイブラヒモビッチが戻ってきた。 17位トリノ(勝ち点12)に対し、最前線にレオン、2列目に右からカスティジェホ、ディアス、ハウゲと並べたミランが立ち上がりからハイプレスをかけると、27分に最初のチャンスを生かして先制する。ディアスのスルーパスに抜け出したレオンがボックス中央に侵入してシュートを決めきった。 さらに32分、ディアスがボックス右でベロッティに倒されたプレーがVARの末にPK判定となると、このPKをケシエが決めてミランがリードを広げる。 43分にリカルド・ロドリゲスの直接FKがバーに直撃して助かったミランは、迎えた後半開始5分にPKを献上しかけた。ボックス左に侵入したヴェルディをトナーリが倒したと判定されたが、VARの末にファウルはなかったとしてミランは助かる。 ただ、ヴェルディに足を蹴られていたトナーリがプレー続行不可能となってダロトが投入され、前節同様カラブリアがボランチに回った。 2-0のリードを保ったミランが引き続きペースを握る中、終盤の85分には負傷明けのイブラヒモビッチを投入。トリノの反撃を最後まで許さず快勝で白星を取り戻し、首位キープに成功している。 2021.01.10 06:49 Sun
twitterfacebook
thumb

インシーニェ土壇場弾のナポリ、連敗ストップも下位トリノ相手に痛恨ドロー…《セリエA》

セリエA第14節、ナポリvsトリノが23日にディエゴ・アルマンド・マラドーナで行われ、1-1のドローに終わった。 インテル、ラツィオとの強豪連戦を連敗で終えた3位のナポリが降格圏の19位に低迷するトリノを相手に3戦ぶりの白星を狙った。 オシムヘン、メルテンスの不在により、ペターニャを引き続き最前線に置いたナポリは、序盤からボールを握るもののなかなか攻撃がうまくいかない。逆に、14分には古巣対戦のヴェルディに裏へ抜け出されて決定機を許すが、ここはDFマノラスの寄せとGKメレトの的確なポジショニングで凌ぐ。 その後、前半半ば過ぎにデンメの負傷に伴い、エルマスをピッチに送り込んだナポリは何とか攻撃の糸口を見つけようとするが、相手の5バック気味の守備に苦戦を強いられ、さしたる決定機を作れぬままハーフタイムを迎えた。 後半に入って攻撃のギアを上げたいホームチームだったが、逆に出ばなをくじかれる。56分、相手の左CKの場面で大きくクリアできずにいると、ボックス右のイッツォに左足のボレーシュートをゴール左隅に決められた。 攻撃の停滞に加えてビハインドまで背負ったナポリはすぐさま反撃を開始。だが、ベロッティを前線に残してきっちりスペースを消す相手の守備に苦戦。70分過ぎにはペターニャ、バカヨコ、ヒサイに代えてジョレンテ、マリオ・ルイ、ファビアン・ルイスを投入する3枚替えを敢行した。 これにより、徐々に良い形での攻撃が増えていくが、最後のところでうまくいかず、時間だけが過ぎていく。それでも、3連敗阻止に向けて意地を見せるホームチームは92分、相手陣内中央左のファビアンが入れた斜めのパスをジエリンスキが絶妙なワンタッチでゴール左のスペースに落とすと、これをインシーニェが見事なコントロールシュートで右隅に流し込んだ。 エースの土壇場のゴールでスコアをタイに戻したナポリには残り4分と逆転のチャンスも残されていたが、残留圏内浮上に向けて負けられないトリノを相手に逆転ゴールを奪うまでには至らず。 この結果、辛くも連敗を阻止したナポリだが、下位相手に痛い勝ち点逸となった。 2020.12.24 07:51 Thu
twitterfacebook
thumb

冨安フル出場のボローニャ、2試合連続ドローに持ち込むも4戦未勝利《セリエA》

ボローニャは20日、セリエA第13節でトリノと対戦し、1-1で引き分けた。 ここまで4勝1分け7敗で13位と苦戦するボローニャ。2連敗で迎えた前節はスペツィア相手に前半と後半に1点ずつ奪われ敗色濃厚となったが、点差を縮めて迎えた後半アディショナルタイムにバロウのロングシュートが決まり、ドロー決着となった。悔やまれるのはその後、最後の最後に訪れたPKのチャンスを外してしまったことだ。 3試合ぶりの勝利を目指す今節は、ここまで1勝の19位トリノ。まずは2分にポナッツォーリのシュートでそのトリノが挨拶。ボローニャもパラシオが絡んで2度のチャンスを演出していく。9分にはスベンベリのシュートがクロスバー直撃。序盤から見応えのある展開となる。 しかし、その後は中盤での潰し合いが続き拮抗した展開に。ボナッツォーリの負傷でヴェルディが緊急投入されたトリノはエースのベロッティが何度かシュートを試みるも、枠に飛んだのはアディショナルタイムの一度のみ。ボローニャも前半は4本のシュートを放つがことごとくブロックに捕まる。 ゴールレスで迎えた後半、先に攻勢に出たのはトリノ。58分にリンコンがゴールに迫ると、60分にはここまで最大の決定機。ベロッティから縦パスを受けたヴェルディがボックス左からシュートを打ったが、GKダ・コスタに片手一本でセーブされた。 対するボローニャも65分、左サイドから切り込んだバロウがボックスの外からミドルシュート。こちらも枠に飛んだがGKミリンコビッチ=サビッチも好セーブを見せた。 そんな中69分に試合が動く。冨安のファウルでトリノがFKを獲得。左サイドの深い位置からのFKをヴェルディが蹴り込むと、クリアしようとGKダ・コスタの出した左足に当たってゴールイン。オウンゴールでトリノが先手をとった。 しかしボローニャも78分、右サイドから中に切り込んだヴィニャートに連動してソリアーノがボックス手前からダイアゴナルにボックス右へ。そこに絶好のスルーパスが入り、最後はGKの股間を抜くシュートで同点に追いついた。 しかし追撃には及ばず、1-1で試合終了。ボローニャは4戦未勝利となった。 2020.12.20 22:35 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly